2009年11月28日

無能宣言 感想

BlogPet 今日のテーマ 近況報告?
「年賀状の準備はしてますか?」

まだ。


さて、第2398回は
できないと宣言しといて、
こっそり進めて、できましたーヾ(≧▽≦)ノ
とかやる処世術もあるとか言いつつダウンロード頒布作品レビュー。
ゴリッチュさんの 無能宣言 の感想です。

20091127
無能宣言
一般向 アドベンチャーゲーム (ゴリッチュ)WIN
プレイ時間:20時間以上


■概要(3行は作品紹介ページより)

戦闘機関“デルタ”の一員である主人公カズヤが、
轟学園の生徒として慌しい学園生活を送りながらも、
仲間と一緒にキメラと呼ばれる化物と戦っていく物語です。

・・・(・∀・;)タシカニソレモアルケドサー


■感想


献身


・゚・(ノД`)・゚・



ゴリッチュさんらしい、概要詐欺の作品で
中盤の大転換、終盤の大転換がある作品。
一応、概要は嘘じゃな・・・イヤ、ナンドモナイ。
キメラという怪物がいる世界で、
それに対抗する機関"デルタ"のカズヤ。
彼には特別な力があって、
ドラゴニックという種族とダブルという融合によって戦闘能力を向上できます。
剣と蒼炎の闘気を以って戦うカズヤには、
通常の学園生活もあり、
ドラゴニックの学園長:ヒュドラに目をかけられている皇ケンジと一緒。
ホモネタにやったり、暴走おさえたりしてるところに、
突如目覚めたドゴニックの少女:エルが登場。
彼女がカズヤの"ダブル"のパートナーになるのですが、
エルはケンジに懐いてしまい・・・という感じですが、
ぶっちゃけそこらへんは崩れに崩れまくるネタバレ系の展開になるので
多くは語るまい・・・。
『無能宣言』とは何ぞや!?も多分ネタバレ相当なので割愛。
雰囲気的には、少年漫画の熱血とギャグ(下あり)
半分ぐらいはボケ・ツッコミ・ツッコマず なのですが・・・


実際の所、大規模な ちゃぶ台返し(ノ-_-)ノ ~┻━┻  とりゃーがあるのですが、
技巧とか論理とかそういうレベルを越した魂震えるところが光ります。
特に中盤以降のバトルでは、歌つきBGMがバシッときまり
効果音がシャキーン、シャーキンのズガガーン、
実際何が起こってるかはよく分からないけど、
気迫が溢れる画面に、真心がドカーンなんですよ。
あえて、意味不明に書きましたが、
自分で何故とか思ったけど、涙が溢れてくるシーンとかありました。
そのシーン後に明かされる真実では、なるほどと納得。
事実よりも先に、その端々から伝わるもの、
その現場の雰囲気で思いが構築されてしまったのだな・・・
そのシーンだけではなく、
原始レベルで震える箇所がクライマックスに波状で襲ってきます。
最終話のメインテーマでもある『change』が流れるところの、
集大成的の感動は半端なかった・・・

Posted by muko650 at 16:59│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51593958