2010年01月12日

C77作品レビュー15 スミレと冬の駅舎

BlogPet 今日のテーマ 昨日は成人の日でしたね
「成人式にまつわる思い出を教えてください!」

サボりました。


さて、第2440回は
じいちゃん家に行く時も、PASMO使えるようになって、
時代を感じるな〜とか思いつつC77作品レビュー。
半端マニアソフトさんの スミレと冬の駅舎 の感想です。

20100112
スミレと冬の駅舎
サウンドノベル(半端マニアソフト)WIN
プレイ時間:10分程度

■概要
 冬の寒い日、俺はスミレと二人っきりで電車を待った。
 ここいらじゃ、男は駅舎の外で寒さに震えるのが暗黙のルールだったが、
 3年生も卒業し、今は自分たち二人だけということで
 スミレは俺を中に呼んでくれた。
 うはっ、気になるスミレと二人きり。
 思い切り焦る中、スミレは俺に話しかけてきた

 「私も1/40か確かめたい」

 ハァ? ?(゚Д゚;)

■感想


オナニー


いや、これ以外にどう書けとw?



本当は、バカも突き抜ければ最低に最高だ!!とか濁したくなるのですが、
天晴れながら、オナニー以外の何モノでもないので、
敬意を込めて、オナニーを始めに持ってきましたw。
内容自体は、戦争で1/40は狂気に染み付き、人殺しが楽しくなる!?

(・・・実は今年正月に爺ちゃん家に帰った時、同じような話されまして。
南京包囲網で関係なしに殺しまくった奴がいてだな・・・とか
(ただし,爺ちゃんの経験則では1/50・・・あんまり変わらんね)

ということを祖父に語られ、その祖父に似てる、
お前も同じだと!言われて育ったのがスミレなる女子生徒。
大層そのことを悩み、自身の本性を暴こうと、
主人公にあるお願いをするのですが・・・というお話。
うん、ここまでは普通というか、スリリングなお話だね。
でも、

オナニーです。


その主人公側が、なんていうか天元突破してるので、
最高に下品なんだけど、
一事は万事に通ずというのかな〜というものが、ずばぬけています。
ここまで、バカで最高なのは見たことない。
短いながらも、半端マニアソフトさんらしさ全開でした。

Posted by muko650 at 20:27│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51611329