2014年12月

今年もお世話になりましたヽ(´▽`)ノ

2014年も、残り僅か。

30-3

ねねとイッチーの旅立ちあり、
まちことふくとの出会いあり、
猫作家さんや、馬が合う方達との出会い。
そして、皆様からの温かいお言葉に支えられた一年でした。

心配していただいたり、励ましていただいたり、
本当にありがとうございました。

これから寒さが本格的にやってまいります。
どなた様も、体調を崩されませんよう^^
来年も、どうぞ仲良くしてやってくださいまし!

それでは、良いお年をお迎えください。

ナゴミ

30-1


30-2

よく見たら、正確なお姫様抱っこじゃなかった;;;;
まちことふくは、初めての年越しです♪

『ねこすぎ展』に参加します!

猫作家さん達に混ざって、
私も参加できることになりました。
DMを作ってくださったので、皆様へお知らせです^^

ねこすぎ展バナー2

会期:2015年1月30日(金)〜2月4日(水)
AM11:00〜PM7:00
中原市民ギャラリー 入場無料


絵本作家の中村陽子さんの可愛らしいイラストと題字!
webDM01


参加される猫作家さん達。
webDM02

(画像クリックで拡大します)

私は布モノ作品を出します。
DMには猫尻パスケースが載っていますが、
全く違う猫布作品の出展を予定しています。
…余裕があれば完全1点モノのパスケースを出すかもしれません。
あ、でも会場での販売はありません。
(各作家さんと交渉の上、後日なら可能かも)

イラストあり、立体あり、写真あり、
共同テーマの作品も出る予定です。
同じテーマで、それぞれの作家さんがどう表現するのか、
参加する側のワタクシですが、めちゃくちゃ楽しみなのです^^

猫が恋しい季節の開催、どうぞ猫作品に囲まれにお出でください。

今日の絵日記 「使い方」

24

形が崩れてきました。
新しいの、買ったほうがいいかも。

ふくは、たまに昼寝の寝床にも使ってます。
天地が逆になっていることが多いですが。

なんで?〜まちことふくのケンカで気づいたこと〜

まずは、以下の動画をご覧ください。


…音は特に消していません。
さちこ、マルジ、ねね、イッチー、この4匹はどういう組み合わせでも、
ケンカをすると「ギャオ!」とか「ワギャギャ!」って声が出たものですが…。

なんで無言なのかな?
追いかけっこも、走り回る音は聞こえるけど、
声を出して取っ組み合いません。

違うんだなぁ^^
面白いです。

今日の絵日記 「大きくなってきたけど」

18

猫を飼っていると、生え変わって抜けたヒゲ、
床にポロッと落ちていることがあるんですが、
まちことふくのモノは、まだ見つけられません。

ヒゲが太くなったら一人前かな〜。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

イッチーがいなくなって、ふくが少し戸惑っている風味な時がありますが、
まちことべったりくっついていると、心底安心しているようです。
うん、2匹で来てくれて、本当によかった!^^

私も2匹が遊んでいるところを見ると、
笑いが止まりませんし!

ねね、イッチー、こうなるように仕組んでくれたんでしょ?
ありがとう!

(目つきがまだ少し鋭いふく。
まぁ、すっかり我が家に馴染んだまちこが隣にいれば、
直に穏やかな顔つきになってくれるでしょう^^)

今日の絵日記 「目覚まし…!!!」

16

私がかけた目覚まし時刻のちょっと前に起こすという、
イッチーの癖も、しっかり引き継いでおります(嬉泣)!!!

いやー、イッチーったら、
本当に引き継ぎしちゃってます・゚・(ノ▽`)・゚・

枕元に、イッチーの使っていたタオルを置いておいたら、
まちこがニオイを嗅いでフレーメン反応しています↓
16-2

まちこ、ありがとう〜
やっぱりまだコドモ、大あくび付きです^^
16-3

嬉しいやら、びっくりするやらで、
大慌てで写真を撮ったので、ピント合ってなくてすみませんです;;;
それでも、目覚ましまちこが誕生した瞬間でした^^

イッチー、大好き!今までずっとありがとう!

11-1


今日の午前0時40分、イッチーが旅立ちました。

皆さんからいただいたメッセージを受け取って、
私の隣で、静かにすぅっと旅立ちました。

イッチーは寒い夜、
いつも私の隣でマクラに手をかけていたり、布団の中に入った時には膝の裏側に陣取っていました。
寝返りを打っても、私がイッチーを潰さないように動くのを知っていて、
布団から飛び出さず、私の動きに合わせて体勢を変えたものです。
イッチーは私を心底信頼してくれていたんだなって思う一場面です。
最期の数日間は、顔と顔をくっつけて、一緒に眠りました。

イッチーの目覚まし時計の針はゆるゆるでしたが、
一応毎朝起こしてくれました。
イッチーの父親・マルは毎朝8時におでこを噛むという
荒っぽくも確実な目覚ましでしたが、イッチーはさちこの血が入っている分、
起こし方も比較的優しくて、
時々は「今日は私も眠いし、遅くなってもまあいいか」な目覚ましでした。

とにかく毛づくろいが大好きで、
自分だけでなく、特にねねはよく毛づくろいされていました。
私やとうちゃんの毛(?)づくろいにも熱心で、
顔を近づけると、「どれどれ、しかたないなー」と、
こちらがご遠慮申し上げてもザリザリザリザリ、しつこく毛づくろいしてくれました。

11-3


イッチーが生まれた時、私はすぐ側にいました。
母・さちこが、出産が不安で、私に側に居てほしいと頼んできたからでしたが、
これが大正解。
イッチーは、首にへその緒が引っかかった状態で出てきちゃったんですよ。
首を絞めるほどじゃなかったんですが、さちこの器用さより、
私の器用さの方が上ですから(^^)、すぐに引っかかってるのを外してあげて、
大事に至らず、元気に誕生しました。

イッチーの毛色が分かると、
あまりにも父親に似ていたので、最初から、
「この子はうちで飼う!」と宣言。
時々、イッチーはあの、生まれたばかりの時の私の言葉を、
分かっていたんじゃないかと思うほど、
私の言葉を理解し、側にいてくれて、どの子よりも、私を信用していてくれました。

イッチーを看取ることができて、本当によかったです。
皆さんのくださったメッセージのお陰で、
イッチーも自分の人生に満足してくれたことと思います。

はじめに駒沢公園で出会った、父親・マルから数えて25年、
イッチーを見送って、何か一区切りついたような気分です。

ねねが居なくなって、まちことふくを迎えました。
イッチーとねねは、私達が寂しがらないよう、
ちゃんと次を考えて姉妹でこの計画を練っていたんじゃないかと
訝ってしまいます。

昨日、イッチーの最期の日、
写真こそ撮れませんでしたが、コタツの中で、
仲良くなれないんじゃないかと心配していた、まちこも含め、
3匹で猫会議をしていたようです。
今後、私達夫婦を、どうハンドリングしていったら良いかを、
まちことふくに伝えていたのかもしれません。

うむむ、本当にそうなんじゃないかと…。
それくらいやりかねない、神秘の動物、猫たち。

11-2


これまで、イッチーとその家族を愛してくださった皆様、
心から感謝申し上げます。

そして、これからは、イッチーから何やら教わった疑惑のある、
まちことふくの成長を、見守ってくださったら幸いです。

本当にありがとうございました。

ナゴミ

【追記】イッチー先生へ励ましのお便りを【ありがとうございました】

【ありがとうございました】

11-4


イッチーに読んで聞かせましたよ!
温かいお気持ち、お言葉、
本当にありがとうございました。

時々、気になる言葉があると顔を上げたりしながら、
ちゃんと聞いてくれていました。
生きている間に伝えることが出来て良かったです。
この先、私自身が怪しくなった時は、生前葬もいいかなって。

皆様からいただいたメッセージは、イッチーに宛てたものですので、
私からの返信はご遠慮いたします。
イッチーが思っているのと違っていると、
ヤキモキさせてしまうかもしれませんので…。

あ!でも、これだけは…!

イッチーだけでなく、私ら夫婦、まちこ、ふくのことまで気にかけてくださった皆様、
お陰さまで、とても勇気がでました!
胸の辺りがじんわりと温かくなります。
ありがとうございます。

【追記ここまで】

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

えー、本当は、
いろいろと告知もあったりするんですが、
まだ後でも大丈夫なようですので…。

10-1


実は、イッチーがもう難しいようなんです。
縁起が悪いとか不謹慎って言われるかもしれませんが…。
マルジ、さちこ、ねねと、それぞれ旅立った後、
沢山のメッセージをいただいたんです。
墓前…というか、骨壷の前で読んであげたんですが、
生きているうちに言ってあげたかった事も沢山ありました。

ですので、まだちゃんと意識があるイッチーへ、
きっちりメッセージを伝えたいと思いました。
マルジやさちこへのメッセージを、ねねが旅立つ直前に託しましたが、
「伝わってるかなぁ…ねねの性格上、怪しい…;;;」と思うところもあったり。

イッチーは介助なしに自由に動き回ることが困難になっています。
ほとんど横になっているイッチーは、絶対に暇だと思うんです。
(体の中の変化と闘っているんだろうな、とは思うんですが)

なので、イッチーに伝えたいメッセージがありましたら、
お寄せいただけたら嬉しいです。
イッチーに、ちゃんと読んで聞かせられますので!
奇跡が起こって、ここから回復して…!と願ってはいますが、
本当にそんなことになったら、本を一冊書けるんじゃないかと…。
今、そのくらい怪しい状態です。

拍手コメントのメッセージ欄でしたら、
私とイッチーだけが読む形になります。
内容を公開したくない方にオススメです。

どうぞよろしくお願いいたします。


ナゴミ

10-2


ふくがお見舞いに。
まちこも、離れたところからお見舞いしているところ。

Σ(@ロ@ )!!!

何コレ!!!
3-1

なんかもう、くっつきすぎて、
少し気持ち悪い生き物みたいになってますよ…!

3-2

まちことふく、すくすく育って、
付録ベッドはギューギューです。

くっついてるといえば、イッチーとふくのくっつきもありました。



ふくは本当に垣根がないというか、物怖じ、人見知り、猫見知りしない子ですな。
少し緊張していたイッチーですが
(ねねによく毛づくろいしてもらってましたが、毛づくろいの合間にチョイチョイ噛まれてたので)、
この後、顔を近づけて眠ってました。






Archives
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ