2009年04月26日

コミック1 3作品レビュー MillionKNights VERMILION

BlogPet 今日のテーマ 魚!
「魚と聞いて今一番最初に思い出した魚は?」

はいはい、『マタカ』。


コミック1のまったり余裕加減に驚き。
・・・まあ、自分は壁に並ばない人間なのが最たるところでしょうが

ちなみにオブザー・イヤーはコミティアと同日に公開です。
・・・冬コミ作品残:未プレイ1、プレイ中1です。

さて、第2138回は
折角イベントに参加したのだから、
とりあえず格ゲーぐらいならいいいじゃない?
と変革をおこしつつコミック1 3作品レビュー。
NRFさんの MillionKNights VERMILION の感想です。

ヴァーミリオン
MillionKNights VERMILION
対戦アクションゲーム(NRF)WIN

■概要
HPにキャラ毎の経緯が書いてありますが、
なんとも分からない(・∀・;)

それはさておき、BigBangBeat(現管理:彩)からの次回作の格ゲー。

■感想

なんという、絶対領域


とりあず、魔法少女キャラでアーケードをやってたんですが、



あんなに短いのに・・・


・・・とまあ、どうでもいいことにツコッミつつ、
格ゲーの感想をば。
この格闘ゲームの特徴といえば、V(ヴァーミリオン)ボタンがあること。
立Vで特殊中段なのですが、それがヒットすると、
結界なる壁が出現。コンボがつながりやすくなるというオマケつきで、
実際上のプレイ動画でもつないでたりします。
これ、なんてコンボゲー(・∀・;)となりそうですが、
一方で、ゲージ3消費で、被ダメージ中カウンターがあるので、
ゲージ管理がポイントになるような感じ。
まだ1キャラのみですが格ゲー的なところは、効果音が同じせいか、
BBBと似た様な感じでプレイできました。
ただ、キー入力特殊攻撃とかがないので、
攻め手の選択肢的なところが微妙かな・・・と。
ここらへんは追加アップデートがあるようなのでそこに期待。
絵敵なところでは、キャラ絵セル画的な彩色で浮いてるのが
始めは気になりましたが、
動きの滑らかさはかなりもので段々と馴染んでくる感じ。
世界観的なところは退廃・耽美系で勢ぞろいなのですが、
印象に残るのは、百合という自傷系ゴスロリ少女。
はっきりいって、

エロい

こっちは、ばりばり見えるとかそんなことじゃなくて、
声がヤバイw
実にいい仕事だと思いましたw
あと、BGMはガチ。これはクールだ!!

とりあえず、アーケードの最高ランクをノーミスで制覇はしましたが、
特にBOSS的なものもストーリー展開もなかったです。
色々濃いキャラ・世界観が多いので、同人誌的なものを見てみたい気がします。

Posted by muko650 at 13:02│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51499498