aamall

手賀沼

2018年10月30日

手賀沼散策(植物・昆虫)



遊歩道沿いにジュウガツザクラ(10月桜)


ジュウガツザクラ



ジュウガツザクラ



ラクウショウ
(落羽松)
紅葉の中に、の実。
地面は落ち葉で真っ赤になっても、実はまだ緑?
初めて見る不思議な取り合わせに、ちょっと感動でした。


ラクウショウ



ラクウショウ



小豆色の穂が美しい
チカラシバ(力芝・イネ科)

チカラシバ



チカラシバ



遠くからでも目立つ、大きな蝶形花。
セイヨウミヤコグサかと思って近づくと、花のつき方が全然違う。帰って調べてみると、熱帯アジア原産の帰化植物の
コガネタヌキマメ(黄金狸豆・マメ科)。 
緑肥作物として栽培されていたものが野生化したものでした。

コガネタヌキマメ



   そこに、数頭のウラナミシジミが来ていました♪

   ウラナミシジミ


産卵中。

ウラナミシジミ



口吻を花の奥に差し込んでいるこの子は吸蜜中。

ウラナミシジミ

↑↓
萼や茎に産み付けられた小さな卵が写っていま〜す。

ウラナミシジミ


ウラナミシジミ



ナガコガネグモ


ナガコガネグモ



裏側に廻ってみると、糸が密集して真綿のよう。
内側の体は全く違う模様。蝶の表翅と裏翅のようですね。


ナガコガネグモ


*画像の上でクリックすると拡大されます

muku765 at 22:36|PermalinkComments(12)

2018年10月29日

手賀沼散策(水鳥)



薄曇りの日。 遥か遠くにヨット。

ヨット



くつろぐいつもの水鳥たち。

ダイサギ


ダイサギ



いるいるいる・・・今日はダイサギが多い・・・
程よい距離が平和のコツ?
カワウコサギも一緒にいる。

サギたち



水草もアート。

水草



孤独なカワウには趣が

カワウ



こうなるとちょっと・・・不気味・・・

カワウ




ダイサギ・コサギ・ダイサギ。 計ったように等間隔。

ダイサギ コサギ



コサギ


コサギ



コブハクチョウ
 

コブハクチョウ



岸近くにカルガモ

カルガモ



オオバン

オオバン



茶色の羽色の若鳥を従えて進むバンを見つけましたが、カメラが追いつかずとっても残念。


再びバン。良かった。

バン


 *画像の上でクリックすると拡大されます


muku765 at 07:00|PermalinkComments(12)

2016年04月03日

手賀沼周辺(3月中旬)




用事のついでに手賀沼に立ち寄って、久しぶりに遊歩道を歩きました。 岸辺に茂る枯れ色の葦の間から、沼を眺めます。
カワウ、カルガモ、バン、コガモの休む静かな風景でした。


杭の上のカワウ。
左のカワウの白髪のような婚姻色は、まだ控えめです。
右の子は若鳥の様な感じです。

カワウ



遊歩道沿いの広場に、子供が乗って遊べる大きなコブハクチョウの置物がありました。。。。と、初めての人なら間違えるかもしれません。(´∀`*)

コブハクチョウ


動きますから本物です。ほらね。

コブハクチョウ

↑羽繕いを済ませて、草の上で丸くなって眠ってしまいました。
人がすぐ傍で、大きな姿にびっくりしていても動じません。
繁殖の始まる前は穏やかな様子です。
今年も、もうすぐ可愛い雛を連れた微笑ましい夫婦の姿が見られることでしょう。



菜の花の見える風景

手賀沼遊歩道周辺



手賀沼遊歩道周辺



手賀沼遊歩道周辺



                 キジバト



草むらにムクドリが何羽も餌さがし。
その中に、共に行動する二羽を見つけました。
全体に色の濃いこちらが多分、雄、


ムクドリ


背中と胸のあたりの色が薄いこちらが多分雌、と思いたいのですが・・・ムクドリの雌雄の見分けは相当難しいそうです。

ムクドリ


彩りの少なかった遊歩道も、
今は桜の花で飾られているでしょうね。

雌雄について文を訂正しました。(4月4日)

*画像の上でクリックすると拡大されます


muku765 at 21:59|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2012年05月05日

手賀沼のコブハクチョウと藤の花


お母さんの体の下に隠れている孵ったばかりの雛ちゃんに会うことは、なかなか難しい。
今年も見られたのは、水面を静かに進む一家の姿です。

お父さんが堂々と先頭を行くのは、いつもの光景。
雛ちゃんたちに優しいまなざしを送るお母さん。
コブハクチョウの親子




コブハクチョウの親子




コブハクチョウの親子



何時の間にかお母さんが追い越すと・・・雛ちゃんたちはお母さんの後へ。 
やっぱりお母さんの方が好きなのね。コブハクチョウの親子



「あなた、後ろを宜しくね。」「おう、任せなさい。
コブハクチョウの親子


これまでに出合ったコブハクチョウ一家です。



  
    遊歩道から藤棚の藤も楽しめます。

       フジ




フジ


muku765 at 21:48|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

2011年01月21日

ユリカモメ(4)


『いや〜、どうも、
またまたしつこく登場のユリで〜す。
今日は、ワタクシの水掻きの付いたしなやかなにご注目頂き たいと、まかり出でました。』
ユリカモメ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 







『こんなに訳分からないほど、指をクチャクチャに折り畳めるんです
よ〜。 器用でしょう?  とんとんさんに知らなかった!見たことない!と驚かれてしまいましたよ。』
ユリカモメ

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 





『じゃんけんだって得意です。
特にチョキ♪ Vサインも出来ますよ! 』
特にチョキ♪ Vサインも出来ますよ! 』
ユリカモメ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 







『グーだって
楽勝♪そして、今回登場の目的はもう一つ…
ユリカモメ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

『いえね〜、未熟もののワタクシが言うのもなんですが・・・
若い子(第一回冬羽の子)をご紹介しますユリカモメ。』                             
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 







『真っ白じゃないけどモコモコで、結構可愛い子でしょう?』
ユリカモメ第一回冬羽


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 


『まだゴマ塩の子。
遊歩道で餌撒きの人に群がって、首を伸ばし鳴いてるね〜。』
ユリカモメ第一回冬羽ユリカモメ第一回冬羽
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『来年は真っ白になってまた戻ってくるからねと、申しており
ます。』
ユリカモメ第一回冬羽
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 


『では、ワタクシは口を閉じて、これで完全に失礼致します。
長い間お付き合い、ありがとうございました。』
ユリカモメ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




*画像は全てクリックで拡大できます。


muku765 at 16:35|PermalinkComments(20)TrackBack(0)

2011年01月12日

ユリカモメ(3)


表情いろいろのユリカモメ。

手賀沼のフィッシングセンターへ向かう橋で、下から
見上げて
数羽を嬉しい至近距離撮影です。
ユリカモメ

 

 

 

 

 

 

 





 

 


気持ちよさそうに羽繕い。チャーミングな目元を一人占めです。
ユリカモメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

 

こちらに気付いているのかいないのか? 
飼い主に甘えるワンコのような眼差し。
ユリカモメ
ユリカモメ
 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

「可愛すぎて、ごめんなさい。」
 いえいえ、良いんですよ、謝らなくても。(笑)
ユリカモメ

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 


「それでは・・・こんなクールな顔も出来るんですよ。」
 パチパチパチ、なかなか良いですよ。^^
ユリカモメ
 





















「では、いつもの
顔に戻って、」
ユリカモメ

 

 

 

 

 

 




 

 

 



「今日のところはこれで失礼しますわ。」
 近くでよくよく見せてくれて、ありがとうね〜。

ユリカモメ

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 




翼を広げたところは天使のようにも見えて、
別館(→こちら)で画像処理をして遊んでみました翼を広げたユリカモメ翼を広げるユリカモメ

 

 

 





 

*画像は全てクリックで拡大できます。



muku765 at 23:02|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2011年01月09日

ユリカモメ(2)

手賀沼の歩道からほどほどの距離で、杭の上で休むユリカモメ、飛び立ち泳ぎ回るユリカモメが眺められました。

鳥の翼の動きの美しさは憧れです。  
飛び立つところから着水までの元気の良いユリカモメの様子です。 
連写を8枚なげてみました


(1)飛び立つ準備で、羽を広げ始めています。

ユリカモメ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 





(2)見ているだけでも気持ちのいい伸びやかな飛翔姿。
ユリカモメ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 








3)
ユリカモメ

 

 

 

 

 

 





 

 

 


(4)「よっこらしょ」と聞こえてきそうな、楽しいポーズ。
ユリカモメ

 

 

 

 

 

 





 





(5)
ユリカモメ

 


 

 

 

 

 




 

 

 

(6)着水直後、仲間への呼びかけ?
   誇らしげに
一声大きく「・・・」
(チャーミングな容姿に似合わぬ声で、うまく表現できません
ユリカモメ

 

 

 

 

 

 





 

 



(7)
ユリカモメ

 

 

 

 

 

 

 





 

 


(8)
ユリカモメ

 

 

 

 

 

 

 






 

 

 

他のカモメにはとても真似のできない表情ですね。 ユリカモメ                                                                               

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 






コマ送りで動いて見える画面作りをマスターしたくなりました
 
画像は全てクリックで拡大できます。



muku765 at 22:35|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2010年12月30日

ユリカモメ

 
今年一年  ありがとうございました
 
皆さま 良いお年を

ユリカモメ

  

迎えください

ユリカモメ 

qqqqq喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきます。



muku765 at 14:18|PermalinkComments(26)TrackBack(0)

2010年12月29日

モズ等いろいろ(手賀沼・4)


今回は、順不同で色々並べてみました。

遊歩道沿いの木から木へと、こちらの歩調に合わせてどんどん遠ざかるモズ君です。「行かないで〜」のこちらの願いも虚しく、枝の中に入り込んでしまいました。(ツグミさんも同様でした。)

モズ



















今まで見てきた遊歩道スズメとは雰囲気の違
う群れスズメ
また別の趣があっていいものです。
スズメ

スズメ









スズメ






























この日の鷹の仲間はチョウゲンボウとオオタカ、そして
この
トビ
トビ



















ススキよりも優しげな
オギ(荻・イネ科)
両サイドをオギの小穂に囲まれて続く白い小路を、足早に進みました。
オギ




















オギオギ












瑞々しい緑色の
アメリカイヌホウズキ(ナス科)の実も、枯れ色の冬景色のお仲間です。
アメリカイヌホウズキの実












=おまけ=
カモが集まる岸辺の居眠り野良ちゃんのかわいい寝顔に、壊れかけた古い桟橋ものどかな空間に変わります。
ネコ



可愛いので、大々トリミング^^)

居眠りネコちゃん










*画像は全てクリックで拡大できます。



muku765 at 21:02|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2010年12月27日

カンムリカイツブリ(手賀沼・3)


沼なので、水鳥が続きます。

いつも遠目でうっとりと眺めていたカンムリカイツブリ
今年は何羽も見ることができました♪^^)
首が長くてスマートで、水面を静かに滑るように移動する姿は白さが際立ちとても上品です。
 
カメラを構えるとすぐに潜られてしまって・・・遠くてもこちらの様子はお見通しなのかと悔しさ半分、鳥の視覚には驚くばかりです。
カンムリカイツブリ

 

 

 

 

 

 







 



↑警戒心が強くて岸辺には近づいてくれず、トリミングを頑張りましたが嘴のピンク色が出ませんでしたね〜。


正面から見ると黒い冠羽はハート型
カンムリカイツブリ











目の先から垂れた黒い線に、
ツチイナゴを思い出しました。
カンムリカイツブリ
 

 

 
 






 

小さなコガモさん。
顔にはベージュ色の境界線が、あら、縦線もあるなんて、初めて見ましたよ。
コガモ雄


 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
雌も目の下にも、くっきりとこげ茶色の線。
コガモ雌

 

 

 

 

 

 

 





 

 


人工干潟に、猫背のコサギさん。
コサギ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 



見られているのに気付いて、やはりすぐに飛び去ってしまいます。
コサギ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 





電線コサギさんにもまたまたすぐに逃げられました。
コサギ
飛び立つ寸前のポーズです。
コサギ



 


 


 

 

いつもの場所でおっとりとした様子で餌さがしのダイサギ
ダイサギ


遠くのカワウは、婚姻色が青空に映えて華やかです。
カワウ


 

 

 


 

 


前回漏れた、ハシビロガモの羽繕いです。^_^;
ハシビロガモ雄

 

 

 

 

 

 

 




 

 

手賀沼の鳥・続きます。


*画像は全てクリックで拡大できます。

 



muku765 at 13:11|PermalinkComments(6)TrackBack(0)