aamall

利根運河

2017年09月13日

久しぶりの利根運河(8月・カフェも)




お休みしていた間の思い出がまだいっぱい残っていて、真夏の写真が並びます。

テレビで紹介された林の中のカフェを目的に、久しぶりに利根運河を訪れました。 真夏の訪問は初めてのこと。


マルバヤナギ
(丸葉柳・別名アカメヤナギ) 
この季節でも見られる綺麗な赤い新葉に驚きました。 

マルバヤナギ



歩道に入ると、一面緑一色の利根運河。 
その中に別の色を目を凝らして探してみると・・・

利根運河



花の種類がわからないほど遠くに見えるオレンジ色は、
ノカンゾウ(野萱草・ユリ科)や、

ノカンゾウ



       コオニユリ(小鬼百合)。

  コオニユリ
   (
↑大々的なトリミングでも、ピントバッチリ。
     最近購入した望遠レンズの性能の良さに感激です。)



風に揺れるセイバンモロコシ(西播唐黍・イネ科)の赤い穂

 セイバンモロコシ



    そして、いつもの「理想会記念自然公園」へ


  入り口にそびえ立つメタセコイアに、まずはご挨拶。
  来年の開花に向けて、雄花の蕾がもう出来ていましたよ。

  メタセコイア



セミの抜け殻



チラチラ飛び交う小さなセセリは全て逃し、捉えた蝶は、
ヒメウラナミジャノメと、

ヒメウラナミジャノメ



ベニシジミ

ベニシジミ


土の上のベニシジミは、初めて見たような気がします。


ベニシジミ



葉の形がユニークな
コヒルガオ(小昼顔・ヒルガオ科)

コヒルガオ



キツネノカミソリ(狐の剃刀・ヒガンバナ科)

キツネノカミソリ



冬にはバードウォッチングを大いに楽しんだ枯れ色の池は、
緑のハス(蓮・ハス科)の葉に埋め尽くされていました。

ハス



ハス



ハス



  ***********************


運河沿いの道から階段を上がって、お目当のカフェへ。


店に通じる林の入り口の手前には、小花がグランドカバーのように広がっていました。
実際に見たこともないのに、イワダレソウ?という名が浮かびました。調べると、図鑑の写真とは雰囲気が違っています。
ヒメイワダレソウ(姫岩垂れ草・クマツヅラ科)でしょうか。

 ヒメイワダレソウ?



  お店の案内板を見て、林の中の小道を進みアーチをくぐり

  森の道



         お庭に着きました。

  ガーデン



   野草や小花の園芸品が植えられて、自然な雰囲気です。

  花



数枚足して、久しぶりに別館にフォトチャンネルを作ってみました。 よろしかったらどうぞお出かけください。

🏠こちらです。



muku765 at 22:30|PermalinkComments(17)

2017年09月10日

初見のホップ(8月)




電信柱を頼りに這い登ったツル性植物にたわわな実り。
見事に茂った瑞々しい緑と、あまり美しく無い人工物とのコラボも、小さな林の中でなかなか素敵に見えました。

カフェの二階のデッキから眺めた光景です。
そこから見上げる高さは、地上から10メートル以上はありそうです。

    ホップ


ビールの原料となるあのホップ(別名=西洋カラハナソウ・アサ科←クワ科)です。


いくつもの苞が松かさ状に重なった毬果が、遠目にもオシャレに見えました。 毬花とも呼ばれているようです。

ホップ

↑ホップは雌雄異株。写真上部に写っているものが雌花
細長い柱頭が飛び出して、毛花と言われています。



          毛花が咲いた蔓


  ホップ



         花後の毬果がついた蔓

  ホップ



  ホップ


「苞内側基部にあるそう果の周りの黄色い花粉のような小腺点がビールに苦味や方向を与えるために用いられる。」「山に咲く花」より」 花の名称も「山に咲く花」参照




    *********************



比較のため、以前の写真を引っ張り出してきました。

よくホップと混同されたという、山野に生えるカラハナソウ(唐花草) こうして見ると、毬花の形はそっくりですが、花数も少なく付き方が違うように感じます。葉の鋸歯も比べるとかなり粗い。(野田市の里山 2008年10月撮影)

カラハナソウ


味は苦味が薄く美味しいビールにはならないそうですね。
観察会でカラハナソウを知ってから、ホップとの出会いを願って9年が経ちました。


カラハナソウの毛花
(小石川植物園 2007年10月撮影)

カラハナソウ



↓こちらがホップの毛花  
望遠レンズで撮ったものをトリミングしているのではっきりしませんが、雰囲気が違うようにも。
カラハナソウも広がればこんな感じかもしれませんが。。。

ホップ



=おまけ= 


同じ仲間(アサ科)のカナムグラ(鉄葎・一年草)
棘があり繁茂するので厄介者扱いされますが、雌花序の造形はとても気に入っています。
(2011年 10月撮影)

カナムグラ


muku765 at 22:46|PermalinkComments(14)

2016年12月27日

憧れの”コサギの舞”(利根運河・3)



身近な鷺三兄弟(小鷺・大鷺・青鷺)の中で、私の一番の贔屓はアオサギさん。 ボーとした印象のとぼけた味わいに、見つける度にいつも心がウキウキします。

最も会う機会が多いダイサギさんは、春の婚姻色の赤い脚、青い目元の時だけは大注目。
普段は黄色の嘴に純白の美しい衣装をまといながら、動きに特別な個性が感じられず、あ、居るな〜で終わってしまうのです。

一番小ぶりのコサギさん。細かく足を震わす真剣な漁の姿には、成功するかとこちらも息をひそめて見守ります。
その繊細さが売り?のコサギさんの舞うような動きを初めて目にして、カメラで散々追いまわしました。
間が空いてしまいましたが、前回の続きです。



着水直前、水面近くででぴょんぴょんと飛び跳ねて楽しそうに踊ります。表情豊かなコサギの舞をご覧ください。☆*゚ ゜゚*☆*
連射の順に並べてみました。


(1)翼を広げてスピードを緩めて、着水準備OK。

コサギ


(2)水面に触れてすぐさま跳び上がる!

 

コサギ


(3) 

コサギ


(4) 

コサギ


(5)嬉しそうに、くるり。

コサギ


   (6)
   コサギ


(7)やっと、ポチャリ。  

コサギ


(8)  

コサギ


(9)あら、また反対向きに!

コサギ


(10)舞のシメ。 
しゃがむだけでも、翼の動きを止めません。

コサギ



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



コサギ



コサギIMGP4389



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


<1>         
コサギ


<2>
コサギ


<3>

コサギ


    <4>

     コサギ


<5> 

コサギ




コサギは何故、着水の折に回転しながら跳ねるのでしょうか?
運動? それとも単なる”遊び”なのかもしれませんね。

体の隅々まで神経を行き渡らせた美しくしなやかな動きを写真で止めて、繰り返し見て楽しんでいます。

*画像の上でクリックすると拡大されます


muku765 at 17:13|PermalinkComments(26)TrackBack(0)

2016年12月16日

コサギ利根運河・2)




      
対岸より、コサギ観察♪

   
   漁をして、軽く水浴びもして、


   コサギ



    その後は岸に上がって、プルプルプルッ。


   コサギ



   少し歩いて、再び水の中へ戻って行きました。

   kソアギ



 コサギ



コサギ



       軽やかな動きが魅力的なコサギです。

    コサギ


着水してからも、

コサギ


翼はしなやかにに動き、向きを変え、


コサギ


翼が完全に畳まれるまで、ちょっとした舞の様。
着水の余韻を楽しんでいるかのようでした。

コサギ


*画像の上でクックすると拡大されます


muku765 at 22:54|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

2016年12月15日

いつもの鷺三種(利根運河・1)



誕生月なので、利根運河沿いの日本料理のお店で、美味しい味噌漬けポークステーキをいただきました。部屋の窓から運河を見下ろすと、遠目でも大型の水鳥の鷺が良く見える♪
ダイサギコサギアオサギと、いつもの三種が揃っています。
食事が終わるまでいてくれるといいけれど。。。

この日はいつものキャノンの300个呂笋瓩董▲撻鵐織奪スの135弌7擇ぅメラで撮影は楽チン。細長い河を行ったり来たりして、期待通りに長居をしてくれた鷺たちを撮りました。


ダイサギとコサギ。大小の白鷺がつかず離れず。

ダイサギ・コサギ



ダイサギ・コサギ



一か所に止まってボーっとしている(様に見える)ことの多いアオサギさんが、こんな風にトコトコ歩くところに出会うことって珍しい。
速度は鷺らしく、おっとりゆったりトコ・・・トコ・・・トコ・・・

アオサギ



アオサギ



ダイサギ


ダイサギ


ダイサギは脚が長い! 
それとも、足指が同じ黒なのでそう見えるだけなのか・・・?
鷺はどの種も首をすくめて飛びますね〜。

ダイサギ



   着水〜♪ 翼の羽の先を開いて、嬉しそう〜。   


   ダイサギ



ダイサギ


遠方でも、大型の水鳥の鷺たちは難なくファインダーに入ってくれてちょっと快感でしたが・・・
135个任垢らかなりのトリミング。ピントも甘くソフトのシャープで補い、画質も色も良くありません。
片目つぶって見てください。


*画像の上でクリックすると拡大されます


muku765 at 13:57|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2015年02月23日

冬の利根運河散策・4



「冬の…」などの表題が通用するのは、あと一週間でしょうか。
冬の締めくくりとして、珍しく風邪を引いて高熱を出してしまいました。早く治して、春を迎えたいと思います。


理想会公園内の蓮池で、カワセミの記念写真。

カワセミ




6年前は、きらきらとしてあどけなくて、寄って来てくれるのが、たまらなく嬉しかったコブハクチョウでしたが、今は歳をとったのか覇気がない。寄られ過ぎてこちらが逃げ回るほど。
仕方なく顔のアップや、

コブハクチョウ



尾羽など。

コブハクチョウ




フェンスに張り付くように泳ぎ回ります。
いつもここから餌をもらっているのでしょうね。

コブハクチョウ




コブハクチョウ




コブハクチョウ




コブハク



アオサギ


アオサギ




アオサギ


*画像の上でクリックすると拡大されます



muku765 at 17:34|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

2015年02月21日

冬の利根運河散策・3


       

          ジョウビタキ

         ジョウビタキ



ジョウビタキ



遥か前方に小鳥らしき動くもの発見。
どこにいるか見えますか〜?


・・・



一体何者だったのか知りたくて、渾身の画像処理の結果、こんな子が浮き出てきましたよ♪

モズ♀

最高に愛らしいもモズ子ちゃん。(影が薄いのが残念です。)




草刈り機の届かない場所には、光の粉を被った枯れ草たち。


セイタカアワダチソウ



コセンダングサ




       理想会公園に入ります。
よく見かけるヤマノイモと少し雰囲気が違って、少し華やか。
       オニドコロの実の殻かしら? 


    オニドコロ?


    *画像の上でクリックすると拡大されます



muku765 at 17:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2015年02月20日

冬の利根運河散策・2



ヒドリガモウォッチング、続きます。
次々と飛び、着水、水浴び、羽ばたきと、溌剌とした姿にこちらの心も弾んできます。


ヒドリガモの群



も美しい羽模様


ヒドリガモ



ヒドリガモ



ヒドリガモ



ヒドリガモ



ヒドリガモ



       ヒドリガモ



       ヒドリガモ



ヒドリガモ



水浴びの後は、

ヒドリガモ



期待の羽ばたき。


ヒドリガモ



ヒドリガモ



ヒドリガモ


特に華やかな色のないヒドリガモですが、なぜか豪華で魅力を感じるカモさんです。

*画像の上でクリックすると拡大されます



muku765 at 16:47|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2015年02月19日

冬の利根運河散策・1



野鳥に会いに、冬の利根運河へ出かけました。
冬の利根運河散策の記事を見返すと、6年前に公園内でホオジロ、コブハクチョウ、ヒドリガモ、オカヨシガモを撮っていました。

さて、今回は・・・
いつもとは反対の江戸川方向の遊歩道へ出ると、斜面の枯れ色、広い空が目に眩しく、広々とした視界が気持ち良〜い。
川を見下ろすとヒドリガモの群が川に60羽ほど。岸に上がって採食中の子もいて賑やかです。


ヒドリガモ



ヒドリガモ♂とオオバン



雌をじっと見つめる雄がいました。[起] 
どうなるかな〜、目が離せません。


ヒドリガモ♂♀



ん? [承]

ヒドリガモ♂♀



ホッ、見ていた甲斐がありました。[転] 

ヒドリガモ♂♀



川へ降りて行くと、カモたちは一斉にお尻を向けて対岸に移動してしまいます。 

ヒドリガモの群
  
  あら、さっきの二羽が一緒にいますね。[結]



後ろ姿ばかり。。。そして、誰もいなくなりました。。。

ヒドリガモ



嫌われ者を救ってくれたのは、ずんぐりしたツグミ
ポツンと佇む姿は、遠目には大き目の石ころのようでした。


ツグミ



寒さのせいなのか斜面のせいなのか、ずいぶん縮こまっていつものツグミさんらしくありませんけれどね。

ツグミ



ツグミ


*画像の上でクリックすると拡大されます


muku765 at 16:16|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2014年04月28日

芝生を歩くハクセキレイ


トコトコ芝生を歩いて、餌探しのハクセキレイ
鳥がいるとつい撮ってしまう。
何の変哲もない写真を何枚も何枚も・・・


ハクセキレイ




ハクセキレイ




ハクセキレイ




ハクセキレイ




ハクセキレイ




ハクセキレイの餌は昆虫。 ホントに昆虫なのかな〜?

ハクセキレイ




美味しいーーー

ハクセキレイ




それらしい形・・・

ハクセキレイ




あ、やっぱり虫だ! ハムシかな?

ハクセキレイ
    


おしまいです・・・<(_ _)>

*画像の上でクリックすると拡大できます


muku765 at 22:42|PermalinkComments(12)TrackBack(0)