aamall

ニジュウヤホシテントウ を含む記事

2021年09月16日

美味しいナスと綺麗な花


我が家のプランターのナス、収穫は今の時点でまだ8個です。
倒れかかった間延びのした苗を植えたので、出足が遅かったのも関係あるかしら。

一度に1〜2個しかとれないけれど、どっしりとした質量のあるナスは、育てていても達成感のある野菜です。
例年は2鉢が目標です。

      これは2番目に生ったナスだったかな。

  ナス



ツヤツヤです。傷もない。

ナス



大きくしてから食べようと待っていると、ずんぐりした太っちょナスになったり、皮がこんなになったり。
原因は何かまだわかりません。

ナス



ナスの花は大きめで紫色
蕾の頃は、なんです! 大発見!
実もなり始めは白なんです。(写真撮りそびれ)

ナス



白い蕾、いいものです。
トマト同様、身を守るため短い毛は必須。
(ピーマンには毛がないのはなぜ?)

ナス



開くにつれて紫色に。


ナス

三つ咲いても、知らぬ間に2個落ちて一個だけ結実。



こんな子が邪魔しに来ます。
ニジュウヤホシテントウ (てんとう虫ダマシ)
草食テントウだから大人しいはずが、嫌われています。


ニジュウヤホシテントウ




ニジュウヤホシテントウ

写真って、撮る人の心が表れます。

ナス栽培を邪魔しに来た悪いやつという見方で、全然愛情を感じていないから、まあ、なんと大雑把な撮り方でしょうか。
可愛いと思って撮った時の姿は→こちら



虫食い葉っぱの犯人は
この子でしょうか? 
オンブバッタも来てましたけど。

ナス



立派な花が咲かないと、実にはなってくれません。

このように雌しべが雄しべより長い花がいい。

ナス



これも合格。

ナス

バナナのような葯全体は開かず、先端から花粉を出します。
  効率的です。


雌しべが雄しべより少し短い花
。これは微妙。
実になった気がするのですが、はっきりしません。

ナス



触っただけで、花柄からぽろっと落ちてしまった花。

雌しべが埋没するほど短い。これでは結実は無理。

ナス



雌しべのない花
もありました。

ナス


上の3つの雌しべ不全の花の原因は肥料不足
3分の1はこんな花が咲きました。

美味しい秋茄子がとれるよう、肥料追加で絶賛栽培続行中ですが、この涼しさでどうなるでしょう。(´□`。)°゜。

*画像の上でクリックすると拡大されます


muku765 at 14:10|PermalinkComments(12)

2016年08月08日

ニジュウヤホシテントウのお散歩




今年の春に種を撒いたクロホオズキ(黒酸漿・ナス科)が、次々に花を咲かせています。
オオセンナリ(南米原産・江戸時代に渡来)の園芸種とのこと。 
流石園芸種、地植えにするととても丈夫。
何の心配もありません。

   クロホオズキ
      ↑萼の黒い部分はもともと。
       汚れではありません(^_^;)。



そのクロホオズキの葉にお客様。
ニジュウヤホシテントウです。
(多くの種類がいるらしく判別は困難。ひとくくりにニジュウヤホシテントウ類とするらしい。)

可愛いお目々とまあるい体を撮ろうと、いろいろ回り込んでみました。


     .。o○o。まずは動きません.。o○o。.

ニジュウヤホシテントウ



ニジュウヤホシテントウ


真正面も。

ニジュウヤホシテントウ



  ・‥…━━━☆いよいよ動き始めます・‥…━━━☆

葉の先端に向かいます。

ニジュウヤホシテントウ


到着!・・・これ以上先には行けませんから・・・

ニジュウヤホシテントウ1


向きを変え・・・(亀みたい・・・)

ニジュウヤホシテントウ


とことことこ・・・

ニジュウヤホシテントウ


あっち行ったりこっち行ったり、お散歩(逃げ回る?)姿を追いました。

ニジュウヤホシテントウ


最期は後ろ姿もね。

ニジュウヤホシテントウ


=追記=
クロホオズキの葉に虫食い跡が見つからなかったので、ニジュウヤホシテントウがナス科の葉を食べる子だったことをすっかり忘れていました。
コメントをいただいてよくよく探したら、幾つか見つかりました。
クロホオズキは毒草のため、難を逃れたのでしょうか。


虫食いイヌホオズキの葉の上のニジュウヤホシテントウ→葉っぱを食べる昆虫たち


PCはその後、短時間で使う分には電源が落ちることもなくなり、元気を回復しています。
その分こちらの電源がちょいちょい切れて又元気を取り戻すなど、悩みの多き夏の日を過ごしています。

猛暑に付き、皆様どうぞご自愛ください。゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


muku765 at 18:10|PermalinkComments(18)TrackBack(0)

2013年07月22日

葉っぱを食べる昆虫たち(7月のこんぶくろ池・3)



ハムシは可愛くて・お洒落で・綺麗な子が多い。

その中でもとびっきりの華やかさ。虹色に輝く小さな子を見つけた時は、こちらの目も嬉しさで輝きました!

約7mmのアカガネサルハムシ(銅猿葉虫)です。

アカガネサルハムシ




テカテカつるつるに見えた翅には細かな凹凸や短毛があり、丈夫な鎧でしっかり身を守っているようです。
アカガネサルハム



ハムシの触角には幾つもの節があり、勇ましい感じでなかなかカッコイイですね。
アカガネサルハム




再び、可愛くて・お洒落で・綺麗な子の多いハムシです。
その中でもとびっきりの愛らしさ。
丸い目も動きもキュートなクロウリハムシです。
色艶抜群で、翅に草木が写り込むほどです。(^^)
クロウリハムシ




ニジュウヤホシテントウ(二十八星天道)
に会うのは久しぶり。
虫食い葉っぱが気になって調べてみると・・・
ニジュウヤホシテントウ


この子は、草食性の天道虫でした。
アブラムシを食べてくれる益虫扱いのナミ天道やナナホシ天道と違い、ナス科の植物(ジャガイモ・トマト・ナス等)を食べるので害虫扱いです。
「天道虫だまし」などと、まるで詐欺師の様な呼び名まで付いているのです。(・・;)

翅に毛が生えているので艶もないし。。。
イヌホウズキの葉っぱの上で、申し訳なさそう〜な目をしていますね〜。(゜.゜)
ニジュウヤホシテントウ

星の数を数えてみると、片側にちゃんと14個。
反対側を足して確かに28個の二十八星天道でした♪


★画像の上でクリックすると拡大されます(^^)


muku765 at 21:28|PermalinkComments(22)TrackBack(0)

2009年09月11日

小さな生き物たち


この夏出会った小さな生き物たち11種です。

沢山の画像に押されて時期がずれ、日の目を見られなかった素敵な模様の昆虫やクモたちです。
調べた名前が間違っていたら、ご指摘ください。
 
★まずは、8月、9月の庭の訪問者から。
植物を傷めつけるけれど、ちょこまかと元気一杯の小さな命は、絵に描いてぬりえ絵をしたくなるような素敵な形ばかりです。
 
(1)初めて目にする一つ目小僧の背中を持つ黄色いカメムシは、
とても美しく見えました。
ナガメの5齢幼虫で、成虫になると背中の顔が変わるから不思議です。
「長め」ではなくて、アブラナ科を好むカメムシだから「菜亀」だそうです。庭にはコンロンソウがあるからかしら?
ナガメ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





 
 
ナガメの正面かお
 
 
 
 
 
 
 
 



 
(2)クサギカメムシ
クサギカメムシ
 
違う虫に見えたけれど、同じクサギカメムシの5齢幼虫
クサギカメムシの5齢幼虫
 
 
 
 
 
 
 

 

(3)夜に家の中に迷い込んでしまって逃げ回るチャバネアオカメムシは、仕方なくフラッシュで。
チャバネアオカメムシ

 

 

 

 


 


(4)来年からは少しご遠慮いただきたいお馴染みさんのオンブバッタ
黄緑色一色の無地に見えていた体はポチポチだらけで、掴み易い訳だと納得です。
この写真で、背中の模様にも驚かされました。
オンブバッタの背中の模様

 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
そして、名実共に身も心もオンブバッタが完成すると・・・
やはり憎めない姿です。
ウエディングベルが庭のあちこちから聞こえてきそうな9月です。
オンブバッタ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





 
★ここからは8月の観察会。
(5)ふわふわのクッションに包まれて気持ちよさそうなトウキョウダルマガエルカエル
のどかな池の風景でした。
トウキョウダルマガエル







 
 


 
(6)近くでパシャパシャされてもフラッシュ焚かれても、葉の陰でじっと動かないオニヤンマ。
羽化したてかもしれないとの声も聞かれました。
コバルトブルーの複眼、信号機のように目立つ黄黒の目立つストライプで、

オニヤンマ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
背中には・・・毛の生えた鬼の顔が・・・
オニヤンマの鬼の顔?
 
 
 
 
 
 
 
 




 
★ここからは7月の観察会で。
(7)ウチワヤンマは、名前の通りに先端に可愛い丸いうちわをつけています。ひどく遠かったでのすが、この素敵な姿が撮れて良い記念になりました。
ウチワヤンマ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
 
(8)コフキトンボのメス
コフキトンボのメス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





(9)恐ろしげに見えるけれど、コガネグモは毒グモではないそうです。背中側と
コガネグモ
お腹側(別の蜘蛛です)
KVWMと読める隠れ帯^^
コガネグモ
 
 
 
 
 



 
 
毛むくじゃらの長い手足(手とは呼ばないけれど)を見ると、
やっぱり慣れるまでは怖いです。
コガネグモ
 
 
 
 
 
 
 

 

 
種類を問わず可愛らしい天道虫♪
(10)ナナホシテントウ
ナナホシテントウ

(11)実家の庭の草むらの中に
ニジュウヤホシテントウ
ニジュウヤホシテントウ
 
 
 
 
 
 


 
 
=番外編=
ウマノスズクサの葉の後ろについていたジャコウアゲハの卵
(8月)
ジャコウアゲハの卵
 
観察会で「あ、今産んだ」と先生がすぐに教えてくれた、産みたてのモンキチョウの卵(7月)
クローバーの葉の上の卵は、米粒の形をしていました。
モンキチョウの卵
 
 
 
 
 
 
 
 

 
こぼれ落ちない様にとまとめてみた、この夏の小さな生き物たちの思い出です。


muku765 at 23:07|PermalinkComments(18)TrackBack(0)