2012年07月

調子に乗るから…

午前中、あまり暑くないからって、
こんな格好で寝ているから…
31-1


午後に入った直後にはもう、こんなだ。
31-2


イッチーは冷凍ペットボトル500mlを1本だけで平気。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

オリンピック。
見過ぎて睡眠不足。
夜中だけなら昼夜逆転で済むけど、
日中も見れちゃうからやっかいですねー。
あ〜〜〜!楽しい!!!!

よりぬき絵日記2006年 その4

'06.5.24
24


'06.5.29
29


'06.6.1
1


'06.6.7
7


'06.6.12
12


'06.6.19
14


'06.6.27
27


'06.6.28
28


'06.7.6
6


'06.7.13
13


'06.7.24
24


'06.25
25


'06.8.16
16

近所の雑木林が整地されたからか、
我が家の周りからはセミが減っちゃった。
寂しいねぇ。

今日の絵日記 「マンホールの上に」

24

雨上がりにカタツムリがコンクリートの上に居るのは、
お食事中なんだって。
(殻を強くする為に、コンクリ食べてるんだと)

…お食事中に申し訳ないけど、自転車も通るし、危ないから、
歩道の脇のコンクリート塀に移動してもらいました。

よりぬき2006年 その3

'06.4.26
26


'06.4.27
27


'06.5.2
2


'06.5.5
5


'06.5.8
8


'06.5.9
9

マルジのゴロゴロは、音量が半端じゃなかった。体が大きかったから?


'06.5.15
15


'06.5.16
16

この数日後、「オーブンで焼いたのも好き!」って行ってくれましたが、
絶対に本心じゃないと思う。


'06.5.18
18


'06.5.19
19


'06.5.23
23

今日の絵日記 「節電の意欲」

18


結果が見えると頑張れる。…現金なもんだ。

*けど、ホント、節電より命が大事ですからね!無理しすぎダメ!

ねねを冷やせ

ねねを冷やせ


東京、今日は34〜5度の予報。(テレビ局によってバラつきが)
昨日までは、風があったので、
気温が高くてもエアコンなしで耐えられたけど、今日は微風程度。
全窓、全開でも、家中に熱が、こもる、こもる。

ねねがキャットタワーの上で頑張っているので、
(タワーの部屋には冷房がない)
冷凍した大小のペットボトルをタオルで巻いて、置いといたんだけど…。

さっき見たら、ねねがヤバイ顔してるし!!
完全にのぼせちゃった、逝ってる目だし!!
無理矢理おろして、エアコンつけてる居間に移動。

イッチーも先に避難してきていた、居間で、
やっと正気(?)を取り戻しました。

ひー!怖かった!
皆様も、どうぞお気をつけくださいませ。
命に過ぎたる宝なし。

よりぬき2006年 その2

'06.3.29
29


'06.3.30
30

数あるさちこの写真の中で、1、2を争う私のお気に入り。


'06.3.31
31


’06.4.3
3

川沿いにあった、この桜並木。河川工事(川幅拡張)の影響で、
数本が残るだけとなってしまいました。


'06.4.4
4


'06.4.5
5


'06.4.6
6


'06.4.7
7


'06.4.10
10

これは隅田川で花見の時期に撮ったもの。
スカイツリーが出来て、付近ではゴミの問題など発生してるみたいですねぇ。
この子、元気かなー。


'06.4.11
11


'06.4.12
12

よその学校では出てたのに、うちの学校では出なかった揚げパン。
子供の頃に食べたかった。


'06.4.14
14


'06.4.18
18

上野動物園のカリフォルニアアシカ。
現在は、新居に移っていますよ。

梅の甘露煮ー!【追記あり】

今年は、注文した梅が届く前に、
スーパーで売っている南高梅も買っちゃってまして。
(梅が届くのを待ってられずに思わず…(笑)

梅の甘露煮を作りたかったんですよね。
本当は、青梅で作るのがいいようですが、
普通の梅でも美味しく出来たので、
自分の覚え書きの意味も込めて、ご紹介。

材料:梅500g 砂糖400g 水850cc

1、梅は水洗いして、竹串などでホシを取り除き、針で5、6箇所つつく。
*針は、出来るだけ細い縫い針などがいいです。爪楊枝や竹串などだと太いです。
そのままだと、皮がベローンとむけて煮崩れするので、それを防止するため。

2、鍋に、梅と水(分量外。ヒタヒタより多目)を入れて、
  水が手を入れられなくなる程度に熱くなるまで、手で転がしながら弱火で加熱し、茹でこぼす。
  これを3回繰り返す。  
  3回目に、梅を触って柔らかくなっていなかったら、弱火のまま沸騰直前まで加熱し、
  一旦火を止めて、柔らかくなるまで余熱で煮る。(この時は熱いお湯に手を入れないでね!)
*熱い鍋肌に、梅が直接触れないように手で転がします。
箸やおたまでは、傷がついて煮崩れの原因に。

南高梅甘露煮下茹



3、下茹でが済んだら、一度梅をザルなどに上げ、水気を切る。
  鍋に丁寧に並べ、砂糖1/3と水(850cc)を入れて弱火にかける。
  アクは丁寧にすくう。

4、アクを取り終えたら、残りの砂糖を加えて、クッキングペーパーで落し蓋をする。
  5分ほど弱火で煮て、火を止め、そのまま冷ます。
*落し蓋は出来るだけ軽いものを使います。これも煮崩れを防ぐため。

南高梅甘露煮味付け



5、タッパーやバットなど、平らな容器に梅を取り出して並べる。(写真では重なっちゃいましたが)
  煮汁だけを一度沸騰させて、アクを除いたものを、
  梅がヒタヒタになるまで注いでクッキングペーパーでフタをする。
  冷蔵庫で寝かせて出来上がり。

煮汁を入れてフタ



出来上がりがこれ↓

南高梅甘露煮完成


青梅で作ったらすぐ食べられるのかな?
今回は熟した梅で作ったので、出来上がってすぐだと、
酸味が強くて、後味がよくないです。
3日ほど置くと、酸味がまろやかになって、美味しくなりますよ。
ヨーグルトと合わせるのもいいかも^^

まだギリギリ、スーパーでは梅が手に入るかなー。
梅干し作りはちょっと…という方、甘露煮はいかがですか?^^

【追記】
更に日数を置くと、もう酸味はかなり消えて、
お子さんでも、「スッパイのキラーイ」という旦那様でも、
抵抗なく食べられる程にまろやかになりました。

砂糖の量が半端ないので、冷蔵庫に入れておけば長持ちするはずです。
酸味が気になるようでしたら、落ち着くまで放っておくのをオススメします^^

よりぬき2006年 その1

'06.1.11
11


'06.1.19
19

今でも寝姿が多い、イッチーの写真。


'06.1.23
23


'06.1.24
24


'06.1.26
26


'06.1.27
27


'06.1.30
30


'06.2.9
9


'06.2.10
10

’06.1.27のスフィンクスといい、とうちゃんは、何かと覚え方が雑。


'06.2.13
13


'06.2.27
27


'06.3.22
22


'06.3.24
24


'06.3.27
27

はみ〇〇

はみホッペ


「はみ〇〇」シリーズが出来るといいな。
今のところ、イッチーの「はみホッペ」のみ。






Archives
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ