2010年05月03日

ノミネート作品レビュー 鷽替真と月夜の×××

BlogPet 今日のテーマ 意外と知らない・・・
「今日は何の日か知ってますか?」

アチョー!!


さて、第2551回は
朝だと思ったらもう月夜だよ・・・と
時間の経過は早いな〜と実感しつつノミネート作品レビュー。
ななしの屋本舗さんの 鷽替真と月夜の××× の感想です。

20100503
鷽替真と月夜の×××
ありきたりで平凡な恋愛シュミレーションもどき(ななしの屋本舗)WIN
プレイ時間:3時間程度

■概要
ヒノチルドレン。稀代の犯罪者ヒノによって誘拐され、
そして、育てられた子供達。
虐待を越え、子供同士で殺し合いまで至る環境において、
なんとか一命を取り留めた主人公。

その過去がトラウマになって、自身に眠る凶悪に怯える日々。
なんとか表装を取繕っていたところに、
一人の少女が転校してくる。
彼女の名前は鷽替真・・・同じヒノチルドレンだった・・・

■感想



転がりっぷりが半端ない作品。
出だしから、何かと急な反転的ボケツッコミが激しいのですが、
物語の起承転結の転はさらにやばい。
さーて、題名の×××はなんなのかな〜。


物語は酷い生活を送ったせいで、
二重人格のようになってしまった主人公(自分の名前を激しく希望される)。
そんな彼が自分と同じ境遇の少女と再会し、
彼女の激しいアタックに遂に!?と変わっていく話
・・・だったらよかったですねw
基本ネタバレ色の突拍子もない展開。
いや、それそんな風に使うの?とか
えっ、この人が!?とかが絶えず回り続けて、
転がるように×××。
一方で、それ言いたいだけじゃね?的な因果の連結の突拍子さで、
ちょっと置いてけぼり感がありました。
あまりにも範疇外なので、喜怒哀楽に実感が持てなかったどすえ〜。
その中で、オジサンがいいと思ったのは鷹穂違さん。
元彼女ですが、この方には結構共感が持てる心模様。
アネゴ肌だけあって、行動力があり、
特に最後らへんの覚悟の程が粋でした。

あと特筆すべきことは、絵を使いまくった演出関連。
大ゴマでばーん!!が如き、インパクト存在感が凄かったです。
Posted by muko650 at 22:39│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51650799