October 20, 2006

君が代は× ラ・マルセイエーズは○

朝日新聞
10月14日付朝刊 「声」
外国国家より君が代は平和 司法通訳 井上健史 東京都江戸川区 58歳(ネット上のソースなし)
国歌にどのような歌詞がふさわしいかを考えてみるとやはり国をたたえる内容になると思う。外国の国歌は歌詞を読むと戦闘的なものが多い。美しい旋律の国歌としてアメリカとフランスのものが有名で、アメリカの「星条旗」には「我らの星条旗よ、その太い縞と輝く星は、弾丸飛び交う戦の庭に翻る」という意味が含まれる。フランスの「ラ・マルセイエーズ」は「我らの妻子を殺さんとする敵に向かい武器を取れ 汚れた血を我らの畑に流さしめよ」だ。中国の「義勇軍行進曲」にも「我らの血と肉で新しい長城を築こう。敵の放火に立ち向かい前進せよ」などと勇ましい。一方日本の「君が代」は、諸説あるが「天皇家が未来永劫続きますように」と祈念する平和な歌である。
君主をたたえる歌と非難する声が一部にあるようだが、天皇は日本国憲法にあるように日本国及び日本国民統合の象徴である。だから「日本国及びその国が栄えますよう」と願う歌とも言える。このように素晴らしい国歌を拒否する人の中に、青少年を指導する立場の学校の先生が多いというのは非常に残念である。






朝日新聞
10月20日付朝刊 「声」
国歌の平和性 歴史踏まえて 会社員 塚越 藤司 東京都町田市 50歳(ネット上のソースなし)
 「外国国歌より 君が代は平和」(14日)に反論します。国歌を考えるときには、それが成立した背景や歌われてきた歴史的経緯を無視できないと思います。
 「戦闘的」な例に挙げられた「ラ・マルセイエーズ」は、絶対君主の支配に対するフランス革命の中で作られた歌です。この18世紀の革命で生まれた「自由・平等・博愛」の考え方は、日本を含む世界中の近代国家が取り入れました。いわば、私たち民主主義の国に住むものは、基本的人権の保障のような形で、フランス革命で流れた血の恩恵を受けているのです。
 一方「天皇家が未来永劫に続くよう祈念する」との解釈が専らな「平和」なはずの「君が代」はどうでしょうか。詩は古歌に由来しますが、曲は明治期に天皇の治世を讃える歌として作られました。そして皇国史観の下、日本国民やアジア諸国の人々は犠牲を強いられた歴史を持っています。
 こうした経緯を無視し、歌詞だけで平和的か否かを判断するのはあまり生産的とはいえません。都立高校などでの君が代斉唱強制に危惧を覚える一方、アジア諸国との関係改善が必要な現在、歴史的な流れを踏まえて考える必要性を痛感します。






>一方、アジア諸国との関係改善が必要な現在、歴史的な流れを踏まえて考える必要性
>を痛感します。


公立学校における国歌斉唱の是非とアジア諸国との関係改善は関係ないと思うのだが。


あと、「フランスの勇ましい歌詞は民主主義の基礎だからOK」という主張は分かったんだが、中国の勇ましい歌詞に対する反論が聞きたいのだけど。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mumur/50658016
この記事へのトラックバック
2005年11月  報道ステーション  朝日新聞論説委員による『チベット侵攻』の美化妄言。  2005年11月3日(木) 21:54??23:10 報道ステーション   ▽加藤千洋チベット紀行絶景天に浮かんだ湖…極秘の横断鉄道撮った  実況ログ http://makimo.to/2ch/live20_live...
【コピペ】朝日新聞論説委員による『チベット侵攻』の美化妄言。【【時事とコピペ】】at October 20, 2006 19:41
仲村みうの写真集無料画像をUP。 相変わらず過激ポーズで挑発してみせます。 スジ見せ、お尻見せはもう当たり前のようです(- -;) <a href="http://blogcafe.jp/user/moegazoo/pics/nakamura_miu293.jpg"><img src="http://blogcafe.jp/user/moegazoo/pics/nakamura...
過激ジュニアアイドル仲村みう・過激ポーズ写真集400枚【萌え画像集】at October 20, 2006 21:36
福永ちな 生年月日 :1981年7月28日 出身地  :愛知県 血液型  :O型 身長   :158cm 3サイズ :B90 / W56 / H83 趣味   :ゲーム、ドライブ 特技   :水泳、車の運転 Gカップの巨乳なのにロリフェイスなギ
巨乳Gカップでロリ顔!!福永ちなのセクシー画像が満載の初トレカを発売【IDOL☆M@X】at October 21, 2006 14:53
元ビートルズのポール・マッカートニー(64)に、 元モデルで地雷廃止活動家の妻・ヘザーさん(38)に対する DV(ドメスティック・バイオレンス)疑惑が持ち上がっている。 現在2人は離婚訴訟中で、18日付の英大衆紙デーリー・メールが、ヘザーさん
ポール・マッカートニーの隠された素顔が明らかに!?【One Way News】at October 21, 2006 17:06
岡田 真由香 生年月日 :1984年7月3日 出身地  :愛知県名古屋市 サイズ  :T164 / B110(Kカップ) / W62 / H90 血液型  :A型 趣味   :音楽鑑賞、ショッピング、ドライブ 特技   :テニス、バドミントン、和太鼓(小学〜高校
“乳殺”されたい!!岡田真由香のKカップ超ハミ乳【IDOL☆M@X】at October 21, 2006 20:15
ばんことみ 生年月日    :1982年12月17日 サイズ     :T160 / B82 / W58 / H87 血液型     :B型 出身地     :大阪府 趣味・特技   :クラシックバレエ 好きな色    :ピンク、黒 好きな食べ物  :韓国料理、
「CRばんことみのモンスターナイト」でおなじみ!ばんことみの新作DVD!!【IDOL☆M@X】at October 26, 2006 19:04
この記事へのコメント
一見もっとらしく聞こえるけど、あんまり反論になってないような
Posted by ふとし at October 20, 2006 13:59
やっぱサヨクはバカだなw

1ゲトかな?
Posted by howanara at October 20, 2006 13:59
「我らの血と肉で」ってもろ戦争じゃ……
Posted by 0.03mm at October 20, 2006 14:00
5
脳が溶ける病気か?
Posted by ジェフウィリアムス at October 20, 2006 14:03
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1161320106/
病気を理由に5年余りで8日間しか出勤していなかった奈良市環境清美部の男性職員(42)が、
この期間に部落解放同盟の幹部として市側との交渉に何度も出席していたことが20日、分かった。
市人事課は「職員との認識はなかった」とし、解放同盟側は「退職していると思っていた」としているが、市のずさんな人事管理が問われそうだ。
市人権・同和施策課などによると、職員は2001年9月、部落解放同盟奈良市支部協議会の副議長に就任。市長らが出席する年1回の全体交渉のほか、課題別の交渉や協議のため、日常的に市役所に来ていた。 同課は「既に退職していると聞いていた。病気をしているように見えなかった」と話している。
Posted by a at October 20, 2006 14:03
建設的な反論が出来るサヨクは居ないのか
Posted by 暴力温泉芸者 at October 20, 2006 14:04
最近の声欄はこの形式が多いなぁ。
で反論に対する反論は載せない。
Posted by fuc at October 20, 2006 14:05
「歌詞は問題無いが、曲が付けられた時期が問題だから悪い」
って主張か?

曲に何の意味がある?
あるいは明治の創造を全否定かよ。
Posted by mdyaroh at October 20, 2006 14:08
歌詞だけで判断するのがアレなら、別に天皇を称える歌詞でも構わんだろう。
君が代が国歌になったのは戦後ですぜ。
最近まで法律で決まってなかったんだから。
Posted by aa at October 20, 2006 14:08
外国から見たら、一切直接手を汚さずに内紛を起こしてくれてるんだから、こんなありがたいことはないな。
この投稿者は、世界の一般国民はともかく、政府レベルの人間は他国の平和なんて願っていない、できれば内乱でも起こして滅んで、そしたらウチが併合してウマーになるのにと、妄想じゃなく、友好と握手する裏でこっそり工作活動しているのを知らないのだろうかw
ほんと、おめでたい奴ばかりが幅を利かせてるんだな。
Posted by    at October 20, 2006 14:08
なんでサヨってこう電波なんでしょうかね。
Posted by ふじこp at October 20, 2006 14:09
そんな屁理屈はたくさんだ!w



Posted by 耳成 at October 20, 2006 14:10
どうぞ勝手に痛感オナヌーしててください。
Posted by 左手 at October 20, 2006 14:10
君が代の下で犠牲になった人もいれば、ラ・マルセイエーズや義勇軍行進曲の下で犠牲になった人もいるんだが、それはいいのか?暴力的な国歌が平和的に成立するはずがないと思うけど。
Posted by john doe at October 20, 2006 14:11
新聞を考えるときには、それが成立した背景や発行されてきた歴史的経緯を無視できないと思います。

今は反戦(笑)を唱えている新聞ですが、戦前・戦時中どうだったのでしょう?始まったのは何時で、どんな論調だったのでしょう?教えてアカい人。
Posted by はう at October 20, 2006 14:13
アジアの人民に犠牲を強いた、と言う観点からダメというなら 西側諸国の旗はみんなダメじゃん


フランスは民主主義を捻り出したから許される
というのも理解できない

アジアの、ビルマ・インドネシアの指導者たちは日本と共闘して
帝国主義から自由を勝ち取ったのを忘れてるんじゃまいか?
Posted by ふとし at October 20, 2006 14:15
朝日の投稿欄
保守主張を持ち上げて
後になってたたき落とすのが流行っているのか・・・
Posted by 774 at October 20, 2006 14:24
どう考えても筋が通ってない塚越藤司50さい

50年も生きててこの程度かよ
Posted by   at October 20, 2006 14:34
個人的には君が代は辛気くさいので、勇ましい路線を希望。
Posted by Q at October 20, 2006 14:36
>774 様
>保守主張を持ち上げて後になってたたき落とすのが流行っているのか・・・

まぁこれって単に、「保守の言い分も聴いてやらないでもない」とかいうスタンスじゃないかな?

所詮はポーズですよ、ポーズwwww
Posted by 熊蔵 at October 20, 2006 14:46
5
山本一太に製作依頼すればいんじゃね?
http://www.ichita.com/
Posted by 奈々氏 at October 20, 2006 14:49
海征かば 水漬く屍♪
Posted by 新国歌 at October 20, 2006 14:53
塚越氏の文章って、
A=BだからC=Dであり、ゆえにE=Fである。
ぐらいぐちゃぐちゃやなぁ・・・
Posted by しげ at October 20, 2006 15:01

とりあえず、塚越藤司さんは革命が大好きだということだけはわかりました。
Posted by ぎれん at October 20, 2006 15:03
>海征かば 水漬く屍♪

そう言えば、「蛍の光」の3、4番
Posted by Γ8 at October 20, 2006 15:05
質問ごめん。
君が代って天皇を称える歌なの?
Posted by      at October 20, 2006 15:15
そんなに「平和を好む日本人」を否定したいというのか。

そんなに「戦争を好む悪の日本人」ということにしたいのか。

妄想はティッシュにでも書いてろ。
Posted by 青いそよかぜ at October 20, 2006 15:16
最初の投稿をリアルタイムで読んだとき、絶対にこの続編(反論)がある、との予想、見事的中しました。

>保守主張を持ち上げて後になってたたき落とすのが流行っているのか・・・

まあ、プロレスで、最初悪役に好き放題やらせて、あとで形勢逆転のほうが盛り上がる、と同じ手口かと。
Posted by 安之國会 at October 20, 2006 15:19
では、軍艦マーチを国歌にしよう。もともとマーチとしては世界的に評価が高いと言うし、歌詞もいい。
>守るも攻めるもくろがねの〜<
イケ〜ッ、南北朝鮮をぶっ飛ばせー!
Posted by 連合艦隊 at October 20, 2006 15:20
成立した背景が悪いからダメって
日本語に由来する言葉を日帝残滓って言って排除しようとする韓国人みたいだな
Posted by チンドン屋 at October 20, 2006 15:23
フランス革命はあっちの村で数百人、こっちの街で数千人と、派遣された革命政府役員や聖職者の意向ひとつですさまじい粛清と大量虐殺の嵐が吹き荒れたわけですが?
そんなありがたい革命なんぞ経なくても日本はとっくに正教分離してエロ浮世絵や黄草子で表現の自由を満喫しフランスより早く女子選挙権や離婚の自由も持ってましたが?

て言うかフランスだってアジアやアフリカで植民地持ってたじゃん。
Posted by ak at October 20, 2006 15:24
じゃあさ、日本の国歌も「北朝鮮のごとき悪辣な敵を蹴散らして勝利をつかめ」的な歌にしようじゃないか。それなら天皇ではなく日本という国の自由や権利を主眼に置いた歌になるだろうから、塚越さんも納得してくれるだろう。過去の大日本帝国とも縁が切れるし、天皇云々、日帝云々で文句を言っている連中は当然黙るよな?
Posted by マル派 at October 20, 2006 15:32
では朝日のジャーナリスト宣言も過去の実績を踏まえるとジャーナリズムに則った宣言とは言えませんね。
Posted by パスファインダー at October 20, 2006 15:32
>「戦闘的」な例に挙げられた「ラ・マルセイエーズ」は、絶対君主の支配に対するフランス革命の中で作られた歌です。

大序曲「1812年」では思いっきり侵略のテーマとして使われてますが。一方「君が代」は欧米のアジア侵略に対してアジア初の近代工業国家建設を行うという偉業の中で作られた歌です。
Posted by 富士 at October 20, 2006 15:41
>「天皇家が未来永劫続きますように」と祈念する平和な歌である。

平和な歌なのは異存ないけど、「天皇家が未来永劫続きますように」ではなく「大切なあなたが長生きしましすように」と祈念する歌です。

司法通訳井上健史さんにお聞きしたい。
「君死にたまふことなかれ」は「天皇(家)が死に絶えませように」という歌ですか?
Posted by いら at October 20, 2006 15:45
こんつは〜っス、熱闘欲っス。

☆ 汚れた血を我らの畑に流さしめよ
(ラ・マルセイエーズ:崇高なる理想の歌)

★君が代は 千代に八千代に 細石の 巌となりて 苔の生すまで
(君が代:皇国史観に彩られたアジアの人々にアレな歌)

な〜るほどっ!・・・意味わかんねえっス。

Posted by ドウモっス at October 20, 2006 15:49
> では、軍艦マーチを国歌にしよう。もともとマーチとしては世界的に評価が高いと言うし、歌詞もいい。

そう言えば昔はパチンコと言えば軍艦マーチだったのに、最近は聞きませんね。何でだろう。従軍慰安婦とか靖国とか騒がれ始めた頃と一致してるような…www
Posted by おはつさん at October 20, 2006 15:50
フランス革命の暗黒面を知らないんだろうな、この朝日の投稿者は。民主、平等の「美名」の下に三十万人が溺殺されたヴァンデ戦争とか。ロベスピエールの恐怖政治とか。
Posted by まー at October 20, 2006 15:59
5
王制打倒の為の人殺し歌は、結果的に恩恵を受けたとして華麗にスルーできるものの、自国の国歌は歴史と強引に結びつける旺盛なイメージ力が邪魔して歌えない。
やはりどこか奇妙な印象があります。もっとも他国の国歌に文句を言う権利なんざ我々には無いわけですが。
ところで、フランスでは歌詞に違和感を覚える人も多いようですね。ただフランス人の大勢は愛着ある国歌を捨てる気になれないので、変わらないというだけ。いっぽう中国には、そんなナイーブな議論自体が存在しないでしょうな(笑)。

>一方「天皇家が未来永劫に続くよう祈念する」との解釈が専ら

あ、なんかサラっと「専ら」とか言ってるよ、この方。
Posted by 虎御前 at October 20, 2006 16:03
恐らくは記者側が反論を用意してから、井上健史さんの投書を掲載したのでしょうけれど、本当に一読者である塚越藤司さんによる反論だとしたら悲しいもの
がありますね。
きっと何度も推敲を重ねて「これは完璧だ」と自分でも思える反論文章に仕上げて投書なさったのでしょうからw
Posted by サー at October 20, 2006 16:05
とりあえず塚越氏はラ・マルセイエーズの背景と、自由、平等、博愛それぞれのフランスでの解釈を勉強して欲しい。
日本人が考える自由、平等、博愛と違う事を知ったら、どういう反応をみせるか知りたい。
Posted by 名無し at October 20, 2006 16:06
>まー 様

保守主義者は、歴史の教訓を重視する。
進歩主義者は、自らが歴史を作ると確信するので、過去の歴史を軽視する。
日本の進歩主義者は、歴史は教訓ではなく、自らが新たなる歴史を作るための道具としか考えていないので、都合の悪い歴史は無視する、または見たくないものは見えなくなる。

いずれにせよ、そのような事にうつつを抜かし、国歌などに噛み付いていて、今ある現実に即応できないスタンスは…
「あまり生産的とはいえません」



Posted by カバ園長 at October 20, 2006 16:10
>いら さん
この件に関して私はほとんど知識はありませんが、和歌としての君が代の「君」がどのような人物を指すのかはさまざまな解釈があり、またその解釈の多くは「大切な人」であることを前提としているようです。私には貴方の指摘があまり意味のあるものとは思えませんし、ひょっとしたら危険ですらあるかもしれません。

そして「君死にたまふことなかれ」は関係ないでしょ、どう考えても。
Posted by venge(付け焼刃) at October 20, 2006 16:11
フランスも植民地支配をしていた点はスルーですか。
Posted by 黒潮 at October 20, 2006 16:20
際限ない内ゲバ闘争のフランスと和を持って最小限の流血に収めた大日本帝国を比べられてもな。

Posted by もうね at October 20, 2006 16:29
50年生きても馬鹿は馬鹿なんですね
Posted by   at October 20, 2006 16:41
フランスの革命は人権ファシズムの成れの果て。共産主義国家になっててもおかしくない程の出来事。美化されてる方がおかしい。
Posted by あー at October 20, 2006 16:42
いらさん

国旗国歌法案が国会を通過した頃だったでしょうか。それとも施行直後だったでしょうか。君が代の君は誰かについて特集を組んだ見開き2ページの記事を昨日のことのように覚えています。

もちろん朝日さんなんですがw。
元来は、祝辞の対象となる貴方だといったって、国家としての君が代の君は、天皇以外ありえないでしょと。そうでなければ君が代闘争なんてする必要ないわけですし。。。。

君が代を英語の替え歌でってのを思い出しますね。
Posted by Kawai Oyaji at October 20, 2006 16:58
こういうのに反論してると、こいつらの馬鹿が自分にも移るんじゃないかって気がしてきた今日この頃。

塩野七生先生が

現状に不満だが、かといって現状を変える手立てを思いつかない人は、安直な現状批判(=批判のための批判)に走る

と「ローマ人の物語」の中で書いてたけど、この記事の2番目の方(たぶん編集のPN)はまさにそれですね。

現状に対してただ文句を言ってれば自分の誇りが満たせるんだから、オメデタイ人だと羨ましがってあげてはどうでしょう?
Posted by 名前なんか無い at October 20, 2006 17:13
君=天皇じゃねえよ。

詩は平安時代からあって、明治以前からお祝いのときに度々歌われてきたんだって。

作られた背景?

…恋愛?
平和じゃないか。
Posted by ちゃ at October 20, 2006 17:31
朝日によって、サヨクが如何にお馬鹿であるか、サヨクの駄目さが、次々と曝されていきます。
Posted by NOI at October 20, 2006 17:47
http://www.yashimashoji.com/cgi-bin/yashimashojiHP/sitemaker.cgi?mode=page&page=page5&category=0

朝日の「声」は投稿者が実在するか検索しろとw
#無防備だね。

Posted by もも at October 20, 2006 17:53
久々にコメントします☆

…この朝日の反論の内容って、要は
「当時の情勢や背景を良く考えなければいけないんだ!今の価値観で判断するな!」
…て事ですよね?
じゃあ、大東亜戦争や、それ以前の日本国の事を議論する時も当然そうでなければならないと思うんですけど…いわゆる「平和主義」な方達は、どう思ってるんでしょ?
以上、素朴な疑問でした。
Posted by フツー人 at October 20, 2006 17:55
>私たち民主主義の国に住むものは、基本的人権の保障のような形で、フランス革命で流れた血の恩恵を受けているのです。

フランス革命
1793年
1月21日 国王ルイ16世、ギロチンにより処刑
10月16日 王妃マリー・アントワネット、ギロチンにより処刑
11月 7日 オルレアン侯、ギロチンにより処刑
Posted by 杉並区民 at October 20, 2006 18:35
君が代やラ・マルセーエーズよりも、
朝日の社旗で帝国陸軍の活躍に思いを馳せるで投稿したらダメエー?
Posted by tatu99 at October 20, 2006 18:37
 井上健史 さんは
仏蘭西・米国・中国の国歌を否定してないよ
流血の勇ましさの代表例として あげてるだけで・・・

 塚越 藤司 さんは
なぜ お仏蘭西の国歌しか擁護できなかったんでしょう??
それに アジアを犠牲にといっても、犠牲を強いたのは昭和初期の一時期だけだよね?(短期間だから良いというわけではないが・・・)
日清は大韓の独立を勝ち取ったし
日露に至っては、アジアどころか有色人種の応援のもとのものでしょ?
アジアにとって 日本は、怖ろしいだけの国ではないのだよ。
希望であり怖ろしい国だったのだよ?

「平和な未来」を望む者は、希望などの+面を忘れ去り、恐怖の−面だけを強調して残してはいけないと思うのだっがっねっ。

Posted by t at October 20, 2006 18:41
我が国の進歩的自由主義者はフランス革命が羨ましくてたまらんのでしょうか。
明治維新は上からの革命で、日本人はお上に逆らえない家畜であり
ひるがえってフランスでは王も王妃も処刑して共和制を確立した、素晴らしい、と。
大正デモクラシーとか打ち壊しとか安保闘争とか、もっと派手に血みどろに盛り上げて
政権も打倒して天皇陛下や内閣首班を処刑してほしかったんだろうな、きっと。
Posted by ak at October 20, 2006 18:55
フランス共和国国歌「ラ・マルセイエーズ」 “ LA MARSEILLAISE ”
作詞・作曲:ルジェ・ド・リール

--- 一番 ---

さあ、祖国の子供たちよ、栄光の日がやってきた

我らに向かって、暴君の血塗られた御旗がはためいている

血塗られた旗がはためいている。

戦場で、どう猛な兵士たちがうごめいている音が聞こえるか?

息子や仲間たちの首をかっ切りに、ヤツらは我らの元へとやって来ている

武器を取れ、市民たちよ、そして軍を組織せよ!

進め、進め、あの汚れた血を我らの田畑に飲み込ませてやるのだ

Posted by 喜多院 at October 20, 2006 19:15
--- 二番 ---

母なる祖国の神聖なる愛の女神が我ら復讐の手を導き、支えてくれる

自由の女神が、愛おしい自由の女神が君を守る者たちとともに戦ってくれる

君を守る者たちとともに戦ってくれる

我らが御旗のもと、勝利が君の勇ましい叫びに答えて駆けつけますように!

息も絶え絶えになった君の敵どもが君の勝利と我らが栄光を目の当たりにしますように!

武器を取れ、市民たちよ、そして軍を組織せよ!

進め、進め、あの汚れた血を我らの田畑に飲み込ませてやるのだ

http://www.geocities.co.jp/Milkyway/7376/chansons002.htm

おおっ。何と「平和と慈愛に満ちた歌なのだ!。これぞ我、国歌!」

好きにしなよ。テロリスト共め。
Posted by 喜多院 at October 20, 2006 19:16
以前もそうだったけど、これで反論できてると思ってるところが、サヨクの限界を感じさせる。
Posted by グレー at October 20, 2006 19:35
イヒヒヒヒ。アサヒは滅びたいんだね。
Posted by っぷ at October 20, 2006 19:39
5
お世辞抜きのこのブログは良い。

絶対に続けて下さい!
Posted by 同意 at October 20, 2006 19:53
「君が代はラブソングだ」ってどこかで読んだな
 なるほどな とは思ったが
Posted by むーん at October 20, 2006 20:00
『模範解答』
確かに、ラ・マルセイエーズなどの好戦的な国歌は世界に数多くあります。
これらが平和の行事であるオリンピックなどで流れる事は悲しく思いますが、フランス国歌はフランス国民のものであり、これを変更するか否かを決定するのもまたフランス国民でしょう。
ですから、私たち日本人は平和を愛する者として、日本の国歌を世界平和を讃えるものへと変え、世界中の国旗国歌を平和を象徴するものへと正していく流れの先駆けとすべきではないかと思います。
Posted by izumi at October 20, 2006 20:01
『ポイント』
・余所はいいけど日本はダメでは筋が通らないので、余所もダメであると断じる。
・しかし余所の事は守備範囲外であることをアピールし、それらへの行動をしない事を正当化する。
・他がやっていない=やらない、では困るので、先駆けという言葉で優越感を煽りつつ正当化。
・自分達を『平和を愛する者』とする事で、『反対する人は平和を愛していない』と間接的にレッテル貼りを行なう

これぐらいやってくれないと張り合いがないですねぇ。
Posted by izumi at October 20, 2006 20:01
戦争するしないにしても、日本、アジアで犠牲はでたんだよな。

あの時代は。欧米の当時の国連(連盟)でさえ白人至上主義真っ盛りだったし・・・。

欧米の蹂躙や中共、朝鮮の内紛は無視ですか??

関係が一方的に悪化してるのは特アだけじゃん。
あの地域は反日で成り立ってるからどうしようもねぇよ。
Posted by 774 at October 20, 2006 20:03
こころの自由裁判弁護団http://www.geocities.jp/kanagawa_kokoro/
法律家・弁護士たち100人が弁護団を組んで ばか・まぬけ・ひま教師を募集しています。おそらく弁護団100人という数は横浜弁護士会の30%くらいになるのだと思います。

http://www.geocities.jp/kanagawa_kokoro/bengo.htm
>弁護団では、神奈川県立学校長と教職員の皆さんに向けて、「『神奈川こころの自由裁判』ニュースレター」を送っています。

ニュースレターとか美名を付けて弁護士たちが学校長に脅迫文書を送りつけています。


集められた教師は神奈川県全体の教師の1〜2%くらいだと思われます。数が少なすぎて職員会議で主導権など取れません。
Posted by viola at October 20, 2006 20:05
>>喜多院さん
フランス、クオリティ高すぎwww

日本の国家って歌いづらいけど厳かで、いいねぇ。

左翼はまともに反論できないなら、自分で国歌つくって提唱すれば?
君が代はだめって言ってる割に、それに変わる唄が出てこない。
結局、君が代以外に国歌はないんだよな。
Posted by 774 at October 20, 2006 20:09
むかし京大にフランス人教授を呼んだのね、んで京大サイドが歓迎の時に他意無くラマルセイエーズを歌ったんよ。そしたらフラ公怒って国にかえっちゃったんよ。調べてみるとフランス革命の時に先祖がギロチンに処刑された貴族だったんだと。んで時の革命歌がラマルセイエーズ。

そりゃ怒るさ。
Posted by かた at October 20, 2006 20:10
むしろ10月14日の朝日は悪い物でも食ってたのだろうかw
Posted by   at October 20, 2006 20:11
>詩は古歌に由来しますが、曲は明治期に天皇の治世を讃える
>歌として作られました。

歌詞に問題があるのではなく、旋律に問題があったのね…。
Posted by 壽 at October 20, 2006 20:13
フランスも中共も
国家の成立過程が最高に血なまぐさいやつらなんだが?
Posted by   at October 20, 2006 20:36
http://www.google.com/search?hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E5%A1%9A%E8%B6%8A+%E8%97%A4%E5%8F%B8&num=50
Posted by 塚越 藤司 at October 20, 2006 20:36
ふむ、14日の編集した奴、減俸にならなかったのかね?(´∀`) 朝日の掲載ミスか(-.-;)
Posted by あきら at October 20, 2006 20:40
基地外左翼教師のブログが9時から討論会!!
http://blog.livedoor.jp/poppo_oota/
http://blog.livedoor.jp/poppo_oota/
Posted by noname at October 20, 2006 20:48
ラ・マルセイーズが、ヨーロッパを侵略したナポレオン時代(フランス革命後)にも歌われていれば、正当性が一気に減少する。
Posted by ぐれ at October 20, 2006 20:55
君が代について
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tpnoma/kimi/kimigayo.html
面白かったのでご紹介
Posted by ぐれ at October 20, 2006 21:01
んー。初代ナポレオンは禁止したようだ。お目汚し勘弁

おんがく日めくり | YAMAHA
http://www.yamaha.co.jp/himekuri/view.php?ymd=19990426
その後1795年に法令によりフランス国歌に指定されたものの、初代ナポレオン、ルイ18世、ナポレオン3世などによりたびたび歌うことを禁止され、「ラ・マルセイエーズ」が国歌としての地位を確かなものにするのは、第三共和制成立後の1879年でした。
Posted by ぐれ at October 20, 2006 21:19
フランス革命の大虐殺を知っていればこんな事は言わないだろうに
Posted by 2772 at October 20, 2006 21:24
ちょっと調べりゃわかることを、なぜ左巻き連中は、書くのか。ここぞとばかりに突っ込まれることが、わからないのだろうか。
よほどのバカぞろいか、それとも逆に、「下々の民」をバカにしているのか。
なんにしても、先は長く無いよな。
Posted by どっち? at October 20, 2006 21:31
フランス革命でどれだけの罪の無い民の血が流れたか想像も出来ないのか?
日本も悲劇はあったけど、ギロチンだらけを回避できたのは天皇という国の中心になるべき権威を殺さずにいたことが大きいというのに。
どちらかというと、世界を征服した大英帝国の「God Save the Queen」と比較せんかい。馬鹿ものども。
Posted by 名無しの権兵衛 at October 20, 2006 21:36
一々フランスを批判する必要はないでしょう。だって、この文章はそれ以前ですから。

天皇陛下の名の下に流された血はいけなくて、基本的人権の下に流された血はいい。殺された方からすれば全く変わりません。
殺されたのが王であれ貧民であれ殺人犯であれ聖者であれお人よしであれ恩知らずであれ老若男女のどれであれ、殺した相手を怨まない人間などそうはいませんわな。

そして、基本的人権のために流された血の恩恵を日本が受けているともし言うのならば、長い間日本を統治して、文化を作り上げて来た皇室の恩恵ももちろんずっと受けているのです。
Posted by 紅 at October 20, 2006 21:41
「過去の罪」を反省するのならば、「全ての罪」を反省しなければなりませんし、「過去の功」を評価するのなら、全ての功を評価しなければなりません。ダブルスタンダードはいい加減に…と言うのも言い疲れました。

加えて、過去を「反省・学習する」のではなく「裁く」などと、思い上がりも甚だしい。時間を越えて他人を裁くなど、何様も許された権利ではありません。
Posted by 紅 at October 20, 2006 21:41
みなさんこんばんは。

>国歌を考えるときには、それが成立した背景や歌われてきた歴史的経緯を無視できないと思います。

→あれ?前にMumurさんの上げてくれた記事で、
「歴史は現在の民主主義の視点から振り返らないと本当の評価は下せない」みたいなこと言ってませんでしたっけ?

もうバカ日とその周りの人達は、一切歴史語るの禁止。
Posted by しがない38歳 at October 20, 2006 21:43
連投すいません。
これですね。
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50644212.html
Posted by しがない38歳 at October 20, 2006 21:48

朝日「中国だからOK」

これが理由なのは分かっているけど・・・どうオブラートに包むのかな?
Posted by M at October 20, 2006 22:01
3
なんかいまだ芝生瑞和あたりのフランス革命=人民革命マンセー本を金科玉条にしてそうな50歳ですね。

「君が代」といえば、ホンカツの「地球の自転が止まり、地表を地衣類がおおうようになっても天皇一家は安泰であることを願う歌」という珍解釈が思い出すたびに笑える。
Posted by 元サヨ中年 at October 20, 2006 22:16
>フランス革命で流れた血の恩恵を受けているのです。

中川八洋著「正統の憲法バークの哲学」読んじゃったんですよ。
そしたら、フランス革命がいかにひどいものか、学校で習ったこと皆ウソだって知りました。
朝日記者やこの投稿者は優等生で、学校で教えることはみな正しいと、いまだ信じてるんでしょうね。
Posted by ごじ at October 20, 2006 22:29
スペイン国歌のMarcha Realは好きだけどね。
Posted by んあ at October 20, 2006 22:44
「専制政治より残忍なるは、實に無政府主義である」……フランス革命に自由を夢見たペーンが、現実を知って言った台詞だったかな。それにしても、どうして「君が代の“君”は天皇じゃない」と強弁する人が散見するのだろう。「そうとも、そうでないとも言える」では駄目なのかな。少なくとも、私にとっての“君”は天皇陛下だ。
Posted by YO at October 20, 2006 23:06
>この18世紀の革命で生まれた「自由・平等・博愛」の考え方は、
>日本を含む世界中の近代国家が取り入れました


中国は?韓国は?
ああ、近代国家じゃないからいいのか。
Posted by とーりすがり@Y at October 20, 2006 23:11
そんな塚越さんに
つ「フランス革命二〇〇年」が祝われたパリの先進国首脳会議におけるサッチャー英首相のスピーチ

http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=198

「人権はフランス革命から始まったのではありません。……(それは)ユダヤ教とキリスト教の混合に本当は由来しているのです。……(私たちイギリス人には)一六八八年に、王を制して議会がその意志を発揮した静かな革命がありました。……それはフランスのような革命ではありませんでした。……自由、平等、博愛、これらは義務と務めを忘れたものだと思います。そしてもちろん、博愛は長い間、顧みられませんでした」
Posted by そるだあと at October 20, 2006 23:21
朝日お得意の読者投稿欄による自社の見解披露w
最近は読者の名を借りないと思想を披露できない社会に糸色望した!
Posted by waros at October 20, 2006 23:23
自国に厳しくて他国に甘いとカッコイイっておもってんでしょ。
無責任なだけなのにね。
Posted by あげあげ at October 20, 2006 23:24
(引用開始)
つまり、彼女によればフランス革命は政治における永久の幻想であり、自惚れたインテリたちによって編み出された「抽象的な概念」を旗印にした、ユートピア的な幻想に他ならなかったということなのである。それが先鞭をつけたのは、むしろ一九一七年のボルシェビキ革命であり、それは彼女をしていわしむれば、むしろ自由の否定に他ならないものであった。彼女における「リベラルの拒否」というものの「徹底性」が理解できるだろう。
(引用終了)

だそうです。

>絶対君主の支配に対するフランス革命の中で作られた歌です

反革命勢力に対する膨大な虐殺のなかで作られた歌とも言えるわけで、フランス革命を否定しようとは思いませんが、無条件に手放しで賞賛できるような物でもないと思いますよ。
Posted by そるだあと at October 20, 2006 23:27
安倍訪中時の式典で「君が代」が演奏されてたけど、その事に抗議した人・団体はいるのかな?
Posted by 竹 at October 20, 2006 23:41
いっそ国歌替えますか?
♪赤青黄色は主体の印
♪24時間敬えますか
Posted by 来たさカバ at October 20, 2006 23:54
3
勇ましい歌がいいのならこんなりはどう?

♪反日新聞ん燃え上がぁれ〜♪
Posted by い at October 21, 2006 00:02
自由だの博愛だのを目標として掲げてさえいれば戦争してもいい、というのかな?
朝日にしては面白い話だな。
Posted by K at October 21, 2006 00:04
天皇家(日本の象徴)が未来永劫つづくってことはこの国が日本のまま存続していくってことだろう?

いいことじゃないか、わが母国。

そんな反骨精神あふれる歌詞はこの穏やかな国には
合わないよ。

国がなかったら右翼も左翼もないよ。
Posted by ひも at October 21, 2006 00:14
朝日新聞やめますか?人間やめますか?
Posted by 本格派 at October 21, 2006 00:17
1
だから、君たちの議論を聞いていると君が代に問題があることになるね。
この議論の落ち着く先は国歌を変えることでしかないよね。
第二国歌でもつくりますかね。アメリカ国歌のようにあるいはドイツ国歌のように力強い曲調のものをね。
Posted by パンパンス at October 21, 2006 00:59
左翼とは。
都合の良いところだけ反論し、都合の悪いところは一切、反論しない(見ない振り)連中。
以上。

これだけで、左翼が如何に矛盾に満ち、思考能力が低いかが理解出来る。
Posted by NOMOR at October 21, 2006 01:07
あの投書の理屈なら、源氏物語とか天皇が登場する作品(象徴制以前の時代に作成、象徴制でも文句をつける方々だが)を学校で扱ってはいけないことになると思うのだが、どうなんだろう?

っていうか、本当にそういう理屈ですよね??

日本の作品のほぼ全てを否定するってことなるのか?
Posted by 古典 at October 21, 2006 01:14
あの投書の理屈なら、源氏物語とか天皇が登場する作品(象徴制以前の時代に作成、象徴制でも文句をつける方々だが)を学校で扱ってはいけないことになると思うのだが、どうなんだろう?

っていうか、本当にそういう理屈ですよね??

日本の作品のほぼ全てを否定するってことなるのか?
Posted by 古典 at October 21, 2006 01:17
誰か朝日新聞購読者の方に以下の旨の投稿をお願いします。
「『国歌の平和性 歴史踏まえて(20日)』に反論する。
フランス国歌が例え残酷な歌詞であっても、民主主義を求める革命運動の為に作られた物だから良しとする貴方の意見は解った。
歌詞よりも経歴が問題だとする主張も。
しかしそれならば日本刀等の文化遺産はどうなるのか。千年以上もの間人の血を吸ってきた道具だが、世界に類を見ない精巧さと芸術性がそこにあり、世界的に見ても重要な文化財と言える代物だ。これを破棄するというのか。
こう言えば貴方は『その様に世界で認められた芸術品は別物だ』と言うだろう。
では君が代も同じである。歌詞の原型は古今和歌集(西暦905)に登場し、現型での登場にしても和漢朗詠集(西暦1018)であり、その歴史はとても古く優れたものである。
Posted by 那覇 at October 21, 2006 01:33
続き

さらに、世界中の国歌がマーチなどの西洋風音楽であるのに対し、君が代は日本の独特な音階を使用している。これは世界中で高く評価され、カラヤンを始めとする19〜20世紀のマエストロ達によって「最も荘厳で素晴らしい国歌」と讃えられている。さらにはドイツで開催された世界国歌コンクールにおいて優勝するという名誉を受けている。
つまり君が代とは非常に文化的、芸術的に優れたものであるという事である。貴方はこれを否定しようというのだ。これは明らかな文化抹殺であり、とてもじゃないが貴方の好きな民主主義からは遠く掛離れた行為である。」

という旨の投稿をお願いします。生憎私は朝日購読者ではないので、それが出来ません。
これが掲載されなければ、これまでの『声』のやりとりが朝日のポージングだったという事になります。
Posted by 那覇 at October 21, 2006 01:34
>歌詞だけで平和的か否かを判断するのはあまり生産的とはいえません

ってよ、屁理屈述べてるけど、要は国歌そのもの、そして日本という国家が嫌なんだろう。
はっきり言えよ。日本が大嫌いだから、その国歌を歌うことも、それを認める事もできませんって。
そういう連中はどうぞ日本以外の地上の楽園にでも行って、そして二度と戻ってくるな。
Posted by 烏賊 at October 21, 2006 01:47
国歌の歌詞が気にいらない?議論するのは『自由だあー』しかし、公務員たる教師どもが国から金もらって( r続く
Posted by のむぴょん at October 21, 2006 02:52
歌詞を他国と比べるな!それぞれの国にそれぞれの歴史背景がある!日本の君が代がアジアに迷惑かけた?欧米列強はアジアに何やったか?なんでもかんでもとにかく戦前の日本が悪うございましただ〜・・なんて時代は終わったんだ!
Posted by のむぴょん at October 21, 2006 03:03
少なくとも、公務員たるもの国歌と法で認められた歌は卒業式等の公の場では敬意を払え!たとえ『金太負けるな』とか『お萬小鹿にさわる』とかの歌詞でも国歌になれば歌え!
Posted by のむぴょん at October 21, 2006 03:14
5
パンパンスと言う人は(左翼なのは当たり前として)全く現実を無視した子供みたいな頭の人ですね。
第二の国歌なんて、作れるわけが無い。第二の国歌を作るとしたら当然、国民のほぼ全てが納得いく歌でなくてはならない。だが、しかしそんな歌は存在もしないし作れるわけも無い。
また、もし国民のほぼ全ての合意を諦めて、国民投票の過半数で決しようとしても、いかなるどんな歌も賛成が過半数には及ばないのは自明だ。
Posted by たか at October 21, 2006 03:49
いや、フランスは死の商人と言われ、核保有国だし、
フランスもアジア、アフリカと植民地支配
特に「戦後」も戻ってこようとしたわけですが・・・
Posted by   at October 21, 2006 03:59
アカヒもそろそろ苦しくなってきたな。
Posted by kura at October 21, 2006 04:51
フランスのアフリカ支配は綺麗な支配ですか?
虐殺しまくりでしょう
なんかもう日本の悪口さえ言えばそれでいいみたいな
そんな感じになってきちゃったね、朝日新聞

ところでイーホームズ社長の直訴はどうするの?
朝日新聞の人たち!
本当に左翼を気取るのなら社長のような人は
放っておけないはずだよ
こういう時こそ朝日の出番なんだけど
スルーしちゃったみたいだね

左翼とかいっても朝日の左翼は看板だけだからなぁ
社長みたいな命がけの直訴は見殺し
チベットもウィグルも見殺し
左翼って一体なに?
記者クラブでコーヒー飲んで年収2千万もらえるのが
左翼なの?

Posted by 朝日新聞が必死すぎて笑えますな at October 21, 2006 05:06
んー、いいんでないの? 第二国歌。
問題は、君が代問題ではよく見られる現象だけど、「議論するのもダメ」という論調が、一部にあること。
この間でも中川(酒)が、核保有に関して検討する機会があってもいいじゃないか、と口にしただけであとで撤回させられたように、どうも『議論=悪』と見る向きが議員にあるというのが、自分としては気に掛かる。
やはりこういう問題は「国民的議論」のマナイタに乗せない事にはどうにも解決に至らないので、とりあえずマスコミの人が問題提起してみるのが話が早いかも。

あ、もちろん、現状の国歌は君が代ですので、公立学校の教職員の皆さんは、「とりあえず」式典での奏楽の際には邪魔しないでね。
Posted by ><; at October 21, 2006 06:03
アフリカから黒人をさらって来てアメリカに売り捌いていたのはフランス人。

>そして皇国史観の下、日本国民やアジア諸国の人々は犠牲を強いられた歴史を持っています。こうした経緯を無視し、歌詞だけで平和的か否かを判断するのはあまり生産的とはいえません。都立高校などでの君が代斉唱強制に危惧を覚える一方、歴史的な流れを踏まえて考える必要性を痛感します。

そして人種差別観の下、アフリカ諸国の人々は犠牲を強いられた歴史を持っています。こうした経緯を無視し、フランス革命だけで自由・平等・博愛を判断するのはあまり生産的とはいえません。フランス国内でもラ・マルセイエーズの残虐性が問題視される一方、歴史的な流れを踏まえて考える必要性を痛感します。
Posted by 文太 at October 21, 2006 06:48
「歌詞そのものを比べてみると」
という論説に対して、
「歌詞だけで判断すべきでない」
と反論されても困るな。
Posted by 無名 at October 21, 2006 12:16
詩ができた背景も曲ができた背景も何もまずいことはないんですがね。
音楽はただの音楽ですし。
Posted by しろ at October 21, 2006 12:59
戦争好きの王様やマリーアントワネットやロベスピエールは惨殺しても可w
Posted by MASA at October 21, 2006 15:56
なんか、フランス人も「嫌味か?」とか思いそうな文章。
Posted by SI at October 21, 2006 17:17
共和制と民主制の区別が
付いてないんだよな、こいつら。
Posted by s at October 21, 2006 18:45
フランス人て中国人の思考回路とかなり似ている所多し。(国際的な立場が歴史的に見ても類似点多)

仏国で態々『自由平等博愛』(この言葉はイヤラシくて嫌い)を唱えているのは『自然には有り得無い』からであって、法律が整備されまくっているのも、無ければ弱肉強食の無法地帯だからであって(有ってもかなり無法地帯かも!!)

現在の仏国は社会主義国に成り損ねた共和性国家ですが、革命で王様が居なくなっただけで、この国の本質はなんら変化無し!!なんて言ったって日本なんか比べもにならない位の階級社会の差別社会。
なんて云ったって『エゴイスト』発祥の地ですから。
Posted by 皇国を想う仏蘭西在住大和人 at October 21, 2006 18:51
逆に女王を抱えているイギリス(長期在住経験有)の方がよっぽど『自由平等博愛』が有る。多少の階級の区別は有るが。やはりタイ等を見ても分かる様に君主が連綿と在り続ける国の国民は皆一概にして、穏やか。(君主がそう替わるのじゃ民衆は安心してられない!)

日本も自然と一体の天皇家があらせられる御蔭で、世界で尊敬される今日の日本人の性質が醸造されたといっても過言ではないでしょう。それを表す現国家は大切にしなければなりません。
Posted by 皇国を想う仏蘭西在住大和人 at October 21, 2006 18:51
逆に女王を抱えているイギリス(長期在住経験有)の方がよっぽど『自由平等博愛』が有る。多少の階級の区別は有るが。やはりタイ等を見ても分かる様に君主が連綿と在り続ける国の国民は皆一概にして、穏やか。(君主がそう替わるのじゃ民衆は安心してられない!)

日本も自然と一体の天皇家があらせられる御蔭で、世界で尊敬される今日の日本人の性質が醸造されたといっても過言ではないでしょう。それを表す現国歌は大切にしなければなりません。
Posted by 皇国を想う仏蘭西在住大和人 at October 21, 2006 18:52
連投非常に申しわけない。 現国家×→現国歌〇
Posted by 皇国を想う仏蘭西在住大和人 at October 21, 2006 18:55
フランス革命=「自由・平等・博愛」の歴史観も教科書から削除しましょう。この偽善によって陰謀と工作に基づく国家主義が繁栄することになったとでも修正するべきです。
Posted by ドレッドノート at October 21, 2006 19:41
>文太 さん

たしかパロディでもなんでもなく、実際にフランス国内でも「ラ・マルセイエーズの歌詞は残虐で、小学校で子供に歌わせるのにふさわしい歌詞ではない」てな論争が起こったことはあるみたいです。

>皇国を想う仏蘭西在住大和人 さん

名誉は国王に、政治は選良に、というのは立憲君主主義国のポリシーですが、だからこそ「王制の国で独裁者は生まれにくい」(絶対権力者が出現しようがない)わけですよね。
タイのクーデターでも、あれは「タイ式クーデター」という、なんともややこしい(『国王の承認』が必要)ものでしたが。
Posted by >< at October 21, 2006 22:48
朝日のことだから「絶対、後で反論の『声」を載せるんだろうな〜」と思ってスクロールさせたらやっぱりそうだったか(笑
パターン分かりやすすぎ。
だから天声人語スクリプトなんて作られるんだよw
Posted by 耕一 at October 22, 2006 00:32
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3%E6%88%A6%E4%BA%89
Posted by 名無しの通りすがり at October 23, 2006 17:24
3
http://www.stazzz.net/teensexpics.php <a href="http://www.stazzz.net/teensexpics.php">teens porn</a>
Posted by teens sex at December 05, 2006 14:16