2008年05月04日

局地的2007年度同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー 650の無味感想地域

局地的2007年度同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー発表!!

■ボーカロイド部門
・「ツインテール・ラプソディ」
むかしむかしあるところにとてつもなく仲の悪い
ツインテールの姉妹姫様がいらっしゃいましたとさEDテーマ(大雪戦)

■指名手配:この者、時間泥棒につき 部門
・七不思議 -七瀬と不思議の漢女道-(剛久の在処)
・ルセッティア(EasyGameStation)
・Chower Defence 〜ちょわー・ディフェンス〜(べにたぬき)

■アクション部門
・Rosenkreuzstilette([erka:es])
・むかしむかしあるところにとてつもなく仲の悪い
ツインテールの姉妹姫様がいらっしゃいましたとさ(大雪戦)

■ノベルゲームじゃでにくいよね♪脚色部門
・SuperMarisaWorld(弐重クラスター)
・BIGBANG BEAT 1st Impression(NRF彩(エイジャ))
(・<閣下列伝> アイマスクエスト検‖荵鮎魯轡蝓璽此Д縫灰縫各芦(ておくれP))

■魂部門
・悪の教科書(さんだーぼると

■声優部門
・松月 千夏/百夏 Cv.貴坂理緒:黄昏姉妹の終末マリアージュ(花を吐く抄女

■モブ部門
・水上さん:収穫の十二月シリーズ(TALESTUNE)

■ツッコミ部門
・土方和歌:BUTLERxBATTLER(GLYCO)

アクション関係も触れるといいつつスルーしてたので、
その紹介とついでにノミネート外部門を掲載w

・・・本編は午後にアップします。とかいいつつ、お昼前にあがったので
続きをどうぞ・・・
ノミネート作品一覧はコチラ


おすすめ同人紹介さんの方はコチラ

ぼ〜いずび〜でんじゃらす)さんの方はコチラ(5月4日の閉じ記事)

ひまわり2ひまわり(左:新パッケージ、右:旧パッケージ)
総:作品賞
流:脚本部門
助演男優賞
・西園寺明,雨宮銀河:ひまわり(ぶらんくのーと)
まとめて、コメント:ネタばれ反転 *

ロリっ娘宇宙人同棲ADV・・・まあ、嘘ではないのですが、
どちらかというとSFサスペンス要素が強い作品。
ただ、それは各ルートによって大きく異なり、
初期ルートでは宇宙人?との邂逅、爽やか部活という『イリヤの空、UFOの夏』の序盤の雰囲気で、
物語的にも花火の『ひまわり』ロケット打ち上げと達成感があります。
しかし、その中で記憶喪失、英雄の存在、不思議な力と様々な伏線があり,次に繋げます。
さらに、宇宙ステーションの『ひまわり』、亡くした妹の影『ひまわり(向日葵:ひなたあおい)』と街の名物『ひまわり』、
『A to A』が刻まれた指輪の変遷など、どうしてそこまで仕込めるんですか(・∀・;)?言葉の繋がり。
そこに科学をふまえたSF要素としてのきちんとルナウィルスによるルールづけ。
これらがきっちり登場人物達の動機として根付き、
ルート毎で絡み合うように判明していくのには驚きの連続でした。
ルート毎に魅力があるのですが、個人的に衝撃を受けたのは明日香ルート。
現在AQUAルートをやり終えた時は、感動的なシーンはあるものの"ルナウィルス"・理要素で、
感情的な部分にも"作り物"要素が払拭できないな・・・と思ってましたが、
非感染(発症)?者が先を見据える熱い情熱、
そもそもの動機が明確化、作品としての意志を感じました。
ということで、この作品大ベクトルの方向に向かう人物達が助演男優賞。


なるぱっけーじもう委託通販全滅(;´Д`)ナルキ 小説本
心:叙情部門
歌曲部門
作曲部門
・narcissu -side 2nd-(ステージなな)
OP曲を始めて聴いた時に、鳥肌たちました。
・・・ナルキ無印もプレイ済みだったこともあり、
聴いた瞬間にこれまんまだよ・・・という作品親和度抜群の歌詞、
隔絶された環境をあらわすガヤや車の音。
メロディライン、歌唱力全部凄いです。
そんな掴みはOKで始まる、本編。
登場人物視点、会話進行の混じりっ気なし文章。
時折垣間見える毒に、願いが痛々しくもあり、現実感を伴いました。
音楽の方は、もう反則ってぐらい思い重い。
美辞麗句なんていらない、その空気で分かるというものを演出してくれました。

ヒノカケラ
主演男優賞
・レイブン:ヒノカケラ fragment:Eclipse Ver. 3.00(Reddish Region)
これぞ、主人公。バトル馬鹿!!
・・・だけではなく、ちゃんと"理"をもった人物。
格闘ゲームのノベルパートですが、
彼の過去そして生き様が描かれ、"熱さ"に根拠がつきました。
そして、ラストシーンの静かな熱さにはくー(>∀<)と痺れるものが
・・・まあ、格ゲーなので負けすぎたり、圧勝しすぎたりするという
プレイヤー腕で印象変わっちゃうのは否めませんがw


ののの通信
主演女優賞
・辻内美希:恋ノ橋(ののの通信)
コメント:ネタばれ反転 *

明るくツンな元気系性格にはきちんとした健気な頑張ってのに、
大切な思い出を横取りされる悲痛は男の650にもひしひしと伝わってきました。
さらに、彼がヒロインルートではないところでも、
最近流行のヤンデレ化せず、相手の事を思う態度がとれる性根の良さ。
誌音を送り出すシーンには、泣かされそうになりました。


千尋編
助演女優賞
・金剛院麻耶:夕焼け戦線ギカダイザー 千尋編完結(nest kore)
助演男優はどちらかというと、主演よりの選出ですが、
助演女優の方は、あくまで主を引き立てる"助"演の性質が段違いな彼女を選出。
基本DQNキャラで、猪突猛進で濃い彼女なのですが、
今回のヒロイン:千尋の要素にも色濃く反映されることが分かり、
引き算的に千尋をなす他の部分、本当の千尋を浮き彫りにしてくれるのがナイスb(・∀・)
勿論、本人の埒外部分も魅力ですがw

ぐらふぃてぃ
喜:陽部門
・Juvenile Graffiti 完全版(Murakumo)
学校に来て、仲間達とわいわいがやがや。
そこにはちゃんと授業があり課題があり、秩序があるからこそ善なる方向。
懐かしくもあり、眩しくもあり

いつか3
(パッケージは〜In the Beautiful chaos〜)
怒:ゴルァ(゚Д゚)部門
・いつか夢見た風景で 〜死神はコッペンで唄う〜 / 〜In the Beautiful chaos〜 (Arbitrage)
主人公のキレ具合は、ひぐらし化ってレベルじゃなかったり、
プレイヤー側もこいつそんな行動すんじゃね(゚Д゚;)とぶりぎれたり、
本当神経の昂ぶりを覚えましたよw

親愛なる朱鷺代
哀:泣き部門
・Dear World the one(non color)
実際に涙零したのはこの作品のみ。
ちなみに、650の涙腺は何かきっちりやってたけど、どこかで報われない人の最期とかにきます。
(藤石宗吉(ですろり)、ゲルド(白き魔女)、サウザー(バハムートラグーン)、ハチ公(忠犬ハチ公)・・・)

もってないよ♪
楽:ライト部門
・homeless, the vagabond 第一章 正式公開版(ヲサカナソフト)
即興曲、ある意味行き当たりばったりの三人旅
いつの間にか出だしで困るようになってきたことを、ナチュラルにできるっていいですよね〜

12_fyty12_harusyuukakunatu収穫の十二月 秋収斂の十二月
理:ロジック部門
・収穫の十二月シリーズ(talestune)
神というものを権限で括る考え方が、新鮮で興味深かったことと、
エキセントリック、毒が溢れる会話でも、
ちゃんと1年1ヶ月で格要素が収斂していく、シリーズ構築の妙が光りました。

あびす幽
笑:爆笑部門
・ABYSS-殺人クラブ- 幽編 (脚本とかは全ルートで完成してから予定w)(festival)
面白おかしい系の話ではないのですが、
自分的に高評価の笑いは、プロフェッショナル要素を活用したもの。
日々のことと、プロのギャップ、が好きなので。
まあ、そのプロが"暗殺"というのが不穏当ですがw。

雪月の星霜
ムービー部門
・雪月の星霜(VODALES)
最終エンディングの評価
ムービーとしては静的表示の遷移なのですが、
その滑らかさとキャラ絵の背景への自然な溶け込み具合、
音(歌曲)の一体感からくる情感が良かったです。

8gatu
特殊効果部門:演出とか
・八月の殉教地(月臥丘書寮)
主人公の御技《奈落》が凄い。
単純にムービー挿入だけではなく、文章も同時に流れていく 物語との断絶感なしなのに、
これぞ必殺技という超絶クォリティの視覚エフェクト。
一方で、物語のなかでも場所変化の動的表示という比較的地味なところから、
味王ばりのコミカルなものまで、広守備範囲なところがポイント。

ぼくかれ
美術部門:
・僕のこと彼らのこと(J-am)
正直一番悩んだ部門
質(デッサン:色)・量的なところで、総合的に高レベルなこの作品で

ちなみに一枚絵として
 構図 N.E.S.T 永久の雛鳥(めじぇーる)
 キャラ絵:全身 真説
 キャラ絵:目力 収穫の十二月シリーズ(talestune)
背景・世界構築
 猫色のエデン(MURAKUMO)
といったベクトルの違いが困りました。

ごすでり
体験版部門(前年度あげたのは除外です〜)
・ゴスデリ(PBP)
去年と基準変えました
一区切りあるものはばっさり選考から除外してあります。
章を名うってあるものを体験版とするのもどうかと思ったことと、
むしろこれからの期待度を評価したいので、

ちなみにここだけは採点方式でやってあります。
 結果はコチラ

やんでれ
題名部門:Nice Title!(プレイしてなくてもOK!!)
・やんデレ(猫丸堂)
これはイイそのまんまさw(・∀・)
Posted by muko650 at 07:05│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51290297