2015年12月29日

image
気が付けば、最後に更新してから早2か月以上が経過してしまいました。

フランクフルトで経営しているお店は12月24日から1月3日までお休みをいただいており、連日連夜飲み会と寝だめを繰り返しています。

ダブルワークで忙しい毎日を送りながらも、何とか体調を崩すこともなく、年末を迎えられて一安心です。

さて、毎年恒例の重大ニュース、2015年版。

今年は何といっても、7月末にお店を開いたことに尽きると思います。
仕事以外に何をしたか、正直あまり記憶にない。。。

お店がようやくオープンしたのは7月末ですが、開店準備は去年から始まっていて、今年前半はずっといろんなことに追われて焦っていました。

元々は4月にオープンしたかったのに、物件がなかなか見つからず、ズルズルと時は過ぎる。

ようやく物件がほぼ決まってからも、条件を詰めるのに思いの外時間がかかり、契約書案が送られてきてからにサインするのに1か月以上かかる。

賃貸契約書にサインしてようやく住所が確定したので、一気に数々のお役所を巡って登録手続きを行い、いろんな書類を集めるも、郵送されてくるはずの書類が待てど暮らせど届かず。

あれがないから、これを申請できない、でもこれを入手するにはあれが必要、という鶏と卵のようなグルグルたらい回し状態で更に時間が奪われていく。

工事完了期日をなぜか10日も遅く勘違いされていたことが、オープニングパーティーの1週間前に判明し、結局突貫工事。
どうりでのんびり工事してるなー、と思いました。

椅子がオープンに間に合わない危機に冷や冷やしながら、最終的にはエクスプレス料金を支払って、直前にようやく到着。

問題が次から次へと起きて、何もかもが予定通りに進まず、オープン日がどんどん近づく恐怖と戦う日々。

オープニングパーティーに工事を何とか間に合わせることができて、お客様が入れる状態になり、オープンから5か月間大きな問題もなくお店が稼働していることが、本当に奇跡のように感じます。

とはいえ、小さな問題は後を絶たず。
オープニングに間に合わず、その後も放置されたままで中途半端になっている部分もたくさん。
5か月で、当初は気づかなかった構造上の問題もボロボロ出てきて、工事がすべて完了する日は来るのだろうか、と途方に暮れています。

世の中の自営業者の皆さんは、こんな苦労を乗り越えて来られたんですかね。
本当に何事もやってみないとわからない。
すべての先輩方を尊敬して止みません。
周りに優しい先輩がたくさんいて、本当にたくさん相談にのってもらってます。

と、苦労話ばかりになってしまいましたが、ここまでやって来られたのは、やりたいことをやっているから、だと思います。

カウンター越しのお客さんとの対話が本当に楽しいし、自分がおいしいと思うお酒を飲んで喜んでいただけるのはうれしい。
お店で人と人が出会って、つながって、楽しい時間が流れているのを見ると、やってよかったなあと思います。

私が勤める会社の人達が理解し、応援してくれることにも感謝でいっぱい。

私の身勝手を許してくれるだけではなく、お客さんとしてお店に来てくれたり、いろんな場所で宣伝してくれたり、本当にいい上司、同僚に恵まれています。
大きな会社で働くことと、小さなお店を経営することを同時に経験することで、見えてきたこともたくさんあります。
自分が、サラリーマンとしての仕事も好きなんだ、ということも改めて感じています。

来年やるべきことや目標はたくさん!
お店がお休みの間に、頭の中を整理して決意表明しようと思います。


(16:29)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by アスカ   2016年01月04日 11:22
でんさん

明けましておめでとうございます。
いつも楽しく拝見しています。

昨年はお店を経営され始めたりと大躍進でしたね。
自分のしたいことをするという幸せを実現しているでんさんは大きな励みになります。

早くフランクフルトに旅行へ行って、でんさんと直接お会いし、お酒を楽しんでみたい!

身体に気をつけて、本年も駆け抜けて下さい!
たくさんの幸せがでんさんや周りの方々に訪れますように。

コメントする

名前
 
  絵文字