2013年02月01日

キョンシー×タオシー冒頭体験版

■ライブドアお題

人間を2種類に分けるとしたら?

生者と死者


さて、第3166回は
一昨日の物理作業で体が思いのほか死んでいたとか言いつつ、
しれっと時間いじくってWEB作品公開作品レビュー。
電動伝奇堂さんの キョンシー×タオシー冒頭体験版 の感想です。

電動伝奇堂
キョンシー×タオシー冒頭体験版
動的伝奇ビジュアルノベル(電動伝奇堂)WIN
プレイ時間:5分程度

■概要

宇宙の真理に至り、仙人に至る道術。
それを操る、見た目は幼女のリンリンさんが、
森で異形に襲われていた青年を助けるのだが・・・


■感想


クイックネス


目玉の動きやばいわ・・・


というのが、one of them の動的演出ばりばりの伝奇ノベル、冒頭体験版。
講談師さん説明で、キョンシーで有名な『道術』がメインになりそうなことと、
ぼーい?みーつ がーる? の荒事な出会いまで。
荒事だけあって、戦闘演出が・・・・
とか、それ以前に講談師の説明時点で動いてるのがやばい。
花びらちる系が3D方向の背景、プラス、イメージ絵が別途にスライドで動く。
カットインとかはわりかしあるけど、そのレイヤー毎に動きをつけてる時点で、
ただならぬ雰囲気を与えます。
それから、本編に入ると、
画面を大きく分割演出は新たなるステージへ。
速度がちがう、とかその中でオブジェクトもまた動いてるとか以上に
画面遷移がやばい。なめらか、かつ 縦横無尽。
演出が凄くてうくじゃなくて、そのまま流れていくなんて・・・
と思ってたら、『旋風剣』とかどんなカメラワークだという、
滑らかさをもった画面の連続急方向転換とかで、うはwwwwとなりやした。
電車の中でやってたけど、心の中は勝俣さんばりに「すげー!!!!」でした、はい。
1章体験版が2月14日らしいけど、まほよレベルで延期しても不思議じゃない動きっぷりだわ・・・

物語のほうは、正直まだどうこう言える段階ではないですが、
リンリンさんより、逃げいてた青年さんの落ち着きぶりに何者なんだ!?と。
感想、最初のやばげな目の動きもありましたからね〜 =∀=。

Posted by muko650 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51875448