2017年11月16日

生活系・社会科学系・医療系小論文対策:死刑判決と認知症

青酸カリを何人もの男性に飲ませて死亡させたとされる女性被告に、京都地裁の裁判員裁判で、死刑判決が下された。この被告女性が認知症を発症していることから、この死刑判決は大きな問題を含んでいる。

今後、日本社会のますますの高齢化が進展するに伴い、認知症を患う人が増えてくる。その中で高齢者の犯罪の割合も増加している。高齢社会と認知症と責任能力という、社会が直面する問題を象徴的に示している。

また、認知症の人が自らの行動の責任を取り刑罰に服することができるのかという、法律や刑事裁判や裁判全般の問題ともかかわりは大きい。

だから、来年の法学部・医学部・看護学部・福祉系の学部・生活系の学部を中心に小論文入試では、問われることが予想されるテーマである。

この問題を扱った河北新報11月8日付の記事から、問題点を要約してみる。

・今回の死刑判決が導かれるまで

…被告女性の訴訟能力については、検察が「ある」と主張し、精神鑑定した医師を証人申請。弁護側は「ない」と主張。判決は鑑定を認め、事件当時の完全責任能力をあるとして判決。認知症は事件後に発症し、初公判以降の言動から訴訟能力があると判断した。

・他の例

…最高裁では、二人の殺人罪に問われた男性被告に対し、認知症により、公判を打ち切る「控訴棄却」を言い渡した。

・高齢化と犯罪の現状

…2025年には認知症患者が全国で700万人になるという推計がある。高齢者の5人に一人の割合。法務省によると、2015年の刑法犯摘発人数の19,9%は65歳以上の高齢者。この2つのデータを合わせると、長引く裁判では途中で認知症を発症させたり悪化させたりするケースが増加すると、予測される。

・裁判員裁判の問題点

…慶応大の村松准教授によると、「裁判員へのわかりやすさが重視され、審理時間の短縮や説明の簡略を求めることが多い。これでは誰のための裁判かわからない。医学的な検査で認知機能が認められることと、責任能力や訴訟能力があることは同じでないので、そうした共通理解をもったうえで、司法と医学が共同して議論する必要がある」


※今回の記事の私の感想

…死刑制度を支持する理由の一つに「応報思想」がある。つまり、被害者が味わった死の直前の恐怖を、被告にも味わせるということだ。しかし、被告が認知症となり、自分がしたことも、自分がいま置かれている状況も、死刑が今日にも執行されるかもしれないという恐怖を理解できないとしたら、死刑を支持する根拠の一つは、揺らいでしまうのではないだろうか。


mumeisi at 16:04コメント(0) 
小論文 | 大学入試

2017年11月12日

京都大・過去問・和文英訳の講義・解説

2017年2月実施の過去問:次の日本文を英語にしなさい。

生兵法は大怪我のもとというが、現代のように個人が簡単に発信できる時代には、特に注意しなければならない。聞きかじった知識を、さも自分で考えたかのように披露すると、後で必ず痛い目にあう。専門家とて油断は禁物、専門外では素人であることを忘れがちだ。様々な情報がすぐに手に入る世の中だからこそ、確かな知識を身につけることの重要性を見直すことが大切である。

【解説】
過去問に取り組むことは大切だ。何より、その大学の出題傾向がわかる。傾向がわかれば、どのような勉強をして備えておけばよいかがわかる。

京都大の和文英訳(=英作文)の特徴は、まず日本文が長い。これだけでも相当負担である。

そして、そのままでは英語に訳せないような、日本語の言い回しが含まれている。これは、スマートに英語に翻訳せよということではなく、日本文と受験生が向き合い、この日本語で筆者が言いたかったことは何か、それを深いレベルで把握する能力が求められるとともに、日本語と英語という言語レベルでも文化レベルでも本来は翻訳が難しい2つの言語間の壁を、受験生がどのように工夫して乗り切るかを見たいのだ。

だから、京大レベルの和文英訳には、語弊があるが、正解はないのかもしれない。もちろん、文法的に正確で、意味が伝わる英文が書けているかどうかは、最低レベルでの必須条件だが。それを超えてしまえば、あとは受験生が与えられた英文を100人100通りに解釈して、創造的に英文へと翻訳すればよいのだ。京大はそういや独自性を重視する。英作文の試験は、そのような個性や知性を見たいと考えて出題している。

「生兵法は大怪我のもと」もちろんこの部分はことわざ・格言で英語にも対応するものがあるが、そのままの表現でなくてもよい。問題文全体を読んで、深い知識もなくて知ったかぶりをすることが危険を招くことや、見苦しいことだということが表現できればよい。ことわざとしては、

A little learning is a dangerous thing. / A little knowledge is a dangerous thing. 文脈全体から言い換えを考えれば、Pretending that you know something can cause you trouble in the end. / If you make believe that you are knowledgeable, you must pay the price someday.

などともできる。

そのあとの文章を英訳する際には、現代のインターネットなどが発達した状況で、しばしば問題になることを考え合わせてほしい。このような問題を主題とした英文は目にしたことがあると思う。そのような英文の中から、「個人が情報を発信しやすくなった時代状況」と「それに伴うリスク」(例。デマ、偽情報の拡散、いわゆる炎上問題)を論じるところで目にした表現を中心に書いていくとよい。








mumeisi at 15:19コメント(0) 
大学入試 | 英語

2017年11月09日

自由英作文:予想問題:「あなたの国にとって最も影響のあった歴史的な出来事は?」

自国の歴史を振り返って、現在までに大きな影響を与えている歴史的な出来事とは何だろうか?

自由英作文の題としてこんな予想問題を提示する。

自分が選んだ出来事をなぜ選んだのか?その理由を読む者を納得させるように、相手に伝わる表現で述べることができるか?どのような影響があるのか、(あったのか)、具体例を交えて、伝えることができるかが、問われている。

それでは、取り組んでみてください。







mumeisi at 22:19コメント(0) 
英語 | 大学入試

2017年11月05日

自由英作文予想問題:教育で重要なことはどっち?

2018年度大学入試において、こんな問題が出題されると予想している。

It is more important for students to understand ideas and concepts than it is for them to learn facts. Do you agree or disagree?




教育においては「事実をたくさん暗記すること」と「考え方そのものを学ぶこと」と、どちらが重視されるべきだろうか。現在、教育改革について日本でも議論されているところであり、教育について自分の考えを整理しておくためにも考えておいてほしい題材だ。2つのことを比べて自分がどちらにより多く賛成できるか態度表明をしてほしい。もちろん、どちらの立場を選んでも正解。大切なことは、選んだ立場を具体例や論理の力でどのように理由付けするかだ。







mumeisi at 11:48コメント(0) 
大学入試 | 英語

2017年11月03日

自由英作文:予想問題「移民を受け入れるべきか」

日本では、政治が右傾化し、移民排斥の言動をする政治家が国民の支持を集めている。日本だけでなく、世界で「移民問題」が論じられている今、日本でも移民を受け入れるべきかということについて考え、自分なりの意見を持っておくことは必要だ。

このような新聞やマスコミで取り上げられることが多い話題は、自由英作文の題材としても問われやすい。

それでは、「先進国は移民を受け入れるべきだろうか」という題で考えてみてほしい。

東京外国大、国際教養大、早稲田、慶応などの高い英語の作文能力が求められるところを想定するなら150語以上の字数で書いてみよう。







mumeisi at 21:12コメント(0) 
英語 | 大学入試

2017年11月02日

自由英作文の予想問題:ことわざ

ことわざには人生に知恵が詰まっています。しかし、人生には矛盾がつきもので、割り切れるものでないがごとく、ことわざも相反する意味のものがあることは、みなさんご存じのとおりです。だから、ことわざは「賛否の意見を問う」型の自由英作文として出題されることがあります。

(例)

1.“Look before you leap”と“He who hesitates is lost”という、内容に反することわざがある。どのように相反するかを説明したうえで、あなたにとってどちらが良い助言と思われるか、理由とともに答えよ。全体で60〜80語の英語で答えること。(2015年2月実施 東大)

2.Write a paragraph illustrating one example of a case in which “slow is better.” Give one or more convincing reasons to support your answer.
(2012 早稲田 法

では、予想問題として“It is better to be safe than sorry.” に、賛成するか?反対するか?あなたの考えを英語で述べてください。



残念ながら、英語のことわざの意味を知らない人も増えています。まずは、出題されたことわざの意味を正確に知らなければ、自分の立論の立場を決めることができません。このことわざは、日本語のことわざでは「転ばぬ先の杖」という意味です。つまり「後で後悔するよりも、今、慎重に事を進めておくべきだ」という意味です。

では、参考までに模範解答はを参照してください。

  

mumeisi at 16:26コメント(0) 
英語 | 大学入試

2017年10月29日

弘前大学・医学部:自由英作文の予想問題

弘前大学・医学部の個別学力試験(二次試験)の英語・自由英作文の傾向を分析したところ、自由英作文のテーマ(お題)は、ある資格試験のwritingの問題を参考に作題されていることがわかりました。そこで、以下のような予想問題を作ってみました。事前に書いたことがある作文とそうでないものでは、心の余裕もまったく違うし、もちろん出来や評価も大きく異なります。ぜひ、以下の「お題」で文章を書いてみてください。

【予想問題】
・Some people show their emotions, while other people work hard to keep their emotions from showing. What are the advantages of each type of behavior? Which do you try to do?





 

・Some people to play team sports, while others prefer to play individual sports. Discuss the advantages of each. Then indicate which you prefer and why.








・Some people prefer to work in one company for all their career. Others think it is better to move from company to company. Discuss the advantages of each position. Which do you think is better and why?

・Compare yourself today and yourself five years ago. In what ways are you the same or different? Use specific examples to support your response.

・What is the best age to marry? Give reasons and examples to support your response.

・It can be quite difficult to learn a new language. What do you think are the most difficult aspect of learning a new language? Give reasons and examples to support your response.






mumeisi at 17:53コメント(0) 
大学入試 | 英語

2017年10月23日

自由英作文:予想問題「死刑制度を廃止すべきか」

すでに多くの大学で出題されている題目ではあるが、あらためて書いておいて、この話題に対する基本的な語句や表現を確認しておくとよいだろう。

今回は、東京外国語大学、国際教養大、早稲田、慶応などの難関レベルを予想して、

・Give three reasons to support your answer
・Structure: introduction, main body, and conclusion
・Suggested length: 200-240 words

という条件で書いてみよう。

I think the death penalty should be banned in Japan. According a census, more than half of the Japanese people support the death penalty, but it doesn’t have so many advantages as is expected. So the government should stop adopting the death penalty and, instead of it, introduce other ways of punishing those who break the law.

One of the reason why so many people support the death penalty is that it will deter serious crimes. However, in America, where each state has different legal system, crime rates in some states which does not have death penalty are lower than others which have. Thus, death penalty is not necessarily effective in preventing serious offence.

Another reason for advocating capital punishment is that families and relatives of victims feel consoled when the criminals are executed. However, what if the person executed did not commit a crime? In fact, there are so many cases in Japan the police mistakenly arrest innocent people.

If capital punishment is abolished, there is a good way to punish criminals and, at the same time, satisfy the feelings of victims’ family. It is life imprisonment, which will give criminals chance to reflect on what they have done. Families of victims are secure that they know criminals won’t return to the society. In this way, the death penalty has no reasons or evidence to maintain and there is a good way to replace it with. Therefore, the death penalty should be abolished in Japan. (246 words)




mumeisi at 14:36コメント(0) 
英語 | 大学入試

2017年10月21日

自由英作文:予想問題「国内旅行VS海外旅行」

自由英作文の予想問題を提出しておく。「国内旅行」と「海外旅行」を対比する問題だが、少しひねりがある。

「国内旅行の方が、海外旅行よりも得るものが多い」

この意見についてあなたは賛成か?反対か?

条件は、自分の意見を述べ、理由や具体例をあげてその意見を支持すること。字数は自分お志望校の傾向に合わせて50語~300語以上と自由に書いてみてください。

以下は、東京外語大、国際教養大、早稲田、慶応などの想定して300語以上で書いた模範解答である。参考にしてほしい。


   I agree with this statements. There might be many people who think traveling in foreign countries would benefit them because they would experience different and exotic kinds of things in the places different from their own countries. However, traveling in their countries would give them as great befit as or more benefit than traveling in foreign countries. Actually, in today's world, thanks to the development of communication technology, it is relatively easy to know about foreign countries and what is happening there, for example, on TV news or on the Internet. On the other hand, People tend to think they know well about their own countries though they don't. Thus, traveling in their own countries would be a good opportunity to discover what history or what culture their country has.

 I actually went on trip in an old capital of my own country. There were a lot of temples and shrines there, and I visited them and I was able to see traditional beautiful architecture and art work. In addition, I was able to study the history of my own country. Many foreign tourists also visit this old capital city, and this is very popular tourist destination. If I were asked question about my own country's tradition or history by foreign people, I couldn't answer them were I not know my own country. This trip gave me good advantage and benefit by making me more knowledgeable of my own country.

  Moreover, from this trip, I made friends with local people. After this trip, we visited each other. Of course, people could make friends with local people when they go to foreign countries. However, they could hardly visit each other because the distance is very far and it would cost much to do so. In contrast, if people make friends when they travel in their country, it is easy for them to get contact with each other. This is also the benefit from which you could gain from domestic travel. In summary, people could draw more benefits from domestic travel than foreign travel.




mumeisi at 21:13コメント(0) 
大学入試 | 英語

2017年10月05日

教育系・環境系小論文対策:どのような環境教育がよいか?

子どもにどのような環境教育をしたらよいのだろうか。そのヒントとなる記事を要約する。(参考『河北新報』2017.9.2)

それは、ライオンと虎でどちらが強いのか?もし戦ったらどうなるのだろう?そういう子供が抱く素朴な疑問に答えるマンガシリーズがヒントとなる。マレーシア発の漫画「どっちが強い」は日本をはじめアジア圏で人気の漫画だ。人種も出自も違う個性的な子供6人が「Xベンチャー調査隊」を作り、世界各地を探検し、いろいろな生物を徹底調査する。強い生物が真っ向勝負する対決シーンだけでなく、生き物特徴をイラスト付きで多角的に分析する百科事典も収録している。このヒットマンガシリーズのどこに「環境教育」へのヒントがあるのか。

・現在の子どもの置かれた背景…現代の子どもはゲームなどで日常的に刺激的なキャラクターに出会っている。その中で危険な生物への関心も高まっている。

・マンガの良さ…自然と興味を持てるように、笑える場面も加味して、学べるように工夫。子どもが直感的に親しめるキャラクターやテンポの速いストーリー展開を採用している。危険な動物は、力が強かったり、毒があったりと比較的派手で、子どもの関心を引きやすい。

・意義…国際的な環境問題や乱獲・密猟の話も出てきて、子どものころからそれら問題に関心を持つことができる。危険で獰猛な生物も人類と共生する多様な生き物の一つととらえることができる。調査隊の子どもたちそれぞれに特技があり、試練を乗り越え、動物たちを守ることが自分の使命と感じるようになる。読者も動物を守るという意識を身につけ、一緒に成長できる。様々な動物の生態を知り、早くから環境問題や生物多様性について学ぶ意義は大きい。


mumeisi at 17:14コメント(0) 
大学入試 | 小論文


ここからは自由英作文の模範解答が探せます。大学の所在地別で北から南になっています。


飲酒の是非(旭川医科大学)
自転車通勤(北海道大学)
homeschoolingの是非(北海道大学)
英語以外の外国語を学ぶ(弘前大学)
安楽死(国際教養大学)
臓器売買(国際教養大学)
国際社会で活躍するには(秋田大学)
スマートフォンの是非(岩手大学)
日本語を学んでいる学生へアドバイス(新潟大学)
18歳選挙権
健康で長生きする食生活(筑波大学)
障碍者の雇用(宇都宮大学)
中高一貫教育(早稲田・国際教養)
少年犯罪(早稲田・国際教養)
公共の場で喫煙を禁止すべきか(早稲田・政経)
宇宙開発の是非(早稲田・政経)
在日外国人の参政権(早稲田・法)
飛び級の是非
投票の義務化(慶応・経済)
同性婚の是非(慶応・経済)
動物園の是非(慶応・経済)
どのような子育てをしたいか(慶応・医)
行きたいところ(青山学院)
車と社会
慎重V.S積極(東京大学)
本を一冊も読まない高校生(東京学芸大学)
外国人の患者にどう接するか(浜松医科大学)
食生活で気を付けるべきこと(信州大学)
少子高齢化対策(福井大学)
ペットの是非(福井大学)
恐怖感を克服する(滋賀県立医科大学)
積読とは何?(京都大学)
21世紀に人類が直面する最大の問題(京都府立医科大学)
日本社会が直面する問題(大阪大学)
大学で学ぶ意義(岡山大学)
電子書籍の良い点・悪い点(産業医科大学)
絵文字使用の是非(九州大学)
成功は運か?努力か?
女性問題