December 16, 2006

【書評】朝日vs.産経ソウル発―どうするどうなる朝鮮半島

出版社 / 著者からの内容紹介
 韓国は今、北朝鮮の「太陽政策」や日韓関係をめぐり保守派と進歩派が分裂。さらに、拉致問題に代表される日朝対立は、日本人の対韓観も引き裂いている。その違いを代表するのが、韓国の政治や社会を一貫して批判してきた産経新聞と、民主化路線を支援してきた朝日新聞だ。その両ソウル特派員による対談が初めて実現!産経的、朝日的な見方になるのはなぜなのか。両者の「バカの壁」を取り払い、深まり行く朝鮮半島危機に立ち向かう日本人のための道しるべに。

内容(「MARC」データベースより)
韓国政治に批判的な産経新聞と、民主化路線支援の朝日新聞。日本人の対韓観を左右する両ソウル特派員が、贖罪史観、対北朝鮮制裁、竹島(独島)問題等で激突! 北朝鮮危機、歴史問題に直面する日本人の道しるべとなる一冊。




mumurは韓国関連の書籍を読むときは蛍光ペンで重要箇所をチェックするんですが、この本はアンダーラインだらけになってしまいました。

黒田氏はコリアウォッチャーの中でも「愛韓」「達韓」「至韓」「快韓」「超韓」という言葉で表現されるべき第一人者であり、もはや説明不要だと思います。
一方で朝日の市川氏は、我々が想定する朝日新聞社員そのまんまの人です。典型的過ぎて笑っちゃいます。

この本は「朝日と産経」「日韓ナショナリズム」「北朝鮮」の三つの章に分かれていますが、注目すべきは一つ目の「朝日と産経」。この章では朝日新聞における韓国報道に対するスタンスがはっきりと述べられています。両者の主張を要約してみます。


市川:韓国に対する批判や描写は配慮しなければならない。何故なら日本人の韓国人に対する差別意識を助長するから

黒田:もう配慮すべき時期は終わったし、そのような配慮が相手を尊敬していることにはならない。むしろそのような配慮は差別意識からくるものだし、平等に思っているなら批判すべきところはキチンと批判すべき。また、朝日が配慮しても、ネット時代には無意味

どちらが妥当な意見かは言うまでもないですが、市川氏の「配慮」に対するこだわりは異常なものがあります。以下、具体的な記述を引用してコメントをつけていきたいと思います。




P.19
市川 その、「黒田式」というのか「産経式」というのか、僕が一番気になるのはその発想なんですよ。結果として韓国を下に見ていると言うか。韓国が日本離れできていない、と言って「ありがたくも切ない風景」とか、植樹されたリンゴを盗む光景に「感情に忠実な韓国人」とか、からかって揶揄している。これが、相手がコリアじゃなければ、僕も知識がないから、すっと受け入れてしまうのかもしれないけど、コリア的なものをあえて出して、やっぱりそうか、という記事を書いたときにね、長い目で見て、韓国に対する日本人の考え方を変な方向に導くんじゃないかと思うんですよ。


P.21
黒田 暖かく見守ってあげて、そういう嫌がることは言わないようにするのが親切なのか。相手を尊敬したことになるのか。

黒田 本当は低く見てるのに見てないふりをしてるほうが、逆に傲慢じゃないのと思ったわけです。


P.32
市川 日本と韓国の関係で、韓国の嫌な部分を「嫌だ」と書くと、それを読む読者には「あ、やっぱり」という思いもあって、ざまあみろとか、こんなもんだよなあ、とか、韓国を軽く見るような風潮が結果としてできてしまうんじゃないですか。韓国はもう特殊な国ではないというのは理想で、きれいごとで、最前線で取材している黒田さんや僕たちがそれを書くのはハレーションを起こしますよ。キムチの悪口くらいはいいけど、歴史感覚にあまり親しんでいない人が、いま「あ、韓国ってこうなのね」と誤解を与えかねない。


P.33
黒田 日本と韓国は過去に支配、被支配の関係にあった、だから韓国は被害者、弱者、あるいは同情すべき対象だとみるというのは、それもある種の優越感じゃないか。だから、普通の国、普通の外国として対等に考え、対応することが相手にとってもいいことなんじゃないか、それがまともな付き合いではないかと僕は思った。


P.38
市川 配慮をちゃんとするならいいですよ。ところが現実に起きていることは、政治家の核武装論とか、靖国参拝問題にしたって、首相だけの問題じゃなくて、周辺の政治家達が「従軍慰安婦の記述が消えてよかった」と言ったりします。要するに相手の感情を逆なでするような言動が、ひとつひとつは日日問題かもしれないけど、そういうのが連続しているじゃないですか。それは韓国だって気を悪くすると思いますよ。


P.59
市川 いや、僕は基本的には報道機関が韓国を批判することは適当ではないと思いますよ。


P.70
黒田 今でも僕が韓国批判をすると市川さんは差別的とか、優越感であれこれ批判しているとか、冷やかしているとか、バカにしているとか批判する。

市川 正確に言うとですね、黒田さん御自身はそうではないかもしれないけど、読者をその気にさせちゃう(笑)。黒田さん、大記者なんだから、責任持ってもらわないと。

黒田 あのねえ、市川さんも朝日新聞の記者たちも韓国で生活すれば、こりゃアカン、こりゃなんじゃと、非公式には凄く文句を言ってるわけですよね。でも、そう書いちゃいかん、日本人に向けてそれを言うと韓国に対する差別、偏見を助長すると。僕も最初はそう思ってましたが、途中からそれはやっぱりよくないんだと。逆に偽善的だと・・・。

市川 偽善ではなく、マナーが必要だと言ってるんです。

黒田 事実として問題があるなら、それを隠したり見ないふりをする方が逆に問題をこじれさせるのではないかと。日本統治時代に日本人が威張ったということを含めてそうなんだけど、日本人にそうさせた、そう思わせた理由が韓国人の側にもあると思う。仕方ないんですね、これは。どこの国の人も同じようなことをやってると思う。むしろ日本人は韓国人に対して比較的配慮してきたと思う。特に戦後の贖罪教育を受けた僕らの世代は。繰り返すけれど、韓国はもう過去の韓国じゃない。言いたいことを言っていいんです。批判していいんですよ。その結果、日本人が偏見を持つか、差別意識をもつかどうかは別の問題です。昔は我々メディアが情報を独占していたが、今や読者、視聴者たちが独自で情報を得ているし、ビジネスを含め色々な接触があるわけだから、国民が自分で判断することが出来る。配慮する方が朝日の妙な差別意識なんですよ。ある意味では。

市川 差別意識なんて、ないつもりですけど。

黒田 相手をまともに見ていないんだな。


P.121
市川 韓国を下に見るっていうか、黒田さんと直接話しているとそうは思わないんだけど、韓国の形容詞で言えば「コソハダ」あるいは「フリョンハダ」、いい気味と言うか、胸がスカッとするというか。どうして黒田さんの記事を読むと溜飲が下がるのか。読んで、「ああ、やはり韓国はそういう国なんだよね」と。「ああ、さすが、韓国は大した国だ」という方向ではないという気がするんですよねえ。目からウロコが落ちたとか、ああいいもの読んだ、自分の教養が深まった、ではなくて(笑)。

黒田 しかしね、下に見るか、あるいは対等な立場なのかって言う問題はね、繰り返しになるけど微妙であって、ある面、仕方がないことがあるんですよ。

市川 日本の成熟度とかだって、威張れるものでしょうかね。隣国にケチをつけるまえに日本だってまだまだというべきじゃないですか。



如何ですか、みなさん。
mumurは読み進めてアンダーラインを引きながら、「ウハハハハ!!キタキタキター」と笑いが止まりませんでした。

市川氏の主張を読んでて感じたのは、黒田氏の言うとおり「こいつ、猛烈に韓国人を差別してるな」ということ。本人は「差別意識なんかない」と言ってますけど、潜在意識化に凄いものを抱えている。しかもたちの悪いことに「俺は差別意識はないけど、読者は差別意識を持ってるからそれを煽らないようにしなきゃならん」というニュアンスのことを言ってる。これ、非常に重要なポイントです。
所謂良識派とか擁韓とか揶揄される人たちは、「私は善人だけど、お前らは悪人だよね」というスタンスの人が多い。松井やよりもそう。曰く、「日本軍は悪だったけど、うちの父は悪いことをしてなかった」。
そして、その「悪」を攻撃することによって、自分の立場を絶対的な「善」と位置づける。市川氏もこれと同じで、「俺は差別者じゃない。何故なら差別者を生み出さないように情報をコントロールしてるから」と自己肯定に利用してる。




P.39
市川 むしろ、いままでタブーとされてきたことを思い切って言った、おお!!ともてはやされるような、変な風潮がありますよ。石原慎太郎・東京都知事の「三国人」発言にしてもね、麻生太郎氏の「創氏改名は朝鮮人が言い出したことだ」とかにしても。不幸なのは「言い出した人もいた」し、「日本統治下でいいこともした」、それは歴史的事実でしょう。でもそれを政治家が言う。恨や怒りが残っている人を無視したかのように、日本にとっていいことだけを言ってるように聞こえるわけですよ。1から100まで悪いことばかりじゃなく、こういう悪いことをやった、でも中にはいいこともやった、って言えばいいのに、なんでわざわざ、一部の人が喜ぶような言い方をするのか。


P.40
黒田 ところが韓国を刺激する妄言事件というのは、メディア、特に朝日新聞が問題部分だけをピックアップするんですね。そして「反発が必至だ」などと書く・・・。




話が噛みあっていない。
市川氏は「『いいこともしたし悪いこともした』と公平に言うべきだ!!」と主張してるのに対して、黒田氏は「『いいことしかしていない!!』と改竄してるのはお前ら朝日新聞じゃないか」とツッコミを入れている。
んで、この後に市川氏は「政治家は自分の発言がどこにどう伝わっても正々堂々としていられるようであってほしい」なんて言い訳してるんだけど、それは違うだろ。お前らマスコミは事実を正確に伝えるべきであって、特定の政治的意図を持って発言を編集するのは捏造と同じ事。




P.43
市川 日本でこの問題を追っていた僕らは、裁判にもなっているし、被害者が現存し、相当な高齢になっている、でも日本は何もしていない、何か出来る余地があるんじゃないか、日本政府の責任と関与について日本人として考えるべきなんじゃないか、そういう問題意識でやっていたのに、例えば韓国マスコミは、挺身隊イコール慰安婦であるとか、誤解を植え付けて、外交問題になって、宮沢首相も謝罪せざるをえなくなって、そのうちに黒田さんが「慰安婦狩り証言はウソだ」という記事を書いて日韓関係もぐちゃぐちゃになった、日本の国内も右左に分かれて論争になるし、運動団体の中でも分かれるし、結局あれはなんだったんだという忸怩たる思いは今もあります。


P.44
黒田 韓国人は過去史の清算という表現が好きですが、日本との関係で本当は今、過去のことが清算されるのは嫌なんだな。清算されて欲しくない。なぜか。清算されると日本に何も言えなくなるじゃないですか。(中略) 国家、民族として日本に対する優越感であるとか、日本を道徳的に低い存在とみることによる満足感、優越感といったこともそうですね。


P.55
市川 「慰安婦の強制連行はなかった」という論がまかりとおっています。黒田さんの調べでも、強制連行はなかった、あったと言う人の証言はウソだったという。現実に韓国だけでも100人以上の元慰安婦がいますが、僕の取材でも、腕を引っ張られて、猿ぐつわはめられて、連行されたという人は一人も現れていません。だから、強制的ではなかった、さらに、慰安婦問題はなかったとさえ言う人がいるわけです。でも、そうじゃなくて、証言の共通項を見ていくと、あの人たちは貧乏な家で、女衒にだまされて、気がついたら戦地に行かされて、中国などで慰安婦をさせられた。(中略)構造的にみたときに、日本には責任がないとはいえない、という思いがずっとするんですね。



従軍慰安婦問題に関する発言から。
「どの口が言うかー!!」とほっぺたをグリグリしてやりたい気分です。

「韓国マスコミは、挺身隊イコール慰安婦であるとか、誤解を植え付けて」だそうですが、この誤解は朝日新聞が発端です。人のせいにしてはいけません。

また「強制連行はなかったけど、問題はそこじゃなくて構造的に見ると日本にも責任がある」とのことですが、投げたボールがホームラン打たれて「今の練習ね。次から本番」と言ってるようなものですな。そもそも強制連行説を言い始めたのは朝日新聞なのであって、嘘がばれてから「問題はそこじゃない」という言い訳は通用しない。「構造的には日本にも責任がある」という主張そのものにはmumurも特に反対はしないが、問題なのは当初の強制連行説にケジメをつけていないために、国際的には強制連行説が広まっちゃっているということ。筋としては「御免なさい。強制連行説は嘘でした。しかし、これからは構造的な問題として慰安婦問題を追及していきます」と国際的にアピールして強制連行説を沈静化させなきゃならん。それをやらんから朝日新聞は猛烈に批判されているわけ。




P.61
黒田 だいたい一国の政府の公式文書に「日本の良識ある市民運動とネットワークを構築して」なんて文句が登場する国はありませんよ。



「ノムヒョン政権がNGO的である」という話題で登場した文句。
個人的にツボにはまって、ゲラゲラと笑い続けました。




P.61
黒田 彼らにとって自分達はいつも正義であるわけで、その正義にくみする勢力は良心的となる。これがコリア的世界観です。

P.62
黒田 コリア的世界観はね、一種の小華思想ですよ。自分達が中心にあるわけで、そこを基準に良心、非良心、道徳、非道徳を考える。韓国的儒教意識というか。



韓国人と付き合う際にはこのことは絶対に知っておかなければならないと思うのだが、多くの日本人は知らない。この韓国人の性質はつまるところ「自己中心的」ということなのだが、朝日新聞としては「韓国人が自己中心的である」ことを日本人に教えることは差別につながるので情報としては出てこないと。しかし、前もって心構えがあるのとないのとじゃ、事実に接した場合の印象が全然違ってくると思うのだが。




P.65
黒田 韓国人は日本と戦ったという抵抗史観で教育してるが、実際は戦争などしてないし勝ってもいないわけでしょ。(中略)逆に日本人だって、韓国にこてんぱんにやられて敗退しておればすっきりしてるわけだけど、逆にわれわれはコリアンと一緒に戦場で戦い、コリアンたちもそれなりに納得して、ある種の共同体をつくったのじゃなかったのかと。それを、今になって、あのとき俺たちは日本支配に反対していたんだ、恨んでたんだ、憎んでたんだ、日本と戦争してたんだと言うので日本人は納得できないのですよ。



韓国擁護者の主張でいつも納得行かないのはこの点。
よく「アジアの被害者」の代表として中国と韓国(北朝鮮)が挙げられるけど、中国はまだしも韓国は全然関係ないだろ。むしろお前らは日本と一緒に「加害」に加わった立場。「お前ら日本に協力したお陰で俺達も酷い目にあったぞ!!」というのであれば、日本人としても謝罪する余地は十分にあると思うが、他のアジア諸国の代表者みたいな面をして被害者の立場を主張するのは全く理解できないし、これに同調する日本人の馬鹿共にも吐き気がする。




P.67
黒田 ただね、市川さんもさっきからしきりにおっしゃる、日本では朝日新聞をはじめ進歩派がよく言う在日韓国・朝鮮人の国籍問題ですが、ある時期、自動的に彼らは日本籍を失ったことを「剥奪」と言う。その時点でなぜ選択させなかったのかというんだけど、それは時代状況を無視した議論ですよ。日本敗戦の状況下で、日本はもちろんそれを問う状況ではないし、彼らの中にもそんな発想、要求はなかったんじゃないの。石原発言じゃないけれども、いわゆる「第三国人」ながらある種の戦勝国気分にひたった時期があったわけでしょう。その結果、戦後日本社会でいろんなトラブルもあったようだけど。

P.68
黒田 日本が敗戦国で、しかも戦犯国と国際社会で断罪されている状況下で国籍選択っていうのはどうだろう。それはやはり後知恵だと思いますね。



市川氏の「終戦後に在日に日本国籍の選択の余地を与えなかった。差別だ」という主張に対する黒田氏の反論。
「俺たちは戦勝国民だ」と騒いで、各地で不法占拠・強奪・強姦を繰り返していた民族が、なんでわざわざ敗戦国民の国籍取得を希望するのか。黒田氏の言うとおり後知恵であり、当時の状況を無視した綺麗ごとに過ぎない。市川氏、あえなく撃沈。




P.159
黒田 たとえばなぜもっと早く拉致問題がわからなかったのか。産経がいち早く報道し、朝日はなぜ決定的に後れをとったのか。朝日にとってはつらい問題ですが、責任は重大です。北を甘やかしてきたのは朝日ですからね。僕が前にいた共同通信もそう。なぜ甘やかしたのか。戦後の日本のジャーナリズムの北朝鮮観のポイントは、一つはソ連、中国を含めた社会主義幻想があった。思想的トレンドとして社会主義にシンパシーを抱いていた時代でしたからね。もう一つは過去の歴史に対する贖罪意識です。この二つが北朝鮮問題に凝縮されたと思っています。そこから北朝鮮は批判の対象ではなく、理想であり評価すべき対象であり、温かく見守ってあげるべき国となった。それが50年間続いた。それを主導したのが朝日ですよ。社会主義幻想と贖罪意識の二つは朝日の「理念」として続いてきた。その結果、北朝鮮が甘やかされ、拉致事件にまでつながった。市川さんはどう思いますか?

市川 それは全くその通りだと思う。

黒田 やけにあっさり認めるんですね(笑)

市川 これは反論できません


P.162
市川 証拠もないものは無罪の推定が働くと、裁判か何かのように考えてしまった。親の立場に立つべきだったんです。突然、娘がいなくなった。おかしい。北がやった状況証拠はある。突き止めたいと考えるのが普通の発想なのに、無罪推定に走った。



しかし、朝日新聞は全然反省してないと思うけどね。
未だに朝鮮総連の提灯記事を平気で掲載してる。




P.182
*従軍慰安婦
旧日本軍監督下の慰安所で軍人、軍属を相手に売春させられた女性。5万人とも20万人ともいわれ、慰安所は中国や東南アジア、太平洋の日本軍占領地に設けられた。慰安婦は朝鮮半島出身者が多い。1990年代に韓国人の元慰安婦が日本政府に対する補償を求める訴訟を起こし、人権侵害、性犯罪として広く知られるようになる。96年には国連人権委員会が日本政府に法的責任受諾や国家補償、加害者処罰を勧告。しかし国内外から反対も起こり、済州島で女性を拉致して慰安婦にしたとの証言は事実でないと秦郁彦氏らが調査で指摘し、「慰安婦狩りはなかった」と報道された。教科書への記述の是非や補償のあり方をめぐり論争になっている。



巻末の注釈における従軍慰安婦の説明。
「旧日本軍監督下の〜売春させられた」という文章は、主語がないために「日本軍が売春させた」と読者に誤解を与える効果がある一方で、「日本軍が売春させたとは書いてないですよ」と言い逃れることも可能という高度な技術を使用している。ノーリスクハイリターンなおいしい文章。
また、「慰安婦は朝鮮半島出身者が多い」という文章も同様で、読者に「従軍慰安婦の大部分は朝鮮人だったのだな」と誤解を与える与える効果がある一方で、「『最も多い』とは書いてませんよ」と言い逃れることが可能である。
いずれも「言葉の力を信じている」会社ならではの名文。


P.186
*総連と民団
在日韓国・朝鮮人の民族団体。民団は韓国を、総連は北朝鮮を支持。戦前・戦中に日本に連行されるなどした人たちが、戦後帰国運動や権利擁護のために総連の前身を結成。



同じく巻末の注釈から。
またまた同じように、読者に「やっぱり在日は強制連行されて仕方なく日本に住んでいるのだな」と誤解を与える効果がある一方で、「『連行など』ですからそれ以外の人もたくさんいましたよ」と言い逃れることが可能な魔法のような文章。
何気ない「など」だが、あるのとないのとでは大違い。たった二文字に無限の可能性を感じる。山椒は小粒でピリリと辛い。



以上、こんなところですが、非常に面白いのでお手元に一冊あっても損はしないと思います。他にも竹島や韓流ブームにたいする記述もありますし、対談形式なのでスラスラと読めてしまいます。出版社が朝日新聞なのが気になりますが、朝日新聞に対する批判をバリバリに載せている点を評価して購入しました。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mumur/50708231
この記事へのトラックバック
11月11日、自身のブログで、個人事務所の経理を担当していた男に会社の金を横領されていたことを告白した飯島愛(34)。 そのショックからか、翌12日の生放送「サンデージャポン」をドタキャンし、今月3日にも風邪を理由に欠席。大迷惑を被ったテレビ関係者からは「仕事をナ...
飯島愛引退?そしてAV復帰か…【飯島愛 ついに引退?】at December 16, 2006 21:05
真実に近づかせるな、レッテルを貼って防御せよ 近年、護憲・左翼勢力、親中国・北朝鮮・韓国勢力、マスコミなどが退潮傾向にあることは否定できません。 インターネットの発達により、これらの勢力が長年ついてきた嘘がばれ始めたからにほかなりません。残念ながら、これ....
戒律その四 真実に近づかせるな【憲法九条教】at December 16, 2006 21:50
【書評】朝日vs.産経ソウル発―どうするどうなる朝鮮半島 http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50708231.html
こんな駄文を見ている場合ではない!【駄文垂れ流し】at December 16, 2006 23:32
【朝鮮日報】 日本の教師も日本社会の右傾化憂慮 朝鮮日報・新韓銀行主催「日本の中の韓民族史探訪」
韓国紙と共に右傾化を憂慮する日本人教師達【東亜ニュース+】at December 17, 2006 01:42
【中央日報】 【社説】スパイ行為も思想と良心の自由なのか
【韓国】民労党が発表、スパイ行為も思想と良心の自由?【東亜ニュース+】at December 17, 2006 02:03
女子●学生らをAV業者に斡旋したとして5人・・・逮捕。既に一本5万円でAVに出演してお金ももらっている彼女らの衝撃の作品内容とは!?
「女子●学生がAV出演!!5万円の内容とは!?」  【⇒⇒★アダルトニュース★⇒⇒】at December 17, 2006 09:39
人気AV女優は…「SOD大賞」 元アイドルからデビューした範田紗々! 人気AVアイドルを多数抱える製作会社、 ソフト・オン・デマンドによる 「第5回SOD大賞」が今月14日、 都内で開かれた。 大賞には現役む
SOD大賞、人気AV女優・大賞に範田紗々【芸能アダルト新聞】at December 17, 2006 11:35
埼玉で見つけたセーラ服の女子高生。きれいな美巨乳と「やん、やん」と小さく漏らす喘ぎ声がたまりません。援交初体験って事でなんとたったの2万でOKでした!おまけにハメ撮りまで・・・
純粋そうな女子高生をいただいちゃいました!!【ナンパで即ハメ!!】at December 17, 2006 11:52
仕事でよく使う駅前のマクド●ルドで働く金髪ギャルをナンパでGET!超美巨乳の彼女に制服を着せたままハメ撮りしちゃいました!!動画をアップしたので制服フェチのかたはどうぞご覧になって見てくださいw
「マクド●ルドで働く美巨乳ギャルとハメちゃいました!」  【★★制服の彼女★★】at December 17, 2006 14:21
【はじめまして。突然こんなこと、すいません。】僕の妹は今中学2年です。今年の春から、様子が変で。妹は、部屋で自慰していたんです。僕は最初それを壁越しに知りました。何か、声がしていたからです。妙な気持ちになりました。僕は覚悟を決めて、妹の部屋のドアをノック...
処女のくせに、オナニーばっかりしているからこんなことになるんだ。【◆=僕の妹=◆】at December 17, 2006 16:32
朝日vs.産経ソウル発―どうするどうなる朝鮮半島  内容についての紹介はmumu
アカピの自傷本【ツルのはきだめ】at December 17, 2006 17:24
【ネットウォッチング】新しい感性で作る2chを 少し前の話になるが、11月19日に投開票が行われた沖縄県知事選では、与党系の  仲井真弘多氏が当選した。2ちゃんねるには早速、スレッド(特定の話題を扱う掲示
「2ちゃんねるの"サヨク哀れ"等の書き込み、そろそろうんざり。新しい感性の2chが見たい」…産経新聞【ニュース69】at December 17, 2006 18:08
・ロシアの地下鉄通勤は 混雑ってレベルじゃねーぞ! (Hiroiroより) ・「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」最新ムービー公開中 DS買おうかな・・ (Gigazineより) ・Coolデザイン広告 (Hiroiro) あら、いいですね〜 ・【書評】朝日vs.産経ソウ...
12月17日日(ロシアの地下鉄通勤など)【記憶激情】at December 17, 2006 19:01
羽田夕夏無料エロ画像25枚。AV女優羽田夕夏の ヌード メイド 美乳 おまんこ 無料画像 【 根本はるみ セクシー巨乳水着画像Part1 】 市川由衣 NANA2主演決定!!!女優グラビア画像 【石川梨華】セクシー水着 バニーガール瀴B
仲間由紀恵 松本潤 エロ 水着 画像【無修正アイドル画像庫】at December 18, 2006 20:33
mumurブルログの書評が面白かったんで、『朝日vs.産経ソウル発―どうするどうなる朝鮮半島』を買ってみた。 まだ読んでる途中だが、黒田さん圧倒的。ってか、よくこの内容で出したな、朝日。
買ってみた【帝國軍マーチ】at December 19, 2006 09:33
mumurブルログ様にて『朝日vs.産経ソウル発―どうするどうなる朝鮮半島』とい
もういっちょ書評。【ぐっじょぶろぐ】at December 20, 2006 09:56
【プロフィール】○芸名 小倉優子 ○フリガナ オグラユウコ ○誕生日 1983年11月1日 ○星座 さそり座 ○出身地 千葉 ○性別 女 ○血液型 B型 ○身長 162cm ○スリーサイズ B80 W56 H83○ジャンル タレント ○デビューのきっかけ スカウト ○趣味 料理 ○特技 ピアノ フルー...
小倉優子 パンチラ 水着画像Part1【女優・アイドル画像】at December 20, 2006 22:01
朝日vs.産経ソウル発―どうするどうなる朝鮮半島 今日は書評です。mumurさんとこでも取り上げられてたんで一度読みたかったんですが、先日久方ぶりにでかい本屋に言ったんで買ってきました。 この本、韓国ウォッチャーでもあり、真の意味で親韓派の産経・黒田氏と、言わ...
朝日vs産経【まぢめな話】at December 30, 2006 11:44
1 そーきそばΦ ★  : 2012-04-03T13:50:45Z[ID:???0] 【ロサンゼルス=西島太郎】米カリフォルニア州北部オークランドの私立オイコス大学で2日、 男が銃を乱射する事件があり、少なくとも7人が死亡、3人が負傷した。  警察は、韓国籍の男(43)を逮捕した
【米国】大学で銃乱射、7人死亡…韓国籍の男を逮捕★5【ニルス】at April 03, 2012 18:08
この記事へのコメント
最近、青い部分を読む気がしません。
病気でしょうか?
Posted by t at December 16, 2006 19:59
これは面白いわ
Posted by s at December 16, 2006 20:07
>僕の取材でも、腕を引っ張られて、猿ぐつわはめられて、連行されたという人は一人も現れていません。

じゃあ、それを朝日の3ホンダに何故教えなかった?
Posted by hiro at December 16, 2006 20:11
アサヒが末期だ。
Posted by っぷ at December 16, 2006 20:12
長文引用&解説、mumurさんお疲れさまです。
なんだかおいしいところは既にここに書かれているような気もしますが、この本面白そう。買って読んでみよう。
Posted by ふじこp at December 16, 2006 20:12
すごいな、このやりとり。
めっちゃおもしろい!!
Posted by さくら at December 16, 2006 20:22
1ゲット
Posted by 大似田 厚 at December 16, 2006 20:25
黒田さんやっぱり最高!!
Posted by ぽっぽ at December 16, 2006 20:30
世の中には悪い人も多くいるから、無闇矢鱈に知らない人を信じてホイホイついていったりしたらダメだよ。最近は知ってる人も同じだよ。

みたいなことを、純粋培養閉鎖空間である学校で教えず、その結果、社会に戻ったり、社会に出たりしてから、こんなはずではなかったと、犯罪に巻き込まれて後悔するのはやはり、学校の責任ですよね。

同じように、付き合う相手の本質を意図的に隠蔽して、それを知らずに付き合った結果、ひどい目にあって後悔するのは、隠蔽した組織の責任では無いのでしょうか?

これも、ある種の犯罪では?
Posted by Γ8 at December 16, 2006 20:36
しかしよく朝日がこんなの出せましたね。
Posted by 風 at December 16, 2006 20:36
黒田氏は間違いなく韓国を愛する日本人の
筆頭格だな。

「愛韓」の側から「偽りの親韓」を滅多切り
するとこうなるって本ですな。

朝日が発刊ってーのが驚きだがw
Posted by F-15J at December 16, 2006 20:36
ひとこと、お疲れ様でした。

なかなか面白かったです。
Posted by すりぃぱぁ at December 16, 2006 20:37
論理的な部分で市川氏がサンドバック状態なのに、よく朝日新聞社が出版したものです。

朝日の主張が1Rノックアウトの完全論破本を他社に出されるより、朝日のシナリオどおりの負け方が出来るように自社で出版したのでしょうか?
Posted by dktnh at December 16, 2006 20:38
朝日も、辛いのだな…
Posted by レビル将軍 at December 16, 2006 20:38
圧倒的じゃないか、黒田さんは。
あえて言おう、カスであると!
産経が全国展開の暁には朝日を叩く!徹底的にな!
Posted by バルタ at December 16, 2006 20:41
>P.59
>市川 いや、僕は基本的には報道機関が韓国を批判することは適当ではないと思いますよ。

韓国(というか朝鮮)を特別視している事を白状した文ですね。
本気でこんな事を考えている人が報道機関にいると思うと目眩がしますわ。


>「どの口が言うかー!!」とほっぺたをグリグリしてやりたい気分です。

ハハハ>(゚д゚)
ほっぺたグリグリっつーか、こう、アイアンクロー的な事をしながら言いたいですな。
Posted by アンカー at December 16, 2006 20:44
読者がどう判断するかを考慮して記事を書く、これ記者が読者を見下ろして書いていることになると思いますが、どうでしょう。記者はありのままを報道して、判断は読者に任せる、それが本来の報道では。記者が事実を自分本位で書き換えても、新聞以外に多くの情報をわれわれは得ることができるので、そんなことをやれば偏向報道と糾弾されるのは目に見えているのに、それが分からない記者がまだいるのですね。
Posted by かなわん at December 16, 2006 20:50
この本の解説で、

「黒田さんも『「黒田式」「産経式」』の対韓観で一食に日本が染まることに対しては懸念をしている」といった趣旨の文章を見たことがあります。






…たしか朝日新聞で。
Posted by カバ園長 at December 16, 2006 20:50
>歴史感覚にあまり親しんでいない人が、いま「あ、韓国ってこうなのね」と誤解を与えかねない。

誤解も何も、それが事実なんですよ。
日本人的な感覚からしたら「誤解ではないか?」と思っても仕方が無い事ですがね。
この市川さんは「日本人的な感覚=世界共通の感覚」と勘違いしています。
実際日本人的感覚は、良くも悪くも 日 本 国 内 でしか通用しないんですよ。
日本人的な感覚でそのままいったら、欧米、中東、東南アジア、特定アジアではそれぞれ違った意味で痛い目に遭います、確実に。
Posted by フェンリル at December 16, 2006 20:50
ttp://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d68032608?itemStyles=&u=
Posted by これも at December 16, 2006 20:51
>韓国マスコミは、挺身隊イコール慰安婦であるとか、誤解を・・・

これは、朝日新聞は韓国マスコミですという自白^^;
Posted by かぼちゃ魔法師 at December 16, 2006 20:51
朝日新聞は国民の教育機関じゃない。余計なフィルターはいらないから正確に報道しろ。
Posted by あ at December 16, 2006 20:51
5
朝日は、とことん馬鹿だな。受け狙いか?地上最悪の遊園地、とかいう、どこかの宣伝の真似して、売り上げ狙いか?おむつやパンプスと発想同じだな有名大学でても、内容が伴わないのは、使えない証だな
Posted by 白兎 at December 16, 2006 20:53
引用お疲れ様です。
黒田さんの本はさんざん読み漁ったので、もういいかなという感じがしていたんですが、これはおもしろそうですね。
いまから買いに行ってきます。
Posted by じゃリン子テツ at December 16, 2006 20:53
拉致問題が『推定無罪』になって、
慰安婦問題が『推定有罪』・・・
相変わらず朝日のダブスタも見事です。

良書紹介ありがとうございます。
しかしほんと、この本で世論どうするつもりなんだろ<朝日
Posted by ヵッォ at December 16, 2006 20:56
うわ! しかもこれ新書版で735円じゃないですか!
これはお買い得ですねー。
Posted by じゃリン子テツ at December 16, 2006 20:56
誤解が無いように正確に報道すべきであって、余計な配慮を入れて誤解が生じるような報道はすべきではないですね。
Posted by   at December 16, 2006 20:57
>偽善ではなく、マナーが必要だと言ってるんです
それ以前に、真実を伝えることが報道機関の最大の、そして最低限の使命ではないのか?
朝鮮人ではあるまいし、マナー無しで良いとは思わないが、まずはやるべきことをやってから、だよ。
それができなければ、報道機関の存在意義はない。

Posted by アカヒ倒産まで後何年? at December 16, 2006 20:58
黒田さんはさすがですな。
ちなみに自分は韓国が嫌いなのではなく、韓国の反日が嫌いなだけ。
反日日本人と親日韓国人だったら、反日日本人の方が嫌いだし。
残念ながらかの国では親日は社会的に抹殺されてしまうようですが・・・。

それにしてもアカヒを始めとしたサヨク。
これこそまさにどこぞの馬鹿教師が言っていた「偽善者にもなれない偽善者」ですな。
Posted by 反反日 at December 16, 2006 21:10
加藤元幹事長が実家放火を分析

 実家放火の真犯人は誰なのか―。自民党の加藤紘一元幹事長が、山形県鶴岡市の実家放火事件の社会的背景を自ら分析した著書「テロルの真犯人」(講談社)を18日に出版する。
 小泉純一郎前首相の靖国神社参拝を批判してきた加藤氏の実家は今年8月15日の終戦記念日に放火され全焼した。逮捕されたのは右翼団体構成員の男だったが、「真犯人」は構成員を放火に駆り立てた社会風潮ではなかったのかとの観点から事件を読み解いている。 

http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20061216036.html
Posted by すぽにち at December 16, 2006 21:15
読みますた、この本。

市川氏は悪い人ではないんだけど、
「(愚かな)一般読者を正しく
 導かなければっ!」
という意識が強すぎそうな気が
しますね。

ある意味、韓朝鮮人も読者も、
「正しく導くべきアホ」って
意識があると思う。

悪い人じゃないんだけど。
Posted by Rogue Monk at December 16, 2006 21:20
黒やんの正論より

市川の意見に頭が痛くなったのはもれだけ?
もうココまできたら宗教か病気みたいなんだが
Posted by 556 at December 16, 2006 21:27
今回は気合い入ってますね。
しかし黒田さん最近神だなあ。
Posted by 名無しの権兵衛 at December 16, 2006 21:31
5
勝てると思って企画し、度量の広さをみせようとして出版し、「ただ笑われただけ」という・・・。
そのアカヒの姿に、全米が泣いた。

>黒田 だいたい一国の政府の公式文書に「日本の良識ある市民運動とネットワークを構築して」なんて文句が登場する国はありませんよ<

これは確かに傑作ですね。声に出して読みたいくらいです。

>市川 日本の成熟度とかだって、威張れるものでしょうかね

日本及び日本人が未成熟なら「隣国のアバタをエクボに見せても構わない」ということですか、そうですか。
そんなものジャーナリストでも何でもなく、ただの詐話師だろうに。
Posted by 虎御前 at December 16, 2006 21:32
百万歩譲って、市川がアメリカをはじめとした

朝鮮以外の国々にも配慮して、批判的なことを書かないなら

朝日的態度もひとつの意見なのでしょうが

もちろんそうではないわけで

ただの朝鮮至上主義ですな
Posted by あ at December 16, 2006 21:35
黒田さん、マンッシェーーーーー!!


Posted by あ at December 16, 2006 21:36
朝日の記者というのは、基本的に日本人一般は馬鹿の集団であり、我々こそが最も知的で知識も豊富、理解力もふかいと錯覚しているのだと見える。

愚民どもを低くみて自分たちこそが偉いと勘違いしている集団なのだろう。 だからこそ、愚民どもを手取り足取りして導いてやろうという有難迷惑ではあり高慢な鼻持ちならない意見をいうのであろう。

優秀な頭をもち有名大学をでて自分たちこそが一流と考えている阿呆集団が朝日記者であると思われる。全く儒教の思想を具現化したような連中だ。
Posted by まるはげ at December 16, 2006 21:38
>>monkさん

だからこそ、産経の黒田さんも、こいつ自称エリートの差別主義者丸出しの奴だなと、評価したんでしょうね。
Posted by sirokaze at December 16, 2006 21:38
因みにこの本は、まえがきを黒田氏、あとがきを市川氏が書いてるのですが、

あとがきの
「私なりに、『黒田記者の朝鮮半島観』が広がってしまったら、日本はえらいことになる、と危機感をもっている」
というとこがヨイです
(ま「黒田さんも、そう思ってる」てな感じで続けてますが)。
Posted by Rogue Monk at December 16, 2006 21:39
>証言の共通項を見ていくと、あの人たちは貧乏な家で、女衒にだまされて、気がついたら戦地に行かされて、中国などで慰安婦をさせられた。

おいおい、ここまでわかってるんだったら、過去の記事を訂正しろよ。
おかげで、日本は、いまだに世界中から、性犯罪者国家として、見られてるんだからな。
いいか、お前の子も孫も、産まれたときから、性犯罪者にされてるんだよ。

ちなみに、女衒にだまされてじゃなくて、親に女衒に売られて、お金がいいから、自ら進んで戦地に行ったと言えば、もっと正しかったんだがね。
Posted by ばすく at December 16, 2006 21:40
>韓国の政治や社会を一貫して批判してきた産経新聞と、民主化路線を支援してきた朝日新聞だ。

批判はともかく、『支援してきた』と耳障りのいい言葉に違和感を持ってたのですが、朝日側の出版だったのですか。やっぱり(笑
本文では反省しているように見せて、注釈やら細かいところでセコい細工をするものです。浅ましい。
Posted by nix at December 16, 2006 21:42
市川は黒田を
「韓国に都合が悪い記事を書いて勧告差別を助長している記者」
と差別してるな。批判と差別の区別もつかんのかこの馬鹿は。
ちなみに差別とは、相手を下に見ることばかりではない。韓流ブームを捏造してまで韓国マンセーするのも、一つの差別なんだがなぁ。
Posted by gal at December 16, 2006 21:42
このエントリーと、コメントにあったヤフオクの画像を保存しましたのだ。
Posted by ワシ at December 16, 2006 21:43
報道機関は、事実の情報のみを与えてくれればいいんだ。
自分の力で物事を判断することも大事なことでしょうに。
Posted by s at December 16, 2006 21:45
「愛韓」で擁韓をブッた斬る事が出来る黒田さんは正しく「達韓」の域だなぁ・・
凄い。

Posted by 半島大炎上 at December 16, 2006 21:47
知的エンタメとしてもすげー面白い。
買おうかな。

これを(-@Д@)が出したという事実に失禁。
ちょっと見直した。
Posted by momo at December 16, 2006 21:57
購読者数減少中のアカヒ
念願の熱湯欲から収益を得る
ビジネスモデルをついに完成
それが本書である。

同じ本を産経新聞からも発売
すればいいのに。
そしたら産経から買うのになー。
Posted by スワニー at December 16, 2006 22:02
いつも思うんですけど、こういう産経と朝日みたいに意見が違う人、もっと言えば現在の世界観とか歴史観とか理想の世界像とかそれに至るための方法論とかが違う人たち、まったく相容れない人たちが、ずーっと、何百時間も討論し続けたらどうなるんだろう?
こんな2時間くらいで終わるような討論じゃなくて、一日3時間ずつ毎日やって5年くらい討論し続けたらどうなるんだろう?
政治家とかで党が違う人とかも、毎日仕事終わったらメシ食いながらでもずーっと討論し続けてみてほしいな。
Posted by くも at December 16, 2006 22:06
市川さんも、まともな思考能力があるなら、どっちが正しいか判断がつきそうなものですが
Posted by (´・ω・`) at December 16, 2006 22:32
明日買ってこようと決めました。
朝日の収入になってしまうのはちょっと、いやかなり不満ではありますが・・・
Posted by izumi at December 16, 2006 22:33
どこかの芸人さん
漫才形式でやってくれないかな〜
たまにノリツッコミ入れたりして…
Posted by オリゴ at December 16, 2006 22:54
朝日新聞社員であっても、韓国に住むと、ある程度事実を認めるようになってる。

ある意味すごい国ですな、韓国。
Posted by mm at December 16, 2006 23:01
解体的出直しではなく解体せねばならんな、朝日は。
Posted by i at December 16, 2006 23:01
>構造的にみたときに、日本には責任がないとはいえない、という思いがずっとするんですね。
慰安婦の問題に日本に責任がないとは思わないよ。
貧しくて売春せざるを得なかったのは、日本の経済政策が悪かったとか。
朝鮮人の女衒業者が、詐欺まがいの行為を行ってたのは、日本の官憲の取締りがまずかったからだとか。

そういう批判なら、耳を貸すし反省もする。
でも、朝日新聞や朝鮮人の主張する慰安婦問題は、「窓のない列車に押し込まれて強制連行された。私は窓を開けてお母さんと泣き叫んだ」だの、嘘ばっかりっす。
嘘を根拠に反省なんかできないっす。
Posted by そね at December 16, 2006 23:03
スゴイな…朝日はまだこんな化け物がぞろぞろ居るんだろうな…註釈もヒドイ…

>証拠もないものは無罪の推定が働くと、裁判か何かのように考えてしまった。
ここだけその考えかよwダブスタ極まれり。
Posted by 名無しさん37564号 at December 16, 2006 23:04
貧乏・騙され  慰安婦・売春婦になった
日本の女性も そうですね。

でも、それをもって朝鮮女性だけを特別視し、擁護しようとするのを見ると、日本の女性 特に東北の女性を思い、日本人がそういうのか?日本の男がそういうのか?と怒りが湧く(私は 道産子だけど・・・)

ある時期、本土は、安い朝鮮からの米を制限しようとした。
朝鮮総督府は、朝鮮の生活のため金が必要であること、朝鮮は日本であると、説得し本土の女性(日本人女性)が、貧困のため売春せざるを得なかった。
って話を思い出すんですよね。
朝鮮では、日本帝国(総督府・本土)に米を収奪され送った。と非難しますけど。

貧乏・騙されて売春婦というと、「カラユキさん」も思い出すね。
病気で働けなくなった日本女性は、ワニのエサに売られる女性もいたってね。
平均寿命は、20歳程度
墓は100人中1〜2人程度だったとか



Posted by t at December 16, 2006 23:09
この本を朝日がだしたのは、今後を考えたずるい布石に見えるが。嫌韓達韓の意見もちゃんと聞いていましたよという免罪符準備みたいな。流行にのって売れれば金も入るし。
ずっと親韓一本で行く危険性は普通なら感じ取るものですが、教条主義すぎて意地でやりすぎた。反省はしないが逃げられるようにはしておこうと。
まあ、戦時中いちばん戦争を煽ったという日和見の実績もあるし、いいかといった感じでやってるんではないでしょうかね。
Posted by こうもりさんの朝日さん at December 16, 2006 23:20
>論理的な部分で市川氏がサンドバック状態なのに、よく朝日新聞社が出版したものです。

 あるいは、朝日は感性の摩滅が行くところまで行って、市川が完敗していることにすら全く気がつかないのかも知れない。
 まさかと思うが、稲垣武氏の「マスコミ閻魔帳」で毎回えぐられる朝日のいかれぶりからすれば、冗談でなくてあり得る。
Posted by 土門見人 at December 16, 2006 23:25
朝日がこんな対談を含む本出す気になったのはこれの読者は
「市川が正論で黒田はとんでもない差別主義者だ」と受け取ると本気で思ってるからなんじゃなかろうか
Posted by fs at December 16, 2006 23:27
4
ゲーテ:活動的な馬鹿より恐ろしいものはない。

ジード:自分に理解力がないことを苦痛に感じるためには、すでに相当の理解力がなければならない。
馬鹿ほどうぬぼれの強いものはない。

Posted by 格言 at December 16, 2006 23:31
市川氏は黒田氏(産経)のスタンスについて、
ありのままを報道する事が差別視を助長すると懸念していますが、
何の知識もない一般人がそんな記事を読んでも
『へぇー、そうだったんだね〜』と思うのが関の山。

人間の心理として、自分のモノサシを人に当てはめて、相手も同様だとしてしまう部分があります。
mumurさんも指摘していますが、この対談で『差別だ蔑視だ』と言い立てている市川氏の発言にそれがありありと表れていて面白かったです。
きっと朝日新聞そのものが本心では彼らを差別しているのでしょう。


Posted by オサーン at December 16, 2006 23:35
この本が朝日から出版された理由は、色々あるのでしょうが、
最大の理由は、「金になりそう」だからじゃないですかね。

大体、「朝日新書」というプラットホーム自体が、「新書は(ある程度)売れる」というマーケティングによるものでしょうし。

まあ、「こうもりさんの朝日さん」さんが言っておられる「ずるい」理由も大きいでしょうが。
Posted by Rogue Monk at December 16, 2006 23:37
まったくブレない黒田さんは大変痛快だなあ。
Posted by シロン at December 16, 2006 23:47
昔親父と将棋を指していたときのこと。

例のごとく攻め込まれて「ああ、次の手で詰みだな」と観念したところ、親父がどうしたわけか端歩を突いてわざと一手空きを作った。

そのときぼくは非常に強く、
「馬鹿にされた」
と思った。まあそんなことはそのときだけだったけど。
Posted by Tdd at December 16, 2006 23:47
パァッ・・・∧_∧ *   黒田のデタラメ
 *  (-@∀@)   黒田のシャベチュ主義者を
  _φ___⊂) 市川がとことん暴いてやったニダ
Posted by たか at December 16, 2006 23:48
P.162の文章も、ミスリードを誘う為の布石に見えますね
証拠が無くても慰安婦どうのこうの言い出しそうだ

裁判と捜査をごちゃまぜにするなっつーの
Posted by コ…エ… at December 16, 2006 23:48
>市川さんも、まともな思考能力があるなら、どっちが正しいか判断がつきそうなものですが

おそらくは少しは思考能力があって、どっちが正しいか判断ついてるんだと思うよ。
ただ、振り上げた拳を素直に下ろせないのでは?


















なんてね。
Posted by 市川かおり・金子えみ at December 16, 2006 23:48
この本ちょうど今日買ってきて、面白いので一気に読んでました。

市川さんが発言するはしからことごとく黒田さんに瞬殺で論破され、ほとんど公開処刑(笑)といった感じでなのが楽しいですね。まあよく朝日がこんな本を出したなと思いますけど。

それとも朝日脳ではこれは論破されているんじゃなくて、市川さんの正論に黒田さんが妄言で返して恥をさらしてるといった感じに脳内変換されてるんでしょうか(笑)

それにしても日本人が韓国を下に見てしまいそうな事実は、何が有ろうと絶対に報道すべきではないといった感じの市川さんは、自覚はしてないんでしょうけど心の奥底で日本人と韓国人の双方を思いっきり見下しているんでしょうね。
Posted by そるだあと at December 16, 2006 23:55
ふむ、朝日新書ってことで買わなかったけど…買って読んでみますか(^-^)/
Posted by あきら at December 16, 2006 23:57
>dktnh 様書く
>朝日の主張が1Rノックアウトの完全論破本を他社に出されるより
そう言えば皆様、古森義久・井沢元彦・稲垣武各氏の共著による『朝日新聞の大研究』はどうでしょう?
思うに”1Rノックアウト”と言うよりは”最終Rまで弄り倒し(笑)”と言うべき一冊ですが。

本題に入って、市川なる記者が吐いた戯言を観て。
「韓国人」を、「女性」や「障害者」と置き換えてもそっくり通用すると思った僕は・・・・
まさに 「 差 別 主 義 者 」 って事でしょうか(苦笑)。
Posted by 熊蔵 at December 17, 2006 00:02
ふむ お香典代わりに 買ってみるべか
Posted by 殻 粒子 at December 17, 2006 00:07
>黒田氏は「『いいことしかしていない!!』と改竄してるのはお前ら朝日新聞じゃないか」
間違ってますよ
Posted by Q at December 17, 2006 00:08
「朝日は韓国の民主化を支援してきた」
ビールを吹いてしまった。
朝日は昔ことあるごとに韓国を非難して北朝鮮のマンセー記事ばかり書いてきたと言うのに。

あまりのひどさに朝日社内でも「韓国に対するあの偏見はどうにかならないか」という人もいたとか。

いつものことながら、朝日にはこの言葉を贈りたい。

「お前が言うな!!!!!!」
Posted by ぐらどら at December 17, 2006 00:17
mumur氏の解説付きの紹介文を読んで一言。
「対談者のレベルの差が激しすぎる」
両者のスタンスは、
黒田勝弘…親韓ではあるが、韓国の良い面も悪い面も知り尽くした達人。だからこそ、日本人が陥りやすい「隣国なので韓国人とは基本的な考え方も近い」という幻想に警鐘を鳴らしている。
市川速水…親韓という立場は黒田氏と同じであるが、多数の日本人が陥ってる幻想を持ち、かつ、韓国への愛情が保護欲的なものであるから無意識的に韓国を下に見ている。韓国に駐在していることから、韓国の悪い面も知り、僅かながら幻滅している面もあるが、それでも幻想を追い求めている。

なので、mumur氏を始めとする住人の多数には「市川氏が馬鹿を晒している」ように取れる内容になってしまったようですな。
朝日新書ですから仕方の無い面もありますが、黒田氏の相手が毎日新聞の下川正晴氏なら同レベルの「対談」になったと思うので、その点が残念です。
Posted by 龍人 at December 17, 2006 00:18
事実をありのままに書いてはいけない、というのはどう考えてもおかしい。それをしないなら、報道の自殺ではないだろうか。。。。朝日はすでに幽体離脱してるから大丈夫なのだろうか?
Posted by たか at December 17, 2006 00:31
>従軍慰安婦問題に関する発言から。
>「どの口が言うかー!!」とほっぺたを
>グリグリしてやりたい気分です。


私がぐりぐりしたいのはここ。

p41の

>市川:それは違います。別に韓国の人に読ませるた
>めに僕等かいてるわけじゃないもの。日本の読者に
>「この発言は変ですよ」って言う為に書いているん
>であって、それを転電、引用して再生産する外国の
>メディアはいるけど。

・・・やっぱり、きみら、外国のメディアだったのか。



>市川:それじゃまるで、中韓に告げ口するみたい
>じゃない。そうじゃないですよ。

・・・orz一晩中ぐりぐりしても物足りない・・・。
Posted by ぽてとぱい at December 17, 2006 00:33
市川氏はメディアの使命を忘れている。メディアの使命は真実を読者に伝えること、それに尽きる。要らぬ配慮をして偏向報道をすることは国民の知る権利を侵害する。

メディアの思い上がり。国民を愚弄している。

ましてネットが発達している現状をわすれている。これはメディアの自殺である。
Posted by 日本人 at December 17, 2006 00:34
もうそろそろ、朝日はこれまでの特ア報道の嘘を謝る時期なんじゃない。
全く期待してないが…
Posted by 龍之介 at December 17, 2006 00:34
もうそろそろ、朝日はこれまでの特ア報道の嘘を謝る時期なんじゃない。
全く期待してないが…
Posted by あ at December 17, 2006 00:34
もうこの本読む必要が無い希ガスw

朝日は最近社内の左派を切り捨てる方向のようですね。
戦前のように国家を煽る方向に戻るのでしょうか?
Posted by 3gou at December 17, 2006 00:47
mumurさんの引用部分を読む限りだが、聞き分けのない子供と、その子供を辛抱強く説得しようとしている大人の会話みたいだな。

ともかくも、朝日の変化の兆しと素直に評価して、印税を入れてみようかな、と思った俺はある意味朝日新聞を愛しているのかもしれない。
Posted by venge at December 17, 2006 00:50
5
「言葉の力を信じている」
コーヒー吹いた(笑)
Posted by 日本男児 at December 17, 2006 00:53
3
内容からすると黒田氏のほうに新しさを感じる。速水氏はネット時代を視野にいれた議論に乏しい。
朝日が発行元とはおもしろいね。朝日のなかにも二つの考え方があることを暗に示して好ましい。

ただ管理人の書評は書評になっていない。まぁ、新しい試みとして生暖かく見守ってあげよう。
Posted by パンパース倶楽部 at December 17, 2006 00:59
こちらの対談では黒田氏、市川氏のようではなく、お互い意気投合しているようで…


http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/12/13/20061213000031.html

>日本の教師も日本社会の右傾化憂慮
朝鮮日報・新韓銀行主催「日本の中の韓民族史探訪」

(内容)

「日本で正しい歴史教科書を作る出版社は次第に採択率が減少しているため、倒産の危機に直面しており、扶桑社版歴史教科書のように韓日関係史を歪曲した教科書は、右翼政治家らの支援で採択率が7倍にも増えました」

 
(中略)

韓日の教師らの話は、夕食の席でも続き、話題は教科書問題から教師と子供の関係など、日常の悲喜こもごもに関することにまで広がった。大阪の夜はそうして更けていった。<

まあ、相変わらずということで…

Posted by カバ園長 at December 17, 2006 01:12
>P.162
>市川 証拠もないものは無罪の推定が働くと、裁判か何かのように考えてしまった。

素晴らしい。
そんなに厳密に証拠をそろえて記事を書いていたのか。
では「南京事件」「従軍慰安婦」「強制連行」「ホロコースト」についても同じ観点から判断して記事を書いていたというのだな?
よし。証拠見せろ。あるんだろ?
Posted by 緋 at December 17, 2006 01:18
市川氏の発言が支離滅裂で意味が分からないw
話し言葉の文章化のせいかな?
Posted by   at December 17, 2006 01:34
久々にmumurさんが大はしゃぎしてるけど気持ちはすごい分かるw
これは読み応えあり過ぎ
Posted by   at December 17, 2006 02:06
黒田は親韓国
韓国のビザがなくなるのは褒めてた
所詮は団塊世代
Posted by 京 at December 17, 2006 03:07
>P.70

まったく会話になってない・・・

市川の発言の部分を全部「ウルセーバーカ」に変えても成立しそうだなw
Posted by ワロタ at December 17, 2006 03:18
国内の庶民は動物占いのたぐいから、就職面接や
人付き合い等「こういう性格の人にはこう接っしよう」「こう来たらこう返せ」と
日本人同士での些細な性格や傾向の違いをも前提にして、理解してうまくやろうとしている。

なのに、もっと異質で複雑で死活問題に関わる様な国家間の関係を
「申し訳ない」とか「かわいそう」という個的な想像や思いこみを基準に定型記事を生産して糧とする新聞記者って・・・?

国内と違って、中韓では外国人プレスに対して
いろいろと特権意識を満足させる、美味しい楽しい
ことがあるんでしょう。
それに転ぶ日本人記者って、東南アジアのお姉さんに入れあげるおっさんと一緒。
自分のお金でなく、記事や思想を売り渡してるとこが、もっと邪悪。

                                              
Posted by marr at December 17, 2006 04:39
最近の潘パースたんは寂しそうですね。



朝日新聞の中の人はこんな奴ばっかなんですかね?
なるほど、「あるべき」朝日の姿というか、「思われているべき」朝日のイメージと現実のギャップを「右傾化」という言葉で無理やり解決しているのもイカにもという感じで下種なぁ。
Posted by 大山ペダル at December 17, 2006 04:43
やっぱりアカヒってこんな感じなんだな、と改めて思いました。
エリート意識が暴走するんでしょうね。
バカ
Posted by 静岡第一テレビ(CM飛ばし) at December 17, 2006 05:58
>>3gouさん

>朝日は最近社内の左派を切り捨てる方向のようですね。

切り捨てるのは左派ではなく、嘘つきであってほしいものです。左右双方補完しあってこそ、なのですから・・・。

#嘘つきを切り捨てたらマスコミがなくなるか?(y/n)
Posted by ぽてとぱい at December 17, 2006 05:58
やっぱりいつものようにアフェを張らないmumurタソに禿しく萌え(*´д`)ハァハァ
Posted by . at December 17, 2006 07:09
こりゃまたたまらん一冊ですね(^Д^)次回帰国時には絶対買います。しかしこの表現は的確すぎて、さすがmumurさんだと思いました。

>所謂良識派とか擁韓とか揶揄される人たちは、「私は善人だけど、お前らは悪人だよね」というスタンスの人が多い。松井やよりもそう。曰く、「日本軍は悪だったけど、うちの父は悪いことをしてなかった」。
Posted by 上海で働くミケネコ at December 17, 2006 08:27
庶民は馬鹿だから我々が配慮して善導してゆく。
いかにも思想統制の好きな左翼人間の思想です。
でも信者にはこれがありがたいお導きなんです。
そういう人間を相手に朝日は成立しています。
いまさら変えられません。
Posted by あほたん at December 17, 2006 09:23
>貧しくて売春せざるを得なかったのは、日本の経済政策が悪かったとか。
朝鮮人の女衒業者が、詐欺まがいの行為を行ってたのは、日本の官憲の取締りがまずかったからだとか。

ここまで責任を持つ必要は無いのでは。
100%のことはやれない。さらに欧米列強の植民地政策と比べると、まさに善政といってもよいのだし。
地球が丸いのも、郵便ポストが赤いのも、みんな日本政府が悪いから、とはならないのでは?
Posted by どうかな? at December 17, 2006 09:50
>僕は基本的には報道機関が韓国を批判することは適当ではないと思いますよ。


冷戦時代に韓国のことを「米帝の傀儡軍事政権」呼ばわりしていたのは
どこの新聞社だったでしょうか。
Posted by (n‘∀‘)η at December 17, 2006 11:38
ナイス書評、乙であります。

最近、断末魔の叫びを挙げながらのクセに言う事はさっぱり変わらない、朝日はじめ元学生運動の闘士やサヨクども。

現実と乖離した自己満足に閉じこもって、青臭い意見を主張して周りは苦笑い、と言う図式が


中二病にしか見えない

Posted by 携帯からおはつさん at December 17, 2006 12:14
>米帝の傀儡軍事政権
日本含めての社会主義国家から韓国を守るのには書くが必要になるわな、朴大統領時代。
Posted by soka at December 17, 2006 12:18
5
朝日にこれほどひどい記者がいるとは驚きました。世論に配慮して真実を伝えていかないとは、ジャーナリストの本分を完全に忘れてる気がします。日本のジャーナリズム教育に問題があるんでしょうね。
Posted by 携帯から at December 17, 2006 12:40
この本の評価は「熱湯浴系」(Wでは出そろってきたとおもうんですが、
ブサヨ系での評判はどうなんでしょう?

この手の路線が定着するようなら、市川氏のような「下っ端」ではなく、
若宮啓文氏(友情島を夢想しちゃった人)とか早野透氏(デムパに関しては
アサPの誰も勝てない?)との対決を願いたいです。
Posted by Rogue Monk at December 17, 2006 13:13
この本の発行を決めた人は
朝日の最近のあまりのアレっぷりを改革したくて
身内の恥部をさらすことを決意した改革派・・・




とでももわないとやってられないくらい市川という記者がすごすぎる・・・・

この調子で若宮や早野、そして本田の対談本がみたいです

絶対買うのでw
Posted by バーチャバカ一代 at December 17, 2006 13:23
お前ら庶民は朝鮮人を差別しているだろう
我ら朝日新聞は差別主義なお前らを調教するために
朝鮮人を擁護する記事を書いているんだ
多少の誇張捏造はその為の手段なのだから問題は無い

そんな事を言っている風に感じられましたw
Posted by 秋水 at December 17, 2006 14:41
誤読を誘う魔法の言葉(笑)を見てるとさすが高学歴揃いの朝日新聞、書いた人は頭はいいんだなーとか妙な感心をしてしまいます

最近の面白い、面白いくらいダブスタな文章は、新人さんでも書いてるんでしょうか
Posted by at December 17, 2006 14:44
5
朝日ざまみそ
Posted by パンパース at December 17, 2006 15:13
市川ダメだ〜
Posted by 通行人 at December 17, 2006 15:24
神登場だな…。
Posted by その他 at December 17, 2006 16:18
このエントリー読みごたえありました。
Posted by 文太 at December 17, 2006 17:22
1
わたしの偽者がいるようですな。パンピースはどうだ。少しは頭を使えよ。

文太くん、書評しろよ。バカじゃないんだから。夷がマイブログを荒らして困っている。いい加減にしろよ。
Posted by パンパース倶楽部 at December 17, 2006 19:13
ブログの宣伝かしら。
Posted by よしこ at December 17, 2006 19:18
mumur様
一言だけは、申し上げさせていただきます。


GJ


早速、本を買うことにします。






Posted by Spring at December 17, 2006 20:15
>夷がマイブログを荒らして困っている。

はぁ?俺はさっきまでトヨタカップでそれどころじゃなかったんだが。まぁ、どうでもいいよ、別に俺だと思ってくれても。
Posted by 羌 at December 17, 2006 21:33
今朝、買ってきましたよ(^-^)/ 文春新書と間違いそうなくらいの内容ですね(^-^)/
Posted by あきら at December 17, 2006 21:38
GJGJ!買います!買います!
Posted by 孔明等 at December 17, 2006 21:58
俺がこの本で印象的だったのは、黒田さんが、「北が崩壊したら、難民が周辺国に押し寄せて大変だからといういう人がいるが、崩壊したらむしろ難民は発生しない。」という旨の発言をしたところ。黒田さんが言うには、独裁国家が崩壊すると、一時的には混乱するが、それが収まるとそれ以前より生活は良くなるから、難民は出ないというもの。確かに言われてみればそうだなと納得しました。今までは難民が日本に押し寄せることが怖いので、不本意ながらソフトランディングが最適な手段かなと思っていましたが、認識を改めました。
Posted by 羌 at December 17, 2006 22:19
産経?黒田?ぼこぼこにしてやんよ
  市川
  ∧_∧
  ( ・ω・)=つ≡つ
  (っ ≡つ=つ
  /   )  ババババ
 ( / ̄∪




     ∧_∧       ∧_∧
 ;;;;;、(・ω(:;(⊂=⊂≡ (黒田 )相手をまともに見てないんだな。
    (っΣ⊂≡⊂= ⊂≡ ⊂)
    /   ) ババババ  (   \
    ( / ̄∪       ∪ ̄\ )
Posted by バーチャバカ一代 at December 17, 2006 22:56
こんつは〜っス、熱闘欲っス。

百歩譲ったにして、メディアが視聴者・購読者に、ニダーへの偏見を植え付けるような報道は慎むべきだったとしても、問題なんは、朝日を始めとする偏向マスゴミがやってきた、「+α」っス。
ありもしねえ損害の報道。政治家の瑣末な言動をご注進。日本人が大好きな“我々は反省しなければならない”論・・・。公正な報道姿勢って呼べるっスかね?
日本人の良心を自任しながら、その実、自身の○マニーを美しいと崇め奉れって強制されても、ネットが普及した今じゃ、「アカピ様は裸だ!」って醒めちゃってるっス。
まあ、せいぜい・・・

自虐本でも出版して、細々と存続を図るのが利巧っス。
Posted by ドウモっス at December 17, 2006 23:34
うー、ボクシングの試合でたとえると

亀田(市川)vs キリコの乗るスコープドック(黒田)って感じだね。

どっちが勝つのかオラすっげえワクワクしてきたぞ!!
Posted by TOSHIBOU at December 17, 2006 23:58
いやはや、真の愛韓、これこそ至誠。
偽善者をぶった切るのは真の愛情なのですな。
Posted by kaze at December 18, 2006 00:31
うはwwwww
この本買うわ。
Posted by inaka at December 18, 2006 00:42
mumurさんが抜粋した中で、最後に出てくる注釈だが、逃げの表現・論法を使ってばかりいる朝日にジャーナリストを名乗る資格はないな。みんな思っているだろうが、扇動屋がお似合いだ。
Posted by 外道 at December 18, 2006 01:19
>この本の発行を決めた人は
>朝日の最近のあまりのアレっぷりを改革したくて
>身内の恥部をさらすことを決意した改革派・・・

もしかして、そういう部分もあるんじゃないですか?
産経系の夕刊フジが暴露してましたが、朝日社内で記事の扱いを巡って、義侠心のある若手と典型的サヨク思想のベテランが「殴り合いの喧嘩」をしたって事件が、過去にありましたよね。
朝日新聞は『カラシニコフ』(連載中のタイトルは「カラシニコフと人びと」(※))みたいな硬派で中立的な社会ルポも出すので、本のチェック自体はしてます。
※→http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4022579293/
Posted by ><; at December 18, 2006 05:11
> P.43
> 市川

朝日的報道が誤解の拡大再生産を生んでると告白してるように思えるわけですが、やはり本人には自覚が無いと。

「注釈」の書き方は汚いの一言ですね。因みに今居る在日韓国・朝鮮人のほぼ全員が自由意志によるものであると書けば市川記者の理想も少しは形作られるはずだったのに。
Posted by   at December 18, 2006 06:42
上のP.65の解説部分は、見事に事大であり裏切りです。イタリアと同様ですな。

こうしなければ、韓国には中国に楯突いた敗戦国の一員というレッテルが付きまとうので、それを回避するために抗日勢力が今の韓国の正統であると宣言したわけです。
1000年も中華の属国だと、そういう思考になってしまうのでしょう。
朝鮮人が信用できない理由はここにあると思います。

Posted by 冴場 at December 18, 2006 10:25
市川氏のバランス感覚が
いかにして失われていったか。
洗脳って怖いですね。
Posted by ヘロヘロ at December 18, 2006 18:01
>>mumurは読み進めてアンダーラインを引きながら、「ウハハハハ!!キタキタキター」と笑いが止まりませんでした。
>>ほっぺたをグリグリしてやりたい気分です。
mumur氏、なんかかわいい(*´∀`*)
Posted by >< at December 19, 2006 00:22
まいったなあ。

とりあえずまいったのは、市川氏が「男」っだったってこと。いや、たぶん下の名前は「はやみ」って読むんでしょ?てっきり女とばっかり思ってました。

そしてもう一つ。

まさかこんなにも、市川氏が「朝日脳」だとは思いもよらなかった。

前にも何回かコメントしてるんだけど、恐らくこのブルログの中では、市川養護派はじぶんひとりだけだったと思う。ま、それだけ市川氏を自分は買ってたんだけど。

正直、物凄く裏切られた気持ち。
結構ヘコんでたりもする。
Posted by SGI (Sex Gang Ikeda) at December 19, 2006 00:36
こうして日々、朝日新聞は部数を堕としていくのであった。
めでたしめでたし。
Posted by   at December 19, 2006 01:35
出版元が気に入らないけどこの本は購入しよう。
これが最後の利敵行為になるかな?

ひょっとすると歴史資料として関東大震災前後と太平洋戦争末期の記事が載っている縮刷版を買うかも知れないけどね。
Posted by 赤犬 at December 19, 2006 12:35
5
〜>言い逃れることも可能という高度な技術を使用している。ノーリスクハイリターンなおいしい文章。<
〜>言い逃れることが可能な魔法のような文章。<

mumurさんの解説が素晴らしい。
工作文の企図を見抜くのは難しいです。
慰安婦は日本人女性がやっぱり一番多かったのかな。

黒田さんは韓国を一方的に非難するだけでなく韓国が何故そうするのか、その理由や事情を書いているので韓国に十分思いやりのある記事だと思います。

部落・在日・宗教も非難するのがタブーだと悪者に利用されるのが分かってきました。
Posted by シンパシー at December 19, 2006 16:43
小島蓉子編著『社会リハビリテーション』(誠信書房,1978)より

B領域(引用者注:受容的・感情的反応は)知性に欠けた関心といえる。
(中略)
障害者も等しく長所欠点もある人間であることに変わりないのに、障害者を英雄的に過大に遇したり、障害者の要求を全て肯定することが本当の親切かと取り違えて、主観的・感情的に、自分にも答えられない要求のツケを他人にまわす無批判の代弁者などがこの領域の態度の例である。
(中略)
この種の態度は一見、受容を装ったものであるとしても、権利剥奪の結果を生んでしまうことを注意しなければなるまい。

「障害者」を「韓国」「北朝鮮」「在日」などに置き換えてみましょう。
あらあら貴方のような態度は30年近く前から既に批判されてますねえ>市川氏
Posted by 似非ソシアリスト at December 19, 2006 16:52
これは是非買わねば!
と思ったけど、まずは試し読みしてからw

とりあえず黒田さん、抱いてくれ


俺男だけど
Posted by ロド at December 20, 2006 00:14
漏れも買って読んでいるところだが
対談というよりも、黒田先生が市川生徒に講義している
と言った感じだなぁwwwww

本文中の「故郷忘じがたく候」は毎日の下川氏がコラムにちょうど書いてますね。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/column/seoul/news/20061126org00m030014000c.html
Posted by OrcishSerjeant at December 21, 2006 09:09
この対談は当事者である韓国人にこそ読んでもらいたいな。
韓国を腫れ物のように扱う市川氏と、対等に扱おうとする黒田氏。
各論での判断は分かれる事もあるだろうが、
総体としてどちらの態度が韓国人に好まれるかは明白だと思う。
Posted by ソイ・ハポネス at December 22, 2006 09:32