aamall

2009年06月

2009年06月30日

赤い花に出会いました(利根運河周辺)

歳のせいかすっかり人ごみが苦手になってしまって、緑に囲まれる幸せを満喫している今日この頃。
友人と会うにしても、駅に出てシャレた店で美味しいコーヒーとケーキを前におしゃべりというのは、ちょっと飽きました。
 
そこで、比較的近場の「利根運河」を提案すると・・・皆喜んでくれる。
そんなわけで、6月は計3回も「利根運河」と「理想会記念公園」を訪れることとなりました。
 
お弁当を広げた東屋の前には、可愛らしいザクロ(石榴・ザクロ科)の花。元気の出る朱赤色です。

ザクロの花
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
とても変った開きかけの花です。
これほど肉厚で艶のあるしっかりしたガクを、見たことがありません。
しかも花と全く同じ色!
これがこのまま、あの硬い実の皮になるのではないかと思われるほど質感がそっくり。

開きかけの蕾
 
 

 

 

 

 

 

 




 

 

雄蕊が枯れても、合弁花の様な美しいガクは健在です。
割れはじめは・・・果物ナイフで十字に切り込みを入れたようです。
割れはじめた蕾

 

 

 

 

 

 

ザクロの蕾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
広場から芦の茂る池のほとりに降りると、ヤブカンゾウ(藪菅草・ユリ科)
(ヘメロカリスの一種だったとしても、似過ぎていて見分けが付きません。)
ヤブカンゾウ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

 
オレンジ色のヒメヒオウギズイセンに似ていますが、色が真赤で花姿もずっと整った印象でした。
ヒメヒオウギスイセン?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
なぜここにアメリカデイゴ(マメ科)?と、ちょっとびっくり。
アメリカデイゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

偶然ですが、立て続けに赤い花に出会いました。
次回は白と紫の花です。




 

 
硬い蕾は、見ようによっては熟した実?

 



muku765 at 22:44|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 植物 | 利根運河

2009年06月28日

今年も…のどかなコブハクチョウの一家

6月14日の手賀沼のコブハクチョウ一家の団欒の様子です。
手賀沼沿いの「親水公園」の小さな池で、たった4羽の子供たちでしたが、今年ものどかな様子に出会うことができました。


お父さん、足、お行儀悪いですよ〜。
コブハクチョウの一家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今年も付かず離れず見守るお母さんは、優しい面差。

コブハクチョウのお母さん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

お父さんは、
餌をくれそうな人にはこんな可愛い顔をして近づくのに、
嬉しそうな顔のお父さん
 

カシャカシャと怪しげな音を立てる私の近くに来ると、こんな怖い目。
(上から撮るからかもしれませんが、そう思えてしまいます。)
怖い顔?のお父さん
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

途中から家族から離れて、遊びに出たお父さん。
すいすいと離れていく後姿の、アーチのように膨らませた一枚一枚の羽根の様子の精巧さに感嘆して見とれてしまいます。
お父さんの後ろの羽
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

しばし噴水と戯れて、
気持ちよさそうなお父さん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
岸に上がって羽づくろい、
羽繕いをして首を伸ばすお父さん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
息抜きができて気分爽快?
また、家族のもとに戻ってきました。
家族のもとへ向かうお父さん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       ≪子供たちの可愛い様子です。≫
 
薄眼を開けたり閉じたり、安心しきった様子の子。
お昼寝中のコブハクチョウの子供
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

良い姿勢を保ったまま、うとうとする子も。
嘴の付け根の頬が心なしか膨らんで微笑んでいるようにも見えて、
お気に入りの一枚です。
うとうとする子供
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

元気に鳴いてみる。

元気に鳴く子供
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

翼とはとても言えないほど小さな羽を広げて、
「ちゃんと羽ばたきだって、できるんだぞー。」
あ・・・なんて可愛いのでしょう♪
羽ばたきをする子供
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

投げ込まれたシロツメクサを、仲良く一家そろって食べました。 
「ムシャムシャ んぐーんぐー、おいちい〜」
クローバーの葉を食べる子供たち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

 
「ブクブク モゴモゴ━─━─」
餌を探す子供
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
ここでも兄弟仲良し。
大きな音に驚き一緒に顔を上げたところ。
大きな音に驚く子供たち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 






小さなシャッターの音にきょろきょろして、こちらに気づいて
目が合いました。
臆することなくこちらをじっと見つめ、キョトンと首をかしげた
耳のいい子。
子供
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




来年はもう少し小さな雛の頃に、会いに行きたいものです。


muku765 at 19:57|PermalinkComments(10)TrackBack(0) 野鳥 | 手賀沼

2009年06月24日

清水公園周辺で

野田市の清水公園周辺での野草観察会で、列の後ろを追いかけながらいつもの様に色々と興味深い出会いがありました。

緑の蕾ばかりの中に、ひとつだけ咲いたオレンジ色のヤブガラシ(藪枯らし・ブドウ科)の花。

「花びらはすぐに落ちてしまう」
というので、決して見られないと思っていたその”花びら付きの花”を見ることができました!
ガクのように見える緑色の花びらは、想像以上に大きく立派で意外でした。

ボケていますが、蜜も垂れていて、
右上にヤブガラシの精?らしき姿も写っていて面白いので、初撮りの記念にアップします。(´∀`*)
ヤブガラシの花



 

 

 

 

 

 




 

 


もう一つのハイライト、
見慣れない所為かとても美しく思えたアカバナユゲショウ
(赤花夕化粧・アカバナ科)の白花
です

アカバナユウゲショウの白花









 







=参考=
こちらが本家本元のピンクのアカバナユウゲショウ。(庭にて)

アカバナユウゲショウ











林の暗がりには、ジャノヒゲ(蛇の髭・別名龍の髭・ユリ科)と、
ジャノヒゲ


 

 



 

 

 




 


 


トンボソウ(蜻蛉草・ラン科)の蕾
トンボソウ

地面すれすれで土埃をかぶった
コナスビ(小茄子・サクラソウ科)
コナスビ

 

 

 



 

 


メルヘンチックなキノコがにょきにょき。

キノコ

 

 

 

 

 

 







 

 

野草ではないけれど、美味しそうだったのでヤマモモ(山桃・ヤマモモ科)もパチリ。
ヤマモモ

 

 















 

スジグロシロチョウ交尾拒否に遭遇。
左のメスは体を反らせて拒否の意志表示、一向にめげずに何度も迫る右の雄。

スジグロシロチョウの交尾拒否



















「ダメよ~」と、折れそうなほどに体を立てて…人間でいえば肘鉄を食わせるというところでしょうか。
スジグロシロチョウの交尾拒否













 

 


カノコガ
がいました。

カノコガ

キハダカノコの方が翅の白い部分が大きくて綺麗ですね。
(利根運河にて)

キハダカノコ

 

 

 

 



 




muku765 at 23:45|PermalinkComments(20)TrackBack(2) 植物 | 昆虫

2009年06月23日

ビョウヤナギと蜂さん

 
30年も庭で咲いているビョウヤナギ(未央柳 ・オトギリソウ科)を、今年はどう撮ろうか…

ビョウヤナギ
ギュオヤナギ
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
30年も経って初めて、メシベの柱頭が5裂して先端が赤くなることを知りました。
ビョウヤナギの柱頭


















ここにも柱頭が上の方に小さく写っていますが、見えますか?

ビョウヤナギの柱頭と葯
 


















150~200本もの細くしなやかなオシベたち。
ビョウヤナギ



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
あ、蜂さんが来た!  折よくさん、ご訪問。
あ、蜂が来た!



















極細オシベにつかまってくるくる回りながら花粉を集める様子を、
レンズ越しに堪能しました。
雄蕊に掴まる蜂

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雄蕊の海を休みなく泳ぎながらの懸命な働きぶりに見とれます。
花粉まみれで気持ちよさそう〜。
花粉まみれの蜂
 
 

















えっ?、どっち向き?
触覚を立てた蜂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
わっ! これが蜂さんのアゴ???!
雄蕊の中の蜂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
持ちつ持たれつの、ビョウヤナギと蜂さんの関係なのですね。
 


muku765 at 06:57|PermalinkComments(20)TrackBack(0) 植物 | 昆虫

2009年06月22日

夏椿

前回のヤマボウシ同様、「根木内歴史公園」に植えられて3〜4年と思われる、ナツツバキ(夏椿・別名シャラ・ツバキ科)です。

つるんとした木肌、柔らかく明るい色と質の葉っぱ、スーッと伸びる幹。どれをとってもうフォトジェニック。優しい雰囲気を漂わせています。

波打つしわが瑞々しい、繊細で新鮮な花びらです。
薄い和紙をちぎって真似してみたいような・・・

夏椿

 

 

 

 

 

 





 

 



花びらに応えて、共に波打つ雄蕊たち。
夏椿




 

 

 


 







は子供、と思える愛らしい様子。
「もうすぐ咲こうね!^^」
「うん♪ いつにしようか^^」

ナツツバキの蕾



 

 

 

 





 

 

 

 

絹糸でしっかりと縫い合わされて、その日を待っているかのような美しい蕾です。
夏椿の蕾

 

 

 

 

 

 




 

 

 

うっとおしい梅雨の日、ほくっと一輪咲いてくれたらほっと心が癒されそうな優しさ溢れる夏椿の花ですね。

 

=おまけを追加します^^=
4月には、去年の実の枯れたあとを楽しみました。
植物は次々に姿を変えて、驚かせてくれますね。
シャラの枯れた実




 

 

 



muku765 at 08:24|PermalinkComments(16)TrackBack(0) 植物 

2009年06月19日

ヤマボウシ


緑の海からニョッキリ顔を出すヤマボウシ(山法師・ミズキ科)
純白の先の尖った総苞の飾らない美しさが、爽やかな自然の息吹を 
感じさせてくれます。
ヤマボウシ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
木々の生い茂る山の中を白い頭巾をかぶった山法師が行く・・・
そんなイメージを持って眺めてみましたが、武骨な山法師と比べると
愛らしすぎて、「山帽子」の方がぴったりと思ってみたり・・・
ヤマボウシ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 






アッ、総苞の形が少し変!
人気のアメリカヤマボウシ(ハナミズキ)になりたいの〜?
総苞の形が違うヤマボウシ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
白い総苞を引き立たせる中心の緑の球は、20〜30個もの花の集まり。
ヤマボウシ


















赤く色付いたは、十字に切れ込みが入って開花の準備中。
ヤマボウシの花の蕾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
開花すると、花びら4枚と突き出たオシベが愛らしい6ミリほどの小花です。
ヤマボウシ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

苞は茶色く枯れて、本当の花びらが全部落ちて、実(集合果)が出来始めたところです。
ヤマボウシの実の出来始め


















秋に赤く熟したところも見に行かなくては・・・(☆゚∀゚)


ヤマボウシの葉に乗っていたテントウムシ…ナミテントウでいいかな?
ナミテントウかな?

 

 

 

 

 





 
 
この奇妙な虫もたくさんいました。
テントウムシのです。 右側が頭らしいです。
テントウムシの蛹

 
 
 


muku765 at 22:16|PermalinkComments(14)TrackBack(0) 植物 

2009年06月17日

快晴の利根運河(野草たち)


前回の続きです。
細部まで観察する余裕は無いものの、日差しの中で楽しく見て歩いた野草たち。

真上から撮ってみました。
トゲトゲした総苞がぼんやり見えていますが・・・
真上から見たヒレアザミ















 


ノアザミよりもお気に入りのヒレアザミ(鰭薊・キク科)です。
総苞の開き具合がアザミらしくて 素敵。
ヒレアザミ


茎にトゲの付いたヒレ状のものがあって、これもまた花姿を引き立てていて素敵。
ヒレアザミ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
リング状に突き出だしたオシベがレースのようなヘラオオバコ(箆大葉子・オオバコ科)
花穂を下から咲き上り、
白いオシベを境に茶色と緑に区切られてとても個性的。
ヘラオオバコ
 
 
 
















真上から見たヘラオオバコ










ヘラオオバコ











見たことも無い白いカタバミが咲いていました。
調べてみると、白花のイモカタバミ(芋傍喰・カタバミ科)のようです。
オシベの葯が同じ黄色。
白花のイモカタバミ


 

 

 



 
 
 

 




紫色のムカゴと白い花で、すぐにノビル(野蒜・ユリ科)と分かります。
中途半端な花の形に、少々落ち着かない気分です。

ムカゴの出来たノビル
 
 

















ヤマグワ(山桑・クワ科)
はちょうど良く熟していて、よいお味でした。
ヤマグワの実



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





オモダカ
の葉がぽつんぽつんと、矢印のような顔をして広い田圃を見渡しているようでした。
オモダカ


muku765 at 23:25|PermalinkComments(14)TrackBack(0) 植物 

2009年06月15日

快晴の利根運河(蝶たち)

快晴の初夏の日差しに風もそよいで、まずまずの観察日和の利根運河で、おなじみの蝶を撮りました。

ベニシジミが大発生、見放題・撮り放題の一日でした。
大きな目に見とれているうちに、渦を巻いた口吻がくるんと現れて、急いでシャッターを切ったつもりが、撮れたのは伸びてほどけたところ。

すぐに黄色い頭花に自前のストローをさして、チュウチュウ。
ベニシジミ

 

 

 

 

 

 

 






 

 

一緒にいる2頭は、つがいなのでしょうか。
ベニシジミ

 

 

 

 

 



 

 


 



子供のころの思い出がよみがえるモンシロチョウ
清楚で柔らかい白の蝶、一番好きな蝶かもしれません。
モンシロチョウ

 

 

 

 

 

  

 





 

 

ピントが紋に合ってしまって、眠そうな目に見えるモンキチョウ
春には黄緑色の目が綺麗でした。
モンキチョウ

 

 

 

 

 

 





 

 

 

緑の中でこんなに目立つ色模様で狙われない?と、心配になるキハダカノコ。 カノコガとよく似ています。
キハダカノコ

 

 

 

 

 

 




 

 

 

江川沿いの田んぼにショウジョウトンボ
ショウジョウトンボ





 

 

 

 





 

 

 

=おまけ=
曇りの日の今日撮った、
コミスジ
ミスジチョウとよく似ていますが、食草がマメ科だそうです。
利根運河沿いのクズの茂る草はらを飛んでいました。

コミスジ

 

 

 

 

 

 




 

 

 

蝶に詳しいKAZさんのブログ「KAZのおさんぽ」で、お勉強ができるので有難いです。


muku765 at 20:48|PermalinkComments(14)TrackBack(1) 昆虫 

2009年06月12日

曇り空の日影林道(3)

 
この時期出会える花は数少ないですが、花の終わってしまった植物や、これから花開く植物の葉っぱや、青い実・赤い実、蕾などとの出会いが楽しい林道散策です。


緑一色の茂みを飾る白いマタタビ(マタタビ科)の葉
マタタビ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
マアタビの可愛い緑の実だ!と思って撮ってきたものは、でした。
マタタビの蕾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 







コクサギ(小臭木・ミカン科)の実は艶々。
特徴的な形で、3〜4個の分果に分かれています。
コクサギの実
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
葉っぱもコクサギ型葉序と呼ばれる、二枚ずつ互生する特徴的な付き方です。表面が艶々でよく目につきます。
コクサギの葉















咲きはじめのアジサイ(紫陽花・アジサイ科)
ガクが白いアジサイと、
アジサイ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


 
ガクが丸くて緑っぽいアジサイ。
アジサイ

 
 
 
 
 
 
 
 
 









イチゴの実も4種類も見られました。

美味しいモミジイチゴ(紅葉苺・バラ科)

モミジイチゴ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
これも美味しいクサイチゴ(草苺)
ジューシーで、モミジイチゴ同様ぷにょぷにょしています。
クサイチゴ




 





↓開きかけのところを初めて見付けて嬉しいヘビイチゴ(蛇苺)スカスカで全く美味しくないです。
種の表面にデコボコがあります。

ヘビイチゴ









↓やはり美味しくないヤブヘビイチゴ(藪蛇苺)
ヘビイチゴより大きくて見つけやすく、種の表面がつるつるで綺麗です。
ヤブヘビイチゴ










☆クリック拡大で、二つの違いがよく見えま〜す



ナンテンハギ(南天萩・マメ科)

ナンテンハギ

 













 

 

ケていますが、サワハコベ(沢繁縷・ナデシコ科)サワハコベ



















葉っぱを眺めて、花の姿を想像します。


春の花・ミヤマカタバミ(深山方波見・カタバミ科)の葉
ミヤマカタバミの葉

 








↓夏の花・キンミズヒキ(金水引・バラ科)の咲くころは、蚊除け対策が必要かもしれません。
キンミズヒキの葉

↓6枚
の葉が輪生する
オククルマムグラ(奥車葎・アカネ科)
 茎に棘状の毛があることを、触って確認して来ました。
オククルマムグラ
 
 







↓4〜5枚の葉が輪生する
キクムグラ(菊葎・アカネ科)
キクムグラ


 
↓秋の花・ミゾソバ(溝蕎麦・タデ科)の葉は、牛の額の形。
可憐なピンクの花が咲き乱れる頃が楽しみです。
 ミゾソバ
 

 




 
 

 
長々と、沢山の画像を見ていただきありがとうござました。
日影林道・終り


muku765 at 23:54|PermalinkComments(12)TrackBack(0) 植物 

2009年06月11日

曇り空の日影林道(2)

 
ここの魅力は森林と野草、そして何と言っても透明な渓流と絶えず大きく響いて来る水の音。

踏みわけ道風の入口から数歩で流れに降りられるところもあれば、遥か下方に流れを見下ろす場所もある。
その高く低く変化に富む道との関係が面白く、歩いていても飽きないのです。

見下ろすとこんな風景もありました。

渓流を上から見下ろして
 
 

















すぐに降りられる場所で、小さな妖精たちが小踊りして、流れを
眺めていました。 まとまって崖に群れる幻想的なユキノシタ(雪の下・ユキノシタ科)です。
とても素敵なスポットです。
ユキノシタ

 

 

 

 

 

 

 





 


渓流の透明な空気に洗われたように、活き活きしています。

ユキノシタ
















 


水が大好き、一休みのイトトンボもいましたよ。

何?イトトンボ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ここでもうひとつ、最後の一輪と思しき花。
帰ってから調べるとハナウド(花独活・セリ科)のようです。
ハナウドの花


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 


 
そして…またまた初見の素敵過ぎる実に出会えました!
花からは想像もつかないハナウドの実。
ザクザク小判が手品で現れ出たような豪華さです。
ハナウドの実
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
  

ハナウドの実
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 

緑の中を歩きながら、木を見たり野草を見たり忙しい・・・
形が楽しい数々の樹木の葉っぱの中でも、若葉が色づいた
フサザクラ(房桜・総桜・フサザクラ科)が美しい。
フサザクラ
 

















これも最後の一輪、と思えるフタリシズカ(二人静・センリョウ科)と、
フタリシズカ
 

自生だからなのか、終わりだからなのか、痩せ細った印象のシャガ(射干・アヤメ科)
シャガ
 
 
 
 
 
 
 
 
 



マムシグサ(蝮草・サトイモ科)の青い実
若い青い実からも、元気をもらえます。
花の移り変わる様子には命の輝きを感じ、励まされる思いです。
マムシグサの青い実
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
ホウチャクソウ(宝鐸草・ユリ科))の青い実
ホウチャクソウの青い実
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
まだ続きます・・・


muku765 at 20:16|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 植物