お菓子

夢のパインゼリー!

最近、スーパーで並んでるパイナップル。
少人数の家庭でも食べきるのが簡単な、
小ぶりなものが多いですよね。
でも、これは違います。

昔から知っている、大きいサイズのパイナップル、
それを丸ごと使った夢のようなゼリーをみんなで頂きました!
ハヤシフルーツ←こちらの商品だったと思います)

パインゼリー1

大きい!そして重い!
フルーツの中にゼリーを入れて固めると、少しくぼむイメージなのに、
このパインゼリーは、不思議にぷるんと盛り上がってます。

パインゼリー2

鍋料理を取るときに使うお玉ですくって。

固すぎず、柔らかすぎず、
ゼリーと、くずきりの中間のような弾力です。
パイナップルの果肉と混ぜて食べると更に美味しい!
ホジホジしながら食べ進み…するとこんな発言が。

21



そういう冷静な判断も、食べる前に出来なくなるくらい、
野生の血をくすぐる風貌の、丸ごと・でっかいパインゼリー。
大人数で集まったら、盛り上がること間違いなしです^^

ごちそうさまでした♪

ややや!このマシュマロは!

思いがけず、頂けました!
以前、テレビで紹介しているのを覚えていた、
肉球マシュマロ。
お友達がお裾分けしてくれました。
18-2


肉球さえよければいいというわけじゃない、
ちゃんと、指も表現されています!
18-1


そしてそして。
最近、3Dラテアートなるものがありますが、
このマシュマロがあれば、コーヒーやホットミルク、ココアなどに、
ポンと乗せるだけで出来ちゃう、こんなマシュマロも。
18-3


このマシュマロ、見た目だけじゃないんですよ。
ついつい、肉球を指で押してしまうんですが、
この感触が病み付きになります。
柔らかで、心地よい弾力。

口に入れると、滑らかな舌触りに思わずニヤー^^っとしてしまう…。
味も良いです。品の良い甘さです。
文句なく絶品マシュマロ。

頂き物ですが、多分、こちらの商品だと思います。

マシュマロ専門店やわはだ

届くまでに時間がかかるようですが、
贈り物には最高じゃないでしょうか。
もらって、すっごく嬉しかったですから!

懐かしのあの子。

川崎・大師公園の野球場がある方の出入り口から近い場所。
ボナール洋菓子店(地図)

こちらに、青森市民なら、特に懐かしいはずの、
あの子がいます。
はい、おうちに着きましたよ。
箱、オープーン!

タヌキケーキ1


タヌキケーキ!
どれだけ食べたかったか!
子供の頃、ケーキ屋に行くと、大体置いてあった、
タヌキケーキ。

タヌキの頭の中は、バタークリーム。
耳はアーモンドです。

接客してくれたおかみさん、
とっても明るくて、笑顔がステキ。
1970年創業で、おかみさんが始めたお店、
今は、2代目に代替わりしているとのこと。
タヌキケーキが、青森ではド定番だった、ということは
ご存じなかったみたいです。

お店のおかみさん曰く、
遠くからこのタヌキケーキ目当てに来る方が多いのだそう。
「絶対やめないでくださいね!」って、
皆さん言うんだそうです。
私ももちろん「ずっと作り続けてください!!」とお願いしてきました。

タヌキケーキ2


下はカップケーキ。
真ん中に杏ジャムが入っています。
昔っぽい素朴なケーキという感じ。

タヌキケーキは、
タヌキの姿にクリームを細工するところは一緒でも、
下のケーキは、お店ごとに違うんでしょうね。
青森では、カップケーキより、
スポンジ+クリームなどのケーキが土台の事が多かったような。

最近、少しずつ復活しつつあるバタークリームですが、
私が食べたのは何十年ぶり。
懐かし美味しかったです。

おかみさんがとっても魅力的だったので、
おかみさんに会うためにも、
また買いに行きたいと思います^^

映画はまだ観てないけど

映画「探偵はBARにいる」の中で、
松田龍平が食べてるおかき、
北菓楼の「北海道開拓おかき」を
北海道から訪ねてくれた友人におねだり!

これは「えりも昆布」味。
軽くてカリッ!サクッ!とした歯ごたえのおかきと、
昆布が良く合います。

とうちゃんは「じゃがポックル」をおねだりしてましたが、
一時期大人気で、入手が難しかったものの、
今では楽に買えるそうです。

「北海道開拓おかき」は、似た様な製品が多く売られていて、
本家を探すのが大変だった模様。

北海道土産、希望を聞かれる度に、
欲しいモノが変わるけど、
それだけ沢山美味しいものがあるってことよねー。

いやはや、羨ましいです。
うむ、ウマイ!

開拓おかき・えりも昆布

見た目はパフェって感じじゃないけど

バレンタインデーに
リクエスト通りパフェを作りました。

去年だっけ?
家の中に甘いものが多すぎて、
食べる気がしなくて作らなかったのは…。

なんだかとても久々な気分だったので、
今年は手作り要素が満載でした。
(これまでは大体市販のお菓子をかき集めて作ってました)

カスタードクリームを作って、
生クリームを泡立てて、
金柑の甘露煮を作って。

2011のパフェの材料












金柑の甘露煮は、
先日よそ様で頂いたものがとても美味しかったので、
見よう見まねで挑戦。
ハチミツとか入れるともっと美味しくなったのかなぁ。

盛り付けは、お皿にしました。
いつもグラスに入れてて、食べにくいので、
平たくしてしまった!
もしかしたら、この時点でパフェって呼ばない?

生クリームとカスタードクリームを合わせた
ダブルクリームに、
フランスパンにチョコを染み込ませたというラスク(市販)、
バニラアイス(市販)、
金柑の甘露煮、
チョコチップ入りチョコアイス(市販)、
クレープクッキー(市販)です。

2011のパフェ












食べ終わったとうちゃん曰く、
「はー、おいしかったー!これで一年持つよ」

うん、嬉しいコメントだけども、
パフェを作ろうと思ったら、
材料は3回分以上集まっちゃうのよね。

ダブルクリームはシューを作って消化するつもりだけど、
もう何回かパフェ、食べてもらうわよ。



色も濃い!

明治「いちごが濃いアポロ」
いちご5倍!(※当社アポロチョコレート比)
だそうです!

もー、こういうことをされると、
即買っちゃいますね〜!

まず色が濃いです。
ピンク色も5倍?
イチゴの酸味が感じられるようになってます。
(もちろん、ピンクのところだけ食べるのもやった!)

甘いは甘いんですが、若干甘さ控えめ。
普通のチョコレート部分がちょっとビターなのかなぁ。

普通のアポロチョコの味の記憶が、
頭の中で塗り替えられて、大人っぽくなってるのを、
実物にしてみました、っていう感じですが…
こんな表現で分かります?^^;;;

イチゴ!

クッキー食べながら頑張ります。

プレゼント企画・フィギュア。
まだ削ってます;;;

ナゴミと猫の間に隙間があるのが分かるでしょうか。
これをもう少しピッタリくっつけたいんですよ。
1作品の中に絡みがある場合、
削り作業が多くなりやすいです。
粘土が乾く前に、もう少し丁寧に作っておけばいいんですが、
柔らかいもの同士だと、もたれかかるポーズなど、
変形しやすく、私の技術では、
乾いた後の削り作業で修正して行かなくてはならない感じです。

ホント、お待たせしてしまって申し訳ないですが、
雑すぎる感じでお送りするほうが心苦しく;;;
頑張りますので、気長にお待ちくださいませ!!!!

まだ削り作業が続いてます











もう一枚の写真は、なかなか売っていないけど、
見つけたら絶対に買うことに決めたクッキー。

「正栄食品:さくっとほろほろクッキー・和塩」

出会ったのは2回目。
この包装の中に、25gの小さい袋が4つ。
小さいクッキーが入っていますが…。

これね、高校のとき、同級生で、
すっごくクッキー作りが上手な子がいたんです。
それが忘れられないほど、おいしくて。
私が食べた中で、文句なしのナンバーワンクッキーだったんですよ。
2度と食べられないと思っていたのに…!

これがそのナンバーワンクッキーにそっくりなんです。食感が。
口の中でホロホロっと崩れる感じが病み付きです。

塩モノのお菓子だけど、
しょっぱすぎないのが魅力です。
何味?って聞かれたら、プレーンな味に少し塩味…と、
あんまりおいしそうなコメントも出来ないんですが、
断然オススメです。

アイス食べるのもそろそろ疲れて、
こういうものが、今は欲しい…。

同級生の作ってたクッキーそっくり

自分用おみやげに

カンロ「ナッツボン」

昔からある、噛んで食べるアメ。
一時期、白いナッツボンがコンビニなどで売られていましたけど、
やっぱりこれが好き。
そして、うちの近所じゃちょっと見つからないアメ。

秋に実家に帰省した際、
見つけちゃったので、3袋も買って帰ってきました。
これは最後の一袋。

食べ終わったら寂しいなーって
思ってたら、今日の絵日記に描いた、
明治「チェルシー・クランチチョコ」を見つけまして。
アメの部分はチェルシーなので、
ナッツボンよりコクがありますよ。

でも、私的に、
値段と気軽さでナッツボンの勝ちだったりします。
近所で売ってたらいいのにな。

3267f6df.jpg

グレープフルーツビネガー&ミルク

KIRIN「世界のkitchenから」
朝にうれしい―グレープフルーツビネガー&ミルク 〜スプーン一杯のお酢〜

今回は北イタリアだそうです。
バルサミコ酢を使ったデザートなどから、

「お酢をおいしく味わえる飲み物をつくりたい。
果実酢とミルクを合わせてみよう!」


となったそうですが、
アレンジっぷりがちょっと飛躍してるかな?という印象。
一口飲むと、
最初にミルクっぽい匂いが鼻に、
味はお酢の酸味。
それからグレープフルーツのわずかな苦味と香り、
そしてミルクの風味。
後味はヨーグルトっぽい感じ。

あー、なるほど、
「朝にうれしい」というフレーズが、
ピッタリ来るような爽やかさ。

飲みやすいお酢の飲料、という感じかな。
お酢を飲む健康法がありますけど、
これなら飲める、という方がいそうですねー。
だけど、そういうつもりがない、酢の物はちょっと…という方には
苦手にされちゃいそうかな?

見た目より、かなりお酢です。
うん、でも私は好きだなー。
甘すぎないのが大人向け?


グレープフルーツビネガー&ミルク

大好きー

以前も売られていたんですよ。確か。
スパイシーチキンのベビースター。
だけどすぐなくなっちゃって、
ピリ辛のベビースターを求めて、
ラーメンおつまみに手を出したりして。
(ラーメンおつまみも大好きなんだけど)

3つ並べると小さく見えますが、大袋ですよ。
普通サイズの倍の大きさなのかな?
3袋も買ってしまいました。
食べ切る頃にもう売られていない、ってことになると
悲しいから、買い溜めなのです!

b87b7e70.jpg






Archives
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ