明治大学体育会自動車部 活動日誌

明治大学体育会自動車部のブログへようこそ!ここでは普段の活動日誌を公開しています。

カテゴリ: 喜多

お久しぶりです。4年 喜多です。


長いことブログが放置されていたので再び更新を再開したいと思います。






14日通常部活の整備内容は週末に予定しているダート練習の準備。




久しぶりに黒インテグラの整備を行っていました。

この車、実に1年以上寝かされていました。
前回の部活ではいきなりエンジンが掛からなくなったり、フロントパイプのガスケットがお疲れ過ぎてノーマルマフラーなのにうるさいなど……。
久しぶりに車を動かすって大変ですね。






エンジンが掛からなくなった原因はアース不良だったのですぐに解決。

点火時期調整を行った後に1年生にブレーキのエア抜きと各部増し締めを行ってもらいました。


















かつて全関東学生ダートトライアル選手権を制した黒インテ。
その走りは復活してくれるのか……!?






ちなみに今回は黒インテ中心の整備でしたが、もちろん試合車EG4も準備中。


が………。




















この前の台風の際に、強風で飛んできた何かがフロントガラスを直撃したらしく割れてしまっています……。



フロントガラス交換部品は届いたので、木曜日の部活で交換します。

ガラスの交換が間に合えばEG4、間に合わなければ黒インテでダートに出撃です。

4年喜多です。

再びブログ更新が途絶えかけていたので先月の入部式前に残っていたもう一台のスターレット引き取りについて書きたいと思います。




前回は2月末にガキハチニーを引き取ってもらい、今回は残った長野ハチニーとパーツ類を引き取ってもらいました。



長野ハチニー……思えば色々な思い出があります。

自分が入部した当初はただの不動車だったり、マフラーが付いてなかったり、マフラー付けたと思いきやフロントパイプのジャバラが裂けていたり、(丸和で刺したり)、ジムカーナ走行中にタイヤが接触するためフェンダーを叩いたり、走行中にパイピングが抜けたり……




ガキハチニーはジムカーナ用(レース用!?)ショックが付いていたため車高が低くレールに引っかかって載せるのに時間が掛かりましたが、今回はダートショック&軽いため大きなトラブルなく素早く積み込み。



続いてエンジンも積み込み。



記念撮影(さりげなく廃Sタイヤを押し付けるの図)
右側は今年の1年生でブログ登場1番乗り!な森くんです。






再び千葉工ガレージへ輸出されていきました。



ガレージのスペースが広がりましたが、スターレットがなくなると少し寂しい感じがします。

スターレットに代わり導入されたヴィッツを大切に使っていきたいと思います。








……



(さて、ADバンはどうなるのでしょうか)

4年喜多です。

ついに今シーズンのスピード競技が始まりました!

最初の戦いは全関東ジムカーナ!

車両はいつも通り…












ではなく



OB会のご支援により新車両を導入いたしました!

実は初めての98スペックだったりするので、パーツだったりホイールを集めるのに一苦労…。

トラブルもありなかなか練習の時間を取ることができませんでした。


選手は
第1走者:阿部雅也
第2走者:吉田潤
第3走者:喜多洋行
で挑みました。

前日にICCにて練習をしたものの大雨のため新品Sタイヤの皮むきも思うようにいきませんでした。



そのためタイヤも本来の性能が出し切れず手探り状態で行くことに…



午前中の結果は…
阿部:MC
吉田:1.04.38
喜多:1.02.1

午後に巻き返しを図ります。
しかし、午後は雲が多くなり路面温度が低くなってしまいました。


第1走者阿部は午前のミスを挽回し59.4のタイムを記録!

第2走者吉田も1.01.52でタイムアップ!



↑気合のライトオン



そしてさらなるタイムアップを期待された第3走者の僕はフロントタイヤもソフトコンパウンドに変更して挑みましたが……





最後の最後、ゴールでパイロンをぶっ飛ばしてしまいました。

情けないです。




最終的な結果は

阿部  20位
吉田  31位
喜多  34位

団体の部   10位

以上の結果となりました。


今大会で勝つことの難しさを改めて実感しました。

これからはダートシーズンが始まりますので気持ちを切り替えて臨みたいと思います。

鈴鹿では必ず良い結果を……っ!!




(オマケ)




久しぶりにブログを書かせていただきます、新四年の喜多です。




もはや懐かしい……。

我が自動車部にはみんなが愛して止まないスターレットが2台あります。

1台目は上の写真に写っている通称『長野ハチニー(長野で買った…らしい)。随分長い間ダートの練習車両として活躍していました。

僕が入部した時はオルタネーターのベルトが切れていて不動。それを部活の時に自分一人で直した思い入れのある車です。



↑この黒いボンネットの頃の方が見覚えのある先輩方も多いかと思います。

復活してからは下級生のダート練習車両として活躍したり丸和で刺してゴメンなさい、ダートの選手選考で活躍したり横転させかけてゴメンなさい





かつての試合車ハチニーの軽量ボンネットを移植してジムカーナ仕様に転身したりしました。


そして2台目は、僕が1年生の頃に当時4年生であったOB藤垣先輩がオークションで発見した通称『ガキハチニー(変なカテゴリーのところに出品されていたんだとか)
外見がとても綺麗だったり、実は鈴鹿本コースを走行していた形跡があったりなどサーキット仕様だったスターレット。
1年生の頃にアンダーコート剥ぎをやったり足をダートショックに付け替えたりと"初めての本格的な整備"をやったこれまた思い入れのある車です。


そんな大好きなハチニー達。




絶   賛   不   動   中




長野ハチニーは去年の5月頃にエンジンブロー。ガキハチニーはまさかのシェイクダウンでタービンブロー…。

タービンをガレージにあったモノと交換したり、エンジンをかつての試合車ハチニーのモノに載せ替えたりと手を尽くすも復活できず……。



ガレージのスペースが圧迫されてしまう&ヴィッツを導入したことによりついにお別れ……。


スターレットは2台とも千葉工大自動車部の元へ行くことになりました。



2台同時には引き取らなかったのでとりあえずガキハチニーから。






※新四年阿部が車内で爆睡していたため危うく千葉工ガレージへ一緒に輸出されるところでした笑

 


さよなら・・・大好きなハチニー


千葉工大自動車部では修理され再び練習車両(兼部品取り車)として使われる予定なんだとか。



居なくなったスターレットの代わりになるのがヴィッツですが、正直パワーがちょっと物足りない気がしないでもないです。

やっぱりスターレット、魅力的でした……。






近況報告



去年の全日ジムカーナ直前にフロントガラスをジムカインテに移植して以来そのまま放置気味だった黒インテにガラスを取り付けました!



※この後ちゃんと外から塗りました。







中に誰か居ますねぇ……。



アクシデント無く取り付け完了!!
(割れたらシャレにならない……)

また一歩復帰に近づきました!

ただ左リアのブレーキキャリパーがまだ付いてなかったり、キルスイッチの固定が取れていたり、至る所のパーツが予備パーツだったりダートシビックに移植されていたりと走れるようになるにはまだまだ時間が掛かりそうです……。




早く乗れるように頑張りたいと思います。

こんにちは。喜多です。

2016年もあとわずか。1日もありません。そういえば今年最後の部活に関して書き忘れていたので投稿します。

27日に年内最後の部活を行いました。



今日は久しぶりにジムカインテを整備しました。

今年の鈴鹿でミッションケースが割れるというトラブルが起きしばらく不動となっていましたが、ミッションのオーバーホールが終わったのでミッションを搭載し動かせる状態にすることに。



やっぱりリフトがあるとミッション載せるの楽ですね。4人で一気にミッションを持ち上げて結合。
カップ麺が伸びるか伸びないかくらいの時間でエンジンとドッキングすることができました。

久しぶりに整備したのでクラッチレリーズから中身が飛び出したりと色々あって割と時間が掛かってしまいました……。



当日はもう一台整備。



みんな大好きEG6!!

実は24日に丸和で練習に使っていました!
(クリスマスイブに練習へ行ったので違う意味でいろんな方に心配されました)

ちなみにクリスマスイブのダート練習のブログは山下が書いてくれています。


洗車をした後に基礎整備と足を交換しジムカーナ仕様へ変更。

ジムカーナでは不要なやかましい管から純正へマフラーも戻しました。


写真のように当日は天気が不安定でひどい時には土砂降り状態……。





オイル交換を行っていた瀬戸口はご覧の有様です。







雨がひどかったので一時お昼休憩し、午後から作業再開。




午後も雨は降っていたものの途中から雨は止み作業ペースアップ。

年明け1/5にもてぎにてジムカーナ練習を行うので積み込みも行いました。


しばらくの間ヴィッツがジムカーナとダートの練習にこき使われていましたが、今後は新人戦もあるためEG6がその役目を買うことに。

壊さぬようダブルチェック、トリプルチェックを欠かさないようにしています。







なんだかんだ暗くなってしまったものの作業は無事終了。

この日はミーティングも行いました。
現在の部活の強み弱みを再認識したり、曖昧になっていたルールの再確認も行いました。


27日で年内の部活は終了しましたが、他の大学自動車部はもっと早く年内の活動は終えていたとのこと。

24日にダート練習して年明け1発目にジムカーナしに行くんだから仕方ないですよね。








オマケ




同期阿部の元個人車であるヴィッツが引き取られていきました。

今後は東海大学自動車部の部車として活躍するそうです。


明治も含め徐々に部車にヴィッツを導入している自動車部が増えてきている気がします。


………。


スターレットの時代は終わってしまうのでしょうか……。

喜多です。
またお前かよって感じですね。
そのうち他の人にもブログを書いてもらいたいと思います。できれば今までブログを書いたことのない人に書いてもらいたいと考えてます。




というわけで本題に入ります。

12/17にサスペンションでお馴染み!株式会社テイン主催、サスペンション講習会に参加しました!







第2回となる今回の講習会は自分と村岡の2人で参加しました。

本当は児島も参加予定でしたが体調不良のため欠席……。
最近は特に寒い日がつづいているので体調管理には気をつけたいですね。





講習会ではデモカーの86(よくサスペンションの新製品のテストとかで雑誌に掲載されるアレですよ!)を使用してバネレートの計算、乗り心地の測定、長さの違うバネを入れた時のプリロード調整の方法を学びました!

今回の講習会で正しい車高調整の仕方などを学ぶことができました!
(自分の車高調整の仕方間違えてました…)



車高調のロックシートってすごいトルクで締まってるんですね。車高調レンチにスピンナーを付けないと緩めることができませんでした。



86はフロントストラット、リアマルチリンクの構造です。
今回自分たちはフロントを担当しましたが、部の練習車は基本的にダブルウィッシュボーンなので久しぶりにストラットの足回りを触りました。


……。

そういえばインプレッサは四輪ストラットなので、村岡はそんなに久しぶりじゃないですね。




ちなみにストラットとナックルの結合ボルトの規定トルクは155N/mとかで締めるのに一苦労……。
普段の締め方では走行後の増し締めでボルトが緩んでしまってることがあることも納得してしまいます。





足を組み直したら再び試乗!
(やっぱり86は狭かった……)

今回は10キロと5キロという結構バネレートに差のあるバネを使用したので変化がわかりやすかったというのもありますが、バネ1つでだいぶ車の印象が変わるんだなぁと実感しました!




今回の講習会には明治以外に横浜国立大学自動車部の方も参加していました。


学連に参加していないとのことなので会う機会は非常に少ないですね。

横浜国立大学自動車部の方は個人でラリーやダートトライアルをやっている方が多く、中には全日本ラリーにコ・ドライバーとして参加している方も…!





今回の講習会ではサスペンションに関する正しい理解を得ることができました!


今後も開催するかもしれないとのことなので、是非とも参加したいと思います!

今度はもっと多くの部員を連れて行きたいですね!

喜多です。
危うくまたブログが放置プレイ状態になるところでした……

今回は10日に行われた全関総会と翌日11日に納会についてのブログです。



全関総会は日大にて行われました。


(ちなみに全日総会は全日フィギュアの後すぐに行うのに、なんで全関総会は全関戦終わってからかなり日数経ってからやるんですかね…?)



会場の関係で部員全員が参加するすることはできず、4年生を中心に10名が参加しました。

自動車部Twitterの方で結果をお伝えしたのでご存知の方も多いと思われますが……




明治は団体で4位入賞!





個人の部では4年榎並主将が5位に入賞しました!







そして日付は変わり11日、自動車部納会が行われました。

この納会をもって自動車部の正式な代交代が行われました。



詳しい新体制は後日私の方からブログにて紹介させていただきます。
なのでここでは簡単な紹介を行います。




新2年生(右から)
岸田、林




新3年生(右から)
大久保、菅野、児島、周、瀬戸口、田中、深江、村岡、山下



そして新4年生(左から)
阿部、小畑、喜多、吉田



また、来年度の幹部の紹介もさせていただきます。

主将:吉田潤
副将:小畑晴熙
主務:阿部雅也
会計:山下裕也

以上が主要幹部となります。




新体制に移るにあたり不安なことやまだまだわからないことがたくさんあります。
うまくいかないことがたくさんあると思われますが、みんなで協力して乗り越えていきたいと思います。




ありがとうございました。

お久しぶりです。喜多です。

皆さまお気づきかと思われますが……















11月の更新がゼロ…
ついでに言うと10月も1回だけ…


「フィギュア合宿が終わってブログ書こう」なんて思っていたらこんなことになっていました。

これからは分量が少なくてもちゃんと更新したいと思います。





本日の部活ですが、



4日(翌日)の丸和練習のためのダートシビックの整備&積み込み。

ブレーキマスター交換に伴うブレーキの踏みしろのチェックもしました(踏みしろの調整は木曜日に行ったものの、自分は授業で参加できなかったため)。



あとはガレージの整理も少々。

適当に物を積み上げていた棚を整理し、要らないものは分別しました。




いざ積み込もうとした時に色々忘れ物をしたり、フロントに履いたスーパーR.A.Pがキャリパーと干渉していて前後タイヤを入れ替えたり……。


なんだかんだ時間は掛かってしまいましたがお昼頃には全て完了。


丸和練習に備えます!


実は現3年生は初めてダートシビックに乗るので不安でいっぱいです……。

3年喜多です。

突然ですが皆さん、9/25って何があったかわかりますか?

「軽耐久講習会でしょー?」というのが多くの自動車部部員の答えでしょう。
実際先週は天候も悪く霧で走行中断が何回もあったりと大変……。
講習会に参加した自動車部も少なかったですからね。

しかし!もう一つ重要なイベントが自動車ふお馴染み丸和オートランド那須にてありました!
それは…

2016年 JAF関東ダートトライアル選手権第10戦。JMRC関東ダートトライアルシリーズ。NDC-Tokyoダートトライアルスピリット

です!(長い)
そう、JAFの関東ダートトライアルの最終戦です!



実は毎年この大会のオフィシャルのお手伝いをさせていただいているのですが、今年はサポートクラス(ライセンス不保持者&保持者ビギナー)が設置され、その二駆部門のSP-1クラスに来年度の選手育成のため3年の阿部・喜多・吉田で参加しました!





スタート&ゴール、コースオフィシャルなどのお手伝いをさせていただいてます。





車両は大絶賛活躍中1000ccの心臓を持つ「明治大学ホワイトヴィッツ」!

ちなみに参戦したSP-1クラスは自分達3人のみで第1回明治3年ナンバーワン決定戦状態に!?




おそらく元ヴィッツカップ車両と思われるホワイトヴィッツ。SCP10には純正でスタビが無いためちょっとでもアクセルを抜けば後輪が前輪を追い越そうとする危ない挙動を見せます(ジムカーナだとロールがひどい)。
3年はヴィッツでダートを走るのは初めてだったものの、買った時から付いていたデフと扱いやすいパワーのおかげでなんとか攻略!



SP-1クラスはインテグラにてN1クラス優勝経験を持つ坂井義浩選手のデモランの後すぐの走行(阿部は全体の第1走者!)だったため精神的に落ち着かない……。

午前の結果は…
阿部   MC
吉田   2:11.644
喜多   2:05.513


完熟歩行の際に午前にミスしたところ、まだ踏めるポイントを探し午後に臨みます。




午後は全員タイムアップを目指し走行しました。


路面状況もコースに川ができていた午前よりも安定していたため全員見事にタイムアップ!

最終結果は…
阿部   2:02.390
吉田   2:09.429
喜多   1:59.118


という訳で




表彰されました。


今回の大会で参加した大学自動車部はおそらく明治だけ(もしかしたら東大の方が個人的に参戦していたかも?)。
今年は軽耐久のライセンス講習会と被っていたものの、被っていなければ他の自動車部の方も参加してみてはいかがでしょうか?(私は決して大会側の回し者ではありません。)

JAF戦と同じコースを走り、同じコースで勝負できることはないと思います!
また、競い合う仲間もたくさんいる方がやりがいがあると思います!

来年もこのクラスが設定されるかはわかりませんが、機会があれば一緒に戦いましょう!

 



今回も記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

3年喜多です。

遅くなってしまいましたが鈴鹿にて行われた全日ジムカーナについての記事を書かせていただきます。

まずは8/18木曜日。
この日は選手陣3人がO/Hされたばかりのミッションのフィーリングチェック及び鈴鹿前の最終調整のために午前中浅間台へ練習。その後先発組3人と14時頃に港北PAにて合流。一泊してから鈴鹿予選前日練習に参加する予定でした。

なんとここで事件発生。
浅間台での走行中にボンネットオープン!フロントガラスが大破してしまいました……



そこで急遽ガラス屋さんにお願いして去年のダート試合車である黒インテからフロントガラスを取り外してもらい、ジムカインテに移植!取り付け作業はDIY!



慎重に作業を行い完成。
まるで純正のような仕上がり!

そういえば去年のダート試合車の黒インテはタイプRではなくSiRですが、タイプR用のフロントガラスはSiRに比べて何割か薄くできているようです。





ガラスの張り替え、ボンピンの付け直し、積み込みなど全ての作業が終わる頃には外は真っ暗……。

途中雨が激しかったりする悪天候の中なんとか日付が変わる前に鈴鹿の宿に到着。



鈴鹿までの運行を頑張った2年児島。
(安心してください、履いてますよ)

爆      睡






そして19日金曜日、予選前日の練習会。

今年はカートの大会が行われた関係で例年のような大会1週間前にジムカーナ練習会が無く、全日ダート後初鈴鹿。



見事なまでにシビック・インテグラ尽くし(CR-Xもいるよ!)

鈴鹿の前日練習はとにかく暑い!かなりの台数が参加するので待ち時間が長い!車内は蒸し風呂!地面も暑すぎ!


しかもボンネットオープンしてしまう車両も数台発生し走行一時中断になることもしばしば……







今回新たな移動車としてOB金子先輩の元家車の初代ステップワゴンが加わりました!

快適な移動車が誕生!……と思いきや、途中のスタンドでスライドドアが5ミリほどしか開かなくなるという謎のトラブルが発生。
前からしか乗り降りができずちょっと不便です……。




そして20日土曜日ジムカーナ予選日



↑前日夜にグリップテープを巻き直したステアリング。

例年通り午前中が公式練習、午後が予選(1人1本)という流れ。



今年の公式練習及び予選は去年の決勝と同様に南コース逆走でした。



公式練習は前日練習よりも台数が多いため1人1本走るのが精一杯……

そんな中小平先輩出走前にトラブル発生。
「左のドラシャ辺りから異音がする」

急いでパドックに戻りジャッキアップしてみるとなんとインターミディエイトシャフトを留めるボルト3本のうち2本が無くなっている!
以前ネジ穴がバカになった部分のタップを切り直したのですが振動に耐え切れなかったのか飛んでいってしまったようです。

サイズの合うボルトに変更しなんとか公式練習終了時間に間に合わせることに成功。

安心したのもつかの間。さらなる大事件が起こるのでした……。


予選1本目終了後にパドックに戻るとミッションオイルだだ漏れ!?

なんとミッションケースにが……

恐らくコースアウトした際にヒットしてしまったものだと思われます。


応急的に専用の接着剤で固定し処置。

予選はこの状態で走り切り、無事A決勝へ進出することができました。




予選終了後、車両保管場所へ移動させる際にミッションから嫌な音が……

翌日走行前に予備のミッションに載せ替えることが決定。



予備ミッションはベアリングがあまり良い状態ではなかったため鈴鹿近くの部販にてベアリングを購入。
深夜トラックの中でベアリングの交換作業を行いました。






大会当日。
ゲートオープン及び車両保管解除から出走開始まで2時間という時間の中、ミッションを交換し出走順に遅れることなく間に合わせることができました。




決定コースになります。




中山先輩午前1本目。
この時スピードセンサーのカプラーを刺し忘れるという整備ミスが発覚。
限られた時間の中での作業であったものの複数人によるチェックが重要であることを改めて実感させられました。

タイムは1'25.384を記録。





続く榎並先輩。
榎並先輩の走行中にエンジンが切れるというトラブルが発生。

エンジンチェックランプが点灯したため、パドックに戻り自己診断するもエンジンチェックランプ消灯。謎です。

榎並先輩のタイムはスピンもあったため1'48.778でした。



不安を残しながらも小平先輩にバトンタッチ。

ミッション、デフ、インタミなどに不安を抱えながらも無事に完走。

タイムは1'23.387を記録。





波乱の午前中を終えお昼休み。
オフィシャルだった後輩も合流し一休み。




中山先輩の午後の走行。
午前中を上回る走りでタイムは1'24.725を記録!しかしペナルティを一つ取られてしまいました……。




榎並先輩の午後の走行。
午前中に起きたエンジントラブルは発生せず、午前中を大きく上回る1'25.242を記録!



最終走者、小平先輩。
順位向上のため午前中よりもさらに増した気合いの走りを披露!
タイムは1'24.097で惜しくもタイムアップならず……




最終結果ですが

個人
中山先輩  35位
榎並先輩  33位
小平先輩  15位


団体
9位

となりました。



今回の鈴鹿の大会ではトラブルが多く発生し、またそれらに対する課題もありました。
今年度のスピード競技は全て終了致しましたが、来年度へ向け車両の対策・練習などを始めていきたいと思います。

大会当日鈴鹿まで応援に来ていただきましたOBの皆様ありがとうございました。これからも引き続き応援よろしくお願い致します。







オマケ



最後のスピード競技、最後の鈴鹿の4年生の先輩方。

 


「ゴメン、カメラNG」という言葉が出てきそうな藤沢先輩。




「整備力の圧倒的成長!」by原




仲の良い2年生ズ




おっと、ジョニーがカメラに気づいたようです。



キメポーズ






次は軽耐久、そして全日フィギュアが待ち構えています。

これからもよろしくお願いします!

↑このページのトップヘ