2013年12月

2013年12月31日

12月31日(火) 晴れ
 今年一番驚いたのは… レスリング 五輪種目から除外の方針」のニュース速報を聞いた時。「えっ? ええっ? ええええっ!?」と三段階に驚きました。もっとも伝統ある競技がまさか…と。その後、継続が決まって良かった。
 今年一番…でもないかもしれないけど、かなりへこんだのは… 昨日、「2015年」と勘違いした年賀状を出してしまったこと。ボケが始まったのか? おかしな年賀状を届けてしまった皆様、ごめんなさい。

 そんなボヤキで締め直して、改めて皆様、よいお年を。来年もよろしくお願いします。

2013年12月27日

15c5d0ec.jpg
12月27日(金) 曇り
 昨日が餅つきで今日が年内最期の出荷でした。ハウスの葉物が何とか間に合ったけど、代わりに漬物他予定していた加工品がいくつか間に合わず。このところの冷え込みで葉物は値段が上がってるそうなので、喜んでもらえるといいんだけど。
 消防団の夜警やアルバイトなどで、まだのんびりってわけにはいきませんが、とりあえずはこれで一区切りです。
 それでは皆様、よいお年を。

2013年12月03日

16b8dc18.jpg
12月3日(火) 晴れのち曇り 6.5〜−3.9

 12月、もう12月かあ…

 大きな話題となったアイソン彗星は、御存知の通り消滅という結果になりました。残骸がかすかに残っているようですが、まことに残念。
 今年は春先のパンスターズ彗星が−1等級、そしてアイソン彗星が「満月並みに明るくなるかも」と、大きな期待を抱かせてくれましたが、上手くいかないもんですね。
 一部の報道では「アイソン彗星の消滅は、専門家も予想外」なんて言われていますが、そんな事はありません。「太陽に近づきすぎるので危ないかも」という懸念は去年のうちに指摘されてました。そういう話が出てこなくなっちゃったのは、関連業界その他の「大人の事情」なのか? 事前に盛り上げすぎてしまった感はあります。

 アイソン彗星がここまで期待されたのは、まだ太陽から遠い発見早期からかなり明るく、かつ立派な尾も伸びていたから、ということがあると思います。アイソン彗星の核の大きさは直径約4劼反篦蠅気譴討い董一般的な彗星に比べれば大きい方ですが、1997年に明るくなったヘール・ボップ彗星の約50劼鉾罎戮譴个呂襪に小さいわけです。にもかかわらず明るかったというのは、核が構造的にもろく、太陽から遠距離でもガスの発散が進んだからなのでは? と、素人ながら推察してます。

 アイソン彗星の陰に隠れてほとんど話題になってませんが、明け方の空にラブジョイ彗星という脇役が、北斗七星の柄のちょっと先の辺りに見えています。現在3等級、空の綺麗なところなら肉眼でも何とか、双眼鏡があれば楽に見つかる彗星で、写真に撮るとなかなか立派な尾も伸びていて、普通なら天文ファンにとっては大スターになるはずなんですが、ちょっとタイミングが悪かったか。

 写真はそんなラブジョイ彗星でも、もちろんアイソン彗星でもなく、1997年3月のヘール・ボップ彗星です。これは本当にすごかった。仕事中に大都会南麻布の夕空で見上げてもはっきり見えました。これの印象が強烈過ぎて、依頼ちょっとやそっとの天文現象ではおどろけません。