出版情報

あの料理の写真を撮ってくれた写真家さん

勝手に告知です。

「おいしそうな女になってやる!」の、
料理の写真を撮ってくださった写真家さん、
松谷靖之さんの写真展が開催されています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「- Exquisite - 松谷靖之 写真展2008-この素晴らしき世界」

会期/2008年12月28日(日)まで
OPEN/12:00〜19:00
場所/ギャラリー「アルカンジェリ」
   東京都台東区浅草橋4-3-4

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

担当さんから聞いたところによると、
料理の写真は、割と下積み時代に撮るものなんだそうでして。
お願いしたときは、
「久しぶりで、かえって新鮮!」と、
ノリノリで素晴らしい写真をバンバン撮ってくださいました。

本に使われなかったけど、
すっごく素敵な写真もまだまだ沢山あったんです。
勿体無い…。

松谷さんは、物腰が優しい、
感受性の高さを感じさせる方でした。
丸1日、料理をし続けた私に、
「本当に大変な仕事を…!お疲れ様でした!!!!」と、
最後は言葉に詰まって、ただただ握手(笑)

ずっと中腰で写真を撮り続けた松谷さんの方が、
私にはもっともっと大変だったのではないかと思うのですが。

この写真展では、
イタリアや、N.Y.で撮影した写真を展示しているんだそうです。
チャンスを見つけて行ってみたいと思っています。

行けるといいなー。
最寄り駅は浅草橋ですよ。

カバー画像を頂きました

いつ予約がスタートするか分からない中、
告知を続けるという無謀なわたくしですが…。

昨日、本のカバー画像を頂きました。
本サイトトップでご覧いただけます)

「ざっとこんな感じ」と
まだデザインが大まかだった時に
見せていただいたところと、
大きく変わっていたのは、題字。

手書き風になっています。
あの字はフォントなんでしょうかねー。

いえね、
連絡帳に書いてもらった、
お母さんの字、って感じで(笑)

私、字は本当にへたくそでして。
お仕事で手書き文字を載せているものもあるんですが、
横にはお手本を置いて、
絵を模写するように文字を絵として見て
書いているんですよ。

あの題字が、なんだか大人っぽい字だなーと思ったので。
う〜ん、大人の字、いつか書けるようになるかしらん。

↓直筆サインを
 カバーの一部に使っていただいた
 イラストに書いてみました。微妙〜;;;

カバーイラストにサイン

本のタイトル

本のタイトルを教えて頂きました。

『おいしそうな女になってやる!〜33歳、17キロダイエット宣言。〜』

タイトルって、自分でつけるんじゃないんですよ。
面白いですねー^^

わ〜それにしても、
もにょもにょしますねぇ(笑)
どの辺がもにょもにょかって、
それは今、私が37歳だということ。

4年前にスタートしたから、
「33歳」なんですね。
間違ってないけど、年齢詐称してるみたいでドキドキです。

年齢を重ねると、
20代で成功していたダイエットが
効かなくなった…なんてことあると思います。
30代でも大丈夫だよ、ってことなんです。

…あと、やっぱり、減った数字とは言え、
そして自分でOK出したとはいえ、
こんなに太ってたっていうのが出ちゃったというのは
少し、もにょっとする部分ですねー。

それでもって、
相方Jは初めてこの数字を知るはずです。
こ、こ、こ、怖〜〜〜い!!!

自業自得です

本を書きました。

本サイトで告知したとおり、
本を書きました。

4年前に成功させたダイエットをテーマに
全編書下ろし、
私が実践したダイエットからできた
レシピも載っています。

えーと…
実は実物をまだ見ていませんで、
私もそんなに詳しく知らないというのが
現状です(笑)

10月1日頃発売だそうです。
頃、ですよ、頃。
予約の話などもまだ全く聞いていないので、
もう少々お待ちくださいませ〜〜〜〜!

今後少しずつお知らせしていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


↓表紙もまだ見ていないので、ちょっとだけ中身

bcce1f1d.jpg

挿絵のお仕事

表紙は違う人が描いたものなんですが、
本文イラストを描かせていただきました。

12月に描いたんですけど、
これがまー、
急遽決まったお仕事で期間がすごく短かったのに、
風邪でぶったおれるわ、
腱鞘炎気味になるわで、本当に大変でした。
でも私にはすごく勉強になったお仕事です。

サイトに載せている絵とはまた違ったタッチで描いていますので、
興味のある方は本屋さんで見てみてね!

ちなみにこの本についているCDに納められている曲ですが、
良く出来てますよ。
普通の音楽として楽しめます。

中学の教科書に載っていた、
「New ABC song」ってどうしようもない曲なんか考えると、
全く勉強歌っぽくないです。
♪atは「…において, …で」〜♪
とか全然そんなんじゃないです。
ちゃんとした洋楽です。

曲が記憶に残りやすいし、
口ずさんでも恥ずかしくない歌だと思いますよ。
絶対に勉強歌とバレません(笑)

ああ、試聴できるといいのになぁ…

歌って覚える英文法(前置詞編)






Archives
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ