2010年01月29日

C77作品レビュー29 電脳網喫茶密語

BlogPet 今日のテーマ 手相占い芸人が人気ですね
「占いは好きですか?」

重過ぎないなら、やや好きに入るのかな。
悪いものを忠告として聞き入れる程度。
当たるも八卦、当たらぬも八卦。


さて、第2457回は
漫画喫茶のナイトパックは、
HDDのかたかた音が気になってあまり居心地がよくなかったでござるといいつつC77作品レビュー。
定例会ゲーム部さんの 電脳網喫茶密語 の感想です。


20100129
電脳網喫茶密語
社会派漫画喫茶ノベル(定例会ゲーム部)WIN
プレイ時間:5時間程度

■概要
 終電にも乗り遅れ、財布も寂しく、
 携帯電話はオワタ状態。
 八方塞りの夜に救いの光を照らしたのは『電脳網喫茶ウェストイースト』
 そこのメイド店員『スルーゲスト』が提示する楽しみ方は、
 漫画やネットをすることではなく、
 
 隣のブースの盗み聞きだった・・・

■感想


垣間見るは他者か?


実際、漫喫なんていっても喋ってるのなんてそうそういませんが、
この作品の『電脳網喫茶ウェストイースト』では、
ばりばり会話がなされています。
その会話というのは、サークル前作もしもし?のように携帯電話ではなく、
ブースにペアがいて、基本はそのペア感のやりとり。
出歯亀の禁忌ちっくなところに面白さはあるのですが、
そんなことよりも、どれもが"聴き耳を立てている自分"がいること。
制限時間6時間の刻限が近くづくにつれ、だんだん本気になっていくるペア、
それともに主人公の心境に響いて変わるものも。
しきられているけど、完全に断絶してない・・・
人と人とのつながりを変化球でストライクとってくる作品でした。


物語は、5つの漫喫ブースの会話を盗み聴きするもの。
そもそも、漫画喫茶で夜を明かすというシチュなので、
訳有人物がちらりほらり。
主人公以外のブースは二人入っており、実に様々な会話が楽しめます。
ゲーム的には、どのブースかの選択1回で1時間、休憩10分を5回繰り返すことになるのですが、
基本は普通に同じ場所を連続して選択するがよろし・・・という感じかな?
それは、さておきどんなコンビがいるかというと
A・フリーター ネトゲの世界のカリスマ
B・合コン失敗 旧知の仲の男二人
C・バカップルを超えた バカップラー
D・鬱で末期的な会話な父娘
E・ミュージシャン志望の先輩と派遣ぎりの被害者の後輩

・・・うん、なんていうか、うわぁ〜な面子ですね。
始めのうちはそれこそ飲み屋で聞けるようなお約束だったりもするんだけど、
これが全部、本気方向?に緊張感が増していきます。
そこに本当に傍観者でいるのか、それとも?というのは
ライターさんがバラバラなので・・・というところですが、
そのバラバラだからこその現代社会のカオスの面も現れてるかな〜と思うところ。
個人的に一番が面白かったのはC バカップラー。
正直、始めはつらい・・・のですが、いい感じに
主人公がディスプレイを擬人化?したりして、
ちゃちゃいれてるのが侘しくも共感を生み楽しい
・・・と思いきや!!
この話の起承転結の神がかっていて、
なんていうかクライマックス、エピローグにかけて、
涙腺を刺激しやがる。
"社会派ノベル"だからこそ掘り起こせるものがある、
そんな素晴しさが堪らない。
さらに、次点のA ネトゲ 方向も面白い。
これは盗み聞きがネトゲの世界にも及ぶスネークぶりのどきどき。
主人公がちゃんと汗?ながしてる感もあって、
追う楽しみがありつつも、
これまた急変が現代社会の病理に切り込んでやがります。
密室なんだけど、ネトゲを通すことで広がった空間、
狭さと広さがあいまじった微妙な空気が味わい深かかったです。

また盗み聞き、意外にも幕間のおすすめ漫画紹介おじさんや、
奇天烈メイドとの会話とかもバリエーション豊富で・・・・っていくつあるんじゃーい (ノ-_-)ノ ~┻━┻
休憩による空気崩しが結構いいリズムを作ってくれ、
読み手の集中をも回復!・・・うーん、実に曲者だ!(・∀・)ニヤッ
ストーリーにも、作品コンセプトも共に唸らせられる素晴しい作品でした。

Posted by muko650 at 19:52│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51617616