2012年08月21日

C82作品レビュー 10 蟲ノ目 第三章

■今日の一言

ガタケットが近いですね


さて、第3011回は
金の無心される目に合うと、かなり困るよねとか言いつつ、C82作品レビュー。
ヨツツジエコーさんの 蟲ノ目 第三章 の感想です。

yotutuji
蟲ノ目 第三章
異能伝記系ADVG(ヨツツジエコー)WIN
プレイ時間 3〜4時間程度


■概要

蟲が持つ異能を宿したものが9人から始まる、
バトルロワイヤル『蟲毒』。
最弱の蟲といわれる、蜻蛉を持つ二條久保は、
蟲能力から得た情報から、
最強の蟲使いと謳われる三荊ともに、災厄に挑む

かつての因果まで遡り、新たなる側面、真相を見せる
シリーズ第3弾

■感想

650的人気ランキングが変更しました

1位:六斉堂
2位:上尸 NEW!
3位:八木沢 NEW!

なんだか分かるということは、それだけ思い入れが強くなる!
ということで、サブキャラの事情が見えてきて、
パーソナリティがかなり確立されていく第三章。
主人公チームがいないって?、半官びいきな650さんは・・・じゃなくて、
彼女たちは、まだ謎が残ってるからね(=ω=)


ということで、蟲ノ目の第3章。
2章の終わり時点で、過去の『蟲毒』が関わっていることが分かり、
今回はそれか〜と思いきや、
現代の時間軸もしっかりな進行でちょっとびっくり。
『時系列』継続で進む、
得られた情報から課題に対する解決策をば・・・
ということで、自陣営だけではなく、他所様の力を積極的に借りに行きます。
その道中で、過去の話もというスタイルになって、
百合コンビは今回も健在でございます。


今回面白かったのが、こんなのチートだよ!!と思ってた能力が
万能感をなくし、ちゃんと頭を絞って使うレベルなこと。
ガンガン使うからこそ、真価を発揮する系は戦闘じゃなくても結構気持ちいいでござるな
まー十分チートなのですが、相手方も拮抗以上のものがあって、
十分に戦いになっていて、手に汗握りました。
また、3章目においても、飽きがこない『能力』の新規登場、
あるいは拡張・応用があって新鮮。
戦い自体は回避されることが多いのですが、
まだまだ設定派生から燃えるバトルがありました。

解明されることが多い中、新たに生じる気になるところも。
過去、蟲毒の参加者が紹介される冒頭で、
メタ階層にいるプレイヤーは声をだしてツッコンだ人も多いと思われる蟲さん。
くそっ、3章内で割りと放置気味な扱いだけど、気になるww
また、敵の方に焦点が当るのですが、
目の色が印象的な光の彼女は結局・・・?というところも気になります。
でも、1章から気になってことが、3章終わりで4章で語られそうでわくてか!で、
ちょっと欲求鎮静化してたりしてw
Posted by muko650 at 23:49│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51850796