突然ですが、自分の中の定番というか好物について書きたくなりました。


  • ラフ

字の本も読みますが、それよりなによりマンガが好きです。
小さい頃から好きです。
ほとんどマンガで学んだことでここまで生きてきました。
これからも、マンガを教科書と思って生きていきます。


ラフ、知る人ぞ知るあだち充先生の水泳漫画ですが、今回で買うの3回目です。
1回目は高校生の頃に買いました。たぶん、いまでも実家にあります。
2回目は大学生の時です。水泳に興味がなくなった20代中盤に処分しました。


最近、オレの中で第5次水泳ブームが来てまして、つい先日amazonでポチりました。
12巻完結で650円(送料込)!安い!
でも、汚かった…食べかすとか挟まってた…
まあ、読めるからいいけどね。


暗記するくらい読んでたつもりでしたが、読んでみると新しい発見がありますね!
今日の発見は、競泳の日本記録保持者の仲西弘樹がタバコを吸ってたことです!
ありえんでしょう!!!(爆)


あと、感情移入する対象も、昔は圭介や関だったのですが、
この年になると、康介(圭介の父親)や、古屋コーチの立場に自分を置き換えてしまいます。
昔、ハマった少年マンガを読み返すと新しい発見がきっとあると思います!


いつか、他の好きなマンガについても書きたいと思います。
一人暮らしの時期を含めると、9回引越しをしてまして、引越しのたびにCDやマンガといった思い出(思い入れ?)系の代物とは断腸の思いで別れを告げてきました。

いま、手元にあるものは「もうこれ以上削るのは無理!墓場まで持っていく!もしくは孫の代まで読ませる」ものに絞っています。

残ったのは、土田世紀、古谷実、岡崎京子、魚喃キリコ、戸田誠、手塚治虫、(敬称略)他は全部処分しました。

でも、岡崎京子とかが家にあると教育上よくないのかな。高校生が隠れて読むマンガのイメージかもしれないですね。





  • 100m×4本×5セット
水泳ネタです。ラフも水泳ネタだった。
週に1回のスイムを日課(週課?)にしています。
冬場のメニューは、ほぼ固定で、アップ、ドリルの後のメインスイムは[100m×4本×5セット]をやることが多いです。
中学の時からこのメニューはやっていて、どんなメニューよりもたくさんやってるし、愛着もあります。


1年半前にスイム再開したのですが、その時は2分サークルがなんとかギリギリでした。
しばらくして、1′50、1′45、1′40サークルとあげてきて、ようやく1′30サークルまでこなせるようになりました。
ここからはしんどいけど、昔みたく1′25や1′20にも挑戦したい。
5セットはさすがに無理ですが、1セットくらいなら今年中になんとか。



中学の部活で、ある程度泳げるようになってくると、市の選抜合宿に呼ばれるんですね。
当然「選抜」なので、誰でもいけるわけではなくて、基準というか、テストというか、ようは「選抜」があるわけですよ。

その「選抜」の基準っていうのが、[100m×4本×5セット 1′30サークル]だったのです。
中2の時だったのですが、始めてクリア出来た時は、「そっちがわ」にいけて、すごくうれしかった記憶があります。
合宿は地獄でしたけど…


そんなわけで、中学2年生程度の泳力は取り戻しつつあります。
中2の自分には練習でも、レースでも勝てる自信があります。
中3は…ちょっと無理かな。50m、100mならゼッタイ勝てるけど、長いのは無理ですね…


  • 月曜のカツカレー

月曜の昼食は、上司とごいっしょして蕎麦屋にいくっていう暗黙のルールがあるのですが、最近ブッチぎってます。
あんまり、蕎麦好きじゃないし…
まあ、子どもじゃないんだから、昼くらい自由にさせてよってところです。


オレ、カレーがほんとうに好きで、もし、最後の晩餐はって聞かれたら迷うことなくカツカレーといいます。


2、3日ならカレーだけでもいいですし、ついでにおやつはカレーせんべいでもいいです。
学生時代、モーレツに金がない時は、ルウをお湯にとかして、ごはんにかけて食べてました。
切なかったです。


最近のお気に入りは金沢発祥のゴーゴーカレーです。
ま、月曜じゃなくてもいいんですけどね。キャベツ大盛りで!




読んでいただき、ありがとうございます!
たまにはしょうもないことも書いてみようかなあと思いました。
30も半ばをすぎると、好物というよりも偏愛の象徴みたいになってしまってる感じもします。

これから、なにか新しいものを好きになるのかなー?
好きになるって、エネルギーがいるけど、同時にエネルギーもらえる気もします。

あ、走ることは最近新しく好きになりました!
オレも、アタシも好きだよって方はワンクリお願いします!(笑)

 
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ