2011年04月07日

C79作品レビュー57 私に咲く華を見て彼は笑った 精神≠現実

■今日の一言

 鉄パイプもどきを枕にすると一日中頭痛が続く


さて、第2874回は
真理を追い求めなくなったのは、
中学卒業でやたらと人間に疲れたからかな・・・とか思い出しつつC79作品レビュー。
NeOresさんの 私に咲く華を見て彼は笑った 精神≠現実 の感想です。

20110407_1
私に咲く華を見て彼は笑った 精神≠現実
完全オリジナルノベル[真理追究プログラム]ゲーム(NeOres)WIN
プレイ時間:4時間程度(追加部分+パッチ含む)

■概要

孤立、存在のシナリオを終えて、
一体真理とは何かの総括・・・ということで、
後日談とミニゲーム『疑心暗鬼ゲーム』、
さらに、パッチにて『京輔の空手』を収録

■感想

うむ、確かに(・∀・;)

心理的問題を第3者から接した『孤立』、
同時系列で自身に心理的問題を抱えてた『存在』。
正直言って、孤立編では何言ってんだコイツと山守未央を眺め、
存在編では、美空朔に内在したファンタジー分を認めてたりしました。
・・・で止まっていたですが、総括になって、
その2つに比べ、あるいは共通して分かる真理の尻尾に、
ああ・・・なるほどと納得しました。
真理なるもの大きさがそこまででかいとは・・・とか思いつつ、
Wikipediaで真理見るとピンとくることも・・・

ということで、総括。
2話ラストを、細かく見ていく感じなアフターと、
特殊ルールのミニゲーム、
それらが終わると、天の声ちっくな総括に入ります。
アフターの方は結末的なところは分かってるのですが、
3つのキーワードで振り返る感じ・・・正直よく分かりませんでした。
幻想属性との相関高いところを、ぽつぽつと埋めていく感じ・・・なのかな?
んで、ミニゲームのほうは、何回も叱られました。はい。
内容は、自分のカードをあてられないようにしつつ、相手のカードをあてるもの。
インディアンポーカー亜種ですがチーム線なのがポイント。
ダメだったのは選択肢が確定的じゃなく、
微妙なゆさぶりが必要なの!!で消去法モードになってはまったのが原因かな。

それらが終わると総括なのですが、
基本天の声で語られます。
そもそもの真理モチベーションがないと、
それが一体何になる系なのですが、
段階ふんで納得でき・・・って続くの!?とすっきりとはちょっと遠いかも。
そこらへんのアバウトのところは、追加パッチが動く条件の
クイズ問題が頭の整理に貢献していくれます。
キーワードもゲットできますよ。

エントリ前口上については、やたらめったら我侭いって
担任切れられた女子連中がいて、ああ説得なんて無理だ、
『正しい』なんて共有できない・・・とか思った経験が、
精神≠現実 だったんだな〜とか思ったりもしつつ、
共有できる某はコストがかかって然るものという認識なのですが、
はてさて続きはどうなることやら・・・

ちなみに追加の空手ゲームは、
ミニゲームでポイント溜めて、能力強化。
対戦はほぼランダムなので、修行の結果発表〜といった程度かな
しかしながら、ストーリーがかなりカオスで面をくらいつつ
親父さんが強すぎて泣けた><;
フルカンストにして負けるだと!?
Posted by muko650 at 21:47│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51748031