製品化された国産女性用洋装下着について、まだわからないことだらけですが乳バンド(ブラジャー)中心メモ的に。男性の下着は明治期にはメリヤス肌着などが製品化されていましたが、女性の方は洋装自体が一部上流階級をのぞいて普及していませんでした。徐々に一般の洋装が始まるの大正以降だといわれます。その女性用洋装下着既製品についてです。高本明日香さんの『戦前の日本における婦人洋装下着の担い手』にとても詳しいのですが、大正期には洋装下着の製造業者が現れ雑誌や新聞等で広告していたことがわかります。
2015092201
洋装下着の広告は大正末頃くらいにあったようですが(大正14~5年、乳おさえ・美容肌着など)、あまり戦前の雑誌を持っていない(高い…)ので一例として、1927(S02)年と1928(S03)年の主婦之友から「秋岡金虎堂」の「赤線印乳バンド」とこれを通販していたと思われる1928(S03)年の主婦之友から「白木屋」の広告、「半澤商店」「エービ印乳バンド」、「テーシー商会」「美容衛生乳房バンド」、と一冊の雑誌に乳(房)バンド乳おさえともいいました…今のブラジャー的なもの、の広告がたくさん載っています。1931(S06)年の婦女界では「腰美帯(コルセット)」「乳バンド」は美容用具として紹介されていて、「赤線印乳バンド」と「テーシー商会」「蝶印乳房バンド」の広告も。同年の別の婦女界では「婦女界型コルセット」。1932(S07)年から発売されたと思われる(これについてはまた書く予定です)1933(S08)年の「ホーマーズロース(パンツ)」「コンビネーション(パンツ付のシャツ、当時よく用いられた下着)」もあり婦女界の通販有名デパート販売されていたことがわかります。テーシー商会の乳房バンド・ホルダーは1925年発売みたいです(『東京小間物商報』広告から)
2015092202
『日本洋装下着の歴史』では、昭和初期に松岡商店の松岡錠一さんの回想としてアメリカから持ち帰った商品を参考に手探りで完成させた苦労や、4サイズ作ったこと、生地は綿ポプリン、幅広のゴムがなかったこと、などが語られています。着装方法を説明するために、50cm程の人形に小さなブラジャー、コルセットを着せて店頭に飾ったなどの工夫もしたそうです。

1931年の婦人之友では「メリヤス製のシュミーズ…安い既製品がデパートなどに沢山あります…ブラジーヤーの出来合ひは体に合はないばかりか、値段もずゐぶん高いものです…やせた人にはそれほど必要ないでしょう。近頃外国では、わざとつけない人があると聞きます…」と当時の下着事情が語られています。同記事や、戦前の婦人誌では下着を家庭で作ることも奨めています。参考

欧米で胸を成型する下着のブラジャー(brassiere仏、ブラジェール)が一般に使われるようになったのは1920年代頃といわれます、日本でブラジャーという言葉(に近いもの)が使われだしたのは早くは1920年代、一般には1930年前後からだと思われます(注1)。戦前日本では「ブラジャー(やコルセット)は太った人のもの」という観念が強くあったみたいです。一方シャツ(やシミーズ)やズロース(パンツ)は製品も含めてずいぶん普及し広告も小さいながら通販を中心に増えていくようで、子供の洋装が増えたことも大きいと思います。1935年全国購買組合聯合会『購買委員の栞』にはメリヤス(編んだ生地)のシャツ、クレープのシャツ、クミアイ靴下、クミアイズロース(白・黒)などが並んでいますから、この時期には(子供中心だとは思いますが)製品が普及していたのではないかとと思われます(シャツの普及は、もっと古い時期からともいわれます)。1942(S17)年以降の衣料切符の項目には、洋装下着として、コンビネーションスリップシミーズズロースブルマーがあり、製品で配給されていたようです。ブラジャー(乳バンド)は含まれてないので、その辺りからも普及率が推測できるかも?これは1940(S15)年の広告
2015092203
(注1)ベアトリス・フォンタネル『ドレスの下の歴史』、セシル・サンローラン『アンダーカバー・ストーリー』などから。これ以前は胸まであるコルセットによって胸を支えていました、また大正末期の洋裁の『洋服裁縫大全』ではヴェスト(アンダウエスト)と、胸まである簡単なコーセットが上半身の成型下着として扱われているようです。いつか、詳しく調べたいと思いますが「胸まである長いコルセットと丈の長いパンツのドロワースなど、分量が多く複雑な下着」から「ブラジャーと短いパンツ類などの簡単な下着」への変化は、第一次世界大戦後(1918・T07年)の1920年代に服装が合理的で簡単なスカート丈の短いものに変化したのに合わせた変化だったように思います。

胸を押さえる帯状のもの、は、古来から存在したようで、ギリシャのアポデズムapodesmos・アナマスカリテル・マストデトンmastosなど(乳房の下に巻かれた主に赤い布や紐らしい)、ローマ時代のピアッツァ・アルメリーナのカザーレ別荘Villa Romana del Casaleのモザイクにみられる(運動着ともいわれます)ような胸帯ストロピウムstrophiumやファスシアfasciaなどがありましたし、同様のものが各時期各地であったとは思われます。13世紀の『薔薇物語』にも「乳房が重すぎるなら、布を胸に巻きなさい」と書かれているようです。近頃オーストリアで発見された15世紀のものはレースで飾られカップ状の部分もあり現在のものに近い形のようです。

近代的な胸を成型し支える独立した下着(ブラジャー)は、16~7世紀以降の胸まであった長いコルセットが、20世紀へのかわり目あたりに短くなりはじめ、胸専用の下着の必要が生じたことで工夫され、1920年代に服装の簡略化に伴って広く普及したようです。近代的な最初のブラジャーは、1804年に現れたとか、エルミニー・カドルが1889年の万国博覧会に出品したコルスレ・ゴルシュである等説があり、これらはまだコルセットにつながった不完全なもの(肩ひもで吊っていない)とされることが多いようです。19世紀末以来、スーティアン・ゴルジェ(現仏Soutien-gorgeブラジャー)、プラストン・ゴルジェ、マンティアン・ゴルジェ等胸を支えるという意味のものの広告があるみたいですし、1899年ドイツのクリスティンハルトChristine Hardtや1914年米国メアリー・フェルブス・ジェイコブMary Phelps Jacobが近代的なブラジャーの特許を得ているようです。メアリー・フェルブス・ジェイコブ(カレス・クロスビーとして知られる)のものは、二枚のネッカチーフと産着の帯紐を使ったもので、製品化しようとしたが失敗に終わり特許はワーナー・ブラザースに売却されました…などいったように、さまざまな近代的なブラジャーに関する情報があるようです。(まだ整理できてないことでかなり不確かです)

また、注意したいことに1920年代頃乳(房)バンド・乳おさえが現在のもののようにカップのふくらみのほとんどない文字どうりのバンド的なものだったのは、1920年代のファッションが胸のふくらみの少ない体型を理想としていたためで、海外の当時のものも同様な形で若い女性などはつけないこともあったようです。そして、この頃からシュミーズ(一番下の肌着)の下の肌に直接ブラジャーをすることが行われるようになってきました、これ以前はシュミーズの上にコルセットをつけていました。1930年以降は、女性らしいラインを理想としたため、カップのふくらんだ形に変化します。しかし、我が国の乳バンドという言葉はその、バンド・帯、のまま戦前社会に定着してしまったような感じがあります、もちろん、洋裁関係者などはブラジャーという言葉を使ってはいましたが。

実は↓こういうものを発見?して、あせっています、1915(T04)年と1916(T05)年なんです…
大正4年頃に、製品が発売されていたと…しかも下開きパンツとコルセット的な何か… ??
2015092204
参考 高本明日香(2011)『戦前の日本における婦人洋装下着の担い手』 『装粧品新聞』 『東京小間物商報』 (1987)『日本洋装下着の歴史』 青木英夫(2000)『下着の文化史』 他