2009年10月29日

C76作品レビュー47 星空のCloveR ADV

BlogPet 今日のテーマ 丼もの
「いろいろな丼ご飯がありますが、あなたの一番好きなのは?」

豚丼。
ビタミンって重要だよね。


さて、第2368回は
人参切る時は、専ら短冊切りですよと、
野菜炒めが多い男のC76作品レビュー。
くりたまさんの 星空のCloveR ADV の感想です。

2009102820091028_
星空のCloveR ADV
七夕恋愛ADV(くりたま)WIN
注:18以上
プレイ時間:6〜7時間程度

■概要
四葉学園には毎年七夕祭があり、
実行委員会が七夕の劇を行う。
織女や牽牛、そしてその友人にして、
試練の番人の3人少女。

ノリで立候補した鷲司星夜は、
幼馴染の手越琴音、
実行委員長さまのツンデレ同級生:森園夏美
小動物な妹ちっくな下級生:杉原藍
その友人のクール?無愛想な水樹萌香
と楽しみながら準備するが、
七夕伝説の真実の影が・・・・!?

■感想

2ショット!!

なんといっても、見所は2ショットモード。
ヒロインと対面して、オートの進行で、
リアルタイムの選択が要求されるモード。
ここで効いてくるのが、ヒロインフルボイス仕様。
プラスアルファで、口の動きと表情連動。
喋ってる間に、ツッコミ的な選択もあれば、
悲しい事は言わせちゃいけないの遮り、時にはスルー。
モード中はセーブできなく、
複数判断箇所があるのである種の臨場感たっぷりの畳掛け。
ヒロイン毎の会話の流れもそれぞれにあったもので、
ゲームとして楽しめるものがありました。


物語は、ちょくらお調子者な主人公:鷲司星夜が、
七夕実行委員会の女の子と仲良くなりつつ、
登場人物達が、伝説の因縁ちっくなものを乗り越えていくもの。
ちょっと待て、彦星、織姫意外に誰かいるか!?というところには、
ADVがつく前の『星空のClover』でぱくぱくアニメーション雑談で、
説明されており、1日だけ許してもらえるの前に、
3つの試練があり、それぞれ勇気、友情、愛の番人ちっくな女官がいましたというもの。
各ヒロインがそれぞれに関わりがあるのですがぷらすαも?
基本現代進行で、学生・人間を逸脱するものはあまりなしです。
1週間もないのに、海に遊びにいって間にあうんかい!!とか
ツッコミどころはあるものの、要所を抑えた簡潔構成。
一部クリア済条件がありますが、早々に誰のルートに行くかの選択肢があるので、分かりやすい。
そこから、基本キャラのイメージにあったストレート的な内容ながらも、
冒頭に上げた2ショットで個性の顕在化、時に真剣、時におちゃらけと彩りみどり。
問題解決だけではなく、
エッチシーンもっていく流れも2ショットモードなのが、
結構笑えたり!?してよかったです。
個人的にはツンデレ系夏美が友達感覚というか
近いところにある感じの流れがお気に入り。
また、最終は最終だけあって、手ごたえがあるものよかったです。

Posted by muko650 at 21:42│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51581603