青森県おいらせ町「向山駅愛好会」のブログ

 私たち向山駅愛好会は、青森県おいらせ町にある青い森鉄道「向山駅」をこよなく愛する会員で組織された会です。昭和の香り漂う向山駅を後世に残すための保存や、地域の観光や魅力などを向山駅から情報発信することを目指し、活動に取り組んでいます。  大正11年に木ノ下信号場、昭和9年に駅に昇格した向山駅は、昭和40年代には国策で誘致された砂糖工場「フジ製糖青森工場」の物資輸送基地として、大変栄えました。しかし工場廃業によって昭和50年代には国鉄職員が置かれなくなり、平成になると委託職員すら置かれない「無人駅」になり、寂れてしまった歴史があります。  そんなさびれた向山駅の姿を見て、何とか地域の宝として復活させたいと思った地元人と、鉄道をこよなく愛するファンが融合し、平成23年10月に「向山駅ミュージアム」としてよみがえらせることに成功しました。ミュージアムには向山駅に残されていた国鉄時代の懐かしい品々を展示しています。かつて地元人も近づくのをはばかったさびれた無人駅が、今は子どもや鉄道ファンが毎週集う憩いの場になっています。  地元人の郷土愛、鉄道ファンの鉄道愛の融合でよみがえった向山駅へ、ぜひお越しください。スタッフ一同、心から歓迎いたします。

 向山駅の北側に、外壁がクリーム色の建屋がありますが、これは保線車両(正式には、車籍がなく機械扱い)のメンテナンスを行うための施設です。この日は、バラストレギュレーター(KSP2002E)とマルチプルタイタンバー(通称マルタイと呼ばれている)がメンテナンスをしてい ...

 12日、土曜日の昼頃、「青森鉄道少年団」20名程が来館してくださいました。 向山駅に来る前に、「矢田前駅」「野内駅」で清掃奉仕活動をしてきたそうです。リーダーの号令により、敬礼の挨拶のあと、まずは昼食タイムとなった。 この日は天気も良く、みんなそれぞれ ...

開館イベント「おらんどの駅祭り」も、皆さんのおかげで無事終了し、徐々に肌寒い季節がやってきました。山々の紅葉も進み彩り鮮やかな景色が楽しめる束の間の季節です。職場の通う途中八甲田の峰々が鮮やかだったので記念に・・・。旧、南部縦貫鉄道跡(後平)付近そして、1 ...

今年の「おらんどの駅祭り」も皆様のおかげをもちまして、大盛況で運行することができました。前日は、準備も兼ねて、午後からスタッフがあれやこれやとイベントに向けた準備に取り掛かりました。夜には名古屋から到着した岩本さんも合流し、レセプションです!!台所を仕切る ...

 恒例の向山駅ミュージアム開館記念イベント「おらんどの駅祭り」が、ほぼ2週間後に迫ってまいりました。  今年のイベントでは、6年後の駅開業100周年と会発足10周年の将来を見据えて 、向山駅の未来の姿をユーモアを交えて語っていただく「向山駅ほら吹き漫談会」(井戸 ...

路肩のススキが景色を物語る季節。秋の風物詩、「稲刈り」が向山駅周辺でも始まったようです。10月2日、遅ればせながら我が家でも試運転を兼ねて、お天道様と田んぼのぬかるみ具合と相談しながらのいつも以上に慎重な作業開始となりました。再びの台風襲来の予報が気になって ...

 台風や秋雨が続いた中で、この週末、やっと晴れ間が見え、ミュージアム前の花壇には、虫たちが群がってました。春に植えた「三尺バーベナ」に「キアゲハ」がとまり、蜜をすっている様子。いろんな蝶が群がっていました。蝶の名前はよく分からないのですが、それにしても、 ...

お盆が過ぎてから、数々の台風が各地で猛威を振るい、それに伴う被害や残念ながら犠牲になられた方々も多く、お悔やみを申し上げるとともに、お見舞いを申し上げます。さて、その台風が猛威を振るっていた8月後半、個人的な話ですが、会社の創立50周年の記念で『研修旅行』に ...

 24日(水)、東京より電車好きの小中学生が18名、引率の先生3名の合わせて21名が、向山駅ミュージアムに来館してくれました。 八戸発の703系のモーリーから降りるなり、上り701系が入線して来ました。すぐさま、カメラで構えるちびっこたち・・・。 ホーム ...

 5月より取りかかっていたラベンダー小屋が、ほぼ完成となりました。 盆前の11日、「山の日」祝日、野月平役員、田中事務局長、会長の3人で、下屋造りを。 朝からグングンと気温が上昇する中、汗だくになりながら電動ドライバーを持つ事務局長。下屋の屋根材のタキロ ...

このページのトップヘ