大地

2010年03月30日

癒し系

人間の中にも、その人が居ると何となく心が
和んだり場が穏やかになる、いわゆる“癒し系”
の人がいます。
それは、その人の持つ雰囲気だったり話し方
だったり、恐らく全身からそういうオーラを発して
いるからなのでしょう。

犬好きの人間にとって、犬はすべて“癒し系”の
動物なんだと思います。
悲しかったり落ち込んだりしているときでも、犬たちが
そこに居てくれるだけで心が落ち着き、その身体の
温もりや飼い主を見つめる瞳に、どれほど励まされ
元気づけられていることでしょう。
犬たちが人間を癒してくれているように、人間も犬
たちのことを癒してあげられているのかどうか、
時々考えさせられることがあります。

では、犬同士の中ではどうなんだろう・・・と考えた
ときに、やはり犬の中にも“癒し系”は居るような
気がします。
我が家では、どうやら大地が犬間の“癒し系”の
役目を果たしているようです。
R0015179お散歩中も
どことなく
癒し系の
大地。
すれ違う人の
多くが、大地を
見てつい
微笑んで
しまうよう
です。


ここのところ、かぐやが成長に伴い少し生意気
盛りになってきているのと、自分自身が偽妊娠の
期間に入っていてイライラしているのとで、
チコニがかなり神経質になっています。
かぐやとプチ喧嘩をすることも、よくあります。
そんな後に、チコニとかぐや、それぞれの癒しの
場になっているのが大地です。
R0015226

大地が寝て
いる傍に、
わざわざ
チコニが
移動して
きました。




R0015222そして、
こんな感じで
寄り添って
寝てます
こんな二人を
見ている
飼い主も、
間違いなく
癒されて
ます。


R0015341

一方かぐやも
こんな感じ








R0015342
大地の尻尾に
顔を埋めて
爆睡中








大地は、大きな身体に似合わず結構ビビリで、且つ
超甘えん坊の性格です。
でも、そんな大地の持っている本来の優しさが、
人だけではなく犬たちにも感じられているような
気がします。
R0014170
大地自身は
自分が
“癒し系”
だなんて
夢にも思って
いません。






R0014167
でも、彼は
間違いなく
“癒し系”です。
人にも、そして
犬たちに
とっても・・・































mukumukuakitainu at 00:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年03月26日

フライドチキン

今日も冷たい雨が降る中、気持ちを奮い立たせて
出発したお散歩。
事件はそんな雨のお散歩中に起きました。

先発チームの大地とチコニが、道路脇の植え込みに
顔を突っ込んでゴソゴソしていました。
と、何やら大地がパクッとくわえた気配。
これは何か拾い食いしたなと思い、取り上げようと
した丁度その時、ご近所の方が傍を通りかかり
ました。

「雨の日はお散歩大変ねぇ」
と話しかけるご近所さん。
「ホント、それに今日は寒いですしねぇ」
と答える私。
しかし、そんな会話をしながら、私の右手は大地の
口の中を無造作に探っていました。
次の瞬間、ゴリッという音と共に、大地の歯が私の
人差し指と中指をしっかり噛んだのです。

噛まれた痛みに驚いた私と、どうやら私の指を
噛んでしまったらしいことに気づいた大地。
ビックリ顔の人と犬とが、雨の中で思わず見つめ
合った瞬間でした。

慌てて口を開いた大地が落としたものは、フライド
チキンの骨。
そして、その骨の太さたるや、まさしく私の人差指
サイズ
大地はフライドチキンの骨と私の指を間違えて
噛んでしまったのです。

大地はたま~に拾い食いをします。
でも、それはいけないことだと分かっているので、
私が大きな声で「あっ、いけない」と言いながら
口に手を入れると、口を開けてされるがままに
なっているのが通常です。
今日の状況がいつもと違っていたのは
「あっ、いけない」の一言がないまま、口に手を
入れていたこと。
しかもご近所さんと話をしていたので、大地の方を
見ていなかったことです。

大地にとって、「あっ、いけない」は、同時に
「口の中に手を入れるから噛んではダメ」という
合図だったわけです。

かくして、私の右手の人差指と中指は、ものの見事に
負傷しました。
さすが大型犬、あっと言う間に結構な出血
そしてまた、間が悪いことに交番の前を通過した時
犬好きなお巡りさんが話しかけてきました。

「その犬、秋田犬ですよね。」
とお巡りさん

「ええ、長毛の秋田なんです」こんな時に長毛なんて
                         言わなきゃいいのに

と私。                     ・・・・・と後で反省
「へぇ~、毛が長いタイプがいるんですか。
でも、この方が優しい顔で可愛いですね」
とお巡りさん。←長毛と言ったがために話が長引く
「良い子なんですよぉ」指の痛みに耐えつつも、可愛いと
                     言われて舞い上がっている親バカ。


と、こんな会話をしている間にも、出血は続いている
らしい。。。。見るわけにいかない
なんとなく指の先が生暖かい


雨に濡れながら、上下のレインコートを着てフードを
すっぽりかぶった人間の手が、滴り落ちる血で
真っ赤に染まっていたら・・・・誰だって怪しいと
思いませんか?思いますよねぇ。
ましてや目の前にいるのはお巡りさん。
生まれてこの方、何一つやましいことはしていないん
ですが(多分・・・)、いつの間にか犯罪者の心理に
なってきて、さりげなく右手をポケットに隠した私
でした←変なところで小心者

お散歩から帰って、じっくり見るとリード血だらけ、
ポケット血だらけ、ついでに大地の背中も血だらけに
なってました
そしてモチロン、指は痛たたです。

さて、可哀想なのは大地です。
忠犬ハチ公のDNAを持つ大地。
飼い主を傷つけるなんて、とんでもないことなんです。
今日一日、明らかにしょげてました


R0015134





ボクったら。。。。








R0015132




( ´△`)アァ-
自己嫌悪




               




R0015135




フライドチキンと
間違えちゃった
この指。。。。







R0015159


一日続いた
この
憂鬱顔






R0015152
そして、
ことあるごとに
この服従
ポーズ。
一体、今日
何十回
してるん
でしょう。




噛まれた指がどんなに痛くったって、大地は少しも
悪くありません。
「あっ、いけない」の号令をかけなかった私が悪いんです。
でも、一番悪いのは・・・・

「食べたフライドチキンの骨を
そこらに捨てるんじゃなーいっ(゚皿゚メ)」

近頃こういう投げ捨て多いんですけど、平気でゴミや
食べかすを道に捨てる人って、どういう神経してるん
でしょう。
小さい頃、ゴミを道に捨てちゃいけませんって、
誰にも教えてもらわなかったんですかねぇ。。。
まったくぅ








mukumukuakitainu at 03:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年03月05日

接触不良?

昨日のブログで、それぞれの犬たちに「よ~い、ドン」
スイッチがあることを書きましたが、大地の場合、
そのスイッチの感度が良すぎるのかどうか分かり
ませんが、時々意味不明な「よ~い、ドン」の瞬間が
あります。
IMG_5405
庭で3匹がくつろいでいる
時のこと、大地がいきなり
のそのそと植え込みに
入っていきます。

そして・・・・










IMG_5407
ツツジの茂み
の間から
こちらを
覗いてます







IMG_5406茂みの間から
覗き見る世界
は、彼にとって
どうも刺激的
なようで、
勝手に一人で
盛り上が
り・・・・




IMG_5408
何故か
いきなり
わっっ
と飛び出す
大地です。







R0014200

そして、そのまま庭を
爆走
チコニは呆れたのか
危険を感じたのか
分かりませんが、
さっさとどこかへ居なく
なりました。
かぐやだけが、ワケも
わからず必死で
追いかけます。







R0014201


しかし大地は、かぐやを
振り切っての、
完全独走状態










大地はそのままの勢いで、開いていたサッシの隙間
から家の中に飛び込み・・・・・

犬用ソファーに(ノ・o・)ノジャーンプッ!

と同時に
「足を拭かずに入るんじゃな~い
と響き渡る私の怒号。。。。

ソファーにすっぽり納まった瞬間に、
彼のスイッチは
突然切れるらしく、動から静へと豹変します。
IMG_5582
スイッチが
切れた直後の
大地です






大地のこの“勝手に一人よ~い、ドン”スイッチ、実は
2~3日に一度くらいの割合で入ります。
時間帯も天候も関係なく、突然入るこのスイッチ、
感度が良すぎるというよりは、どうも接触不良の
ような気もします。。。。



























mukumukuakitainu at 01:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月26日

サビ(^。^)

元々、遠吠えの習性がある大地ですが、
ここ最近、特に気合いが入っているようです。
時報や救急車はもちろんのこと、廃品回収、
灯油配達車に至るまで、とにかくスピーカーを
通した音には全て反応しています。

その中でも、やはり夕方の時報には特別なものが
あるようで、彼の気合いの入れ方ときたら半端では
ありません。
IMG_5382

まず、時報の最初の音楽が
流れると、室内から外に
向けて第一声の遠吠え
開始











IMG_5419

そして、
遠吠えを
しながら
おもむろに
庭に出陣



IMG_5421
そして何故か、妙に
かしこまった姿勢で
その時を待ちます。

彼が待つ、その時とは
最後のサビの部分
曲が終わりに近づき
「良い子はお家に帰り
ましょう~」という
女性の声のナレーション
の部分なのです。

彼は待ちます。
静かに、その時を・・・・。


IMG_5422
そんな大地をメス犬たちも
緊張の面持ちで見つめ
ます

不思議な緊張感なんです。
この時って・・・・・。
何だか、コトリとも音を
立ててはいけないような
気がして、私まで息を
殺して見守ってます
変ですよね





IMG_5420そして・・・・
来たぁ~
サビの部分
大地、頭を
振りながらの
熱唱です。
長いです
このサビの
遠吠えは

IMG_5424

そして、遠吠えが終わると
必ず振り返ります。
「どうだみんな聞いたか、
俺様の遠吠えを( ̄^ ̄) 」
ってなところでしょうか・・・・。

でも、長すぎる遠吠えに
かぐやは少々飽きてます。







かぐやがやって来てから、あきらかに大地の遠吠え
が増えました。
かぐやが小さな仔犬だった頃は、群れの中の仔犬を
守る意味での遠吠えに違いない、と私も考えていま
したが、最近の大地の立派な遠吠えは、メス犬たち
の中に君臨するオス犬としての遠吠えのようです。

そして、日々の積み重ねとは大したもので、あんなに
一本調子の絶叫型だった遠吠えが、最近は長く
余韻が残るようになり、時にはこぶしなんかも
回ったりして、明らかに上達しています。

細川たかしの域まで、あとひと頑張りです
IMG_5415わんこ紅白
歌合戦とか
あったら、
出場でき
そうです。

あ、もちろん
演歌で


























mukumukuakitainu at 01:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月11日

続・大人気ない3歳10ヶ月

かぐやが運んできたおもちゃを次々と奪い取り、
その上見せびらかすという、なんとも大人気ない
行動をとる大地。
それはそれで、実にお茶目で可愛らしいのですが、
一方見ていて感心するのは、かぐやの態度。
自分が持ってきた三角コーナーやストッキングを
取られても、絶対に逆らわないかぐやは、確実に
群れの中における上下関係を身に付けています。

このように理由はどうあれ、下位の犬が上位の犬に
対して下手に出ることで、群れの秩序は保たれ、
無用な争いごとには発展しない犬社会の仕組みは、
いつの世も下克上の世界に身を置く人間から見た
ら、少々羨ましいような気もします。

さて、昨日の続きはどうなったかと言うと・・・・・。

IMG_4971
「大地、いい加減に
かぐやにあげたら
という私の声に
か~わいい顔で
振り向く大地。
      
相変わらずの親バカ発言、
ご容赦の程を<(_ _)>








IMG_4975
私の声に反応して、大地の
傍にチコニが移動して
きました。

大地はチコニに甘えて
ゴロ~ンのポーズ

かぐや、三角コーナーを
奪い返す絶好のチャンス
到来です






IMG_4978



でも、次の瞬間
大地の前肢がハッタと
動き・・・・・











IMG_4977

三角コーナーをしっかり
捕らえてます

大地の三角コーナーに
対する執着心もここまで
くれば立派です


かぐや、まったく手が
出せません・・・・





IMG_4984
かぐや、
ついに
諦めたのか
大地の脇を
そ~っと通り
移動。
そして・・・・



IMG_4983

完全にいじけ
モードで、
落ちてた
枯れ草を
齧り始め
ました。



IMG_4986
でも、視線を
感じて
かぐやが
顔を上げ
ると・・・





IMG_4985こ~んな顔
して大地が
見てます

コヤツ、次は
かぐやの
枯れ草も
狙ってます


大地とかぐやのこの二匹、マジで面白すぎます。
飼い主としては、今後がますます楽しみです


mukumukuakitainu at 01:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)