2009年11月16日

C76作品レビュー60 あそびめヱロゲに花束を

BlogPet 今日のテーマ いすに座っている人が多いのでしょうか?
「あなたの今の体勢を教えてください。」

座椅子でぐでーって感じ



さて、第2386回は
昨今の人口低下の原因はなんぞ?とか思いつつC76作品レビュー。
花を吐く抄女さんの あそびめヱロゲに花束を の感想です。

20091116
あそびめヱロゲに花束を
フィクションぐだぐだヱロゲ制作話(花を吐く抄女)WIN
プレイ時間:6〜7時間程度

■概要
 ライター志望の少女:天明睦月は
 株式会社『ニーベルング』に採用される。
 
 ワゴンであれ同社作のゲームに新境地を垣間見た彼女ではあったが、
 それはコンシューマ移植作

 ・・・つまり、元ゲーム開発があったわけで。

 ようこそ、ヱロゲ制作部署『花を吐く遊女』

■感想

・・・(゚ω゚;)


ジャンルにさ、フィクションぐだぐだヱロゲ制作話って、
フィクションついてるじゃないですか。
・・・
・・・
・・・
・・・(゚ω゚;) ピキピキピキピキ

やだーやだーデスマはいやだ〜!!


と妙なトラウマを刺激されつつ、
伊達と酔狂が感じられる花を抄女さんの作品の中で、言い回しに名残があるものの、
やけにリアリティーを感じるヱロゲ制作過程。
新人ライターさんがいきなり、本ライターになって
しかも納期はくそやばいというお話ですが、
プレイ時間は相当なもの 
── つまり、ゲーム開発工程を結構じっくり描いてます。
一応、新人の常識人?睦月ちゃんがが主なのですが、
業界にどっぷりつかった女衆が、
なんともいい感じにそれぞれの悟りを開いており、
夢と希望をぶち壊しつつも、
本人の意思による職業選択に確固たるものを見出せます。
原画、広報・営業、声優、システム、ディレクター、グラフィッカー
それぞれに焦点があたり、

・・・何か嫌な事、あったんですか?

という言葉がよぎるぐらいにあちゃーと目を覆うデスマ状況。
ここらへんで悟りがきいてきて、そんなに暗い雰囲気でもなく、
むしろ面白、おかしくいい人間関係ができてるのが心のオアシス。
大きな達成というよりは、起伏が微妙なまさにぐだぐだ進行で、
微妙な真理?が垣間見れる作品。
そして、地の文少な目で大ボリュームをフルボイスというなんとも豪華な仕様。
なまじ、題材とお仕事が近いんじゃないかなと思うところもあって、
こっちからも妙にリアリティを感じます。
アイキャッチやらBGMはレトロなんですが、
そんな古き良き時代という懐古成分をぶっちぎってます。
オマケの麺すすりにはエロく聴こえそうなのに、
どうにもこうにも苦笑が漏れるのがなんともいえない・゚・(ノД`)・゚・


Posted by muko650 at 21:18│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51588745