2008年08月18日

C74作品レビュー その3 MYTH

BlogPet 今日のテーマ 一泊二日
「ちょっと気軽に一泊二日の旅行に出るとしたらあなたはどこに行きますか?」
 
近場の温泉でしょうか。
観光よりも、療養 したい気分です。


さて、第1436回は、
第2陣陳列の3〜5人目の旧パッケージ版もってきた人でした〜
と、取り置き予約しておきながら、名乗ってなかった堯゚Д゚;)を省みてC74作品レビュー。
circle tempoさんの MYTH の感想です。

MYTH

MYTH
影探しADV(circle tempo)WIN
プレイ時間:15〜20時間 
注:18以上

■概要
 遠い未来.秩序は『悪』を駆逐し,
 そして人々から『影』が離れていった.

 ただひたすら善いことの繰り返し,
 そんな世界にどこかしら違和感をもつ主人公 田辺命人は
 ある日,等身大の影をもった少女に出会う.
 その姿に興味を持ち,後を追った命人は違う世界への"ゲート"を目撃する.
 そして,どこからともなく自分を呼ぶ声.
 どこか懐かしく悲しい声の主に合うため,命人は少女ともにゲートをくぐる・・・

■感想

神々の歌


作品紹介ページのシステムの項にありますが、EDテーマ曲です。
勿論エンディングで流れますが、
その後にあらためて、歌詞表示もあるサウンドモードで聴いてみるといいです。
本編はどちらかというと、
衝撃・猟奇とか本能的なものと、思考ゲーム的な論理なのですが、
歌い手の歌唱力、メロディライン、編曲、歌詞、背景が一体となり『願い』を形成して
理・情で揺さぶられるものがありました。

物語の方は、体験版の感想
にあるとおり、
インパクト系の予想外の展開が、
1回じゃ終わらないネタばれ要素満載のお話。

はい、書けるか〜 (ノ-_-)ノ ~┻━┻

ということで、アバウトなことを徒然と。
複数の世界がでてくるのですが、それらがどう結びつきようがポイント。
上の概要的にはファンタジー展開を予想させますが、
哲学・思考実験の範疇に至り、単純置き換えとかにはならずかなり固め。
そこらへんで、オマケノベルとか、小冊子とか思い出たりして。
それはさておき、物語は"ある意味のクリア"になるのですが、
そこに爽快感とか、達成感はなきにしもあらず程度で、
形容しがたい悲しさ・寂しさを割り切った悟りがありました。
・・・と書いちゃうようなその複雑性があるので、
結局○○、中二、または分からない!バッサリヽ(`Д´)ノとかというのもありとか思います。
ただ前述の『神々の歌』を"聞く"じゃなく、聴くと目頭が熱くなるものが。
一方で、そういう感覚ではなく、理に落としやすいように、
『ノート』、人物相関、シナリオ選択があるので
システム:分析ツールがあるのが特徴のひとつ。
正直、速読ペースの初読じゃ理解が追いつかなかったので、
お世話になってます。(このエントリ書いている時点で現在進行形)
あと、18以上ということですが、エロとうよりグロです。
普通の意味?での18禁シーンあるにはありますが、そこらはライトでした。

Posted by muko650 at 00:20│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL