2013年05月

2013年05月28日

5月28日 (火) 曇りのち雨 24.0〜12.3℃
 ようやく降ってくれました。しかし、なんだかこのまま梅雨入りしてしまいそうな週間予報です。それはちょいと困る。ようやく畑が湿ったところでいろいろやらなきゃいけない作業もあるんです。しかしまあ、天気に贅沢言っても仕方ない。とりあえず明日はビニールハウス内の作業がメイン。


2013年05月25日

43fc5d11.jpg5月25日(土) 晴れ 24.2〜7.6℃
 連日の晴天です。新緑が美しすぎます。一方畑の土はカラッカラ。草刈りしてもトラクターをかけても、土ぼこりが濛々と上がり、頭から真っ黒に汚れてしまいます。そろそろ一雨降ってくれないと、野菜の苗が干からびそうです。

 畑の耕耘。もともとは1枚の畑だったのを、真中に軽トラが通れる通路で2枚に分けてあって、私ともう一人別の方が借りていました。それが今年から私が一人で使うことになり、地主さんが「できれば通路を潰して1枚に戻しちゃって欲しい」と言われました。通路はさんざん踏み固めてある上に、芝草が生い茂っていて、私の手持ちの耕運機やよく借りている友人Nさんのトラクターではパワー不足。そこで地主さんの二回り大きいトラクターを借りることにしました。さすがのパワーで固い通路部分も難なく起せましたが、やはり扱いなれない機械はおっかなびっくりで、思いのほか時間がかかりました。おかげで今日予定していた作業が2つ延期に。今年は果菜類の育苗が今までで一番順調なんだけど、畑の準備がちょっと間に合ってません。
 

2013年05月16日

 20年前、1993年のこの日、Jリーグがスタートしました。それから20年後の記念日に、4月に雪で順延となった松本山雅vsベルディ戦が! あのベルディですよ。20年前にJリーグ開幕の栄えある舞台を飾った名門ベルディとの対戦。農作業が本格的にいそがしくなる前の今の時期なら、何とかいけるんじゃないかと、無理やり作業を早めに切り上げて、消防団の操法の練習もお休みさせていただいて、いざ出発。

 西に傾いた日射しが、信州の新緑の山々を哀しいほどに美しく照らす。ホームスタジアム「アルウィン」で戦うのは、緑をチームカラーとするクラブ同士。「勝つのは新しい方の緑、松本山雅だ!」なんて妄想でテンションをあげつつ、キックオフにちょっとだけ遅れてアルウィンに到着。

 試合の方は… やはり実力はベルディの方がはるかに上でした。本気で昇進を目指しているクラブと、今はまだ中位にくらいつくのが精いっぱい、今季いまだホーム未勝利のクラブの違いか。サイドをたびたびえぐられてピンチを迎えるも、ぎりぎりのところでの踏ん張りと今季初先発のGK野澤のファインセーブで、元日本代表FW高原らの攻撃を何とか凌ぎます。攻撃に関しては、頼みの船山のカウンターも、塩澤のポストプレーも、ベルディDF陣の的確なポジショニングでなかなか機能せず。
 それでもやられっぱなしにならなかったのは、選手が90分間集中を切らさず、最後まで闘志を見せてくれたから。見どころが乏しいのに見ごたえがある、そんな展開でした。

 試合後の松本山雅、反町監督の記者会見から 「…ヴェルディさんは20年前に国立で華々しくデビューしている歴史のあるチームですから。我々のような地方の新興勢力が超えていくには相当努力しないといけないと思います。20年後にJ1でやって優勝争いやACL出場が出来るように。私はもう死んでいるかも知れませんが、そのためにも日々こういうところから無駄にせずに一生懸命やっていくしかないと思います。」
 今の山雅の立ち位置からはずいぶんと遠い夢ですが、しかしなんとすてきな夢!次の試合と20年後の山雅が楽しみです。

2013年05月12日

5月12日(日) 晴れ 23.2〜9.7℃
 五月晴れってのは本来は旧暦の五月だから、実は梅雨の晴れ間のことなわけですが、今では広辞苑でも、新暦5月の今日みたいなさわやかな晴天の意味でも載ってるようで…
 昨日の雨で、カラッカラに乾いていた畑の土もいい具合に湿って、今日はいろいろ作業がはかどりました。