2009年01月19日

C75作品レビュー24 ふた☆まほ 〜ふたなり魔砲少女物語〜

BlogPet 今日のテーマ 十八番
「1月19日はカラオケの日、カラオケでよく歌う曲はなんですか?」

スーダラ節



さて、第2040回は
抜きゲーを絵ではなく、ライターさん目的で買ったりしたC75作品レビュー。
バニラ堂MAXさんの ふた☆まほ 〜ふたなり魔砲少女物語〜 の感想です。

ふたまほ

ふた☆まほ 〜ふたなり魔砲少女物語〜
ADV(バニラ堂MAX)WIN
プレイ時間:10〜15 分/話  × テレビ1クール分
注:18以上

■概要
テニス部に所属し、元気いっぱいの少女:小石川あかり は
突如、部屋に現れた喋るネズミ:ちゅうたろう(略称) に魔砲少女にされてしまう。
自身が住む地に眠る強大な力:混沌の杖 を狙う黒騎士と戦うことになるのだった。

しかし、魔法には副作用:性欲増大 があり、立っていられないほど。
それを沈めるために、
ちゅうたろうの魔法であかりは男性のものを生やしふたなり化、
さらに慕う少女と百合百合な関係にw

■感想

なんたる、明るさ!!(゚Д゚;)

魔砲少女モノなんですが、負けてあーんということはなく、(負けはある)
大雑把にいっても行為に確かな楽しみがある陽雰囲気。
自慰から始まり、どんどんエスカレートしていき、
触手まででてくるのですが、ほぼ百合展開、
ラストにノーマルという後味の悪さはないというか、むしろ、すっきり。
・・・でも、やたら濃いというのは何故だろうw

物語は魔砲少女ルミナスになったあかりが、
同じく砲撃魔法の使い手:黒騎士と戦うもの。
魔力(潜在性欲)が馬鹿でかいルミナス、
一方魔力の扱い方に長がある黒騎士、
ショート、ミドル、ロング、レンジそれぞれの魔法、杖のモードを変え、
バラエティ豊富な戦いが繰り広げられます。
個人的にお気に入りは『長距離精密砲撃戦』。
ぶっ放しではなく、静かで緊張感が新鮮でした。
それは、さておき副作用のエロパート。
とことん、あかりを好きな『〜なの』語尾のおっとり少女:羽瑠奈が
それはもう色々と。
やたら知識が豊富なのに、某カードキャプターの親友さんのように、
相手のことを真に思いやる立位置で、実に一途。
ですが、やることは、 ぱしゃーん!ぱしゃーんの汁濁ですし、
声優さん・・・頑張りすぎ(・∀・;)幼児退行ってレベルじゃね〜ぞの壊れぶりw
魔砲少女で、変身姿での行為がありませんが、
ふたなり、百合のエスカレートでお腹いっぱいになりました。
それらが1話完結形式、濃さにも関わらず手軽に楽しめる作品でした。
Posted by muko650 at 05:31│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51449929