2010年04月19日

4月14日から18日までの5日間、フランクフルトでNippon Connection Filmfestivalという日本映画際が開催されていました。

毎年恒例で、既に今年で10回目だそう。
去年も存在は知っていたのですが、行く機会がなく、私は今年が初めて。

同居人と、日本語超ペラペラのドイツ人友達と一緒に行って、現地で他の友達とも合流。

大学のキャンパス内で行われると聞いていたので、こじんまりしたものを想像していたのですが、意外にもなかなか本格的。

私たちは土曜日の夜に2本連続で観たのですが、両方とも400席近くがほぼ満席!
フランクフルトに、日本映画に興味がある人がこんなにいたなんて。。。ビックリです。笑。

本物の映画館ほどではありませんが、なかなか大きなスクリーンで日本映画を観られて、うれしい!
しかも、1本6ユーロなので、お得な感じがしました。

日本映画をYou Tubeやテレビ以外で観るのって、一体何年ぶりだろう。。。

私が今回見たのは、両方とも去年の作品で、
Dear Doctor
最後に余韻を残す感じが、日本映画っぽかったな〜。
そして、瑛太がかっこよかった!

おっぱいバレー
ドイツ人も爆笑してました。
私も笑わせてもらって、気分すっきり!
しかもちょっとホロっとしてしまいました。。。
この映画を観たドイツ人達は、観終わってから「おっぱい!」を連呼してるんだろうな〜。笑。
ヨーロッパ人の口から「おっぱい」という言葉を聞くと、妙におもしろい。。。

ちなみに、両方とも日本語x英語字幕でした。

2本目の映画が終わったのが、すでに夜の12時過ぎ。
お腹が空いていたので、この後何か食べたかったのですが、どこのレストランも閉まってる!
たまに開いているお店も、キッチンは既に閉まっていて、何も食べられず!
この辺がドイツなんですよね〜。

日本の居酒屋やファミレスって本当に便利ですよね〜。
白木屋に行きたい!

↓クリックお願いします!
blogランキング

<今日の飲酒量>
4月17日(土)
ビールx2杯
かなり控えめな土曜日。

(04:46)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字