2009年10月18日

SC45作品レビュー13 スーパーヒロイン大戦 Vol. 1

BlogPet 今日のテーマ メールの返信は・・
「メールの返信は早い方?遅い方?」

まちまちでごわす。




作家志望者が今度こそ本気を出すためのコミュ。
気合だけじゃなく、いけてるお話の構造解析とか主にストーリー構築の技術論を知りたい人向け。
ちなみにコミュ主はあまりラノベは読まないけど、仕事では近しいところでやっております。

ひとまずは、木曜の夜(だいたい18時〜21時半)に教えているオタク系シナリオ学校の授業風景を流そうかな、と。

ストーリーの構造についてぼやぼやと放送できればいいなあ。


ニコ生はこういう使い方もあるのか・・・

さて、第2357回は
やっとこさサンクリ作品制覇ヽ(`Д´)ノ、よしフラグたった!!のSC45作品レビュー。
aperitifさんの スーパーヒロイン大戦 Vol. 1 の感想です。

20091018
スーパーヒロイン大戦 Vol. 1
シミュレーションRPG(aperitif)WIN
プレイ時間:5時間程度

■概要

キョンと喧嘩してしまったハルヒは願ってしまった。
もっと面白い世界を・・・
そしたどうだろうか、今までも見たこともない
異文化の生徒達が1つの学校集まっていた。
その中で、この状況をまた喜ぶ女子がいた。
泉こなた である。
憧れのラノベ、アニメ、ゲームの人物達が今自分の前にいる。
同じく異変を実感するかがみの心配を他所に、
どんどん接触は図るこなた、
そして、新生SOS団が結成されるのであった・・・

■感想

やべ!攻略本欲しくなってきたw


この作品を購入した時、何故か攻略本セットとかあって疑問に思ってたんですが、
実際やってみて把握しました。
細かい、とことんまでに作りこんである。
SRCというスパロボツールの存在は知っていたのですが、
シナリオをぎっしりに加えて、システムも独自のものを組み込み、
ミニゲームまで沢山。
なおかつ、元から、ユニット間会話がバンバンでてきたそうなキャラ配置。
これは、普通にガンガン進めたら後悔しそうだ(・∀・;)

各種人気作品をこれでもかとあつめたスパロボ系シミュレーションRPG。
ハルヒが願ったら別世界で住人達がちらほらという、
原作を知っていればならしょうがないな的に理解できるところに、
ある意味メタ的に各作品キャラをしっている『らきすた』のこなたが
絡んで・・・という異常なのに、原作をいかしつつ融合させているという、
単にキャラを登用しただけではない作品。
冒頭のイベントシーンはかなりの尺ありますよ〜。
Vol.1 では、そこにFate,コードギアス,
リトルバスターズ,なのは,つよきす,東方projectが参戦する第3話まで。
名誉ブリタニア人の慎二には、ああそれっぽいと納得しつつ、
ハルヒがセイバーのマスターに!!・・・まあ主人公だからね(・∀・;)
そして、凛が召還したのは 

   白い悪魔 なのは で (゚Д゚)

やべフリーダムすぎて噴いたわ。

それはさておき、ゲームの方はSRCなのでシミュレーションRPGなのですが、
精神コマンドはあるにしても、少なめ。
その代わりテンション値なるものがあり(気力とは別)
そのゲージを溜めてストックを溜めることにより、
 1.能力値アップ
 2.奥義、潜在能力解放
 3. チェーンコンボ発動
という3種類を選べます。3本溜まるで一気に3つも可。
とはいえ、序盤だけあって、射程があるのもそんなにないので
コンボではなく、能力値アップが主に戦いました。
中で微妙に驚くのが、って本編で凛も驚いてたけど、
こなたが普通に戦えること・・・そういや格ゲーあったねと思い出しまた。
とはいえ、一通りやって撃墜数No1はハルヒだったりして、
覚醒前最強技で連続攻撃が強すぎですw
また特徴なのはOGが如く、武装装備で攻撃方法増やせること、
それに関してミニゲームがあること。
ミニゲームの景品で各種パーツを得られるのですが、
・神経衰弱
・もぐらたたき
・絵合わせ
・シューティング
・ブロック崩し

・・・これ名前から想像できるゲームそのものなんだぜ(・∀・;)
おかしい、何かがおかしいw
編成画面では、サモンナイト的夜会話があったり、
4コマ読めたり、もう本当に色々詰め込んでます。凄いw
Posted by muko650 at 17:28│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL