2009年02月27日

C75作品レビュー54 remote:OPERA EPISODE 2

BlogPet 今日のテーマ とても気になる…?
「異性を見るときに一番最初に見るところは?  」

異性とか関係なしに、顔じゃないかな?




■昨日の東方幻想麻雀

20090226
3着

振り込んだのは役稗1回だけなのに、ごらんの有り様だよ。
・・・てか大三元ツモられたらどうしようもない(;´Д`) 包ほしいな〜
それはさておき、3レミリアってwなんのいじめ?

・漠然と感じてる強弱
ニート > カリスマ ・ 文 >> 魔理沙 > 幽々子 > 霊夢・紫・小五ロリ・橙


さて、第2079回は
オペラといったら、
αオンワンだけで撹乱要因ですねと言いつつも、
1周目は大体アシュトンだからいないよねとか昨日から派生しつつC75作品レビュー。
制作集団 debrisさんの remote:OPERA EPISODE 2 の 感想です。

おぺら2

remote:OPERA EPISODE 2
地上戦闘シミュレーション短編ノベル(制作集団 debris)WIN

■概要
 記憶を失った檜立炯、
 その彼に自らを宇宙人となのるロビンから、
 地球防衛線のスカウトをうける。

 それに応ずる炯。そして、集まるかつての戦友たち。
 宇宙から陸へ 戦う場所を変えた彼らは、
 絆を思い出せるのか?

■感想

状況開始!!

宇宙から陸に部隊を映しても、戦うことには変わりません。
一応、各装備とかの固有名称は独特なことも変わらないのですが、
個人的に今回の方が、戦っている感が強かったです。
リアルタイムで進行する戦場、
なるほど状況開始と言うのはこのことかと思うくらいの、
色々と範囲を持った中でのやりくりの妙が面白かったです。

物語は、全編のラストであれだけのことをしといて、
えっ(゚Д゚;)また、同じ盤面での戦いなの?と思ったら、
時系列はちゃんと継続。
むしろ、あれだけのことになったから、ややこしいことになってで、
記録断片の主人公が、かつての仲間との記憶をとりもどすことが目的に。
実像が微妙だったリングフォース側も、結構ボケていて?
無印の時にあった、食いきれなさを伴う謎的なものは弱く、
純粋に炯の勘定を受け入れられる、ストレートな印象。
やる気のないようにも見える態度も、普通に冷静さの表れと感じられ、
戦術、采配の振るいの淀みなさたるや、素直に感嘆に値すると言った感じ。
また、前作で捉えどころがこれまた微妙な仲間達も、
それぞれ個性化が実を以って受け入れられ、
前作漂っていた"孤独"の雰囲気が弱い感じ。
なので、普通に戦闘の臨場感・爽快感を楽しめました。

行軍過程でも盛り上がってきましたー(・∀・)というところで終わりなので、
嗚呼・・・続き気になる。と週刊漫画雑誌の人気連載の如き、
待ち遠しさが発生しております。

Posted by muko650 at 00:46│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51470694