2017年08月

2017年08月27日

b1caf576.jpg
8月27日(日) 晴れ
 世間では厳しい残暑が続いているようですが、八千穂高原はすっかり秋です。日なたで作業していてもうっすら汗をかくくらいで、それほど暑さを感じません。作業するにはいい気候ですが、だいぶ紐短くなっているのに昼寝のくせがついちゃって、やっぱり作業がはかどらない(笑)

 ライラがうちに来てから1カ月。年齢は3カ月を過ぎたところです。うちに来た日はけっこうな大雨で、慣れない環境で濡れて風邪でもひいたら大変と、小降りになるまで長時間左手で抱きながら、PCで事務仕事をしていました。要するにその段階ではぎりぎり「手のひらサイズ」だったわけですが、さすがに小犬の成長は早く、もうアルクと遜色ないくらいの大きさです。あんまり訓練に手をかけてやれていないのですが、ようやく「お座り 待て 頂きます」くらいはうっすら覚えてくれました。「お手」ももう一息か?
 アルクとの距離感はこんな感じ。まあこの写真は鎖が絡まっちゃってるだけですが。一緒に小屋に入って寝たりもしてるようです。仲がいいというよりも、アルクに追っ払う体力がないから、ということかもしれません。何しろ散歩の途中ちょっとしたことで転んでしまうくらいよぼよぼですから。遊びたい盛りのライラがしばしば突っかかっていきますが、アルクは基本スルーで、時々吠えて追っ払います。その分私が遊んでやればいいのだけど、農繁期はなかなか… バス・テトとも多少は絡むんだけど、ライラのアプローチが荒っぽすぎて、長続きせずに猫が逃げてしまいます。 
 アルクが小犬の頃は、師匠のところにいる兄弟犬と一緒に思う存分遊ばせていましたから、それと比べるとちょっと気の毒。
 アルクを飼い始めた時は、ちょっと離れるだけでこの世の終わりみたいな鳴き声を立てていましたが、ライラはその点静かで、夜泣きもしません。これはやはり傍にアルクがいるという安心感なのだろうと思います。