2010年02月25日

C76作品レビュー68+ 終末症候群 Terminal Syndrome

BlogPet 今日のテーマ 春に向けて
「買おうと思っているものはありますか?」

うめ物語


↑、さっき届いた



そいつはすげえ矢・・・巧いことツッコム人もいたもんだ


昨日、飲み帰りで説明しなかったけど、
ひまわりPSP応援サイト募集というものがあったので、
試しに申請してみましたというのが右下です。
・・・貰える素材はシーンCGが結構あったけど、応援系では使いにくいかな〜

さて、第2484回は
遂に最終章キタ!のC76作品レビュー。
LEANGATEさんの 終末症候群 Terminal Syndrome の感想です。

20091214
終末症候群 Terminal Syndrome
異能犯罪サスペンス・ノベルゲーム(LEANGATE)WIN
注:確実に18才以上
追加部分:2〜3時間程度

前回の感想はコチラ

■概要
 異常能力犯罪。
 通常の方法では検証も再現もできない異能を使った犯罪。
 完全犯罪に近いようなものだが、同じく異能をつかい
 それらを捜査し、原因たるものを始末するだけのものが存在する。
 
 相模レン。彼は異常能力犯罪専門の捜査官にして執行人である。

■感想

終わり・・・

完結の最終章ということで、
そこで語られるは再三再四でてきた"終末"。
それまでの、苛烈なものに意味はあったのか・・・
あるにはあったが、対価として妥当だったのか。
・・・
納得はいくけど・・・


ということで、最終の感想
・・・って、どネタバレ部分でどう語れというのもありますが、
主人公がそれまで、強大な力だったけど、
能力使用で記憶を失ってしまう雛代シズクに映りきった感があります。
とはいえ、いきなり陵辱シーン対象だったり、
恋する女の子だったりと浮き沈みがあり、
そして、辿りつく真実は?
素敵に無敵な相模レン君が望むものとは?という
当初からあって残ってた謎にズームイン。
今回の話を踏まえると、今まで感じてたレンデレの不自然に思えた部分が、
彼もまた・・・という点で仕方がないと認識。
一方、それまでやってきたことの壮大ぶりにバランスするかというと、
量的な面では到底無理。
主に、琴島さんになんばしよっと!!という個人好み的な意味で。
ですが、それを得るために他に方法が・・・となるので、
都合のいい奇跡ぐらいしか思いつかないので、
その『終末』にはしょうがない・・・
自然なものかなと、収まるべく収まったという静かな感じかなー。

Posted by muko650 at 20:05│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51627725