水源地を守る会

2008年12月30日

12月30日(火) 晴れ 10.2〜−4.2℃
 今日はスキー場のアルバイト。年内の出荷を終え、これからはアルバイトに集中することになりそうです。
 バイト先のスキー場までは、マイクロバスで送迎があり、仕事のある日は乗り合わせ場所まで軽トラで5分ほど下っています。冬場は運動不足になりがちなので、この距離を徒歩で行っちゃあどうか、と思い立ちました。ガソリン価格はだいぶ落着いたとはいえ、若干の節約にもなります。
 どれくらい時間がかかるか確認しておくため、今日は帰宅後に、愛犬アルクの散歩がてらに歩いてみました。結果、所要時間は約30分。ただし、久しぶりの散歩で超ハイテンションのアルクが途中でマーキングをしまくったので、若干の時間ロスあり。一方で、先週降った雪があらかた解けていて、アイスバーンの区間はあわせて50m足らず(そのわずかの区間で、ちょうど電話がかかってきたのに気を取られて見事にすっ転びました)。また雪が降ってアイスバーンだらけになれば、歩くペースはぐっと落ちるはず。ざっと40分見ておけば確実でしょうか。
 復路の上り坂がちょっときつかったですが、夕方ほかに予定のない日は歩きで行く気になりました。

2007年10月20日

217f35c7.JPG10月20日(土) 晴れ 13.1〜5.7℃
 雨は明け方でやみました。多少無理してでも稲刈りをやろうかと思いましたが、地域で紙ごみのリサイクルをしている「水源地の会」の用事で急遽山梨まで行くことになり、やはり明日に延期。
 水源地の会では、菓子箱や商品タグなど、紙リサイクルには乗らないような雑古紙まで集めて、トイレットペーパーとして再生しています。今日は紙ごみを集めて山梨の集積所まで届ける日。いつも請け負ってくれているSさんが所用のため、私がいくことになりました。久しぶりの快晴。八ヶ岳は昨日のうちに初冠雪していました。写真は野辺山から望む八ヶ岳。あわてて撮ったので画角が悪い…
 帰ってきてから、野田の谷地の温室に葉物など播種。露地の葉物が凍った後の出荷用ですが、冬の間は極端に日当たりが悪くなる場所なので、間に合うかどうかは望み薄。

2007年04月10日

4月10日(火) 晴れ 16.5〜-2.5℃
 「水源地を守る会」は、水源地帯である旧八千穂村大石地区の自然環境を守るとともに、雑古紙のリサイクルを推進する地域の取り組みです。もともとは水源地の真上に計画されたごみ焼却場反対運動から始まったんですが、計画の撤回を勝ち取ったあとは、地域の雑古紙を回収して、トイレットペーパーを作ることが主な運動になっています。
 今日は学校や役場から出るシュレッダーごみを、受け入れ先の山梨県某所まで運ぶことになりました。年度替わりの季節で廃棄する書類が大量に出たようで、ごみの量はいつもの倍近く。とても積みきれず、別の人がもう一往復することに。久しぶりに大きなトラックを長距離運転したところ、ちょっと腰痛… 大事にせねば。
 野田の谷地の田んぼ、荒起こし。