2011年05月07日

週末体験版 東方ちぇむぶれむ

明日が例大祭、そしてGWの最終日・・・
はー わっしょい!わっしょい!

5月3日制作のしおり

例大祭までの期間限定「東方ちぇむぶれ」体験版を公開! ちゆうどう

EE12


をやってみたよ。

東方ちぇむぶれむ
SRPG(ちゆうどう)WIN

■概要
 周辺各国をまとめあげた強国:ヤクモ帝国だったが、
 反乱鎮圧の際、同盟をむすんでいたバカル王国が裏切り、大ピンチ。
 本城も同時に攻められて、わずかな従者ともに留守番をしていた橙姫は
 なんとか城を脱出。友好国のしらたまに落ち延びるのであった・・・

 それから数年が立ち、遂にバカル王国を打倒せんが為立ち上がるのであった!

■感想


ちょっwwwおまっwww

橙がロード役をやるファイアエムブレム風SRPG。
キャラが東方projectですが、基本的にFE。
初めに、幽香、萃香がいますが、職業はアーチャーとアーマーナイト、
装備は鉄の弓と、銀の槍か・・・これは勝手知っているとサクサク進めてたら、
やられたよ・・・さすがにこれは予想外だよ。なんだ・・・このグラフィックwwwww

EE4EE5EE6
マジ!?(;゚ Д゚) サジ、バーツ

ということで、キャラグラフィックまでもFEになっているSRPG。
ステージ毎、敵ユニットを全滅あるいは、ロードによる拠点制圧でクリアしていくゲームです。
東方各陣営が国になっていて、主人公サイドは八雲組・・・なのですが、
主人公:橙の従者は幽香、萃香、そしてドルーア帝国に相当するのが
バカル王国・・・チルノがトップときたもんだwこの時点でカオスなのですが、
基本的に落ち延びて、力をつけて周辺を解放しつつ、自城を目指すというところは同じです。

EE1EE7
主人公は霊夢じゃありません。そして、バカルッテトが何やら偉そうに・・・

で、実際のゲームの方なんですがすこぶる快適なFE。
ターン制で敵に隣接して(間接ユニットなら一マス置き)攻撃が基本。
弾幕アレンジとかはなく、原作よろしくの数字がシビアに効いてくるものです。

EE3
戦闘はアニメーション。読み込みや、アニメそのものでゲームリズム崩すことないシャープ仕様

ユニットを選んで攻撃移動範囲が表示だけではなく、
ワンボタンで敵全体の敵が移動する範囲が分かるのが便利。
その他、会話部分のズームとか、移動の軽快さ、メニュー表示のちょいアニメとか、
細かいところまで行き届いてる所感

EE2EE13
地形・攻撃予測も見やすいし、敵の範囲が太赤線で括ったりするので、いちいちユニットクリックの手間が省けます

ゲーム進行の方は、基本ファイアエムブレムでみたことあるような・・・とかのMAPを
含んでますが、ところどころで違うのでそこに注意が必要かも。
具体的には、絶対あの人だ!!と思う対応関係でユニット説得ではなく、
そこらへんはあくまでも東方界の関係性だったり、
元があの人だからクラスチェンジで・・・えっ?とかも起こりえます。
まー、三姉妹が楽器から斧とりだしてる時点でおかしいので、そこらへんは柔軟に。
それでも、基本的に原作通りのプレイが通用するので、
闘技場で粘っておくとあとあと楽かもしれない・・・ウフフ

EE8EE10
賞金額とにらめっこで対戦相手予測♪ 序盤でレベルカンストさせてクラスチェンジアイテムで上級職・・・ってナバール対応が勇者か!?

おじさんはSFCのファイアエムブレムが主だったので、
最近の知らないのですが、おそらく最新準拠のシステムで快適さ、
そして、キャラ対応ぶりがなかなかに笑えるところが気に入りました。
フィンガーサインや、顔の向け方、それだけでこの対応と予測できるものがありますね。
漢キャラに割り当てられた少女達は・・・(;ω;)ブワッ
あと、体験版では宝箱あけたらオチタ!、物売ったらオチタ!とか、たまに起こる系のエラーに遭遇しましたが、
開発ブログ見る限り、真っ先にやった人達の報告で改善されている雰囲気。
明日の完成版が楽しみ、パッケージに天子確認したので味方ユニット(・∀・)ドキドキと胸を躍らせております。

Posted by muko650 at 14:56│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51755408