P1010058

 ヤングジャンプで東京喰種は毎週読んでるので、アニメの方も一応チェックしてました。

 んで『東京喰種√A』の最終回の感想なんですが、悪くはなかったけど、原作には遠く及ばない
残念なかんじでした。ひとつ前の11話で力尽きたかんじ。昔のエヴァンゲリオンのアニメのような。
もうとにかくお金が足りないというか、何というか。

 具体的にいうと、カネキくんの最後の戦い、全部省略されてるんですよね。
原作の“地下水道のvs有馬貴将戦”ですよ。あの無敗の死神との絶望的な敗北戦です。
省略されてました。う~ん、まぁいろいろ表現が緩和されるとしても、やっぱ見たかった。

 アニメ版はエピソードが省略されてたりグロ表現が緩く修正されてたり作画のクオリティが
上がったり下がったりまぁ正直色々微妙です。業界の事情はよく知らないけど、東京MXとか
マイナーなとこじゃなくて日テレとかフジテレビとかに頼めないのかなあ。
 テラフォーマーズのアニメも微妙でしたね。てか実写映画化とか書いてあったな…。

 
 で、√Aは観る価値なしかというと、そうでもないんですよ。オススメポイントあるんです。
それはエンディングの歌、スタッフロールのとこです。石田スイ先生の描き下ろしの絵が
観られるんですよ、あの水彩画タッチのカラーの絵です。

 歌もいいんです。amazarashiの『季節は次々死んでいく』という曲です。
純文学の匂いもする歌詞がカネキくんにぴったり合ってるんですが、傷付いた若者に捧げる
曲みたいにも受け取れます。曲も歌も美しいです。

 エンディングの1分間少々、ホント最高です(*・ω・)ノ
石田スイ描き下ろしイラスト&『季節は次々死んでいく』、最高のコラボレーション!!

 アニメ本編の方もコミックの方を分かりやすくおさらい出来ると思うと悪くないです。

♪ 明日は次々死んでいく 急いても追い付けず過去になる
 生き急げ僕ら 灯る火はせつな 生きる意味などは後からつく ♪

※カラオケで歌ったらすごく音が高くて難しかったです。男性ボーカルなのに(´;ω;`)