2007年03月

失敗!でも消せない

a12476d8.jpg
ボケボケの携帯写真。

けど可愛くて消せないのは
親バカだから?^^;

アイシーアイシー

今日の4コマ。

最初から相方には新しいのを
渡すつもりで買ったんですが、
まさか、「新しいアイス」って言われるとは思って無かったです。

あの後、
「…ん?半分くらい残ってるやつ?
 いや!もっと残ってたはずだ!」
と言われて尚びっくりですよ!

あたしゃ、彼を買いかぶっていたようだよ。
本当に大きめ一口しか残ってなかったんだって!

ちなみに、相方のだと決定しているものを
黙って食べちゃったのはこれが初めてです。
ホ、ホ、ホントだよ!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

……どっちのって決まってない、
沢山あるお菓子とかを多目に食べちゃう事はあったけど…(;´ー`)


*アイシー=アイスのこと。「アイス食べれる!」と浮かれた気分の時に使います。

紙だと逆に無理

ゆみぞうさんの今日の絵日記。03/20(火)

百人一首。
北海道では取り札が木で出来ているって話題です。

ゆみぞうさんの絵日記にでているのは、
「はるすぎて なつきにけらし しろたえの ころもほすちょう あまのかぐやま」
下の句の「ころもほすちょう あまのかぐやま」と書いてあります。

我が家の百人一首はコレでした。

母親が北海道出身なので、我が家にあったんだと思います。
(もしかしたら、懐かしがった母がわざわざ買ったのかも)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「柄で覚える」というのが書いてありましたが、
間違いやすい札もあるんですよ。

*(上の句)秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ
 (下の句)わが衣手は 露にぬれつつ

*(上の句)君がため 春の野にいでて 若菜摘む
 (下の句)わが衣手に 雪は降りつつ

下の句が似ているでしょ?
パッと見がそっくり。
お手付きが発生しやすくてハラハラドキドキの2首なのです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

小学校の頃の、必須クラブ活動で百人一首クラブに入ったのですが、
青森の小学校だったので、取り札も紙。
得意だと思っていたのに、
活字の取り札では、瞬時に読めず、ほとんど取れませんでした。
そして、次の学期には他のクラブに移ってしまいました。

お正月に家族で何度かやる以外は、
ほとんどやらなかったのですが、
母と私の一騎打ち状態で、
ライバル心メラメラ。
とても楽しかったです。

またやりたいけど、もうかなり忘れちゃっているので、
切ない結果に終わっちゃうかなぁ…(´ー`)

いや、しかし、懐かしいです。
う〜ん、やっぱりまたやりたいな。

ここ数年で一番おいしかった昼飯。

伊勢海老と車海老です。
頂き物です。

元気な状態で届きました!
箱を開けたら、おがくずの下で、
誰かが伸びをしたんですよ?!
きゃーーー!!ですよ!(≧▽≦)←喜

伊勢海老と車海老のお刺身と
海老味噌醤油、
車海老の頭の中をカリッと揚げたやつ。
写真は無いけど、
実は前夜に同梱のアワビをお刺身で頂きました。
アワビの肝醤油につけて。

作ってる間も、
食べているときも、
本当〜〜〜〜に幸せでした!!

海老味噌醤油はお刺身につけて食べました。
残ったら熱々ゴハンにかけて、
ぐるぐるぐるっとかき混ぜて、
簡単な海老味噌ゴハン。
玉子の黄身を半分くらい混ぜてもおいしそうだったなぁ。

豪華食材を食べられるのも嬉しいけれど、
いじれる幸せってのは、また格別でした。

ありがとう〜!ごちそうさま〜!!

エビ!えび!海老!

思わぬ頂きもの

昨日、友の出版記念と誕生日会をしました。

近日出版が決まっている友と、
ちょっと前に本を出して誕生日も迎えたばかりの友の2人に、
ケーキと料理を作って、
会場を提供してくれた友の家に出かけました。

すると、入るや否や、
誕生日の友が私に花束をくれるのです。

「出版おめでとう〜!」と。

「?え?私本出してないよ?」と返すと
ついこの前出版された英語の本の挿絵のお仕事のことだったのですね。
期間が短い仕事だったので、
あまり実感がなかったのが、
今頃になってひしひしと。

私の名前が前面に出ていないにも関わらず、
私の絵が書籍に載ったことを
お祝いしていただけて、
本当に嬉しかったです。

帰ってきて早速花器に生けたんですが…

フラワーアレンジメントの才能が
非常に乏しいことを発見してしまいました。
がくー;;;

ありがとう☆

殻剥きしやすいゆで玉子

皆さんから頂いた情報をまとめると、
下記の様になります。

*** 殻剥きしやすいゆで玉子の作り方 ***

■産み立てから数日経った玉子を使う
 (時間が経つと、少し水分が抜けて、殻と膜の間に隙間ができる)
■沸騰したお湯にお玉でそっと玉子を入れる。
■6分したら、火を止めて1分。
■水にさらして1分。

出来上がり。

あの剥き方に通用するかはさておき、
普通にむく時も、
殻からはずれやすくなっているとのこと。

興味のある方は是非お試しを。

えーと…私は…そのままはちょっとアレなので、
ゆで玉子を使った美味しい料理など考えて、
またチャレンジしようと思います。

殻剥きしやすいゆで卵

腕伸ばしうつ伏せ鼻うずめのポーズ

うつぶせ〜

我が家ではねねしかやらないけど
ねねも滅多にやらない。

日向ぼっこを存分に満喫している状態。

我が家に見る暖冬

例年だと、
コタツをしまうまでは居間で昼寝をする猫たちですが、
今年は早々と北側のベッドの部屋に移動しています。
(多分、一ヶ月ほど早いのではないかと…)

日当たりよりも、
布団の柔らかさを取るあたり、
ああ、暖かいんだなーと。

さちこは冬中、
ベランダ大解放(外気温)+日向の中で過ごしたくらいです。

寒くなかった分、
春の花が咲き始めても、
「早いんじゃない?」
「もう咲いていいんだっけ?」と、
素直に喜べない今年の春なのです。

三つ葉あるいは三色パン

親ギャグ

今日の一コマ絵日記。

母親から聞いた、ほとんど初めてと言っていいジョークでした。
いやーびっくりしました。
そしてあまりに使い古されてるものだったので、
「そうかもね〜ハハハ」と返事するので精一杯でした。
(「恥ずかしい」と思わせたくなかった)

両親とも生真面目な性格なので、
親から冗談を言われることに慣れていません。
オヤジギャグですら、親から聞いた事がありません。

東北出身で笑いの文化が他所とちょっと違うし、
私の笑いのツボはちょっと人とずれているようです。

お笑い芸人のリアクション芸で笑えないくせに、
(本当に痛そう、熱そう、とか思ってしまうので)
過去に勤めていた会社の上司が放った、
バリバリのオヤジギャグに本気で笑い転げたり。

面白い親ギャグに憧れる今日この頃です。


追記:

ご心配頂いている風邪の具合ですが、
鼻がものすごい事になっています。
熱は下がったし、やっと通常通り動けるのですが、
匂い分からず、鼻詰まりで息できず、
鼻水は止まったけれど、昨日までの鼻大洪水の所為で、
鼻をかみすぎ、鼻穴のキワに亀裂発生。痛いです。

時々口で深呼吸しながらやっと生きている感じです。
く、苦しい〜〜〜;;;

そういう訳で、皆様どうぞ風邪にはお気をつけくださいませ。

風邪を引いて

今年に入って、初めての風邪。
ここまで引かないように頑張ってきたのに、
非常に悔しい思いでいますが…

相方Jが、食器洗いをしてくれたんです。
洗ったあとの水切り籠の中をみると、
私がやったときとは、
皿の置き場所が違うんですね。

我が家の水切り籠は2段になっていて、
私の場合下の段には平たい皿を、
上の段にはお茶碗などの丸っこい器を入れるのが習慣になっています。

私とは違った秩序で水切り籠におさまっている
食器を見ると、なんだか1人暮らしのところに、
彼氏が看病に来てくれたような錯覚に。
(実際はそういう経験がないんですが)

そしていろいろと思い出したんです。

私が寝込んでいるのを知った
近くに住んでいる友達が、
薬やら食べ物やらを買ってきてくれたこと。

猫の手術や入院費がガッツリかかって、
生活費がヤバイ!となったときに、
沢山の食材を手に「大事な作家さんが困ってるんだから!」と
駆けつけてくれた編集の方。

本当にありがたいなぁ〜って。
感謝感謝なのです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

で、昨日。

熱がMaxだったときに電話をかけてきた母。

私「風邪引いちゃって…」
母「あら〜…」
私「でもすぐ治ると思うよ!(←心配掛けたくなかった)」
母「うん、うん、うん。
  あのね、こないだ知り合いの先生に手紙だしてね…」

一向に切る様子のない母よ。
あなたの立ち位置、それでいいのか。

相方腕枕






Archives
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ