2015年04月12日

REVIVAL RESET 感想

営業活動は大事


体験版→DLsiteで購入した作品レビュー。
楽想目さんの REVIVAL RESET  の感想です。

REVIVAL RESET
ADV(楽想目)WIN
プレイ時間:6〜8時間

※製品版には体験版からのセーブデータ同梱ですが、
DLsiteのやつだと、readme の説明のsavedataフォルダじゃなく、ゲームフォルダ直下に置かないとダメな模様

■概要

謎の豚が有名RPGの改造ゲームプレイをせがんで来た!

その名は REVIVAL RESET

ひょんなことから豚:ベルブを召喚してしまった、
極度人見知りの学生:瀧瀬結真
その妹:瀧瀬瑠璃
瑠璃の友達で結真の同級生:桐崎彩華
の三人はあれよあれよとゲームをプレイすることに。
しかし、それはゲーム内外に作用する『とん』でもゲーム。
迫りくる制限時間にゲームと現実で命がけの攻略を強いられる三人!
キーとなるは『セーブ』・『リセット』!
開始早々事故?で『とん』ずらかました制作者失踪ゲームにHAPPY ENDは来るのだろうか?


■感想

かっぱえびせん

物語内ゲームは.HACKやらSAO等で一ジャンル化して
それ自体に目新しさは感じませんが、
実際プレイしてみるとなかなかどうしてやめられないとまらない。
キャラが魅力的・・・うーん、ぶっちゃけ『ふつう』の人にはムカつく主人公で、
ヒロイン位置には萌えとかはあんましありません。
それなのに?というところは、シナリオの波、あるいはリズム、演出
そして伏線の配置、謎と解決の供給といった脚本構成がすばらしい。
ここらへんは特に2周目を『はじめから』やると、ところどころで実感できます。
そして何よりも、『ライブ感』、生ですよ生ですよ、
ムカつく主人公だけど、その葛藤には共感を覚える面がなきにしもあらず。
同属嫌悪をだぶつかせることなくシナリオに流れていきます。
決して、僕らは強くない。だがら躊躇うのだ・・・。

苛められッ子な学生さんがへんてこなゲームをプレイするお話。
人見知りというか、色々考えすぎて喋れないヲタ:瀧瀬結真君が、
ゲーム内携帯ゲーム機RPG・・・の魔改造版をプレイすることになります。
ひょんなことから魔方陣から召喚してしまった豚:ベルブ氏制作のもので、
現実世界の人間がゲームに入って遊べるというもの。

・・・勿論、ゲームで死ぬと、現実世界でも死にます♪

ひどい話ですが、救済措置もあり
リセットすれば現実世界でお肉になった体は戻ります。
また決められたゲーム内クリア制限時間もセーブしたところまで戻ります。
とりわけ後者のところではテクニカルな判断が必要になるのがミソ。
安全マージンの確保と時間のトレードオフで緊張感がでるという豚の粋な計らいです。
・・・外見畜生だから致し方なし

さて、ゲームをプレイするのは結真に間違いないのですが、
概要に書いたようにプレイ?するの三人。
全員が同じ様にMMOちっくにプレイするわけではなく、

結真:コントローラで移動・コマンドを選択します
妹・瑠璃:ゲーム内プレイングキャラ 死ぬとアウトッ!!
同級生女子・彩華:ゲーム内NPC 常識と肝っ玉で結真を操作(誘導)します

と、現実とゲームに立ち位置が別れているのが特徴。
基本的には元ゲーのシナリオなのですが、
ベルブの魔改造部分がとりわけ『結真』に高難易度。
当たり前ができない結真なので、彩華さんも指示の出し方に困るというものです(;´Д`)

といったところで内容説明は区切って、
面白さはシナリオの大・中・小、
構成・繋ぎ、感情、個々のシーンでの漫才もかなりノリがよくて、
非常にメリハリ効いて飽きがこないのは始めに書いたとおり。
しかし何が面白いかといったところで、『フック(鉤)』があらすじにだせるか?
キャッチフレーズで感心を呼べるか?が実に難しいところ。
何かしらの出来事で結真の人格形成されてるという過去とかがなく
特別ではない等身大のダメさがあるからこその魅力と、
それが持つ「ふつう」属性の埋没性がなんともかんとも。

Posted by muko650 at 20:26│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muko650/51980337