aamall

2010年07月

2010年07月29日

鳥たちの集う 手賀沼遊歩道(1)


「手賀沼遊歩道」をのんびり歩いて行くと、鳥たちが次々に現れて、愉快なバードウォッチングを楽しむことができます。
生き生きとしたその様子は、見ていて飽きない紙芝居の様。
その中から数カットをお見せしたいと思います



(1)言葉は何もいらない、ドバトの熱い愛。
気持ちが脚に現れているような・・・^m^
ドバト

 

 

 

 

 

 

 






 

 

相思相愛
ドバト

 

 

 


 

 

 

 




 

 

 

(2)その先で、コブハクチョウの子供が二羽、親鳥に付き添われて草をはんだり羽繕いしながら寛ぐ姿に遭遇。
無事にこんなに大きくなったのね〜♪ 
ここの主だと言わんばかりに堂々としたものです。
コブハクチョウの子供

 


 

 

 






 

 

 

しばらくすると、沼の草の陰から別の親子が姿を現しました。
お母さんは気合を入れて羽ばたきです。「これから陸に上がるわよ〜。」と合図をしているところかな?
コブハクハクチョウの親子

 

 

 

 

 

 

 




 




 

次々に歩道に上がり、ペタッ!ペタッ!と妙な音を立てておぼつか無い足取りで行進する姿には、それなりの迫力が・・・
こちらの方が負けそうでした。(>_<)
コブハクチョウの子供

 

 

 

 

 

 

 






 

 

道の真ん中でも平気で座り込む子。
コブハクチョウの子供だ子供だから、疲れてしまうのでしょう。


 

 

 

 

 

 




 

 

↑前の親子と合流したので、どうやら一つの家族だったようです。 逆光の手賀沼に消えて行きました。



(3)岸近くを漂うオオバンが二羽、仲良さそうな様子です。
後から現れた細身の一羽は攻撃されて、結局去っていきました。
オオバン

 

 

 

 

 

 

 







 

オオバン

 


 















…浪間にカイツブリの幼鳥が三羽。撮り逃して残念です…


(4)足取り軽く現れたドバト。
この後、パンのかけらを二羽のドバトと一羽の雀が狙います。  最後はどちらに軍配が・・・?
ドバト

 

 

 

 





 




 

 

続きます。



muku765 at 23:07|PermalinkComments(10)TrackBack(0)野鳥 | 手賀沼

2010年07月28日

両生類も

 
小さな流れにもきらりと光りが訪れて、身近な森も神秘のムードに包まれます。
流れ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 








突然目の前に現れた大きなホウノキ(朴の木・モクレン科)葉っぱ。木々の隙間から射し込む光を受けて、生まれたてのように初々しく輝きます。
ホウノキ



 
 















神秘のムードとは程遠い可愛アマガエルアマガエルが、路傍の葉の上に。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 







の据わったアマガエルが、池のほとりに。
カメラが気にらないのか、元々の顔なのか・・・?
アマガエル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コシアキトンボやシオカラトンボ?で、池は賑やかです。

水の中には保護色で見えにくいけれど、太った金魚の様なひどく大きなオタマジャクシがひしめいています。
ウシガエルのオタマジャクシは流石に大きい! 
模様もなんとなくそれらしくて納得。
枯れ草に顎を乗せて休息中でほとんどきません。 
生えた足は、写真になって初めて見えました。
ウシガエルのオタマジャクシ
 
 



気持ち悪くない方は、
どうぞクリックを。^^

 
 
 
 
 
 
(牛久自然観察の森にて・7月下旬)


muku765 at 23:54|PermalinkComments(8)TrackBack(0)動物 | 牛久自然観察の森

2010年07月27日

小さな生き物たち


暑い日差しの中で、一年ぶりに再会した懐かしいマメコガネ。

ギシギシの淡い色とメタリックな緑と赤が、とても似合って見えました。 いつも群れて賑やかです。
コガネムシ

 

 

 

 

 

 

 




 

 

あら? ちょっとスネているみたいな一匹コガネも。
コガネムシ

 

 

 

 

 

 









↑葉っぱの上でよく見かけますが、大豆・ブドウ・クヌギ等の葉を食べるそうです。


暗い小道を足早に通り過ぎて、あれっ?と一瞬足が止まって振り向きました。実になったウマノミツバにしがみつくセミの抜け殻と…一体これは何?!・・・ピクリとも動かず気味が悪い。。。干からびた様な透明な変なセミに目を近づけてみると・・・力のある爛々とした眼差し!

初めて見る羽化したてのセミでした。何セミでしょう? 
追記=ヒグラシと教えていただきました。(暗いので仕方なくフラッシュ使用)

羽化したばかりのアブラゼミ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
  




セミの置き土産に、小さな訪問者。
セミの抜け殻と蟻
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
遠くに見つけた蝶は初対面のイチモンジチョウ
裏翅が素晴らしく美しい。

イチモンジチョウ

 

 

 

 

 

 











目で追い続けて、あっちこっちと追いかけて・・・
どんどん逃げる逃げるイチモンジチョウ。
イチモンジチョウ

 

 

 

 

 

 

 






 

 

くっきりとした一文字の表翅を、捉まえました。
イチモンジチョウ

 



 


 

 

 




 

 

 

♪森の散歩はタイムスリップ。まるで小学生の理科の時間♪^^

(牛久自然観察の森にて・7月下旬)



muku765 at 22:56|PermalinkComments(14)TrackBack(0)昆虫 | 牛久自然観察の森

2010年07月23日

今年のミッキーちゃん

今年一番乗りで咲いた、メガネツユクサのミッキーちゃんたち
です。 タンチョウソウの鉢から現れました。

メガネツユクサ

 
 
毎朝見せてくれた、懐かしい顔。
待ちどうしかったよ〜。
 
 

 

 

 

 

 

 







 

 

 

「ふわぁ〜、眠いね〜〜〜。」
メガネツユクサ

 

 

 

 

 

 

 





 

 


「あ、おはよう!♪」

メガネツユクサ

 

 

 

 

 

 

 





 

 


一週間後の今日、日蔭に置いた別の鉢から二輪咲きました。
メガネツユクサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








 

 

 

手足を伸ばして気持ちよさそう〜。
特にメガネツユクサ、真ん中の長い雌蕊が実にのびやか。

 

 

 

 

 

 

 






 

 

ちょっと大きな耳を貸してよね、ヒソヒソ。
個性的な雄蕊の様子、今年も又、見せてね〜。
メガネツユクサ

 

 

 

 




 

 


 

 

 

「いいよぉ、まず、本物の雄蕊が二本だよ。」
 美味しそうな花粉を一杯出して、ミッキーちゃんの足の形。

メガネツユクサの雄蕊

 

 

 

 

 

 





 

 



「仮雄蕊その1、王様の髭の形だよ。」
花粉の出ている仮オシベ

 

 

 

 

 

 

 





 

 

「仮仮雄蕊雄蕊その2、花粉はほとんど出なくて三本セットだよ。」

 

 

 

 

 

 

 






 

 

今年も暑い夏の朝、涼を運んでくれるミッキーちゃんとの出会いが楽しみです。
去年、我が家に初登場の感激のミッキーちゃんは、こちらです。



muku765 at 23:01|PermalinkComments(22)TrackBack(0)植物 

2010年07月21日

ヤマユリ


赤褐色の斑点と赤い葯と黄色い筋のヤマユリ(山百合・ユリ科)豪華です。
 
真夏の空気によく似合う花姿。ヤマユリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

思わず駆け寄りたくなる、大輪の笑顔です。
ヤマユリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
途中で茎が折れてしまって開けなかったのでしょうか。
虫に食われたのか窓が開いて、中の葯が見えています。
ヤマユリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
ヤマユリは一本の茎に大きな花を幾つも付けて、頭が重い。
ほとんどの花が横に倒れてしまう中、時々蔓に絡まれて支えられ、すっくと立っているところも見かけます。
ヤマユリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 

鼻の頭やTシャツを赤く染めない様に気をつけて!
ヤマユリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤマユリの葯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



写真を見ているうちに、ふっとヤマユリの香りを感じます。
森の小路を歩いた時と違う、体の中から感じる香りです。
脳って、不思議。
 
(牛久自然観察の森にて・7月下旬)

★写真は全てクリックすると拡大できます。
 


muku765 at 22:03|PermalinkComments(18)TrackBack(0)牛久自然観察の森 | 植物

2010年07月20日

色とりどりのイチモンジセセリ


花の間を飛び交う小さな蝶イチモンジセセリでした。

よく見かける茶色一色の地味な姿と一味違う、濃淡のぼかし。
ちょっとおしゃれな感じです。
イチモンジセセリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 






濃いチョコレート色も目を引きます。
羽を広げて、黄色の花を独り占め。イチモンジセセリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 






黄土色の縁取りがシックです。

イチモンジセセリ





 
 
 
 
 
 
 
 






黄色と茶色のくっきりとした二色使いのセセリさんまで!
脚の色も美しく、気品を感じます。
イチモンジセセリ


 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




目の上に長いまつ毛を描いたようなセセリさん。
まるで漫画のようで、愉快です。
イチモンジセセリ

 

 

 

 

 

 

 






 

 

飛ぶときも、釦の様なぱっちりお目々が目立ちます。
イチモンジセセリ


 



 

 

 

 





 

 4年前にイチモンジセセリを初めてを知た時は、↑の様な茶色一色。 
今年は色々と目を楽しま
せてもらいました。



muku765 at 00:08|PermalinkComments(16)TrackBack(0)昆虫 

2010年07月17日

トンボ


ちょっと足を伸ばして、初めての公園に案内していただきました

池の近くでは、小さ目の蜻蛉が手で振り払いたいほど目の前を飛び交います。
「ナツアカネ? アキアカネ?」と調べてみると、黒色条の様子が
ナツアカネ。  

 まだ黄色の未成熟のトンボでナツアカネす。^^

 

 

 

 

 

 








 

 

ナツアカネ

 

 

 

 

 

 







 

 

 

羽化してしばらくは水辺近くの林にいるというハグロトンボ
林にいたので、まだ若いのかな? 初撮りです。^^
ハグロトンボ

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

いつものノシメトンボも杭を取り合うように、ずらりと並んで止っていると、壮観です。ノシメトンボ

 

 

 

 

 

 


 





 

 

ノシメトンボ

 

 

 

 

 







 

 



 

地面すれすれの細い竹の子にも、
ノシメトンボ

 

 

 

 

 

 

 






 



枯れ枝にも。 至るところに。
ノシメトンボ


 

 

 

 

 





 

 

 

 


公園の近くにカワセミも。 巣穴を見上げると、あっという間に親鳥が飛んできて穴に飛び込み・・・
カワセミの巣穴

 

 

 

 

 




 

 

 

 

又、あっという間に飛び去って行きました。
巣穴から飛び出したカワセミ



















カワセミは巣穴の近くにもう一つ別の穴を掘ってカモフラージュするという話を聞いて、小さな鳥の健気な知恵に感心するばかりです。


★写真は全てクリックすると拡大できます。

 



muku765 at 23:10|PermalinkComments(16)TrackBack(0)昆虫 

2010年07月15日

色々な実も [牛久自然観察の森(6)]


アブラチャン(油瀝青・クスノキ科)
の陽に透けた色鮮やかな
赤い葉柄。光のプレゼントには、
ただ見惚れるほかありません。
アブラチャンの赤い葉柄





 

 

 

 




 

 



キブシ(キブシ科)の実
互い違いに譲り合って、素敵な形に生っています。
キブシの実

 

 

 

 

 

 

 

 






三つ並んだ姿が可愛い、
エゴノキ(エゴノキ科)の実
エオゴノキの実

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 



 



目鼻が無くても、やさしい面差しの三姉妹。
エゴノキの実

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

ヒメコウゾ(姫楮・クワ科)の青い実ヒメコウゾの青い実

 

 

 

 

 

 

 

 






 

熟すと真っ赤なヒメコウゾの実
ヒメコウゾの熟した実

 

 




 

 









赤く熟すニワトコ(スイカズラ科)の実

ニワトコの実



 

 

 

 

 





 

 

実が黄色に熟すキミノニワトコ  
ニワトコ



 

 

 

 

 



 

 

 


ニワトコ葉変異が多いとのこと。
『橙黄色に熟すものをダイダイミノニワトコと言う。』
樹に咲く花・山と渓谷社」より。
 面白い名前ですね〜。



オトシブミと言うな名の一群の昆虫たちがいるのですね。奇麗に巻いた葉の中に、卵が産み付けられているようです。
オトシブミ


 

 

 

 

 






 

 

 


夏至から11日目を半夏生といい、そのころ白ペンキを塗ったような白い葉を付けるハンゲショウ(半夏生・ドクダミ科)
ちょうど花が咲くころ、白いお化粧は虫さんへのアピール。
ハンゲショウ

 

 

 

 

 

 

 









初めて見るジュンサイの花。以前、酢のもので塗るっとした若芽を美味しくいただきました。

ジュンサイ

 

 

 「牛久自然観察の森・6月中旬下旬」終わり

★写真は全てクリックすると拡大できます。


 




muku765 at 22:16|PermalinkComments(14)TrackBack(0)牛久自然観察の森 | 植物

2010年07月13日

オカトラノオなど [牛久自然観察の森(5)]

 

6月中旬、オカトラノオ(丘虎の尾・サクラソウ科)はまだ蕾。 どの花穂もだらりと垂れた、予想もしない姿でした。
オカトラノオの蕾

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

オカトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

6月下旬の開き始めた花。
だんだんと上に持ち上がって行くようでした。
オカトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 






 

オカトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 


高原で見たオカトラノオは、先端がもう少し上がっていたの
ですが・・
オカトラノオの群生

 

 

 

 

 

 

 

 




 



花と保護色、
スジグロシロチョウ
スジグロシロチョウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 


ウマノミツバ(馬の三つ葉・セリ科)
何の変哲もないただの草に見えますが、小さなん蕾をちゃんとつけた里山の大切な一員です。馬のミツバの蕾

 

 

 

 

 

 

 

 





 



決して見落とすことのない、あの黒々とした濃厚な実を付ける
ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡・ヤマボゴウ科)も、蕾の頃はこんなにも初々しい
。(画像を追加しました。)
ヨウシヤマゴボウの蕾

 

 

 

 

 

 

 

 





 



*蜘蛛の巣を二種*
どちらもデザイン性に優れた隠れ帯が目を引きました。
渦を巻いた隠れ帯の網の下に潜っているウズグモ。
ウズグモ

 

白くて奇麗な
ナガコガネグモの幼体
ナガコガネグモの幼体

 

 

 



 

 

 

森の小路では、光と影が出会います。
「いつまでもそこで戯れていてね。」と、遠くから憧れの思いで眺めました。
森の小路

 

 

 

 

 

 

 

 




 


次回で「牛久自然観察の森・6月中旬・下旬」やっと終わります。

★写真は全てクリックすると拡大できます。



muku765 at 21:54|PermalinkComments(16)TrackBack(0)植物 | 牛久自然観察の森

2010年07月12日

ヤマホタルブクロ [牛久自然観察の森(4)]


下を向いて咲くホタルブクロは、優しい色合いで大人しそうな様子をしていても、大きな花には独特の存在感が感じられます。
よく見ると、萼片の間に丸い膨らみのあるヤマホタルブクロ(山蛍袋・キキョウ科)でした。

何かを内に秘めている花姿。
ヤマホタルブクロ



 

 

 

 






 


 

ヤマホタルブクロ

 

 

 

 

 

 

 


 





 

堅く引き締まった緑の蕾、色づいた蕾も愛らしく、
ヤマホタルブクロの蕾

 

 

 

 

 

 

 

 

 







 

 

まだ開ききらない口をすぼめた花は、風船の様。
ヤマホタルブクロ

 

 

 

 

 

 

 

 





 

内側を見るのは至難の業。
チラリと見える
ヤマホタルブクロ斑点模様が、とても鮮明に美しく映ります。

 

 




 

 

 

 

 







茎を起こして貰ってやっと撮った、お気に入りの一枚です♪
桔梗と同様、雄性先熟。 雄蕊はもうへたってしまって4裂した雌蕊斑点模様をバックに唯一のアクセント。受粉OKと、他の花の花粉を体に付けた虫さんの訪問を待っています。

裏生地に趣向を凝らした着物のような粋な装いに、きっと虫さんたちも魅せられることでしょう。

ヤマホタルブクロ




 

 

 

 









群生するホタルブクロは互いにお喋りをするでもなく
じっと考え込んで、独り言をつぶやいている様でした。
ヤマホタルブクロ

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

夢のあるホタルブクロという名前。その由来には二説あり。

(1)子供が蛍を捉まえて袋状の花に入れて遊んだから。
(2)提灯(=火垂(ほたる))に形が似ているから。

蛍袋の花と蛍を同時に手に出来る幸運には、きっと一生恵まれないでしょう。 せめて、周りを照らす「火垂」の響きに浸って、夏の夜を過ごすのもいいかも知れません。


muku765 at 19:00|PermalinkComments(16)TrackBack(0)牛久自然観察の森 | 植物