東京マラソンのレポのつづき。



フルマラソンを走るのは3月の板橋以来。
ハーフ以上のレースは10月以来だった。



トレーニング以外の部分で、いくつか新しい試みをしてみた。



シューズ
今まではターサーを履いていたんだけど、
ブツブツが脚の消耗を助長するような気がして、
フラットソールのスカセングライドに変えた。

スタートブロックで、トガーさんと話しているとき、シューズの話になって、
トガーさんはブツブツあったほうがいいとか、
もうイボイボがないとイケない体になってしまった、とか言ってた。(たぶん言ってない。)

オレは、ストライドよりもピッチ派なので、フィットするといいなと思っていた。




ウェア
これまではキクチさんの影響でランパンランシャツを好んでいたが、
本家のキクチさんも最近は袖のあるやつを着て走ったりしているので、
半袖Tシャツにした。

というのは、はなしはんぶんで、ほんとは冷えるといけないと思ったのだ。
パンツはpatagoniaのポケットがたくさんあるものをチョイス。


Tシャツはゴーマルにしようか激沈にしようか迷ったが、間をとってお守り的な感じでぐわぁ(゜д゜)にした。



その他
青梅30Kの時、バフがいい仕事してくれたので、首に巻いていった。
トガーさんもバフをつけていた。

あとはアームカバーと、手袋。


時計表示
「距離」「時間」「ペース」あたりを表示することが多いんだけど、
1キロのペースに一喜一憂しないでおこうと思って、表示は「心拍数」だけにした。
自動ラップもオフにして、5キロごとの計測マットでラップボタンを押す。
設定ペースは445なので、心拍数が150以下で5キロラップが23分半~24分ならOK。



+++




オジサンの抑揚のない声の「30秒前」コールがあって間もなく、号砲がなった。
号砲に遅れること数秒、あの紙ふぶき。うすピンクの花びらのかたちだった。



スタートロスは20秒ほど。
体感だと430くらいで進みだし、ばらけるとどんどん抜かれた。
抜かれてはいるけど、流れに乗ってる感はあった。


スタート2キロくらいで心拍が150を越えそうな感じだったので、
落ち着け落ち着けと言い聞かせて進んだ。

右車線は日なた、左車線は日陰になっていて左の端っこをたんたんと進んだ。






今日はここまで。







  にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ 
★RUNのつおいトライアスリートに、オレは、なるっ!★