オーガニック

2008年12月29日

12月29日(月) 晴れ 7.9〜−7.2℃
 年内最後の出荷。今日のセットは、玄米餅、切干大根、白菜漬け、沢庵、花豆煮、味噌、白菜、人参、ジャガイモ、カボチャ、長ネギ。
 花豆はちょっと失敗。仕上がりが若干硬めになってしまいました。煮る前に一昼夜水に浸したんですが、ちょうど冷え込みが厳しかった晩のことで、水が豆ごと凍ってしまっていました。これが原因か?
 生鮮野菜が途切れる真冬は、加工品が中心のセットになります。野菜と違い、加工品はあれこれ手間暇がかかります。果たしてこんな無理をしてまで、冬も出荷を続けることにどれだけ意味があるか、ふと自問自答することもありますが、多少面倒でも、加工品を作ること自体が楽しくも感じるのです。

2008年12月07日

12月7日(日) 晴れ 4.5〜−9.1℃
 今朝は強烈に冷え込みました。ここまで冷えると、家の中に取り込んである野菜もすっすら凍ってしまうことがあります。もうちょっと安心できる保存設備が欲しいです。いつの日か裏山に横穴を掘って貯蔵庫を作ろうと企んでいます。
 冬で一番嫌なのは、水まわりです。水道管にはヒーターが巻いてありますが、蛇口のあたりは無防備なので、夜の間は不凍栓を閉めて水道管の中の水を抜いておき、朝になって元に戻すわけですが、蛇口にわずかに残った水分が凍り付いて水が出てこないなんてことがよくあります。湯たんぽのお湯をかければだいたい解決しますが、家の北側にある風呂場の蛇口は、日中でも長時間水を使わないと、やっぱり凍ってしまうことがあるのです。水を使うたびに不凍栓を操作するのも面倒くさいので、そろそろ新たな対策を考えようと思います。

 今日は近くの日帰り温泉施設で、集落の忘年会。幹事は私です。区の公民館長にとっては一年で一番大事な行事で、みんなに楽しんでもらえるか、あれこれヤキモキするわけですが、朝からいきなり送迎バスが遅れるトラブル。お年寄りが多いのに、風の冷たい屋外の集合場所で30分も待たされました。仲介業者から会場側にちゃんとした地図がいっておらず、バスの運転手が道に迷ったのが原因ですが、これは私がもうちょっと気を利かせておけば防げたことで、反省。といいつつも、会場側は非を認めて、カラオケ代をサービスしてくれました。
 その後は特にトラブルもなく、宴会は私のごく最近のプライベートな事情を肴に、大いに盛り上がりました。カラオケでは「おいおい、『別れ』とか『さよなら』なんて歌唄うなよ! 麦星農園君が泣くだろ!」「あ! いけねえ!」なんて具合に。
 というわけで、半年ほど続いた幸せな日々が、つい先日終わってしまいました…

2008年12月05日

12月5日(金) 曇り時々雨 0.8〜4.5℃
 明日から冷え込む、との予報なので、畑に残った野菜を取り込む予定でしたが、午前中から雨。小雨なら決行するところですが、あいにくかなりの大雨で、雷まで鳴り出す始末。やむを得ず作業は中止。
 替わりに屋内でできる作業というわけで、沢庵を漬け込みました。干した大根約50圈塩3圈∧討未5kg、てん菜糖など3.6圈鷹の爪20本。去年よりちょっと少なめです。おいしくなりますように。
 
 今日は、午前中にささやかながらいい知らせ。直売所での11月の売上げが目標額を大幅に超過しました。がんばった甲斐があったなー 午後は一転して、とても悲しい知らせ。詳細は省きますが、覚悟していたことだったのに、やはりこたえます。

2008年11月23日

c6766080.jpg11月23日(日) 晴れ 12.6〜−3.7℃
 漬物を仕込む季節です。先日は沢庵用の大根を干しました。干しあがるまで10日ほどかかりますが、夜は氷点下になるので、銀マットや布団で保温してやります。本来はもう少し早めに干した方が凍らせる心配がなくていいと思うのですが、毎年種蒔きのタイミングがちょっと遅れて、干す時期もずれ込んでしまいます。今年は去年よりもさらに種蒔きがずれ込んだため、生育が遅れて大根が小さめです。その分干しあがるのも早くなるはずなので、まあ悪いことばかりじゃないってことで。
 今日は白菜を干しました。今年は野沢菜がまたしても鹿に食われてしまってほとんどないので、その分白菜をがんばって漬けようと思っています。


2008年11月19日

2eaf2370.jpg11月19日(水) 晴れ時々雪 7.2〜−2.4℃
 冬でござんす ヒュルルルルルルン♪
 http://jp.youtube.com/watch?v=y1i3nZIGUhs
 初雪が降りました。東信地方は本来晴天率が高い地域ですが、八ヶ岳の東麓に位置する八千穂高原では、冬型の気圧配置が強まると、山頂にかかった雪雲から強い北風にあおられて、小雪が舞うことがよくあります。

 そんな過酷な天候の中、大豆の脱粒作業。農協から大豆スラッシャーという機械を借りてきました。豆を莢から出して袋詰めする機械です。覗きこんでいるのは共同耕作で大豆を作った有機農業なかまのNさん。収量は、去年よりはだいぶ良さそう。去年は豆の料が足りず、無農薬の大豆を他所から買って味噌を仕込みましたが、今年は全量自家製の豆と米で造れそうです。

 夜は会議。来年4月の「第7回 アースデイin佐久」の実行委員会です。

2008年11月17日

11月17日(月) 晴れ 11.2〜5.8℃
 またまた長いこと更新をサボってしまいました。この間、消防団の訓練に参加し、稲の脱穀を終え、大豆を刈り取り(現在は干している最中)、農協主催の収穫祭のお手伝いなどなど、忙しく働いていました。
 直売所にもほぼ毎日出荷してました。今月に入ってから売上げが好調です。キャベツ、白菜、ブロッコリー、カリフラワーが例年になく上出来で、出荷したものがほぼ完売することが多く、伸び悩んだ先月分を取り戻す勢い。とはいうものの、やっぱり直売所はどうしても価格競争になりがちで単価が低いので、大もうけはできませんが。
 11月は初旬にかなり強い冷え込みがあったものの、そのあとは暖かい日が多くなっています。木枯らしもまだ吹いていないのでは? カリフラワーやブロッコリーがまだいい状態で出荷できるのも、この暖かさのおかげです。去年のこの時期は、もうかなり品物がなくなっていたと思いますが、これも地球温暖化の影響だとすると、あまり喜んでもいられません。
 明日の夜からは、また冷え込みが厳しくなるとのこと。週間予報でも朝の最低気温が氷点下の予想が並んでいます。白菜や大根の貯蔵、漬物にする野菜の準備を急がないといけません。

2008年11月04日

c4767b48.jpg11月4日(火) 晴れ 14.4〜4.5℃
 11月に入り、近所の田んぼは稲刈りはもちろん、脱穀もあらかた済んでいますが、わが麦星農園の田んぼは、今日ようやく稲刈りを終わらすことができました。田植えの段階からまわりより2週間遅いので、まあ予定通りといえなくもありませんが、来年はもう少し早く終わらせておきたいです。

 エンジンが不調だったバインダー(稲刈り機)は、修理に出してその日のうちに戻ってきたものの、その後もご機嫌ナナメ。夏の麦刈りの時に使っていれば、まだましだったんじゃないかと思いますが、今年は小麦の収穫は断念してしまったので、バインダーは出番なし。去年の稲刈りから丸1年ほったらかしの整備不良が響いたのかもしれません。
 出荷や他の作業などをはさんで、稲刈り最終日となった今日も、あと5列で終わりというところでキュルキュルとおかしな音がするようになり、またぶっ壊れるんじゃないかとヒヤヒヤものでした。
 出来具合はどうか? 鹿に食われまくった去年よりはずっとよさそうですが、この地域の標準的な収量に比べると、まだまだか?
 

2008年10月30日

f0486180.jpg10月30日(木) 晴れ 17.6〜0.7℃
 今月半ばの初霜以降は、妙に暖かい日が続いていましたが、11月も目の前となり、冷え込みが一気に厳しくなりました。ここ数日の霜は、初霜のときのようなささやかなものではなく、はっきりと地面が白くなりました。八ヶ岳もうっすらと雪化粧。冬が始まります。
 出荷。今日の野菜セットは、大根、蕪、人参、白菜、春菊、小松菜、ホウレン草、長ネギ、カリフラワー、薩摩芋、ジャガイモ、トマト。
 この季節の蕪は甘みが強く、柔らかく、むちゃくちゃ美味しいです。白菜の出来もまずまず。
 
 火曜日から稲刈りに取り掛かりました。去年鹿の食害でほぼ全滅となった餅米は、獣よけの柵を張ってからは被害を免れていましたが、先週末頃からまた侵入し始めた様子。ところどころ踏み荒らされた上に、もともと水の抜けない田んぼなので、稲刈り機が使いにくそうでした。やむを得ず手刈りで作業開始。火曜日は隣町の家具職人T君が、水曜日は東京からJさんが助っ人に来てくれて、無事終了。明日からはうるち米の収穫。こちらは機会で出来るはずですが、稲刈り機のエンジンが不調。要修理か?


2008年10月16日

10月16日(木) 晴れ 18.5〜2.7℃
 初霜が降りました。地面や葉っぱをさわって確かめてみて、ようやくそれとわかるくらいの弱い霜でしたが。冬もすぐ目の前ですなあ…
 
 出荷。今日の野菜セットは、大根、蕪、人参、春菊、水菜、野沢菜、トマト、カボチャ、穂高インゲン、ラディッシュ、ブロッコリー、長ネギ。
 
 人参の間引き。薄暗くなってからはじめたので、3列中1列だけで日没サスペンデット。
 夕食は間引き人参のチヂミ。人参葉の柔らかそうなところを摘んで、細切りにした根の部分と一緒に、小麦粉・すりおろしたジャガイモ・水でつくった生地に混ぜる。フライパンにごま油を多めに熱し、生地を薄く延ばして両面焼く。片面焼いてひっくり返すときに、生の面に刻んだ海苔を散らしても美味しい。
 

2008年10月06日

ad20dbe2.JPG10月6日(月) 雨のち曇り 15.6〜11.9℃
 雨の中の収穫は気が重いです。葉物が多くなるとなおさら。
 今日の野菜セット。カボチャ、トマト、穂高インゲン、京水菜、ホウレン草、春菊、蕪、人参、ジャガイモ、長ネギ、ニンニク。
 夏の果菜類に替わって葉物野菜が主役になりました。しかし先月上旬播種分はほぼ壊滅。今月後半、どうやってつなげるか?

 写真はうちに餌をねだりに来る、この春生まれた野良の子猫です。ねだる、というよりは要求するといった方がふさわしそうです。知らん顔して餌をやらないでいると、玄関に侵入して餌を漁っていきます。秋は子別れの季節のようで、ついこの間まで母猫とピッタリくっついて行動していたのですが、最近、母猫は子猫が近づくと「シャーッ」と威嚇音を出します。