aamall

2010年02月

2010年02月28日

梅の花(1)


「神代植物公園」で最初に出会った梅には、「ウメ・薄色縮緬」との名札がありました。 モモのような雰囲気で
枝いっぱいに咲き乱れる姿に、ここでもしばし足止めです。^^
薄色縮緬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

一重の薄色の大輪で、5弁の花が波打って縮んだようになっているところから縮緬の名がついた。』
とあります。
えっ? 一重・・・?!
柔らかなウェーブと体を寄せ合って咲く様子に、豪華な八重の花だとばかり思って見ていましたが。。。
薄色縮緬

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
薄色縮緬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
薄色縮緬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
薄色縮緬
 
 
『主に盆栽として鑑賞される。』
素敵な盆栽が想像されます。

でも、この木は2メートル以上も育った立派な梅の樹でした。

 

 

 

 




 

 

 

薄色縮緬

 

 

 

 

 

 

 

 






 

 

薄色縮緬

 

 

 

 

 

 

 

 






 

 

蕾

 

 

 

 

 

 






 

 

 

 

去年は、一輪一輪を裏から横から表からと愛おしく見つめたものですが、今年は少し離れて眺めてみました。 

梅、続きます。


muku765 at 22:32|PermalinkComments(22)TrackBack(0) 植物 

2010年02月26日

サンシュユ


春の花に会いたくて「神代植物公園」を初めて訪ねてみました。

枝いっぱいに無数の花を付けていた
サンシュユ(山茱萸・ミズキ科・別名=春黄金花・ハルコガネバナ)  
山ほどの黄金花が舞うようです。
サンシュユ

 

 

 

 

 

 

 






 

 

サンシュユ

 

 

 

 

 

 

 




 

 

 

花の間から、小さな青空が見えました。
サンシュユ

 

 

 

 

 






 

 

 

サンシュユ

 

 

 

 

 






 

 

 


 

花のアップや丸い蕾は、庭の鉢植えで撮ることにして、
サンシュユ

 

 

 

 

 

 






 

 

 

細く伸びた枝々の零れんばかりの花々を見上げて、たっぷり堪能してきました。
サンシュユ

 

 

 

 

 

 

 

 



muku765 at 23:51|PermalinkComments(14)TrackBack(0) 植物 

2010年02月25日

フィギュアかぶれのオナガガモ♀


「21世紀の森と広場」、今回で最終です。
カモが何やら専門用語?を使いますが、難しい方は悪しからず。(笑)


「わたくし、オナガガモの女子です。^^ これから、この立ち位置でフィギュアスケートのさわりをお見せします
スマートに泳ぐだけじゃなく、
こういうことも出来ると知ってもらいたいですわ。」
オナガガモ

 

 

 

 

 

 

 






 

 

「ドーナツスピン・・・スタート!・・・しますわよ 
オナガガモ

 

 

 

 

 

 






 

 

 

くるくるくる〜〜〜〜〜 
オナガガモ

 

 

 

 

 

 






 

 

 

「中野選手より、上手でしょ? チラッ
オナガガモ

 

 

 

 

 

 

 






 

 

「スパイラル〜〜〜〜〜 真央ちゃんにも負けないわ〜。」
オナガガモ

 

 

 

 

 

 

 





 

 

「カメラマンの腕が悪くて、ジャンプがお店出来なくて残念だわ。」


せっかくの演技に無関心の
カルガモはお昼寝中。 
ぬかりなく、ぽちっと小さく目が開いていますけど。
カルガモ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 







里山ゾーンのオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢・ゴマノハグサ科) また、この個性的な名前の由来に思いをはせる季節となりましたね。(笑)
オオイヌノフグリ

 

 

 

 

 



muku765 at 22:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 野鳥 | 21世紀の森と広場

2010年02月24日

白い鳥・黒い鳥


今回も、「21世紀の森と広場」の続きです。
 
遠くに白鳥が♪!・・・二羽並んで観察舎の方へしずしずと進んで行きます・・・こちらも後を追うように観察舎へと急ぎます。
諦めていた白鳥に、ここで出会えました♪

コハクチョウ? オオハクチョウ?…どっちだろう。
ガラス越しに見える二羽は既にお休みモード、少し離れてまったりとしていました。
オオハクチョウ


 

 

 

 

 

 




 


 

オオハクチョウ

 

 

 

 

 

 

 






 


 

       オオハクチョウ・・・でした。
オオハクチョウ

 

 

 

 

 

 

 





 

 

オオハクチョウ

 

 

 

 

 

 






 

 



(2月20日撮影です。もういないかもしれません。)


ーガラリと変わって、黒い鳥の●カラス●です。ー

中央の池にカラスの集団、発見!
「集団烏の行水」が見られるのではと期待して撮り始めるも…ばらばらの方を向いて、一向にその気なし。
カラス

 

 

 

 

 

 




 

 

 

数羽が飛び立ち、
カラス

 


 

 

 

 





 

 

 


ポツンと離れた子が一羽、足だけ水に浸かったまま・・・
「お風呂入ろうか、どうしようかな〜。」
カラス

 

 

 

 

 

 

 




 



「いいから、早く入りなさい!」
カラス

 

 



muku765 at 21:52|PermalinkComments(12)TrackBack(0) 野鳥 | 21世紀の森と広場

2010年02月23日

カワセミなど

 
『21世紀の森とひろば』の続きです。優しい色に枯れた葦の茂みの中に、沢山の水鳥が潜んでいるようで、ちらちらと見えるような見えないような・・・

平凡なカルガモも、茂みの中に顔を出すとなかなか良い趣です。
カルガモ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 





奥には、何時までも立ったままのアオサギ
アオサギ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 






ダイサギが見えたので近づいていくと、その上の枝にカワセミがとまっていましたよ!太い枝がよほどあんしんなのでしょう、ずっとそのまま。
ホントに上手な隠れ方。(`´)プンプン
カアセミ

 

 

 

 

 

 

 





 


 

クルクル向きを変えて、懸命に採食中のコガモ
コガモ

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 
こちらにとっては邪魔だ茎や枝は、鳥たちにとっては安心なサンクチュアリー。その中を覗かせてもらって、ありがとう。


潜っては泳ぐカイツブリ。冬は色が薄くて地味ですね。
カイツブリ

 



muku765 at 23:49|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 野鳥 | 21世紀の森と広場

2010年02月21日

オオバン

 

5カ月ぶりの『21世紀の森とひろば』です。

日が射してパッと明るい水面に目をやると、卵のような丸い形の
黒い鳥
が三羽、こちらに向かって勢いよく泳いできます。

いるいる~、いつものオオバンだ♪ 

額板のついた、本当に変わった顔。

オオバン

 

 

 

 

 

 

 






 

 

真上からズームを縮めて覗く羽は繊細に流れて、水滴に飾られた背中は思った以上に美しい。 (お気に入りの一枚です^^)
〜クリックして拡大して見て下さると嬉しいです。〜

オオバン

 

 

 

 

 

 

 






 

 

あらら、水草をひっかけて泳いでいる・・・?(笑)
オオバン

 

 

 

 

 

 

 






 

 

横いえいえ、脚でした。横からはよく見えない脚が上からは丸見えで、に突き出た角度が可笑しいですね。
指?に小さな水かきが付いていて、すいすい泳ぐらしい。
ストライプの模様付きで、中々愉快です。

オオバン

 

 

 

 

 

 


 




 


両足が見えてますよ〜。
つめ合う…と言うより、睨み合う2人(2羽)。
オオバン

 

 

 

 

 

 

 





 

 

この日はオオバンが何羽も至る所で見られました。
オオバン

 

 

 

 

 

 

 






 

 

羽ばたきを後ろから。
羽ばたきをする後ろ姿のオオバン

 

 

 

 

 

 

 



muku765 at 23:57|PermalinkComments(12)TrackBack(0) 野鳥 | 21世紀の森と広場

2010年02月19日

ヒヨドリも

 
庭にやってくるペットの様に可愛い野鳥三種。その中で、大き過ぎで大食が玉に傷のヒヨドリさんですが、公平に載せてあげることにしました。^^

見慣れたヒヨドリ写真、とくに面白くもないですが・・・
尾羽の内側にある白い羽に、初めて気付きました。
ヒヨドリ



















ヒヨドリ





















なるべく可愛らしく撮りたいと思いながら・・・
ヒヨドリ



首をかしげたこのポーズが精いっぱいかしら?
ヒヨドリ

 

 

 

 

 

 

 






 

 

正面顔は白いひげを蓄えた長老のようです。
ヒヨドリ

 

 

 

 

 

 

 






 

 

初めは遠慮していたメジロシジュウカラ用の餌台に、ヒヨドリが遂に身を低くして入り込んできました。
ヒヨドリ

 
 

 

 

 

 

 

 







 

果物を加えて持って行ってしまうのです。きっと皮ごとパク付いているのでしょう。
もっと屋根を低くしなくては!
ヒオドリ

 

 

 

 

 




 


 

 

=おまけ=
いつもうつむいて顔が奥見えない庭のニホンズイセン(二本水仙・ヒガンバナ科)。下から覗きこんでしました。^^
小鳥たちの来訪を横目で見ていることでしょう。
ニホンズイセン



muku765 at 22:25|PermalinkComments(12)TrackBack(0) 野鳥 

2010年02月17日

雪割草・10種

山野草を上手に育てている方のお宅にお邪魔して、雪割草を見せていただきました。美しい響きの名前雪割草
自生に出会ったことがなく残念ですが、雪解けのころ、周りの雪を溶かすように顔を出す光景をうっとりと思い浮かべます。

図鑑では、ミスミソウ(三角草・キンポウゲ科)の別名として載っている名前です。
三つに裂けた葉の角が尖っているので三角草、その中で葉の先に丸みのある種類をスハマソウ(洲浜草)ぶそう


交配して出来た色とりどりの
花、10種類の写真が撮れました。
(1) 
雪割草

 

 

 

 

 



 

 

 

 

セツブンソウなどと同じ様に、美しい花弁に見えるものは萼片、後ろの三枚の萼に見えるものが総苞茎葉という表現も見かけました。)毛深いです。。。
雪割草
花粉が白くこぼれて。
ユキワリソウ

 

 




 


(2)

雪割草

 

 

 

 

 



 



 

 

 

(3)雄蕊雌蕊の色変化が、また楽しい。 
雪割草

 

 

 

 

 

 



 



 

 

(4)
雪割草

 

 

 

 

 



 



 

 

 

(5)どうしても顔をあげてくれない紫の花を仕方なく裏から撮りました。裏側は白、凝っていますね。
総苞に生えた白い絹毛が暖かそう。
雪割草

 

 

 

 

 



 

 



 

 

(6)
雪割草

 

 

 

 

 

 





 

 

 

(7)上の花と似ているけれど、葯の色がえんじです。 
雪割草

 

 

 

 

 

 




 

 



(8)
雪割草

 

 

 

 

 


 


 

 



(9)紫色の葯がチャームポイント、中で最も気に入った清楚な雪割草です
雪割草


 

 

 

 

 

 

 







(10)女王様の様な豪華な雪割草もありました。

ミスミソウ

 

頂いてきた実生苗 これから上手に咲かせなくては。^^
ユキワリソウの苗


 

 

 




muku765 at 17:32|PermalinkComments(22)TrackBack(2) 植物 

2010年02月14日

雨が上がって

 
雨が上がって午前中から明るい日差し。
久しぶりのお出かけの予定の前に、気持ちも明るく庭に出て、枯れていないかと心配なチャンチン(香椿・センダン科)の鉢を探します。
春になったらピンクの若葉がどんな風に芽を出すのかと、わくわくします。 でも、その前に葉痕♪ 
(ぜひクリック拡大で、可愛い顔を見てあげてください。^^)
チャンチンの葉痕

 

 

 

 

 

 





 



 

狭い庭では、鉢の向きでバックの色がころころ変わります。^^ 
チャンチンの葉痕 




















上から見ると観音様の様にも…(笑)
チャンチンの葉痕



















これは真ん中辺りの葉痕です。
チャンチンの葉痕




















春の使者スプリングエフェメラルがやっと眠りから覚めて顔を出しました。まだ寝ぼけ眼のフクジュソウ(福寿草・キンポウゲ科)。パッチリするのは、もうすぐね。

フクジュソウ

 

 

 

 

 

 




 

 



今日は、山野草を丹精している方のお宅へお邪魔して、色とりどりの「雪割草」を見せていただきました。




muku765 at 23:22|PermalinkComments(16)TrackBack(0) 植物 

2010年02月13日

花瓶の花

庭の百合の花弁がはらりと半分落ちて、シベの様子を興味深く眺めたことがありました。

花瓶に挿したチューリップの花弁も、気がつくと丁度半分落ちて中が丸見え。 ちょっと新鮮な姿です
ツンと元気だった先端が萎れて、気恥ずかしそうに柔らかくカールした花弁の可憐さに惹きつけられて、撮り始めました。
「もう、さようならね。」と言っているような優しい様子。
チューリップ

 

 

 

 

 

 

 







 

 

 

 

 

頼りなげな野草を見慣れた目には、どっしりと見える雄蕊と雌蕊。
蕊

 

 

 

 




 

 

 

 

 

・・

 

 

 

 

 






 

 

 

 

大輪のユリのしっかりとした蕊は、立派すぎてちょっと作り物のようです。

ユリ

 

 

 

 

 

 

 

 




 




 

 

 

ユリ

 

 

 

 

 







 

 

 

 

それでも、花粉が溢れ出し、ゆらゆら揺れて白い花びらを茶色に汚すと、清楚な白百合に悪戯をしかけているようで、微笑ましくも思えます。
ユリ

 

 

 

 




 

 

 

 

 

大きな花の間を取り持ってくれた小花のスミソウ
カスミソウ


 

 


 

 

 

 



muku765 at 23:54|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 植物