2011年02月05日

週末体験版 Trif -トライフ-

自サイト運営の企画も終わったので、
週末体験版を復活・・・とか言いつつ、
C79でCD入手していたりする・・・

2月3日(同人ど〜らく)

【全店情報】注目同人ソフト「Trif-トライフ-」無料体験版配布!

trif_banner

ということで、とらいあんぐる!さんの Trif -トライフ- をやってみたよ。

trif7
Trif -トライフ- 体験版
オリジナル恋愛ビジュアルノベル(とらいあんぐる!)WIN

■概要

一人暮らしのフリーターの裏葉は、
ある日夜道で何かを探している少女に一目ぼれしてしまう。
奥手の性格が故に、ろくな言葉もかけられず、
彼女は怯えて逃げてしまい、後悔することに・・・

その後、街をぶらつく度に、
姉を心配する少女:早瀬深里 の面倒を見たり
ティシュ配り等いろんなバイトをしてるお姉さん:堺静名 と知り合ったり、
何かと縁を感じる出来事に遭遇する

その延長かどうなのか・・・
再び彼は、あの日あった少女と運命の出会いを果たす・・・


■感想

なけなしの勇気を・・・

まず、これを見てくれ。

trif1

これが主人公:裏葉君の部屋で、ここから始まります。
ゆっくり霊夢、そして、ティッシュの位置とかで、
冴えない空気が漂っていて、
実際、運命の出会いの契機はエロゲー買いにでかけて・・・と、何かアレ。
しかしながら、露骨なまでもヲタク感も漂うわけでもなく、
草食系ネットユーザーと、多分日本の"こっち側"のスタンダードな感じ。
エルシャダイ含む地の文のネタ満載で、お調子系?
とか思えば、全体的印象は 

綺麗  

"一目ぼれ"に対する動揺、そこから足を踏み出す覚悟が、
なかなかに真摯で応援したくなるようなもの──にBGM。
このBGMが全体的にかなり良く、
日常ギャグ系においてもコミカルによらずに、
程よい間合いを保って落ち着いて、全体として一本気を通してるかの様。

と、誰得な男側、苗字語らないのが怪しいよねとか言いつつ、
体験版ではヒロイン3人と出会いが主。
名前もわかっていない裏葉が一目ぼれする少女、
姉を心配する少女:早瀬深里
そして気さくな同い年のアルバイター:堺静名

trif2trif3trif4

名前がわからない少女は本当に儚げ・そして幻想的な段階ですが、
おっぱいの線の柔らかさがGOODだね!涙目みると裏葉が心から手伝いたくなる気持ちも分からなくはないです。
残り二人はそういった真面目路線ではなく、
どっちかというと性少年ぶりをネタにしていじってくる感じですが、
深里ちんのはきはきとした明るさと、
静名のバイトを多数こなす自立心と気づかいは
実に裏葉君に足りないものといった感じかな〜
まー、そんなことよりも妄想ぶりに呆れられるジト目が気に入ってたりする・・・

trif5trif6

文章の方は、一人称でネタ系が多めですがそのテンポやよし。
ただし、冒頭がギャグフェイントだったりして、
物語構造的に『何の物語』とか、どこを目指してるのかは
現段階での掴みっぽいものは弱いかな。

『それは、僕が初めて、女の子に一目ぼれした夜だった──』

がOPムービーなし、あるいは ナチュラル時系列&複数ヒロインだと埋もれてしまっているような・・・
Posted by muko650 at 11:39│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL