2009年08月29日

C76作品レビュー15 断罪アイアンメイデン第参話「ワルプルギスの夜」

BlogPet 今日のテーマ 選挙に行きましょう!
「明日は選挙!変えたい制度はありますか?」

公職選挙法。
40台未満の投票義務化。
ベターを選ぶんだ。例え全部マイナスでも、度合は違う。


・・・連続更新用にあらかじめ書いたつもりが下手に予約投稿ミスって
同日に更新になってた(;´Д`)
試しに設定いじったら投稿日時ずらせたけど、萎えるわ・・・

会社の合宿にいってきたんですが、
今回学んだ事は
FF5で、入店、アビリティ装備、AP取得(ボスはすっぴんキャラのみにして止め)
最低経験値(軍曹変身させないなど、基本デフォ)、ぜに投げ、宝箱回収(12武器も)縛り
+ レアアイテム盗む必須(すべてをしるもののコルゴナのつぼとか) 青魔法ラーニング必須 他 でクリアできるということ
(not エミュ)

神プレイヤーがいた・・・

さて、第2207回は
ホテルの夜は部屋からでてはいけない、
・・・なぞの酔っ払い集団がいるぞ!!
と、学生さん達の点になった目に関係者じゃないです!
と逃げたくなりつつC76作品レビュー。
南極堂さんの 断罪アイアンメイデン第参話「ワルプルギスの夜」 の感想です。

あいあんめいでん3

断罪アイアンメイデン

断罪アイアンメイデン第参話「ワルプルギスの夜」
ビジュアルノベル(南極堂)WIN
プレイ時間:1〜2時間程度

前回の感想はコチラ

■概要
探偵:白鴎院理人。
財閥の御曹司ながらも、独立し自分の城を構え、
助手の少年:鳩本祥太郎と共に事務所を営業。
しかし、その裏で
大東京を脅かす難事件怪事件を解決する
内務省警保局断罪特務機関『鋼鉄少女隊』
通称、アイアンメイデン の司令官でもある。

秘密結社 夜桜会 の幹部:赤マントの男に手痛い敗北を喫した鋼鉄少女隊だったが、
その傷もいえ、通常業務に落ち着いていた。
そんな時、少女隊長女:カレンから街で騒がれている噂の調査をしないかと提案がでる。
今街で、気になる噂は2つ。
眠っていたものが起きなくなる"春眠病"の密かな広がり、
そして、夜な夜な空を埋め尽くす影、"百鬼夜行"
理人は手の空いていた次女:キリエをつれて本業探偵調査を始めるのだが・・・

■感想

萌えポイントはショタ

破壊力ありすぎだろ・・・というのが、
主人公の面倒をみてくれる少年:鳩本祥太郎。
冒頭の朝陽差し込むカーテンを開きつつ、
後ろを振り向く微笑を携えたショタ。
・・・イイ
えっ?メインの鋼鉄少女隊、メイドさんはどうしたって
そっちは、燃えポイントだ!!


物語は、味方、敵方の存在を明らかにした第1話、第2話という、
どちらかという大レンジの展開から、
個別キャラに焦点をあたるようになります。
そのキャラとは鋼鉄少女隊:次女 キリエ。
言葉数少ない彼女が、
不本意ながら『噂』というものの調査に護衛として付き合っていきます。
ある種のツンデレ展開に為りそうなところではありますが、
彼女自身の確固となる意志と、
少ないだけで自分の意見ははっきりという所で、記号化されない確かな存在感。
ですが、違和感、軋みみたいなものも同時にあって、
それが夜桜会が起こす事件でどうなるか!?が見所。
一方、主人公:理人の方もどことなく、ヤサ男な頼り無さがあるものの、
熱い!熱いよこの人、という熱血系。
今回の敵幹部は軍服でゾル大佐を思い出すけど、
それがでてくる仮面ライダー的古き良き特撮展開を、
BGM、絵、文章でシックな統一トーンにしたゲーム中で映えます。
何故、すぐに全滅させない!?という敵方の手ぬるさを感じる、
都合よさはあるものの、
お約束をモダンにアレンジした世界感がカッコいい。

あと冒頭で触れたCGですが、
シックな色調でいながら激しさを持つ、気合を感じるラインナップ。
特にキリエは、恐い系のどうの入り、光の加減が効いてくる構図とか、
必殺技ktkrとか、視覚でも"語ってくる"ものが凄かった。
Posted by muko650 at 13:42│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51556543