2009年10月12日

C76作品レビュー42 CLAVIS

BlogPet 今日のテーマ 得意な方も苦手な方も
「あなたの好きなスポーツを教えてください!」

見る分には柔道が好きです。



さて、第2351回は
流行病いは恐いねと、
職場にインフルでたら、
一気に白マスクなフロアができましたと迫りくる事態を実感しつつC76作品レビュー。
幻奏ストラウスさんの CLAVIS の感想です。


20091012
CLAVIS
ファンタジーADV(幻奏ストラウス)WIN
注:18以上
プレイ時間:3時間程度

体験版の感想はコチラ

■概要
エルフが暮らす世界 『イェン・ディエッタ』
今そこには、ゆっくりと蝕む謎の奇病『ゲラニス・ヴェダ』が流行し始める。
罹患したものは精霊の声が聞こえなくなり、
激痛を伴いつつ肌の黒ずみ、果ては灰となってしまう。

そんな世界の危機を救う『鍵』を探す青年:カイ。
相棒の妖精:メルティとともに旅を続けて、
辿りつくのは近日祭りが開催される街:カルナバハル。
カルナバハルの森でカイは二人の少女が魔獣から助ける。
森の薬師:エナ、その友人:リンカ。
カイのお財布事情と仕事を探すという言葉を聞いた、
お人よしのエナはカイを住み込みの用心棒に雇うのだが・・・

■感想

ファンタジー世界

主にそのグラフィカルなところを、
細部にわたって構築しているのが特徴。
広大さとともに、自然美を、
背景、登場人物だけではなく、
テキストウィンドウ、システム画面にまで、
またやわらげな、アニメーション効果もかかって、
時にはムービーに至るまで、
世界感追求に妥協を感じさせない作品でした。

物語は、罹患したら100%死をまつしかない伝染病に
脅かされている世界で、それを打開する『鍵』を探す青年:カイを中心として動きます。
魔獣に襲われている少女達、薬師のエナ、とその友人リンカを助け、
一人暮らしをするエナの用心棒として働くのですが、
彼の目的である『鍵』の存在が関わってきて・・・というもの。
世界を救うという壮大なRPG的雰囲気はありますが、
どちらかというと、おっとりエナと、
対照的に正解の世話焼き:リンカ、
そして気まぐれ妖精:メルティ、気障で一途な名士の息子:フィリアス
の温かさに繋がる会話の印象が強く、
心根の美しさや正しさが前面に出ている感じ。
一方で、障害─クエスト、とその手段が弱く、
何をしたからこうなったという達成感はいまいち。
そういう属性を持っていましたで終わる手ごたえ不足なところがありました。

Posted by muko650 at 18:13│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51574870