2011年11月25日

C80作品レビュー65 チルノの東方氷琉記

■アニメ感想
・アイマス
まさかの小鳥さん!?にインパクトもっていかれたけど、
ナムコプロは本当に仲が素晴らしいでござるなー。
勿論、オケなしの歌い始めも涙腺にきた。
シリーズを通してプロデューサーを裏方に配置してるのが安定感をうんでるな。

・はがない
あれ?こういう話だっけ?
まー話数制限で最終話にあれを設定したら追い込みが大変なんだろうけど。
原作は、重要事実をさらりと流していくところが特徴だけど、
こちらは一般的なシリーズ構成だな〜。


さて、第3096回は
流氷かきというのがコムケ湖で作られているというニュースを、
何かのイベントと空目しましたとか言いつつC80作品レビュー。
MOON GODDESSさんの チルノの東方氷琉記 の感想です。


チルノの東方氷琉記
ACT & STG(MOON GODDESS)WIN
プレイ時間:3〜4時間

■概要
紫に狂化の原因となる黒秘修鮹気垢茲Δ貿禺されたチルノが、
幻想郷の住人をかたっぱしから ぴちゅ させるACT & STG
全部ボス戦!


■感想

気軽に挑むがよい!


MOON GODDESSさんチルノシリーズの集大成とも言える、
ボス戦オンリーのACTゲーム。
・・・といっても、サークル恒例のボスラッシュを強いられるわけではなく、
自由選択で1戦ごと挑めます。負けても10秒で復活
あたって砕けるがよい!?


サークル前作プレイ済みだとニヤリとくるかもなラインナップ・・・

今回は妖怪の賢者から依頼で、異変を引き起こしてる珠を探す・・・
ということで、無双をするゲーム。
道中ステージなどはなく、ひたすらボス戦を楽しめます。


てか、チルノに頼む時点で何かおかしいと思うのw

とはいっても、いきなり強敵と対戦できるわけではなく、
チルノ自身の強化要素あり。
まずはHP。これは経験値をためれば、5づつ上昇。
レベルをあげて、物理で殴る的なごり押しで超えられるところも少なからずあるので、
負けて経験値減らすよりは、勝てる相手で粘った方がいいかも。
そして、もう一つは弾種。基本は連射可の直進ツララ。
これだけでもクリアできないことはないだろうけど、軸あわせが困難なこともあるので、
3WAYや、氷塊のショットに切り替えることも有効。
ただし、切り替えるためにはボスドロップで素材複数集めが必要。
以下、武装についての雑感
・ノーマル 連射が効くので、場合によって他よりも使いやすいかも
・3WAY  威力が若干高いが連射が効かない。安置で当てられるところがあれば・・・
・誘導  安置、STGでボス裏位置戦術がとれるのでかなり使い勝手がいい。威力は控えめ
・氷塊 連射が効かないので、思ったよりもダメージにつながらない。狙い撃ちできる人向け
・全撃 強い。適当に動いてれば敵に当っている。一見軽そうにみえるけど、威力もでかい
・剣  攻撃力は段違いで弾かき消しもあるが、スキがでかい。ボスによってはつむ。 経験値稼ぎで えーりん や 紫 を相手には使える。


HPは持ち越しなので、メインメニューの休みで回復させるのも必要。ミスすると武器がノーマルにもどるので、素材集めなおしが面倒・・・

んでもって、ゲーム部分はACTとSTGが交互に展開。
だいたいの敵が、後半になると攻撃を激しくさせる他は、
ミニゲーム的な短期集中感覚で挑めます。
前作同様、パターン見極めればノーミスも出来る程度かもしれないけど、
おじさんはいくつかはHP増加のごり押しで乗り切って、EXまでクリアでHP205ぐらい。
ACT系ボスの方はそこそこいけるんだけどw、STG系が苦手でね・・・ 
ただ、レベルをあげて殴ればいいというわけでもなく、
一部ではちゃんと対策が必要な局面もあり。
というのも、被弾時の無敵時間が短く、連続してミスして動けなくなるとことがあるので。
自機狙いの高速発射するボス数体はちゃんと、
動き回らないと実質一発アウトちっくになるので注意されたし。


Posted by muko650 at 18:59│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51800212